記事一覧

マイ・シュミレーションお手伝いします

2021.11.16

アイコン

次期公共交通 市内循環バスの運行を前に🚌

すでにご案内のように、幸手市では来年1月4日から公共交通として、循環バスを再導入して運行を開始します。皆さまに便利にご利用いただくには、まずは皆さまに身近な公共交通であると認知いただくことがスタートです。11月市報と共に配布された「市内循環バス時刻表・路線図」。もうチェックはお済みになりましたか?

なかなか複雑な内容です。アレをご覧になって、既に利用を諦めてしまったという方も少なからずいらっしゃるのではないかと心配しています。幸手市が威信と多額の経費をかけて再導入する循環バス。皆さまに利用をご検討いただく一歩として、まず、ご自分のお出かけにあった便を1本見つけていただく。それが大事と考えて、実は一昨日の日曜日、私の住む地域の方に声をかけ、小さな集会を開いて、試みに「お出かけマイ・シュミレーション」をやってみました。(まずはお試しとして小さな集会を開催。皆さまにお声掛けできなかったことをお許し下さい)。

会を開催するに当たり、私もあのパズルのような時刻表・路線図をひたすら研究。数日没頭していたものでまたまたブログの更新も滞ってしまい本当に申し訳ありませんでしたが、その中でいろいろなことを発見しました。よくよく眺めると、小型バス1台とワゴン車2台で5コース24便/日を運行するという条件の中で、1コース約1時間の設定で、できるだけたくさんの地域を網羅し、利便性を高めるために、とても複雑な乗り換えダイヤが編まれていることに改めて驚きます。
確かに、お住いの地域によって、また、行き先や行きたい時間に合致する利用が難しいことは否めない一面はあります。あのダイヤを使うために生活や活動を合わせる。そんな逆転の発想も必要かもしれません。

しかし、皆さまには、まずは1本、使える便を探すことからお願いいたします。1月の運行前に、あなたのお出かけをシュミレーションしてみませんか。私もお手伝いいたします。今回のお試し集会の準備で粗々循環バスの仕組みを理解いたしましたのでお手伝いできると思います。ご関心のある方は直接ご連絡いただくか、もしよろしければ、このブログのメールにご連絡下さい。その際は、皆さまの最寄りの停留所、目的地(行きたい場所)、行きたい時間をお知らせ下さい。

♥過去に導入した循環バスも、現在のデマンド交通も一長一短はありますし、循環バスだけで事足れりとも行かないのが公共交通であり、交通政策はどこの自治体でも苦慮し決め手に欠くのが現状です。そのような中での見直し。最大の命題は市民の皆さまの利便性向上とご利用者の拡大です。循環バス➡︎デマンド交通➡︎循環バスと変遷してきた市の公共交通。是非とも多くの方にご利用いただけるよう市の担当者にも万全の準備を求めています。今後、市でも電話や窓口で皆さまのご利用シュミレーションをサポートできる仕組みを整えるとしていますのでそちらもご活用を。

♥♥12月中旬に停留所🚏がお目見えする予定です。また、1月4日以降(時期は未定)、スマホでも路線案内の検索が可能になるようです。皆さまのご理解をよろしくお願いいたします。