記事一覧

総人口7年連続減

2018.04.15

アイコン

続きましては日経新聞から 

 昨日の日経新聞。総務省が2017年10月1日時点での人口推計を発表した、という記事から。

 ◎外国人純流入 最多14.7万人
   総人口7年連続減 1億2670万人

 外国人を含む総人口は16年と比べて22万7000人減少。外国人の純流入人数は過去最多の14万7000人で、人口減の加速を外国人の増加が緩和する構図が明らかになった。
 1年間の出生数から死亡者数を差し引いた人口の自然増減は37万7000人の自然減だった。外国人の純流入は5年連続増加。若者層の目減りで年々不足する労働力を補おうと、高度人材や外国人技能研修生の流入が拡大している。国交省によると、建設分野では外国人労働者が11年以降の5年間で3倍以上の4万人超に急拡大。20年の東京オリ・パラもあり、この流れはしばらく続くと見られている。というのですが。

 海外から人材を呼び込むには生活環境面の整備も重要で、外国人医師が原則として自国の患者しか診断できないなどの制度のカベや、水害など非常時の多言語対応も課題になるそうです。

 皆さんは新聞折り込みで配布される求人広告をご覧になりますか。私は毎週できるだけ目を通すようにしていますが、コンビニやスーパーの店員、給食調理員、介護スタッフ、トラック運転手、製造ラインスタッフ、医療事務等、様々な職種で、しかも長期にわたり広告が出ているケースも見られます。事業拡大で人手が欲しいという前向きな求人なら問題はありませんが、企業が地域で人材を確保できない状況であるとしたら問題です。幸手市には「ふるさとハローワーク」が開設されていますので、機会を見て幸手市の雇用環境について確かめたいと思っています。

 高齢化は日本を筆頭に、今度、アジアやヨーロッパでも顕著となる課題で、世界が日本の乗り切り方に注目しています。
 そのような中で、国会では何だかいろいろなことが噴出し、収拾のつかない状況となっています。野党の皆さん、与党の皆さん、それぞれに主張はあると思いますが、問題は問題として何が問題なのかを整理してほしい。おもちゃ箱をひっくり返すことより、その後の整理が重要です。大事な法案や国際的な課題にも十分審議時間を割いていただきたい。そう思うのは私だけでしょうか。

つ、ついに

2018.01.05

アイコン

新年早々、ついに人口が52000人を割る!

 広報さって1月号、幸手市のHPより。

 ついに、幸手市の人口が52000人を割りました。1月1日現在の幸手市の人口は51939人(前月比▲36人)。近隣の白岡市は12月1日現在で52504人(前月比+35人)。久喜市は12月1日現在154055人(前月比▲24人)ということ。規模しい数字です。幸手市の人口減少は何が問題か。現状分析と施策の実行あるのみです。
 以前にも書いたように人口減少は無用に恐れる必要はありませんが、さりとて、時代の変化や諸般の事情は待ったなしであり、幸手市にゆったりと構える余裕はありません。如何に有効な施策を矢継ぎ早に打ち出せるか。私は、頑張るにしても何かをやるにしても、とにかく、今後2年が勝負ではないかと感じています。座して「ゆでガエル」になるわけにはいきませんよ。

 少子高齢化はもとより、基幹産業の農業や商業のこれから、住宅余りの時代の住宅政策、コンパクトシティへの取り組み、医療・介護、治水対策、そして、大金をかけて建設する幸手駅の有効活用などなど。やらなければならないことは山積みです。1つ1つ着実に。全力で進むしか道はなし。

 

無為に過ごす時間はなし

2017.04.24

アイコン

16年 総人口16万2千人減 埼玉など7都県は増

 4月15日の埼玉新聞より。

 総務省が14日公表した2016年10月1日基点の人口推計によると、外国人を含む総人口は1億2693万3千人で、前年から16万2千人減少。マイナスは6年連続。人口が増加したのは埼玉など7都県で、増加率トップは東京の0.80%。埼玉の増加率は、愛知と並び全国3位の0.32%。東京一極集中に歯止めがかからない実態が示された。

