記事一覧

恐るべし岡山!

2014.05.21

アイコン

岡山への移住相談会に119組 県が東京で開催


 首都圏からの移住希望者を対象にした岡山県の相談会が18日、東京都内で開かれた。119組の家族や個人が参加、通勤時間や子どもをめぐる医療費助成について尋ねるなど、移住を前提にした具体的な相談が目立った。

 岡山、倉敷市といった県内13市町、県宅地建物取引業協会などがブースを設け、住まいや就職などの相談に応じた。参加者は、岡山市周辺に住んだ場合の通勤通学にかかる時間や手段▽企業の求人倍率や平均的な家賃▽子どもの医療費助成や保育所の待機児童―など、日常生活や育児について質問していた。

 埼玉県幸手市の自営業男性(30)は「災害が少ない岡山へ、子どもが小学校に入学する来年3月までには移住したい」と話していた。

 東京での相談会は2012年1月から開いていて8回目。

 香川県も17日、都内で相談会を開き、30〜40代を中心に104組が訪れた。先輩移住者が体験を語ったほか、県内7市町やハローワーク担当者が相談に応じた。

しばらくぶりの書き込みで、溜まっていた思いを一気に何本も書き込んですみません。しかし、恐るべし岡山・香川の情報は皆さまと共有したい。上記は5月19日の山陽新聞です。このブログにリンクしていますので引用しました。汗かいてます。努力していますよね~。岡山・香川から戦陣を組み、東京圏に長い長~いストローを伸ばして、移住者を求めようという政策です。正しく”戦略”です。このような政策の展開無くして、これからの自治体間競争を生き残っていけません。この危機感が感じられないのがわが町の問題の大きな1つだと思えてまりません。

 というか、れれ!? 幸手市の自営業男性…、移住したいって!?
幸手市も災害は少ないですよ~。