記事一覧

親子で考える終活について@幸手市消費生活展

2016.12.08

アイコン

終活は「意思」をはっきりとさせる

 近年。「終活」(しゅうかつ)という言葉が市民権を得て、多くの皆さまがその必要性をお感じになっておられるものと思います。人生いろいろ、様々な関係性の中で必ず誰にも訪れる『最期』の時をどのように迎えるか。先日、幸手市くらしの会と市の共催による「消費生活展」において、一般社団法人終活コンシェルジュ(主に弁護士、税理士などで構成)から講師を招いての講演がありましたので、いくつか資料を抜粋して皆さまにもお伝えしたいと思います。

■「終活」とは =一言でいえばリスク管理
 ①「意思」をはっきりとさせる
 ②子供は親の「これからの問題」に備える
 ③親は子供に「これからの準備」を伝える
 そのために、最悪を想定して最善を尽くす ことが大事。

■親子で把握する問題とは何か
 ①介護の問題
  高齢化問題を数字から把握すると、
 ・75歳以上になると要介護認定を受ける人が急増
 ・要介護4・5の高齢者の半分近くが在宅介護サービスの利用者に
 ・要介護3以上は誰かの手助けが必要
 ・主な介護者の続柄をみると、6割以上が同居している人が主な介護者
 ・家族の介護・看護のため離職・転職する人は女性が多い
 ・男女ともに50代及び60代の離職・転職が転職者の6割強を占める
 (50代で離職=たいへん。給料=半分以下に)
 ・要介護4以上では同居の主な介護者の約半分がほとんど終日介護
 ⇒介護疲れで家族共倒れしないように
 ★介護サービスの積極的な利用・老人ホームへの入所等を今のうちから
  考える(特養…入りにくい、有老…20~30万円/埼玉県)
     (年金…12万円程度、国保5万円程度?)
     (要介護3→ケアマネ対応→限界→家に置けない→
           ディサービスのお泊り=グレーな対応→
           行政は動かない       
 ★年金、貯金、試算等お金を再確認する
②認知症の問題
 ・認知症を有する高齢者人口は増加の一途 
 (2020年には高齢者の1/4=292万人が出現すると推測)
 ⇒認知症は換地はできないが予防はできる
 ★軽度の状態で治療を受ける
③入院・治療の問題
 ・終の棲家の80%近くが病院である
 ・死亡場所は日本は病院が圧倒的に多い
 ⇒看取りのできる老人ホーム=良い施設
④葬儀・埋葬の問題
 ・葬儀はどうするのか
 ・宗派は把握しているのか
 ・墓はどうするのか
 ⇒代々の墓が遠方の場合、移転したいなどは意思表示しておくべき
 ⇒墓を守るのは誰か。子どもたちと話し合いを
⑤相続が争続となる問題
 ・遺産分割事件の新受件数{調停・審判は過去20年間で5倍超増加
 ・相続額300万円(持ち家1軒+金融資産)が一番争いやすい
 ・遺言公正証書年間登録数 平成26年には10万4490件
 ⇒「遺言書」の作成
⑥空き家の問題
 ・平成25年の空き家数は約820万戸。空き家率13.5%
 ・高齢親族のいる一般世帯、ひとり暮らし高齢者、高齢夫婦世帯
   =持ち家率が高い
⑦家族史が承継されない問題
 ・二世代、三世代同居の世帯は減少傾向にある
 ・50差う時点で一度も結婚したことのない(生涯未婚率)男性は
   4人に1人
 ・家族が離れていると話し合いができない=伝承されない
 ⇒記憶を紡ぐ = 意図的にでも家族で話し合う

■結論 自分らしい「終活」、大切な人のための「終活」とは。
 1.紡ぐ
 2.「備えること」は大切な人への思いやり
     …自分の老いを求め備えていく
 3.「伝えること」は大切な人への思いやり
     …孫、その下の世代へ「あの人がいた」=存在が語り継がれる

いろいろ書きましたが、とにかく子どもたちと話し合って、老いの現実を共有し、リスク管理をしていく。ということのようです。お正月も近くなりました。年末年始はご家族が一堂に会される機会もあることでしょう。お子さまや親御さんとのお話し合いにご参考になりましたら幸いです。