記事一覧

新型コロナウイルス対策本部に対する意見・要望 

2020.12.24

アイコン

市議会新型コロナウイルス対策支援本部から申し入れ

現在、日本全国で新型コロナ感染が確認される数が増え、医療逼迫を警戒する国や県により年末年始の人の移動を自粛する要請がなされています。わが家も関西に老親がいますが、お正月の帰省は見合わせです。コロナで絆が切れてしまわないよう、工夫をしたいと思います。

さて、そのような中、ご報告が遅くなりましたが、幸手市議会では議会最終日の18日、議長を支援本部長とする幸手市議会新型コロナウイルス対策支援本部会議を開催。議員全員により、先に6人の議員が提出していた意見・要望を中心に取りまとめの協議をし、同日、市対策本部に以下の申し入れがなされています。

幸手市新型コロナウィルス対策本部本部長(市長)木村純夫様
市議会からの『意見・要望』について(申し入れ)

新型コロナウィルス感染症につきつきましては、依然として収束の見えない状況であり、幸手市においても多くの感染者が発生している状況であります。現在、市当局におかれましては、その対応に全力を挙げて取り組まれているところですが、さらなる対策、対応が必要であると考えるところであります。
ついては、幸手市議会新型コロナウィルス対策支援本部として「意見・要望」として下記の通り申し入れいたします。

1 引き続き、市民への感染防止対策の徹底を図っていただきたい。
2 市民生活、市内経済の状況等の実態把握に努めるとともに、感染症陽性者や市内事業者への的確な支援をお願いしたい。
3 市内感染者の状況については、市民への確かな情報を迅速に情報の発信をしていただきたい。
4 幸手市新型インフルエンザ等対策行動計画を踏まえつつ、遅滞のない行政運営を図っていただきたい。また、市民サービスの低下を招くことのないよう業務にあたっていただきたい。

♥ 私も以下の項目について意見・要望を提出。
❶公共施設のリスク評価の実施
❷情報発信の工夫
❸年末年始の呼びかけ徹底

♥♥一方、幸手市が市内事業者の経済対策・市民の皆さまの消費支援対策としてお配りしているハッピーエール券は来年1月17日が利用期限です。年末年始の準備やテイクアウト、デリバリーなど、取扱店一覧をお確かめの上、使い残しのないようご利用ください。
冬至を過ぎ、寒さが増しています。感染対策を励行しての市内消費に引き続きご協力をお願いいたします。