 働き手の中心となる15~64歳「生産年齢人口」の全体に占める割合は60.3%で、第2次世界大戦の影響が残る1951年(60.0%)に続く低さだった。新生児は98万8千人と初めて100万人を割り込んだ。人口が減った40道府県のうち、21道府県は減少幅が拡大。減少率が最も多かったのは秋田の1.30%で、青森、高知が続く。
 人口増の7都県は埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、福岡、沖縄。
 年代別のうち、0~14歳が全体に占める割合は12.4%。65歳以上は27.3%。75歳以上の割合は13.3%に。秋田は4年連続で減少率が最大。65歳以上が占める割合は34.7%と全国で最も高く、15~64歳は55.0%と鳥取に次いで低い。

 さて、幸手市の同時期(住民基本台帳(外国人含む))をみると、
 0~14歳   5759人   10.9%
 15~64歳 31473人   59.6%
 65歳以上   9596人   29.5%
 75歳以上   5973人   11.3%  でした。

 現在の人口割合は0~14歳 10.8%、15~64歳58.1%、65歳以上31.2%、75歳以上12.3%です。何度も申し上げますが、高齢化が悪いのではなく、いかに対策が執れるかです。市の課題はどこにあるか。さらに若い世代の流出がなぜ起きるのか。

 今日の日経新聞、「2018年春の新卒採用数」(日経新聞調べ)によると、日本の主要企業954社が計画する来春の大卒採用合計が、今春実績に比べて8.3%増となっているそうです。陸運や保育、小売りなど各社は人材確保や売り手市場のなか、優秀な学生の確保を急いでいると。大手企業が大卒の確保を進める=地方への影響はいかに。
 青森県の担当者「都会への憧れで出ていく人も多い。都市と比べた地方の暮らしやすさを伝え、もっと多くの若い人が県内にとどまるとうにしたい」。秋田県の担当者「雇用の受け皿づくりに取り組みたい」。

 幸手市も東京圏にありながら事情は同じです。さらに、幸手市の事情として、市で育った子育て年齢の数は今がピーク。これから先はその世代すら少なくなる。最近は人口問題ばかりで申し訳ございません。しかし、本当に、対策を講じるなら「今」との危機感が拭えません。

   成せば成る 成さねばならぬ何事も
            成さぬは人の成さぬなり

埼玉県全40市から見た幸手市のすがた

2015.03.31

アイコン

統計からみた埼玉県市町村のすがた2015 より

 先ほどのサクラの優雅さとは一変して。こんな統計を取り上げてみました。表記統計は、人口、産業、医療、福祉、環境、安全などの64の統計データを、県内における各市町村の位置(順位)を示しながら、市町村の特色を分かりやすくまとめた統計資料です。

 2014年度から始まったこの統計ですが、新たに2015年度版が出ていることを教えてくださる方がいて、その方が独自にいくつかの指標をセレクトして全市・前年度対比表を送ってきてくださいました(有難いことです)ので、いっしょに幸手市とはどのような「特色」のあるまちなのかみていきたいと思います。基本的な部分として人口に関する指標から。

           2015年   2014年    比較
1.総人口    52,715人 39位 53,239人  39位  △524人
2.年少人口の割合  11.1% 39位  11.1% 40位  △56人
3.生産年齢人口の割 62.2% 37位  63.7% 35位  △997人
4.老年人口の割合  26.7% 3位   25.2%  3位  701人増
5.1人当たり医療費312,339円 2位 307,555円 1位 4,784円増

 国は地方公共団体に対して「地方版総合戦略」「人口ビジョン」の策定を努力目標化しています。私は、これからの5年は地方創生=地域の活性化に本気で取り組む期間だと考えていますし、新年度は組織再編をし、地方創生に特化した部署を作って取り組んでいくよう提言してきました。しかし、残念ながら、そのような組織改編の動きはなく。大いに落胆しています。

 幸手市の「特徴」を語る前に、人口減少や高齢化への対応は最優先すべき市の最大の課題です。この課題への決着のつけ方で、幸手市の将来、そして幸手市の「特徴」が決定付けられるでしょう。
 ただし、以前にもお伝えしましたが、幸手市は決して「資源」のないまちではありません。アイディア次第でまだまだやれることはあるはずです。

