記事一覧

れんげプロジェクト

2020.10.21

アイコン

来年も咲かせよう 2年目の「れんげプロジェクト」

10月も半分が過ぎ、めっきり秋らしい季節となってきましたね。あんなに暑かった夏はどこに行ったかというくらい今年は残暑が短く、本格的な秋になってしまいました。日本には四季があり、夏が来れば秋を、冬が来れば春を心待ちにする。食べ物も四季を通じて"旬"があり、今は柿や栗、りんごが美味しいです。

さて、昨年かられんげの咲くふるさと作りとして、「れんげプロジェクト」を始めました。昨年は初めてということもあり、播いた種はわずかわずか1袋(3kg)。有志の方の畑や家庭菜園、庭先などに少しずつ植えていただきました。大切に育てて下さったお陰で綺麗に咲きました。私は玄関のプランターに播きました。
今年は地元の農家さんの土地(休耕田)をお借りすることができたので少し規模を拡大して播こうと思っています。今日、お手伝い有志数名といっしょに播きます。
どこの田んぼかって?それは今はヒミツです🤗。来年4月、お散歩の時にぜひ見つけてみてください。香日向の近くですよ。

また、今年は宇和田公園の近くでも、現役の田んぼ数枚に農家さんによってれんげの種が播かれました。こちらは9月下旬にドローンを飛ばして種播きをされたのですが、すでに「双葉が出たよ」との報告もお聞きしています。こちらは大規模に播かれたので花の季節は圧巻ですよ、きっと。こちらも探してみてください。

非農家の私には現役の田んぼをお借りすることはできませんので、休耕田を、しかも畝っていただいて播かせていただきます。至れり尽くせり状態でお借りします。甘えてスミマセン😆
休耕田が増えるのは本来なら好ましいことではありませんが、農家さんの除草等のローテーションのお邪魔にならないように気をつけながら。今回、成功したら今後も少しずつ拡大して行きたいと思っています。

♥なぜ、"れんげ"か。実は京都の田舎に育った私にとって"れんげ"は幼い頃の原風景の一枚なんです。春になると田んぼ一面にれんげが咲き、花の冠を編んだり、土手のつくし摘みに興じた幼い頃を今もよく思い出します。幸手で育った方に聞くとやっぱりれんげの想い出を持つ方が多いですね。昔は全国的にれんげが植えられていた。しかし、特に幸手では近年どんどん田植えの時期が早くなり、今ではれんげを見ることはありません。

♥「れんげ」が幸手の子どもたちの原風景の一枚となってくれるといいなあ。今日はそんなことを祈りながら種を播きたいと思います。
来年の春をお楽しみに❣️

♥♥またまた更新が滞ってしまい申し訳ありません。会派で出す9月議会報告書の原稿づくりに没頭していました。「手前、不器用なもので…」。いつもご訪問ありがとうございます。

集会ご参集御礼

2019.07.08

アイコン

礼が後先になってしましました

昨日は「松田まさよ意見交換会」にご参集ありがとうございました。今回は幸手の自然愛好家第一人者の"房ちゃん"をお呼びして、幸手の自然についてお話を伺うという趣向でしたが、房ちゃんのファンが多くお集まりくださり、いつもと違う雰囲気で和やかに過ごすことができました。皆さまには日曜の午後、お忙しい中、ありがとうございました。

小さな頃、摘み草を楽しんできた私にとって、心が癒されました。名も無き花と思いきや、どんな草にも必ず名前はあります。名も無き花なんて、よほど新種でない限り、無いんですよね。そのような野草を長年研究されてきた先生です。幸手市史の植物編の編集にも関わって来られた方で、人生の引き出しも多く、お話が溢れ出て。先生にはお使いいただける時間が短過ぎました(反省)。はじめての試みで不手際もありましたが、散歩の時にあんな花、こんな花を思い出していただければ幸いです。今後もいろいろ工夫して楽しく為になる機会を試行錯誤していきたいと思います。

今日、本来なら1番にブログに取り上げるところ、お礼が後先になってしましました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

7月7日の集会

2019.06.26

アイコン

楽しい企画を考えました

今日は暑いですね。暑いからとて何もしないでとはいきませんね。皆さまには熱射病、熱中症に気をつけてご活動ください。さて、この前、7月7日の集会のお知らせを申し上げましたが、その後、楽しい企画が追加実現の運びとなりましたので改めてご案内申し上げます。

その企画とは。地方創生の根っこである「地元を知る」講座です。 私はこれまでも地方創生、地域の活性化に取り組んできましたが、地方創生はやはり、何と言っても、市民が地元を知ることが第一歩です。
今回の集会では、幸手の自然を切り口に「幸手学」を学びます。講師は幸手の自然愛好家の第一人者の"房ちゃん"です。房ちゃんは幸手に限らず、蜻蛉や自然、野草に造詣の深い方です。きっと面白い情報をお聞かせいただけるものと思います。とうぞお楽しみに❗️
♥お茶を飲みながらの気楽な会です。皆さまにはご参集のほどよろしくお願いいたします。

