記事一覧

権現堂公園にて 番外編

2013.03.09

アイコン

権現堂公園の植物について 番外編です

 権現堂公園は県営公園として整備が進められ、とてもきれいな公園となっています。これは桜堤から行幸湖の水門を望んだものです。桜堤の東側はこれから菜の花が咲き、桜が咲くとそのコントラストの美しさは圧巻ですよ。また、公園内には日本の各地から桜の苗を取り寄せて植樹しているコーナーもあるということですから探してみてくださいね。
ファイル 190-1.jpg ファイル 190-2.jpg

 さて、番外編① これは公園の中の「ハンノ木」です。ハンノ木は県の蝶「ミドリシジミ」の生息に欠かせない木で、公園として整備される前、この辺りには「ハンノ木」が群生していました。その名残りの数本です。
ファイル 190-3.jpg ファイル 190-4.jpg

ファイル 190-5.jpg そして番外編② ここの桜は植えられてから60年以上が経ち、古い木の幹には大小の「ムロ」ができています。覗いてみると今日のぽかぽか陽気にもぞもぞ動く「住人」の姿が。黒い体に細く長い足。そして体に赤い斑点といういでたちのちょっと不気味な感じですが、前述の桜堤保存会の方も「悪さする虫じゃないと思うよ」と。虫と共存してこそ「自然」ですよね。(写真はすべて、写真の上でクリックすると大きくなりますよ)

 さて、4回に分けてご紹介してきました「幸手の名所」権現堂堤。4月7日には「さくらマラソン」も開催されます。この堤の桜のアーチの下を4500人以上のランナーが駆け抜けます。昨年、沿道で応援していたらコスプレランナーが多くてびっくり。農産物直売所「さくらファーム」もオープンして、ますます楽しくなった権現堂。車でのご来場は混雑が予想されます(予想というか、毎年大混雑ですよ)。東武日光線幸手駅をご利用の上、街中から権現堂まで約30分というハイキングコースも是非お楽しみいただきたいです。商店街では毎年まつり期間中、湯茶サービスもしています。
 桜の咲く頃、お友達とご家族と。是非散策にお越しくださいね~。お待ちしていま~す。