記事一覧

膨張傾向の予算

2014.03.19

アイコン

昨日で3月議会が終了しました

 今議会の議案はすべて全員、若しくは賛成多数で可決されました。追加議案で提出された教育長人事では、杉戸町在住の「山西 実」氏に全員が同意。新教育長の任期は現職の残任期間で、4月8日から来年3月31日までとなります。

 さて、平成26年度の予算の特徴は、国の政策によってどこの市町村でも前年度比増額予算となっていることです。25年度の補正予算も計上されていますが、民生費の「臨時福祉給付金補助金」「子ども世帯臨時特例給付金補助金」、土木費の「社会資本整備総合交付金」、教育費の「学校施設環境改善交付金」など、すべて新年度への繰越明許費に計上され、実質、平成26年度の予算となります。
 国の補助金は消費税増税対策、あるいは経済対策などの目的があるのでしょうが、多額の借金を抱える国家財政の状況を考えるとちょっと恐ろしいくらい多額の予算が配分されているように感じます。

 幸手市の新年度予算も幸手駅橋上化、橋の長寿命化、学校の耐震化、圏央道の多額の負担金・開通に関するイベント、し尿処理施設の老朽化対策、公園の指定管理など大型事業が目白押しです。少子高齢化、民生費の増加、市民税の減少など、将来に向けての不安が解消されたわけではありません。やることはやらねばなりませんし、眉間にしわを寄せているだけではよいアイディアも浮かびませんが、40年後には5万人市のワースト2にランキングされるという幸手市の財政。前町田市政時に財政再建にあんなに苦労されていた時とまちの状況はほとんど変わっていないのに、予算だけが膨張している感があります。