記事一覧

日本各地で進む治水対策 

2022.11.16

アイコン

利根川栗橋流域水防事務組合議会 視察研修@利根川上流河川事務所 千曲川河川事務所

利根川栗橋流域水防事務組合議会3年ぶりの視察研修が再開されました。

視察先の千曲川は令和元年の台風19号で甚大な被害が発生。その後、令和2年から進む「信濃川水系緊急治水対策プロジェクト」を。また、利根川上流河川事務所では「首都圏氾濫区域治水対策」として栗橋地区で進む堤防強化工事の状況を視察しました。

毎年、全国各地で台風や集中豪雨などによる河川氾濫により甚大な被害が発生していますが、全国の様々な地形を流れる河川は一律に同じ対策はできませんし、住民の皆さんに合意とご協力を得ながら進める対策には長い年月を要します。治水対策はまさに国民の生命と財産を守る国家プロジェクトです。

この度の視察では治水工事や築堤の工学的説明を受けることができ、日夜、治水対策に真摯に向き合う国交省の皆さんや工事関係者のご努力への敬意と、改めて"水“を制することの難しさを感じました。
ただ、自然災害の甚大さが増す現在、治水対策を必要とする河川はまだまだ全国にはたくさんあるように感じます。私の実家の近くを流れる一級河川も利根川のスーパー堤防の厚みと比して、せりたった細い堤防が大河川の水を受け止める構造です。限られた予算の中、時代の要請に応える強化対策が進むことを願うばかりです。

ファイル 1773-1.jpeg ファイル 1773-2.jpeg
利根川上流河川事務所にて 
雨天のため工事現場は屋上から 幅広なスーパー堤防の築堤が進んでいます。

ファイル 1773-3.jpeg ファイル 1773-4.jpeg
先の台風19号で破堤し復旧された堤防を視察。
千曲川は複数箇所の堤防が破堤。それにより全半壊4,000戸以上、北陸新幹線車両センターの冠水など重要インフラにも大きな被害が発生しました。プロジェクトでは、堤防の強化とともに、河道の掘削、川幅の拡張、遊水池の整備など総合的な対策が国、流域市町村などの一体的連携で進められています。