記事一覧

幸手市を知る 番外編

2022.11.06

アイコン

郷土資料館 季節外れの朝顔

今日の放水訓練は東公民館前の中川河川敷で行われました。車を隣接する郷土資料館に置き、帰りに何気に置いてある朝顔に気がつきました。

季節外れの朝顔。確か、郷土資料館の特別展で今夏、江戸の朝顔展があったなあと思っていると、ちょうど出勤してきた学芸員職員とばったり。聞いてみると、確かにこれは江戸時代から伝わる朝顔で、夏の朝顔展にも出展されていた品種だとのこと。

江戸時代に品種改良された種が現存する。それだけでも驚きですが、それにも増して、驚いたのは、この種は幸手市の愛好家が守っておられるものとのこと。

そうなんだ、と驚くとともに、ちょっと残念な気持ちも。何故なら、今年は展示を見はぐってしまったから。来年、このような展示があれば必ず行きたいと思います。

♥ いろいろなことを楽しんでいる風流人の"発見“で郷土がグッと身近に感じられ、何だかほっこりした気分になりました。地域って、奥深いですね。

夕顔と見間違えるような白い花びらに紫の一筋が。季節外れでもこの優雅さ。江戸の粋を感じる可憐さです。
ファイル 1768-1.jpeg ファイル 1768-2.jpeg