記事一覧

尋常ではない雨の降り方

2022.08.05

アイコン

昨日は北陸、東北の日本海側に平年8月の2カ月分を超える雨を観測

前線の停滞と高気圧からの湿った空気の流れ込みで日本海側の各地で洪水被害が発生しています。

東北、北陸の5県17河川で氾濫が発生し、少なくとも4県で土砂災害が起きたと。総務省消防庁によると、警戒レベル5の避難情報「緊急安全確保」と避難指示の対象は4日午後時点で約54万人に上っているそうです。

多くの被害が出ています。JR線の鉄橋崩落、車が流されて行方不明、住宅浸水、断水、特養が床上浸水で入所者避難、土砂崩れなど。昨夕のテレビ報道で私が気になったのは、保育園にお子さんを迎えに行って濁流に2時間流され無事救出されたママのインタビューです。

無事救出されてホッとしたママの気持ち、心配だったと思います。無事で本当に良かったと心から思いますが、冠水、浸水最中の車での移動は危険が増します。詳しいご事情は分かりませんが、引き渡し後に帰宅を急がれた中での出来事かと認識しますが、皆さまにはどんな時も無理をせず、安全第一で。

因みに、自治体では災害時の小学生や保育園児引き渡し訓練を行なっています。幸手市の場合、原則的には早めの引き渡しを基本としてお迎えのご連絡をすることになるようです。しかし、働く保護者が直ぐにお迎えに来れるとは限りません。そんな時は状況を見ながら安全な預かり体制が取れるよう、不測の事態への対応も準備しています。関係する保護者の皆さまには関係機関と連携を密にして、無理をせず、くれぐれも安全第一で行動なさってください。よろしくお願いします。