記事一覧

幸手市在住者さまからのお手紙

2022.09.01

アイコン

ポストにお手紙をいただきました

先日、ポストに「幸手市在住者」を差出人名とするお手紙が入っていました。いつもブログをご訪問くださる方のようで、お手紙の冒頭、いつもの長文の文章を「分かりやすくまとめている」「参考にしている」と。有難たいです。本当に有難いです。励みをいただきました。
改めて、ブログをご覧下さる皆さまに、間違った情報をお伝えすることのないよう、これからもしっかり精査して書かなければと、緊張感もいただいた次第です。本当に有難うございます。

お手紙の内容は私のブログで取り上げてもよいとのお言葉がありましたので、皆様にもご披露したいと思います。

さて、お手紙の内容は2つです。1つは去る18日に東武鉄道日光線南栗橋駅に特急が停まるというニュースをご覧になってのご感想と、幸手インターチェンジの利便性を活用したサービスの誘致をとのご提案です。

改めて、東武鉄道の件を調べてみました。2023年3月のダイヤ改正から、通勤・通学時間帯を中心に特急列車の一部が南栗橋駅に停車することになります。停車する特急列車は、朝方時間帯の上り(東京方面)が3本、夕方時間帯の下り(栃木方面)が6本。運行時刻、所要時間、特急料金などの詳細は未定とのことです。

南栗橋駅は地下鉄直通列車の終着駅。そして、今、東武鉄道自らが開発メンバーとして駅前エリアで次世代の街づくり推進プロジェクト「BRIDGE LIFE Platform構想」を展開中。BRIDGE LIFE Platform構想とは、もうご存じの方も多いかと思いますが、これは、久喜市、東武鉄道、トヨタホーム、イオンリテール、早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科 小野田弘士研究室が連携して臨む"産官学連携による次世代の街づくりを推進するプロジェクト“です。久喜市は特急券補助はこのプロジェクトの協定で約束しています。今後、市外からの移住者を対象にした特急券購入者に対する補助を検討しているとのこと。プロジェクトの街区イメージ図を見ると街の1/4くらいが戸建エリアになっています。どれくらいの人が住む街となるのか。

特急列車といえば杉戸高野台駅は数年前から18時以降、下り特急が停車。お手紙の「幸手市在住者」さんの調べでは、東武鉄道の現行の特急列車が停車しない自治体は、本線・野田線系統では草加市と幸手市だけであり、仮に来年3月のダイヤ改正で幸手市通過となると近隣の杉戸高野台駅と南栗橋駅に停車する状態になってしまう。………幸手市の税金で橋上化したにも関わらず、特急が通過すれば幸手市の地位は低下してしまう。「幸手駅は東武動物公園駅に次ぐ日光線の利用客を誇る駅である。幸手市は久喜市のように特急料金の補助等を行い、幸手駅の特急停車推進及び幸手駅の利用促進につなげるべきではないか」と。

私も幸手駅の利用促進は重要と考えています。私が子育て時代には東武ストアもロッテリアもあり利用していましたが、その東武ストアも撤退。通勤、通学者は明らかに減っています。現在は駅橋上化に伴い、桜🌸の時期にスペーシアの一部が停車するようになっています(通勤や通学用ではなくあくまで観光目的ですが)が、お手紙をいただき、改めて幸手駅の利便性について考えてみました。

私はお出かけの際に"ちょい乗り"する程度の利用者ですが、実は、幸手駅は中央林間や日比谷線直通があり、意外と便利なんですね。さらに最近は市内循環バスの運行時間帯は最寄りのバス停から駅まで15分くらいで行ける。私にとっての利便性は高まっています。また、通勤者からは始発駅の南栗橋駅の次の駅ということで比較的座って通勤ができるという好評価もあるようです。実は私の家人も、定期券で通勤していた頃はJR一辺倒だったのですが、今は「東武鉄道がこんなに便利だとは知らなかった」と最近は駅まで自転車で行って頻繁に利用しています。通勤通学の皆さまのご不便を理解できていないかもしれませんが、朝などは日比谷線直通と中央林間行きが10分置きに発着していて比較的利便性も確保されているのではと見受けます。一度、夕方に特急を使ったことがありましたが、杉戸高野台駅での乗り換えはスムーズでした。もし、このブログをご覧の皆さまの中に東武鉄道をお使いになっている方がいらっしゃいましたら、特急列車についてどのようにお感じか是非ともお知らせください。

「幸手市在住者」さんがおっしゃるように、幸手駅は東武動物公園駅に並ぶ駅との位置づけです。駅の更なる利便性向上は諦めず期待したいところですが、幸手市のウィークポイントは電車待ちができるホームがないこと。三番線ホームを失っているのは痛い。しかし、広々とした橋上駅舎を評価する声も多い幸手駅です。それだけでなく、もっと価値を上げる努力を。初めからダメだと諦めない。特急列車をどうやったら停められるか。考えてみよう。そんな叱咤激励をいただくお手紙。「幸手市在住者」さん、有難うございました。
2点目のご提案はもう少し調べさせてください。

♥そして、今回は匿名でのお手紙でしたが、次は是非是非、お名前をお知らせください。いろいろなことにお詳しい幸手市在住者さんと、いろいろなことを語り合いたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。