 これから4月になると県議会選挙、市議会選挙が続きます。危機感を持つ市民の皆さまには、どのような議員に何を託すのか。しっかりと見極めて投票をいただきたいと存じます。
 民主主義は選挙、皆さまの1票で政治は決まります。必ず投票にお出かけくださいませ。よろしくお願いいたします。

旧公団団地、医療拠点に

2014.10.24

アイコン

多摩など、まず23カ所で 10/23 日経新聞夕刊より

 「人口減少問題」は幸手市の最大級の課題であると、私は考えています。6月議会の一般質問、そして、9月議会でもこの人口減少問題を取り上げました。自治体の生命線ともいえる「人口問題」を解決できなければ、自治体の将来はないとの危機感を大いに感じています。
 そんな思いを以って新聞を読むと、いろいろな情報が目に飛び込んできます。今日もそんな情報の中から、1つ、皆さまにお伝えしたいと思います。

 さて、その情報とは、「UR」(独立行政法人都市再生整備機構)に関する情報です。「UR」とは、旧公団住宅のことで、かつては日本の高度経済成長を住宅政策で支えてきました。ところが、昨今は入居者の高齢化が大きな問題となっていることは皆さまもご承知のことと思います。
 その「UR」が全国規模で団地の再編を進めています。特に、今回の新聞報道では、団地内で地域医療や福祉を担う拠点づくりを進め、自治体やNPOなどと連携し、医療や介護サービスを一体的に提供できる体制を整えるという、団地を抱える自治体にとって願ってもない動きが起ころうとしています。
 自治体の理解を得られた23団地から始め、2020年までに100カ所程度へ広げる方針。埼玉県内では武里(春日部市)とみさと(三郷市)が手を挙げ、先行することになるようです。

 皆さまは幸手市栄にある「UR幸手団地」をご存知のことと思います。確かに幸手団地も高齢化が進み、5階建ての上階部分の空き室が目立つようになっています。私は結婚して大和郡山市(奈良)の公団住宅に新居を構えました。公団住宅は子どもが生まれれば同世代との交流もできそうだし、広い敷地に中庭があって、子育てをするにはもってこい。そして、駅に1分という立地も魅力でした。現在「UR」を住処にしているわか身内もおり、公団とは切っても切れない”ご縁”が続いています。

 まあ、そんな私のヒストリーは横に置くとしても(笑)、とにかく、幸手市の中でも広大な敷地を持ち、自ら主体的に住宅政策含め、事業を推進できる事業者への期待は大きいものがあります。そして、今回「UR」が進めようとしている”医療拠点としての整備”は、国が進める「地域包括ケアシステム」の構築にも合致した事業で、幸手市にとっても価値ある事業となるはずなのです。そして、すごいことには、幸手市の「地域包括ケアシステム」は栄団地内に移転してきた東埼玉病院の先生を中心に進められています。なんか、「繋がってきた」と思いませんが。今後の広がりに大いに期待、ですよ。

 そうはいっても「UR」の団地再編計画は、「建て替え」「一部建て替え」「集約」という3ランクに分類されていて、幸手市は「集約」される団地となりそうですので、大きな団地とは少し”運命”が違ってくるかもしれませんが、しかしです。幸手市はこの動きを「モノにするしかない」ではありませんか。どのように関わって行けばいいのか。相手だって営利企業ですから、きっと厳しい交渉は覚悟せんといかんでしょう。

 今朝、この新聞情報を市に伝え、是非、積極的に調査研究してほしいと伝えました。私の独自調査で得た幸手団地の「UR」関連情報も加えて。

 さて、始めにも書きましたが、世の中、いろいろな情報が飛び交う中、本当に有用な情報をキャッチして積極的に活用していく能力が問われています。市がどのように料理していくのか。市長は幸手市の将来ビジョンを描けるのか。私は私なりにもっと情報を精査しながら、双方の動きを注目していきたいと思っています。
 

 
 

ページ移動