記事一覧

12月議会一般質問通告

2021.11.19

アイコン

12月議会は3項目を選定しました

早いもので今年も後1ヶ月余りとなりました。12月からは今年最後の議会が始まります。昨日、一般質問の通告書を提出してきました。

今回は3項目です。今議会も質問の持ち時間が30分のため、3項目は時間的にタイトなのですが、1項目目は最近、複数発生している事務処理ミスについて、2項目目は今年度で廃園となる吉田幼稚園について、3項目目は母の介護の経験から市の介護保険を選びました。内容は以下の通りです。質問の中に言いたいことを込めましたので目をお通しいただければ幸いです。

1.事務処理ミスの発生抑止、事務改善について
(1)各事例の経緯、経過、庁内対応(誰が・いつ・どのように)、対処、再発防止策を伺う。
 ・ハッピーエール券の発送において
  一部対象者に送付しなかった誤り
 ・衆議院比例代表選出議員選挙の
  あん分票数の誤り
 ・水道検針受託者の虚偽検針の報告
(2)各事例の問題の核心(ポイント)は何か。
(3)今回の事例から、組織の信頼失墜、リスク管理の問題として、また、市民の利益に反する行為として、発生抑止、職員の意識改革・人財育成、事務改善など内部統制を引き締める必要があると考える。どう進めるか。来年度の対応を伺う。
(4)総体として市長はどう考えるか伺う。

2. 市立吉田幼稚園廃止後の公的幼稚園教育の今後について
(1)幸手市立吉田幼稚園が今年度で閉園となる。教育的観点から、これまでの教育実践の評価、今後について教育長に伺う。
(2)教諭(正規職員・会計年度任用職員)の閉園後の配置、処遇の考えを伺う。
(3)幼稚園教諭、保育士の資格を持つ人材、これまでの教育実践の実績は貴重である。人材や実績を活かせる環境づくりは検討されているか。来年度の対応を伺う。

3.入所しやすい介護施設の整備について
(1)市長公約「入所しやすい介護施設の整備」の進捗、入所が困難な現状の課題を伺う。
(2)来年度の対応を伺う。

♥皆さまにおかれましては、上記項目において、日々お感じのことがありましたらお知らせください。住み良い幸手市は皆さまのご満足あってこそ。できること、できないことはありますが誠心誠意、解決策を模索いたします。よろしくお願いいたします。