記事一覧

12月議会 可決された主な議案

2021.12.22

アイコン

12月議会が終わりました

新型コロナが地球規模で変異を繰り返し私たちの生活を変容させて2年。今もオミクロン株がジワジワと日常生活を圧迫しています。昨日の議会最終日にはコロナ禍による国の特別給付金に関する補正予算が追加提出され、国庫から約10億6300万円が支出。幸手市の一般会計歳入歳出総額は189億3200万円に達しました。追加された議案2件を含め、市長から提出された議案は、議会が修正をした条例が1件ありましたが、その他全て、全員賛成で原案可決されました。その主なものをお知らせいたします。

【12月議会で可決された主な議案】
◇一般会計補正予算歳入歳出
コロナ関連の事務経費(10/10国補助)のほか、市の上半期における執行残などが補正されました。
・住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金 
 7億1000万円??給付予定対象7100世帯
・子育て世帯への臨時特別給付金 
 6億5000万円??給付予定対象6500人
 ※申請不用の対象世帯には12月27日振込予定
・新型コロナウイルスワクチン接種対策事業負担金 3億1126万円
 ??3回目のワクチン接種に向けた委託料など
・新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業補助金 1億4238万円
 ??3回目の接種に向けた事務費など 
・天神の湯ほか休館による委託料、光熱水費の減額と、天神の湯再開に向けた修繕費計上
 ??ウエルス管理運営費委託料△8,461千円、光熱水費△4,000千円、修繕費5,850千円

◇条例
■押印及び署名の見直しに伴う関係条例の整備に関する条例 
国主導による事務見直しです。市民等の負担の軽減及び利便性の向上を図るため、条例において求められている押印及び署名の見直しに伴う関係条例の規定の整備が提案されました。施行日は来年4月1日。改正点は、
??①幸手市職員及び幸手市教育委員会職員の服務の宣誓に関する条例の一部改正
 新たに職員となった者が行う宣誓書への署名押印を不要とする改正。 議会は「署名は職員としての自覚を促す最低限の行為として残すべし」として修正動議を提出。押印のみ廃止を全員賛成にて可決。
??②幸手市固定資産税固定資産評価審査委員会条例の一部改正
 固定資産評価審査委員会の書記が作成する各調書への押印及び書記の署名押印が不要となります。
??③幸手市認可地縁団体印鑑条例の一部改正
 認可地縁団体印鑑の登録及び登録廃止に係る申請書への代表者等の個人の印鑑の押印が不要となります。
??④幸手市市営住宅管理条例の1部改正
 市営住宅の入居手続き及び入居権利者の地位の継承手続きにおいて提出する請書への署名が不要となります。

※修正の背景
押印署名廃止は、今後のデジタル化を睨んで旧習となっている事務の簡素化に向けた見直しが主な目的です。この見直しでは国から基準が示され、多くの自治体がそれに準拠して改正、改善を進めています。幸手市議会が修正を求めた①についても、既に多くの自治体が「廃止に問題なし」として署名押印廃止を決定している事柄ですが、幸手市議会では議員全員が上記主旨にて修正を求めました。私もこのような服務の宣誓の署名を不要とする積極的な理由を見つけるに至らず。押印の廃止は了とし、署名を残す案に賛成しました。
この他、市では条例以外の規則や規程など1,184件の見直しを進行中(12/8現在)。うち1,037件で署名押印が廃止の方向で検討されています。さらに精査を加え、廃止が決定したものは来年4月1日から施行の予定で、市のHPなどを通して告知されることになっています。各種書類提出等に関んする多くの事務で適応されます。対象の事業や提出書類につきましては現場でも都度ご説明をすると思いますが、皆さまにはよろしくお願いします。

◇人事
■監査委員の選任について
これまで幸手市の代表監査を務めてくださった小林清治氏が自己のご事情により退任され、新たに内田潔氏が選任されました。内田氏におかれましては幸手町役場に入庁され、監査委員会事務局長や市民体育館館長、契約検査室長、政策調整課長、庶務課長、健康福祉部長などを歴任された他、幸手市消防本部の消防長にも1年間在席されるなど、幸手市の行政を広範にご経験された方です。
監査は議会と同様、市のチェック機関の両雄です。前職のご尽力に感謝するとともに、新しい代表に期待を申し上げます。

♥このブログを書き上げるのに3時間。文言を精査すれば文字数を減らせるのかも知れませんが… 。いつも長文で申し訳ございません。