松田まさよ意見交換会

2019.06.22

アイコン

改選後初めての集会です

4月の改選選挙では皆さまの暖かなお支えを賜り本当にありがとうございました。6月議会が昨日閉会いたしました。3期目の2年間は文教厚生常任委員として介護や福祉、教育などにも鋭意取り組んで行きたいと思っています。そして、行政チェックの核心は財政と行政改善です。この点についてはこれまで同様、チェックに励み、皆さまにいろいろお伝えしていきたいと思っております。つきましては改選後初めてとなる議会報告&意見交換会を開催いたしたくご案内申し上げます。

【松田まさよ意見交換会】
■日時 令和元年 7月7日(日) 午後3時30分より
■場所 幸手市コミュニティセンター和室
■内容 松田まさよ議会報告・皆さまとの意見交換会
※いつものことながら、会場設営にご協力いただける方は3時にお集まりください。
よろしくお願いいたします。

さて、6月議会は議案も少なく報告事項は多くはありませんので、意見交換会が中心となると思います。皆さまと有意義な時間を過ごせたらいいなと考えています。お茶を飲みながらの気楽な会です。お忙しいことと存じますが、皆さま万障お繰り合わせてご参集賜りますようよろしくお願いいたします。

消防西分署存続に向けて調査開始

2019.04.25

アイコン

昨年中の出動件数

選挙期間中、消防西分署存続問題は西側地区における争点となり、複数の候補者が、存続に向けて頑張る旨の発言をしていました。選挙期間中も幾度も出動する救急車に出会いました。議論がなされることは良いことだと思います。議会が一丸となって廃止阻止=存続が進むことになればいいですね。

昨日、早速、平成30年中の救急車の出動件数について、東武消防組合に確認してみました。担当課によると、平成30年中の救急出動件数(速報値)は、東部消防組合全体で平成29年比、約950件増えているということでした。幸手市では100件の増となっているようです。 最近、組合HPに掲載したばかりだというので調べてみました。

【東武消防組合消防局HPより】
東部消防組合構成市別速報値

平成30年中救急 平成29年中救急
加須市 4,957件 4,857件
久喜市 7,637件 7,473件
幸手市 2,737件 2,639件
白岡市 2,232件 2,100件
宮代町 1,631件 1,496件
杉戸町 2,379件 2,106件
管外・高速道路 149件 111件
合計 21,727件 20,781件

このデータは速報値です。これを見る限り、どこの市町でも1年で約100件の増加となっています。増加件数とともに、より重要なのは各消防署からどの地域に出動しているのかです。組合化により、救急要請の電話が本部に入った後、現場に一番近い署に出動要請が出て救急車が現場に駆けつけます。それがどのような動きとなっているのか。

昨日、私が組合に確認したかったのは西分署の救急車の出動先です。私が今年2月に情報公開請求で入手した確定値資料では、幸手西分署は平成29年中の出動件数1,133件のうち、830件が西分署管外への出動でした。特に多いのが幸手署(339件)。注目は2番目に鷲宮分署管内に296件が出動していることです。幸手西分署が他の署所のフォロー的役割を果たしていることが伺える数字です。

幸手署管内への出動はさて置き、鷲宮分署は、久喜市の東鷲宮駅東側地域を抱えていますが、分署が県道さいたま栗橋線の西側に位置することから、幸手西分署からの救急出動が多いものと考えます。今の合理化案では幸手西分署を廃止して救急隊を幸手署に配置換えするとなっていますが、この地域の救急が空白となることに問題はないのか。県道さいたま栗橋線・JR線と国道4号線・東武鉄道に挟まれた地域において、西分署が果たす役割にもっと注目しても良いのでは。

そのことを裏付けるデータとして、出動先まで含めた平成30年版確定値データが欲しかったのですが、これは今年秋頃の公開になるということ。平成30年版がでれば、また、情報公開で請求したいと思います。

因みに、平成25年当時は年間18,743件の出動件数でした。平成30年は平成25年比1.159倍となっています。この数字は人口減少とは全く別な動きです。
また、平成31年1〜3月の管内の出動件数(速報値)は、 5,729件(幸手市767件)で、管内ではほぼ前年と同様の推移ですが、幸手市では同時期比46件の増となっています。最近、消防西分署から出動する救急車のサイレンが以前以上に聞こえるような気がしていましたが、前年比3ヶ月で46件も増加していました。

人口減少への対応こそ、組合化・合理化の目的ですが、しかし、このような事実を前に、本当にこれからの5年は合理化を進める時期なのか。どの署所を廃止するのかの前に、もう一度、人口減少と救急需要の増減の相関関係をしっかり見て行く必要があります。

消防署は住民の生命と財産を守る行政施設です。消防や救急の現場力なくして住民の安全安心は守れません。


ページ移動