記事一覧

埼玉県内市町村の動き

2013.04.14

アイコン

新聞報道による市町村の事業より

 今日の埼玉新聞の記事に県内の市が展開している「すごいな~」と思う施策が2つ紹介されていました。全国の中にはモデルがあるのか、市職員のアイディアか。本当に素晴らしいと思いますのでご紹介してみたいと思います。

①志木市 子育て支援課 
 <事業内容>
 公立保育園で提供している給食を食べながら、子どもの発育や発達に応じた食事を親子にアドバイスする食育事業が、同市の子育て支援センターでスタート。参加の対象は市内在住で、保育園や幼稚園に通っていない子どもがいる家庭。毎月2回、1時間。毎回5組の親子を予約制で受け付け。初回は無料、2回目以降は350円がかかる。アレルギーの確認をするため、希望者は同センターへ直接来所して申し込む。

というものです。この事業の素晴らしさは
 ・高齢者や障がい者の栄養指導など様々な事業に応用できるパターンで
  あること
 ・公サービスを受けていない市民を掘り起し、繋がろうとする柔軟さ
  必要な支援をしっかり届けようという市の意欲を感じますね
 ・適切な利用者負担が行われていること
だと思います。このようなきめ細かな対応・姿勢は市民の安心で健全な生活に大きく貢献するものと思われます。

②羽生市 パープル羽生
 <事業内容>
 市の政策決定などで女性の登用を促す「女性人材リスト」の登録者を募集。人材リストは女性が活躍する場の確保と男女共同参画社会の実現を目指して整備。市の各種審議会や委員会などの人選や、事業を推進するうえで女性の人材が必要とされる際に活用されている。対象となるのは、市内在住・在勤、または市内の団体に所属する20歳以上の女性。法律・行政、福祉、まちづくり、環境、子育てなどの分野に関心のある人、専門知識を持っていることが条件になる。定員は設けず、随時募集している。

というものです。男女共同参画の視点から整備されるというのがアイディアではないでしょうか。幸手市にも様々な人材バンクはありますが、より機能させていく手法として参考にしてよいものと考えます。特に、市民参加や市民との協働を「絵に描いた餅」としないアイディアとして市の主体性を感じます。

 それぞれのまちで「市の特性」や「課題」は違いますから、これらをそっくり取り入れることはNGですが、幸手市として充分に咀嚼して、「わがまちスタイル」のサービスとして昇華させてもらえたらと思います。
 しかし、幸手市も当然優れたサービスを提供しようと頑張っていますので、もし、「幸手市ではすでにこれ以上に進んだわが町サービスが機能していますよ」とのことがリサーチできましたなら、またこの場でご報告いたします・・・。