記事一覧

緊急事態宣言

2021.01.06

アイコン

政府、発令を検討 幸手市への影響は

首都圏1都3県の知事要請を受け、政府が緊急事態宣言の発出を検討。近日にも宣言が発令される可能性がでてきました。人口1000万人が暮らす東京都はじめ、首都圏大都市の医療キャパが限界を超える危険に晒されています。

集中する人口流入に対し、大都市の災害、今回は感染症という危機態勢の脆弱さが浮き彫りに。企業経営への影響も懸念され、失業保険もない中で失業するひとたち全てにセーフティネットが行き渡るのか。私が知る例を見ても、生産年齢世代の雇用直撃。貯金を取り崩しながらの生活では若者が将来を描けない。心配は尽きません。
また、関西広域連合は4都県との往来自粛を呼びかける「緊急行動宣言」を取りまとめたと報道。多大な影響が発生する状況ですが、まずは目前の対策を取りながら、今こそ効率性を追い求めた結果の大都市への人口偏在=東京一極集中という根本原因の抜本検証をすべき時に来ていると私は感じます。

市民活動が正常を取り戻しつつあった中での再度の規制強化です。政府はできるだけ制限は集中的限定的にとしていますが、様々な声がある中、どのような判断がなされるのか。

首都圏に含まれる幸手市でどのような対応がなされるか。公共施設の利用制限が強化される可能性は高いということは推測されます。皆さまには行動制限がある中ではありますが、感染対策を講じながら市内消費にさらなるご協力をお願いいたします。