記事一覧

3/12 教育委員会傍聴記

2013.03.14

アイコン

3月12日の教育委員会を傍聴しました

 新年度に向けて、いろいろな話し合いがなされ、それぞれ委員さんの承認がなされていますので、主な内容をお伝えします。

①来年度は組織変更があり、2つの課が1つに統合されるということ。
 今までの生涯学習課と市民スポーツ課が、より効率的な運営を図る観点から「社会教育課」となるようです。業務は新しい課が引き継ぎますが、職員数に関しては少なくとも課長ポストは1名減に。

②平成25年度は
 土曜授業(年8回)や日本保険医療大学で講座を受ける(小学生高学年対象)「子ども大学」など、新しい事業も予定されているようです。また、相談体制や学習支援体制を充実させるための人員増も予定されています。

 まだ、議会での予算審議中でもあり、これ以上をお知らせすることは控えますが、教育の「量・質」を確保して子どもたちの学力や体力向上のために学校・家庭・地域で取り組んで行こうという意気込みを感じる委員会でした。

 明日は中学校の、そして22日は小学校の卒業式です。「終わりであり、始まりでもある」この時期。幸手市で育った子どもたちが、輝く未来に大きく羽ばたいて行ってくれることを心から願っております。