記事一覧

報告会の御礼

2018.10.29

アイコン

昨日は「松田まさよ議会活動報告会」にご参集有難うございました

 秋は何かと行事が立て込んでおります。昨日、私も9月議会の報告会を開催。お忙しい中、多くの皆さまにお集まりいただき本当に有難うございました。

 私は、議員になってから毎議会後の報告会は欠かしたことがありません。これも、報告会前の報告書の配布作業のお手伝いなど多くの皆さまに支えていただけたり、ご参集くださる皆さまあってのこと。本当に有難いことです。改めまして皆さまに御礼申し上げます。

 さて、昨日は当市議会から選出の「東部消防組合議員」である武藤氏の臨席を得て、消防西分署の廃止問題を中心に皆さまと意見交換をさせていただきました。なかなか、議員でも十分な情報を得ることが難しい中、住民の皆さまにいかに正確な情報をご提供できるか。常々心がけていることでありますが、今回も最前の情報がご提供できたものと思っております。

 駅でも消防署でも「館」の存続が問題なのではなく「機能」が維持・向上することこそ究極の目指す方向であり目的です。機能維持・向上に何は必要で何は必要以上か。どうすることで”適正な機能”を実現するのか。
 人口減少や財政問題など、消防組合が抱える問題も自治体と同じです。「いやだいやだ」と言っても問題は解決しません。今はまだ首長を構成員とする正副管理者会の同意を見ない合理化案ですが、同会は「平成32年度中の成案をめざす」ことではすでに同意済。タイムリミットは切られています。その中でどのように建設的な議論を進めるか。

他の地域からのご参加も含め、多くのご意見をいただきました。今後の活動につなげていけるよう頑張ります。次回以降も、さらに多くの皆さまのご参集を心よりお持ち申し上げます。

匿名さんに告ぐ

2018.09.23

アイコン

私にお手紙をくださった方へ

 数日前、住民の方からお手紙をいただきました。ことの内容から匿名で、ということで、お手紙をくださった方に直接の返信も叶わないことから、取り敢えず、お手紙を受け取ったということを、この場を使ってお伝えいたします。他の読者の皆さまには暗号のようなメッセージとなりますが、ご容赦ください。

 この件につきましては、慎重かつ早急に、かつ様々配慮しながら、改善に向けて対処していく所存ですのでよろしくお願いいたします。

台風12号

2018.07.28

アイコン

午後から今夜にかけて

 数日前の酷暑がウソのような気温にほっとする間もなく、今日の昼から明日にかけて日本列島を縦断すると考えられている台風12号。警戒が必要です。

 大型の台風です。関東甲信越では400ミリの雨が予想されています。今、6時半過ぎですが、予報より早く雨音が強くなってきました。災害情報や防災無線に注意してお過ごしください。

このような暑さの中で

2018.07.24

アイコン

日曜日の「松田まさよ議会活動報告会」報告

 連日の暑さの中、去る22日、午後1時30分から上記報告会を開催いたしましたところ、香日向地区の方を始め、市域各地からもご参集を賜り本当にありがとうございました。

 報告会では、私から6月議会の報告をし、その後、お集まりの皆さまと意見交換の場を設けさせていただきました。住みやすさをどう確保していくか。また、幸手市の魅力を向上するためのユニークなご意見や、水害対応に関することなど、様々な視点でたくさんのご発言をいただき有意義な意見交換会となりました。「目からウロコ」のご意見もありました。皆さまの貴重なご意見は今後の活動に活かして参ります。本当にありがとうございます。

 

議会活動報告会ご参集御礼

2018.04.23

アイコン

ご参集くださった皆さま ありがとうございました

 昨日の「松田まさよ議会活動報告会」。地元自治会の総会とバッティングしたこともあり、開催時間を少々繰り上げ、時間を短縮しての開催となりました。短時間集中。慌ただしき会となったことをお詫び申し上げますとともに、短時間ながら密度の濃い時間を過ごさせていただけたこと、ご参集くださった皆さまに心より御礼申し上げます。

 さて、報告会では私から簡単に3月議会を振り返らせていただいた後、皆さまからもご質疑をお受けしました。地元に関することはもとより、、皆さまの関心が高かったのが3月議会一般質問で私も取り上げた「デマンド交通」です。デマンド交通は、運行当初より、ご利用者からは予約の取りづらさについてご意見を頂戴してきたところです。皆さまも、「少しでも改善の方向を」といろいろご意見をおっしゃってくださっていたわけですが、昨日の会場では、なかなか改善されない現状に云っても詮無しとの空気感が感じられ、気になりました。
 わが町の公共サービスに”あきらめ”を感じる市民がいる。由々しき事態です。担当課の職員も頑張ってくれてはいますが、大きな枠組みでとらえ直さないと解決しないのではないか。一般質問ではそんな思いで、幸手市にとって「相応しい公共交通網の形成」を問い、市が、一丸となって取り組みを急がねばならない段階にあるということを訴えました。執行部からは「今後は、公共交通と福祉サービスの役割分担も含め検討していく」との答弁を得ることができましたが、今後は、その検討を急ぐこと、その検討結果の実行が効果・成果に結びつくこと。この方向に向けて私も努力していくことを会場の皆さまにお伝えいたしました。
 また、幸手市は今年度から、高齢者を対象に「免許自主返納者への支援」が始まることもお伝えしました。自主返納した方にタクシーチケットを交付するサービスですが、会場からは「1回限りでしょ」と返納した”その後”を見据えた厳しいご発言も。高齢化が進む幸手市。公共交通網の形成に、待ったなしの対策が求められています。

 このほかにも、会場で話題となったのは生ごみ処理機(コンポスト)を使って生ごみゼロを実行している方の発言でした。「生ごみ処理機」を使うことで家庭から出る生ごみの量が減る→ごみを集積所に持っていくのが楽→高齢者のごみ出しが少しでも楽になる。「市はもっと積極的に広報すべきではないか」とのご意見に、会場の皆さまからは、今更ながらに生ごみ処理機の威力に感嘆の声が。

 デマンド交通の利便性にしろ、生ごみの問題にせよ、高齢化が進む幸手市にとって生活に関わる重要な問題です。私もこれからも鋭意研究して、市に提案・提言ができるよう努力して参ります。

 議員の質問力を支えるのは、市民の、住民の皆さまの声である。民意に基づく活動こそ、議員の仕事。それをつくづく感じた議会報告会でした。昨日もまだまだお聞きしたいことが山ほどあり、時間短縮は残念の極みでした。次回はさらに掘り下げてご意見をいただきたいと思います。皆さま、本当にありがとうございました。

ページ移動