記事一覧

今日から4月

2022.04.01

アイコン

成人年齢が18歳に

今日から4月ですね。悲喜交々、心機一転、いろいろな変化の中で今日という日をお迎えになる方も多いかと思いますが、皆さまには新境地で頑張っていただきたいと思います。

さて、個人的な変化もさることながら、今日から民法における成人年齢が20歳から18歳に引き下げとなります。明治時代以降今日まで約140年間変わらなかった民法の成人年齢が変わる。これは歴史的な日と言えるかも知れません。改正によって、2022年4月1日に18歳、19歳の方は2022年4月1日に新成人となります。

18歳成人は世界の潮流であり、日本でも過去には15歳で元服していましたので、18歳という年齢は責任能力があると考えても間違いはないかと思いますが、しかし、この2歳の違いに対して、彼ら彼女たちに当事者としてどれだけ自覚があるかということは重要です。
特に消費者として、親の関与なしに本人の意思で契約ができるようになり、契約に対する責任については親も含めて認識を高める必要があります。知人や親しい人を介して何かの契約を分からないままに結んでしまう、犯罪に巻き込まれるというのは最悪です。知人や親しい人であっても内容を確認したり、断れるには小さい時からの“訓練“が必要です。

私も、18歳成人の課題については、青少年健全育成に関係する様々な機関や方とタイアップして、地域社会にできること、やるべきことについて取り組んでいきたいと思います。

時代はどんどん変化しています。その変化に負けない地域づくりには地域の皆さまのご協力が必要です。皆さまには、青少年を守るために地域に関心をお持ちいただき、一緒に連携して参りましょう。