記事一覧

松田まさよの一般質問

2020.11.21

アイコン

今回は4項目を選定しました

現在、国際的に地球規模的課題が吹き荒れる中、日本の国内問題ではコロナ感染拡大防止と経済活動の両立、人口減少、財政規律、自然災害への備えなどなど数多課題が山積しています。そして、地方自治体においても、その多くが少子高齢化によるコミュニティや公共施設の維持、財政、各業種における後継者問題などなど曳きを切らない状況です。幸手市でも人口問題、財政問題、内水対策、公共交通、公共施設の整備などが大きな課題となっています。

このような中、1会期の一般質問で触れることができるのは山積する課題のほんの一角ではありますが、しかし、小さな歯車も大きな歯車を回す部品だと考え、一つ一つの質問の組み立てに努力している次第です。12月議会では、コロナ関連、組織活動の基盤である組織体制、市民生活の安全を守る道路整備、市の活性化に関する4つの項目を選びました。皆さまの問題意識と合致していますでしょうか。

【松田まさよ一般質問】
1.市主催事業に係る新型コロナウィルス感染防止対策の基準見直しについて
これまで市主催事業については市独自の基準が採用されて来ましたが、11月6日に基準を見直した旨、市から報告がありました。今後は県基準に準じることになります。大きく変わるのはソーシャルディスタンスの確保についてです。新旧の基準は最後に記載いたしますが、これによって11月16日、幸手市の公民館の利用人数制限が見直されました。
幸手市が感染症対策に責任を持つ埼玉県の基準を採用することに問題はありませんが、私が問うのは、「会場や施設のリスク評価」です。例えば、利用人数をこれまでの50%以下から100%以下とした場合、窓のない屋内施設の換気状況などは評価が必要ではないか。市民の皆さまに安心して活動を再開していただくための大事な検討事項かと感じています。
 
参考<ソーシャルディスタンスの確保>
旧基準
・施設の収容人数の50%以下
・感染症対策を実施のうえ、人と人との距離を1m以上確保(マスク等の感染症対策が実施できない場合は2m以上)
・3密(密閉・密集・密接)の回避

新基準
・大声での歓声または声援等が想定されないもの:施設の収容人数の100%以下(クラシックコンサート・演劇・舞踊・講演・式典・展示会等)
・大声での歓声または声援等が想定されるもの:施設の収容人数の50%以下(ロックコンサート・スポーツイベント・公演等)
・マスク等の感染症対策が実施できない場合は人と人との距離を2m以上確保
・3密(密閉・密集・密接)の回避

♥長くなりますので2項目目以降は次号に分けて掲載致します。