記事一覧

所沢市の保育サービス、その後

2015.06.26

アイコン

育休で退園「違法」 保護者らが差し止め求め所沢市を提訴

 先日来、お伝えしていた「育休中の保育所退園問題」は保護者が所沢市を提訴する事態に発展しているようです。

 本日の埼玉新聞が1面、18面で大きく取り上げています。原告は訴状で、市の対応に対して「驚くべき制度改悪」と市を批判。市長は「まだ文章をいただいていないので」と今はまだコメントを差し控えている状況。子育て世帯にもいろいろな立場によって”温度差”はあるでしょう。非常に難しい問題です。

 1年、1年、子どもたちが成長をしていく中で、検討に時間をかけてもいられませんが、しかし、財政問題、待機児童や他の住民サービスとのバランスなども含め、総合的な検討や審議が必要です。

 今、民間企業は株主総会が真っ盛りです。経営を問われ辞職に追い込まれる経営陣もあります。それくらいバランスのとれた「経営」とは厳しいものです。行政サービスは企業と同じ土俵ではありませんが、税金の使い方を通して、住民の皆さまの生活や人生にまで作用するのが行政の仕事です。
 私も地方の一政治家として、市政経営をしっかりチェックしていかなければと、今回の問題を機に更に気持ちを引き締めています。

 さて、この問題、どのような決着がつくのか。この提訴の行方が日本全国の自治体の保育サービスのあり様に与える影響は少なくないと感じます。