記事一覧

コロナ対策段階的緩和に思う

2021.10.23

アイコン

やっとここまで来ました

日本のこれまでのコロナ対応。医療体制確保など、反省点は検証されなければなりませんが、世界を巻き込むパンデミックな状況に打ち勝ち、飲食店や旅行など、生活に明るい兆しが戻って来ました。安倍・菅内閣、自民・公明党連立はよく対応されたと私は評価しています。日本の緊急事態対応は“ぬるい“との批判もあるようですが、国民の皆さんと共に力を合わせた結果、ここまで来たのです。まだまだ油断は大敵ですが、皆さまには是非ともご自身の協力や国民の協力を含めご評価いただきたいと私は思っています。

♥スピーカーの声をほとんど聞くことなく静かな衆議院選挙が展開中です。今回の選挙、私は岸田総理が掲げる新しい自由主義に関心を持っていますが、コロナ対策も大きな争点の一つです。最大の争点は、細かな給付金の金額ではなく、「ゼロコロナ」を目指すのか。「ウィズコロナ」を目指すのかです。ゼロコロナは正にロックダウンをしても私権制限を強化する対応で、立憲民主党が主張していますが、厳しいロックダウンをしても長期に防ぎきれないことは一部国際社会が証明しています。今、自民党が進めている国産の経口薬、ワクチンの開発。経口薬と国産ワクチン開発ができれば新型コロナは季節性インフルエンザにできるのです。

♥♥今回の衆議院選挙は政権選択選挙、未来選択選挙と言われています。日本では、過去にも連立を組んでは分裂を繰り返してきた多くの野党連合がありました。現政権にお灸をすえるという発想で未来選択はできません。20年以上も党の代表が変わらない、連立分裂しても幹部は変わらない。そんな硬直した政党同士の連立に未来は託せるでしょうか。私は政治のヒダの奥まで知る立場にはありませんが、一国民として、医療や農業、災害、地方創生などあらゆる分野に明るく実直な地元の三ッ林候補者を応援しています。日本全国、地元に代議士がいる地域は多くはありません。地元の代議士に皆さまのご支援をよろしく切にお願い申し上げます。

ファイル 1614-1.jpeg ファイル 1614-2.jpeg ファイル 1614-3.jpeg ファイル 1614-4.jpeg