記事一覧

上級救命講習を受けました

2022.11.14

アイコン

上級救命講習修了幸手西救急ステーション

昨日は東部消防組合幸手西救急ステーションで開催された「上級救命講習」に参加。修了証をいただきました。
ファイル 1772-1.jpeg

ファイル 1772-2.jpeg 有意義な講習会でした。上級救命講習とは。普通救命講習との違いは、まず、受講時間が長い。朝、9時の開始から夕方4時半までみっちり講義があります。講習内容はAEDの取り扱いや止血、喉に詰まった異物除去などの応急処置で、講義の後に実技と筆記テストがあります。その結果で合格が決まり、合格すると"上級救命講習修了証"が発行されます。今回は地元災害ボランティアグループの一員として受講をお誘いいただき、他の熱心な受講者の皆さんと共に修了証をいただくことができました。上級救命講習修了は履歴書にも書ける履歴で、国の5年毎のガイドライン改訂に合わせて5年程度での再受講が適切とされています。今後も救命力の維持向上に努めたいと思います。

さて、講習会の間にも久喜消防署指令センターから救急出動の要請が複数回入りました。もちろん、救急隊員は出動優先です。ご指導下さった幸手西救急ステーション、幸手消防署の職員の皆さんにはお忙しい中、丁寧なご指導ありがとうございました。

♥AEDは自分が取り扱えなくても、意識のない傷病者に心臓マッサージをしている人に「持って来てください」と“あなたが"頼まれることがあるかも知れません。AEDはどこにあるのか。119番通報から救急車が来るまで約9分間(到着までの全国平均)。救急隊に引き継ぐまでの対処が救命に大きく影響します。幸手市では市内コンビニ各店や公共施設、医療機関などにAEDが設置されています。詳しい設置場所は市のHPにも掲載されていますので是非ご確認ください。
https://www.city.satte.lg.jp/sitetop/soshiki/kenkouzoushin/2/1/2288.html

9月議会 会派の活動報告書

2022.11.12

アイコン

来る16日 新聞折り込みを予定  

早いもので11月も半ばに。朝夕がめっきり寒くなりました。
陽の光に輝いていた香日向中央の銀杏もそろそろ落ち葉となり日暮れが早くなって来ました。今冬はコロナとインフルエンザの両方に気をつけなければなりません。電力やガスなどの値上がりや逼迫なども取り沙汰される中、皆さまにはまずは食事、睡眠を十分に取るなど、自己免疫力を低下させないようご自愛の上お過ごしくださいませ。

さて、少し?大分?遅くなりましたが、会派市政クラブの9月議会活動報告書を16日に新聞折り込みいたします。12月議会は11月30日から始まることから一般質問通告が18日と目前に迫る中ではありますが、会派といたしましては3月は予算、9月は決算状況報告のチラシ発行を恒例としておりますことから、この度は令和3年度決算状況と、来年度予算編成に向け会派から市長に提出した要望書の内容などをまとめ報告といたしました。

折り込みは3大新聞(朝日、読売、毎日)となります。最近は新聞をお取りになっていない方も増えており恐縮ですが、新聞をお取りの皆さまには来週16日、朝刊折り込みを是非、探索下さいますようよろしくお願いいたします。

地域の小さな勉強会

2022.07.25

アイコン

皆さまの声をお聞かせください

19日のブログで6月議会後の活動報告会を中止するとお知らせいたしました。が、一昨日、極少人数の皆さまと懇談する機会を得ました。幸手が好き。幸手を住み良いまちにしたい。将来を見据えた財政運営を。そんな思いの皆さんばかりの集まりで、長年、民間企業や公共団体で養って来られた知見を下に、ご意見や厳しい注文をたくさんいただき、様々なテーマでいろいろな議論が出来ました。

このような貴重な機会をいただき、同じ課題を感じている少人数の方と話題を集中してお話しをすることに大きな意味を感じたことから、今後もこのような小さな勉強会をいろいろな方と出来たらいいなあと。
今、私たちの生活は多様になり、10人集まれば10の課題がある時代です。関心ごとも違います。私が一方的にお集まりを呼びかけるより、同じ課題を感じる方同士が少人数で同じテーマで一緒に考える。そんな場こそ必要。

