記事一覧

議会報告

2014.03.05

アイコン

市長提出議案に対する質疑より(3/3)

 議会では、2月20,21,24日に一般質問が終わり、3月3日は市長の提出議案について内容や不明な点を聞く「質疑」が行われました。私も来年度一般会計予算(案)より5つの質疑をいたしましたのでご報告いたします。報告量が多くなってしまいましたので、ご興味のある項目だけでも見てください。

1.農業費<農業振興費> 
  特産品(幸手ブランド)販売促進業務委託料 600千円について
 幸手市は農産物生産振興事業として、平成24年度にはJAみずほの農産物直売所「さくらファーム」の開設を補助し、平成25年度からは直売所を核とした幸手米のブランド化の推進を支援しています。幸手でつくられるお米の中でも特に減農薬・有機栽培され、食味が良く粒の大きなプレミアムな”特別栽培米”を25年度から特産品としてブランド化し、その販売促進業務をJAみずほに委託しています。そして、26年度予算でも販売促進を支援していくため委託料を計上。その内容、事業計画について問いました。

質問:PRの手応え、価格の安定、流通量の変化は?
答弁:直売所での販売量は若干ながら伸びている。手間のかかる栽培だが、1キロ500円という価格が安定し、「幸手のコシヒカリ」のブランド力は着実に進んでいる。目標は安定した価格で販売量が増え、栽培農家数の増、若いては農家の収入増につなげること。25年度は「まずは知ってもらう」ことから始めたが、来年度も商工農連携事業として直売所での販売、包袋するビニール袋の作製費などを支援していく。

2.商工費<商工振興費> 
  商工振興協議会委員報酬 102千円について

質問:この協議会は市長の諮問があって開催される仕組み。しかし、報酬はここ数年の決算では常に「不用額」として計上され続けている。商工振興は幸手市にとって喫緊の課題であり、テーマは本当にないのか。問題意識を持って諮問してほしい。来年度、市長の諮問の予定はあるのか。
答弁:この協議会は大型店対策として発足した経緯がある。改めて調べてみて平成9年以降諮問はなく、今年も諮問の予定はない。しかし、条例で定められた協議会であり、急な諮問案件が出た場合など勘案し、来年度予算でも計上は継続していきたい。

3.都市計画費<講演管理費>
  公園愛護活動謝礼 451千円について

質問:公園愛護活動とはどのような活動なのか。例規集で内容を確認しようとしたが、この報酬の支払いを規定する要綱が見当たらなかった。また、幸手市は公園管理に高額な指定管理料を支払っているが、同じ公園が二重管理され、二重に市民の税金が投入されることはないのか。
答弁:報酬は自治会や住民・市民の団体の方による清掃や花づくりに支払っている。地域住民に身近な公園整備に関わっていただくことで、公園に人の目が届くことも狙いの1つ。現在活動団体は10団体で、来年度は2団体増やしたいと考えている。要綱については確かに現在、不整備な状態であり、只今整備を進めているところ。今年度末までには整備する。
 指定管理者の管理業務の対象となる公園では、愛護会活動と重複しないように調整をしている。

4.都市整備費<駅舎整備事業費>
  駅橋上化建設検証設計業務委託料 12,280千円について

質問:委託内容、委託先、検証方法は。また、昨年配布された幸手市の重大プロジェクトの資金計画では、平成26年度の駅舎に関する支出は1122千円となっている。この委託料は資金計画に織り込まれていたものか、それとも新たに発生した支出か。
答弁:橋上駅の設計は専門性の高いもので、設計は鉄道会社の系列業者に委託している。その設計の妥当性を設計段階で検証をかけるもの。委託先は設計業者とは別の業者になる。他自治体では検証によって計画が見直され、支出の大幅な圧縮が図れた例もある。この委託業務は重点プロジェクトの資金計画では予定されていなかった新規の支出である。

5.河川費<河川改修費>
  ①大中落改修設計業務委託料 1800千円について
  ②大中落河川改修工事請負費 45,000千円について

質問:それぞれの内容、工期について伺う。
答弁:①は西中学校から下流、牛村橋までの水害に対して対策を検討するための調査費である。調査の結果をみて、今後の対策を考えていきたい。
②は今、河川改修している箇所の2期目として、上流100mの護岸工事を行う工事費である。着工は1期目と同じく、流水量の少ない秋―冬の時期となる。橋梁の改修もやらなければならないので来年度内の工事終了は厳しいかも知れないが、河川の護岸工事はできるだけ年度内に完了したいと考えている。

以上です。ここまで読み進めていただけた皆さま、有難うございました&お疲れ様でした。市の仕事は大きなものから小さな事まで、ハードもソフトもいろいろあって、市民生活を支えています。全部に目が行き届くまでにはまだまだ”勉強&修行”が必要ですが、できることから税金の使われ方をチェックしていきたいと思います。そして、情報量は多くても、できる限り皆さまに市政の様子をお知らせしていきたいと思っています。

さて、今日は文教厚生常任委員会の2日目です。行って来ます。