記事一覧

ハザードマップ更新

2022.04.02

アイコン

個人の避難行動計画=マイタイムライン=

4月号広報さってに折り込まれている「幸手市地震ハザードマップ」「幸手市洪水ハザードマップ」はもうご覧になりましたか。2つのハザードマップが昨年3月に更新されました。

ハザードマップは、地震災害や洪水・はん濫に関する情報と避難方法などを市民の皆さまに提供することにより、日頃からの防災意識を高めるとともに、いざという時に安全かつスムーズな避難行動に繋げ被害を最小限にすることを目的とした地図です。
ハザードマップには、災害時の持ち出し品など「わが家の防災メモ」が記入できるようになっています。

また、洪水ハザードマップに織り込まれている「マイタイムライン」記入用紙。市の危機管理防災課HPには、
?高齢者世帯の場合
?子ども世帯の場合
?ペット同居世帯の場合
の3つの世帯別に記入例が掲載されています。幸手市で初めて避難勧告が発令された台風19号の経験をもとに、わが家の場合、どんな備えが必要かについて、この機会に是非、ご家族で話し合ってみてください。

ファイル 1672-1.jpeg

地震も含め、災害時は自助7:共助2:公助1と心得て。何か心配なことがありましたら、日常から備えて参りましょう。皆さまのご協力をお願いいたします。

また、幸手市では避難行動にご心配のある方に対して、避難計画の作成をサポートしていますので、こちらも平時よりご確認ください。