そこで。こんなことを聞いてほしい、わかってほしい、解決したいという特定のテーマをお持ちのグループがありましたら、小さなグループでも結構です。皆さまのお声をお聞かせいただく場を作って行きたいと思います。「地域の小さな勉強会」。この勉強会で学ばせていただいたことは今後の私の活動に活かして参ります。

ただ、これはできましたら2名以上のグループでお申し出をください。このブログにもご意見を頂ける機能はありますので、お個人とのご相談やご意見はそれとして。リアルのオフ会は複数でお話しが出来るのが理想です。以下のe-メールでも大丈夫です。まずはメールに「地域の小さな勉強会希望」とお寄せください。

いただいたご意見やアイデアの全てに対応することは出来ないかも知れません。出来ることと出来ないことはありますし、議論しながら🅰️でもない、🅱️でもない結論が出るかも知れない。そんな会としたいです。取り敢えず試行錯誤でやってみたいなと。住み良いまちを一緒に作って行く。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

  e-mail poplar_mazda@yahoo.co.jp

報告会は中止に

2022.07.19

アイコン

コロナ新規感染者がじわり

このところコロナ新規感染者が急増しています。一体いつになったら終息するのか。

これまで毎議会終了後に議会活動報告会を開催してきましたが、ここ2年はほとんど出来ずじまい。このところやっと少し落ち着いて来たかなと思いきや、第7波が。今回も報告会は中止することにいたしました。

木村市政になって3年が経ちます。市庁舎建て替えや公共施設の統廃合、小学校の適正配置、水害対策など大きな課題が着実に進んでいます。議会は市長の市政運営を様々な角度からチェックするのが仕事ですが、議員は市民の皆さまの代弁者であり、住民の皆さまの意思と外れた判断はできません。今回の報告会ではそのような幸手市の課題や諸問題をテーマに皆さまのお声をお聞きするような計画を立てていたのですが、開催できなくて本当に残念です。

またの機会に是非とも皆さまのお声をお聞かせください。このブログでもご意見を承っております。また、まちで見かけた時は是非お声がけください。今後ともよろしくお願いいたします。

危険な穴 修理を依頼

2022.04.16

アイコン

なぜ、こんなところに… 穴

先週、地域見回りを兼ねて、家人と香日向周辺をウォーキングした折り、最西端にある調整池の排水機場裏にある貯水槽(マス)を囲う網状のフェンスに人為的に空けられた大きな穴を発見。すでに錆び付き昨日今日に空けられたものでないのは確かですが、誰が何の目的で空けたのか、気味悪い穴です。とにかく危険。速く塞ぐしかない。そこで、その場で市の担当者に連絡し早急な現場確認と修繕を依頼。そして、警察にもパトロールを要請しました。

なぜ警察に?と思う方もあるかも知れません。実は、4ヶ月ほど前のボランティア清掃活動で、この穴のすぐ近くで、錆サビに錆び付き鉄クズ化した子ども用自転車を回収したということがあったのです。その時は、何でこんなところに子どもの自転車?とは思いましたがそれ以上になく。穴にも気付きませんでした。が、しかし。この穴と、放置?乗り捨て?の子ども用自転車を重ね合わせると何とも気持ちがざわつき、事件性、犯罪性の可能性も想像され、思い過ごしかも知れませんが、取り敢えず警察にも現場パトロールをお願いしたという次第です。

この穴は翌日には緊急的に塞がれ、今後本格的に修繕される予定です。このような行為は器物破損、明らかに犯罪です。
ファイル 1678-1.jpeg ファイル 1678-2.jpeg

♥ 普段何気なく見ている光景の気付かないところに危険は潜んでいます。今回のケースは私にとって“異変“を感じさせるものでした。皆さまには、もし危険な箇所、異変を感じるようなことを見かけた時はためらわず市にご連絡願います。道路、水路、交通などなど。危険な場所の放置は事件や事故、犯罪を生む環境でもあり。直接市に連絡するのがためらわれる場合は、私にご連絡いただければ現場を確認して担当課に引き継ぐこともできます。皆さまのご協力をよろしくお願いします。

ページ移動