記事一覧

幸手消防署西救急ステーション 4月1日より開設

2021.02.16

アイコン

西分署の新体制

皆さまにご心配をおかけして来た西分署存続問題。今後の方向性についてはすでにご案内の通りですが、昨日の議員全員協議会では「幸手消防署西分署は救急ステーションになります」として以下報告がありました。いよいよ4月1日から新体制での再スタートです。

□新名称(所在地)
幸手消防署西救急ステーション(幸手市大字下川崎10番地)
□時期
令和3年4月1日(木)から
□救急ステーション化による変更点
・消防隊やポンプ車は配置せず救急業務のみ行う専任の救急隊を配置する。
・救急隊のほか、受付や救命救急指導を担当する毎日勤務の職員を配置する。
・消防訓練実施計画届出や結果報告、火災予防条例に基づく各種届出に関する手続きは幸手消防署で対応する。急ぎでない場合は西救急ステーションで預かり可。
※罹災証明、救急搬送証明の発行手続きは西救急ステーションで対応するが、職員が不在となる場合、消防組合管内すべての消防署で発行できるので最寄りの消防署の利用を。

※受付及び救命救急救命講習指導担当[毎日勤務] 2名
救急隊(専任) 3名× 3隊
事務連絡車、救急車🚑 各1台配置

【救急ステーション化の効果】
①救急業務専任の救急隊を配置することにより増加が予想される救急需要への対応が強化される。
②火災等の災害対応は消防の広域化により強化された消防力によってカバー可能。
③救急救命指導担当職員を配置し、消防組合の救命講習業務の拠点とする。
④合理化による経費節減効果や職員の再配置などにより、職員の研修訓練や資機材等の充実が図られ、消防力が強化される。

♥西分署の消防車🚒が無くなるのはさみしい限りですが、西分署の灯りが灯り続けることの安心感は尽きません。職員の皆さまには地域の安全安心のためにこれからもよろしくお願いいたします。