記事一覧

文化の秋 

2018.11.05

アイコン

深まる秋に

 食欲の秋、スポーツの秋、文化・芸術の秋…、秋はいろいろな楽しみがたくさんありますね。幸手市でもいろいろな行事が目白押しです。ここ数日の行事をいくつか振り返りながらご紹介いたします。

①香日向「ゆうゆうの集い」
ファイル 1124-1.jpg 先日、10月28日に開催。「敬老会」若しくは「高齢者の集い」の香日向バージョンというべきイベントです。当日はいろいろな催し物でランチタイムを楽しみました。写真はさくら高校演劇部による「ちんどんパフォーマンス」の様子です。

②幸手市消防点検
ファイル 1124-2.jpg 毎年恒例の行事です。幸手市の消防(消防団8団・埼玉東部消防組合)関係者が一堂に会し、機会器具や服装等の点検を実施。今年は加須に配備されている消防隊水難レスキューより、「水陸両用車」がお披露目に。
ファイル 1124-3.jpg

③幸手市文化祭
ファイル 1124-4.jpg 昨日までアスカル幸手で作品展示や活動発表が繰り広げられていました。幸手市の文化祭は見応えたっぷり。数々の力作が展示され、会場をぐるりと回ると2時間はかかるくらいたくさんの作品が展示されます。また、活動発表は、夕方6時を過ぎても続くほどたくさんの団体の参加があります。私もいろいろ鑑賞させていただいているうちに夕方になってしまいました。秋の夕暮の一枚。以前にもお伝えしましたが、これから幸手市は夕日がきれいな季節を迎えますよ。あなたのお気に入りのスポットを是非、見つけてください。
ファイル 1124-5.jpg

④健康福祉まつり
 昨日、ウェルス幸手で開催されました。文化祭と同日開催で、駐車場確保などの困難もあるのですが、しかし、市内のボランティア団体などのご協力で、会場狭しと催し物があり、また、多くの住民の方にご参加いただき盛況でした。

 このほかにもたくさんの行事やイベントあり、今日お知らせしたのはほんの一部です。私も、来賓でお邪魔したり、サークルのメンバーとして参加したり。ここ数日、てんやわんやしていました。このような催しでは、普段なかなかお会いできなかったりする方と思わずお会いできることも楽しみの1つですね。

 さて、晩秋のイベントはまだまだ続く。18日は市民まつりです。また、香日向では同日午後3時から「第1回 香日向寄席」も開催されます。真打による落語2席が予定されています。さらに、23日には幸手市還暦式、12月には子育て応援まつりと盛りだくさん。11月17日の「幸手市議会報告会」もお忘れなく。

 深まる秋のひととき。いろいろな行事をチェックしてお楽しみください。

幸手の空

2018.08.27

アイコン

マイ・スポット 市役所駐車場にて 見上げれば

 今、外では雷が遠くに聞こえています。今日は昼から役所に行きましたが、帰るとき、とてもきれいな空だったので思わず”カシャッ”!!
ファイル 1087-4.jpg

 午後4時ごろの空です。暑い暑いと言いながら、なんとなく秋を感じさせるいわし雲のような雲が。きれいですよね。最近、心なしか日が短く感じるようになってきましたが、これから幸手の空は夕焼けがきれいな季節となります。幸手の空は四季折々にきれいなんですよね。
 いつくかマイ・スポットがあるのですが、市役所駐車場もきれいな雲や空が見える私のお気に入りの場所です。皆さまにも是非、いろいろな場所から幸手の秋の空を楽しんでいただきたいと思います。
 稲刈りのシーズン到来。秋の実りの稲穂もたわわに頭を垂れて。

ファイル 1087-2.jpg ファイル 1087-3.jpg

幸手の夏まつり

2018.07.15

アイコン

八坂夏まつりクライマックス

 8日の渡御から一週間。今日は幸手の夏祭り最終日でした。幸手駅前に山車が集合した夕方の風景を写真に撮ってきました。昼間の暑さもひと段落し、比較的涼しい風が吹く中、多くの観客の方と山車の駆けあがりを楽しみました。

ファイル 1068-1.jpg ファイル 1068-2.jpg
ファイル 1068-3.jpg ファイル 1068-4.jpg
ファイル 1068-5.jpg

春の行事いろいろ

2018.04.04

アイコン

幸手アートさんぽ幸手中央商店街

 3月25日から4月8日まで、幸手市中央商店街を中心に「幸手アートさんぽ」というイベントが開催されているのをご存知でしょうか。

 昨日、私も行ってきました。中央商店街のいろいろなお店が協力して、アート作家の作品が飾られています。それぞれ大きな看板が出ているのですぐに分かります。私がまず訪れたのは飯村医院さんの古い診療室。中には中村勝彦氏のデザイン画が所狭しと飾られています。中村氏は一級建築士でもあり、建築士としての設計的感覚に裏打ちされた柔らかな画風が本当に素晴らしい。
 そして、ラッキーにもその中村氏と偶然出会うことができ、他のいくつかの会場をガイドしていただきました。飯村医院会場のすぐ近くの成田屋金物店さんはお店を解放し、彫刻家翁譲氏の作品を展示。お店の前に段ボールで造られたユニークな人物像が飾られているのですが、お店の奥まで、遊び心満載で作品が置かれていて本当に面白い。
 案内をしてくださった中村氏は期間中、万福寺でライブ描画にチャレンジされていて、そこにも連れて行っていただきました。

 アートに関心のある方もない方もきっと楽しめること請け合いです。作家作品にカメラを向けていいのかどうかちょっと躊躇したので写真は撮ってこなかったのですが、この楽しさは簡単に文章でお伝えできないですね。百聞は一見にしかず。是非、お出かけください。ちびっこたちも春休みの間に是非、触れてほしいアート展です。「アートさんぽ」で検索すればネット情報も発信されています。是非!
 

鳥獣情報

2018.02.10

アイコン

市役所近くでタヌキと遭遇

 そうそう、忘れていました。昨日、午前10時頃、市役所正門から車で出た時、そんなに大きな体ではありませんでしたが、タヌキの風貌をした動物を見かけました。一瞬だったので写真等は撮れませんでしたが、多分あの体つきはネコやイヌではありませんでしたよ。

 以前から市内にもタヌキはいるとされていますし、ウチは以前、屋根裏にハクビシンが侵入したことがありました。タヌキの食性は雑食で、ネズミ、カエル、鳥類や魚類、昆虫類、ミミズなどのほか、果実などの植物質のものの食べるそうです。木に登って柿やビワのような果物を食べたり、人家近くで生ゴミをあさることもあるそうな。木にも登るんですねえ。野生の動物は実はすぐそこに。外のゴミ、お庭の金魚など、お気を付けください。

ページ移動