記事一覧

幸手市は難を免れる

2022.06.15

アイコン

ひょう被害 埼玉県で38億円超

今日の埼玉新聞、埼玉県が指定した特別災害指定地域の地図が載っていましたが、ご覧になった方はおられるでしょうか。何と、北は上川町から熊谷市、加須市、久喜市、春日部市、南は三郷市まで、埼玉県と群馬県、栃木県、茨城県に接する市町が軒並み、「条例に基づく支援対象市町」「30%未満等の被害市町」に指定(カラー表示)される中、ポツンと一つ、幸手市だけが白抜きで「被害なし」と分類。
ファイル 1700-1.jpeg 埼玉新聞より

この地図を見る限り、近隣では幸手市だけが災害を免れた状況。これは近隣には申し訳ないのですが、本当に運が良かった。なぜ、そのようなことになったのか。不思議な感じもあり市の担当者はじめいろいろ確認してみました。

その結果、分かったことは、
❶降ひょうによる農作物被害指定は県のマニュアルに沿って決定されるのですが、今回の被害の多くは梨や梅、キウイフルーツなどの果実、小麦、スィートコーン、ネギなどで、幸手市は水稲中心であったことで被害を免れた。
❷他の地域に降ったひょうのサイズに比べ、幸手市に降ったひょうは粒が小さかった。

という2点を要因として、指定を免れたことが分かりました。確かに、キューリの葉に穴が空いた、ハウスに穴が空いたなどはあったようですが、市やJAみずほなども農家さんに聞き取りなど調査をし、県に指定されるような被害はなかったということのようです。

❷のひょうのサイズですが、幸手市では、以前、私の家人が撮った写真のように直径1センチ位の大きさでしたが、宮代町や春日部市では2〜3センチの塊りだったとか。宮代町に住む職員によると、北風の影響か、北側の網戸がボロボロになったそうです。また、さいたま市にご用で出かけたご家族の車の車体に凹みが。

因みに、ウェザーニュースのリンクを貼っておきます。ご関心のある方はご覧ください。
https://weathernews.jp/s/topics/202206/040055/