記事一覧

感動第3弾 角館にて

2015.11.11

アイコン

角館 武家屋敷の紅葉

 2日目は秋田市での研修の後、角館に向かいました。

 ③角館は秋田市からバスで1時間半ほど。角館と言えば春の「桜」が有名なことは知っていましたが、なんとなんと、武家屋敷と呼ばれる一帯は、秋の風情も素晴らしいんですね。江戸時代から残る武家屋敷が大切に管理され、屋敷の敷地内には樹齢300年を超すような桧の高木などが所狭しと天を突いています。木の幹や板塀、かやぶきの屋根、土蔵などの質素な茶色と桧の緑に、垣根として植えられたモミジの紅葉が溶け込んで。ここのモミジがまた、造詣とともにその色彩は私たちが普段見ているモミジとは違う繊細な色合いで、忘れられない美しさでした。
 今はただ枝が風に揺れるだけの、「枝垂れ桜」の大木もその存在感は圧倒的で、「春もまた良し」と旅心を誘っているようでありました。

ファイル 710-1.jpg ファイル 710-2.jpg

 日頃、観光などと無縁の生活を送っているからか、行く先々で感動してしまいましたが、今回の研修は、研修の成果とともに、日本の四季、とりわけ日本の秋の美しさに触れ、「日本人でよかった…」と改めて深い感動を得る機会となりました。それぞれの写真をクリックすると写真が大きくなりますよ。是非、お楽しみください。

ファイル 710-3.jpg ファイル 710-4.jpg
ファイル 710-5.jpg

そして落ち葉がまた…、感動

2015.11.11

アイコン

感動の第2弾 とにかく落ち葉が美しくて

 この「千秋公園」は木々の紅葉もさることながら、とにかく落ち葉が美しいんです。

 ②雨上がりの道路や道端、公園内のいたるところに湿気を含んだ落ち葉が重なり合い、それが場所によって織りなす色彩が違うのです。頭の上の紅葉とともに、足元の落ち葉も存分に堪能いたしました。

ファイル 709-1.jpg 葉っぱの一枚一枚が色、造形ともに美しいことに加え、織りなす色彩のなんとも言えない絶妙さにひたすら感動しながら写真を撮ってみましたが、こちらも、私の写真で皆さまにこの感動をお伝えできていれば幸いです。

ファイル 709-2.jpg ファイル 709-3.jpg
ファイル 709-4.jpg ファイル 709-5.jpg

秋田の紅葉3連発

2015.11.11

アイコン

緑に映える鮮やかな赤、黄、橙…

 昨日、一昨日は、幸手市議会の3常任委員会合同での視察研修で秋田県に行っておりました。研修の内容をお伝えする前に、見事な秋田の紅葉をまずはご覧ください。

①秋田市「千秋公園」にて
 横手市での研修の後、秋田市で宿泊し、翌朝、「千秋公園」を散策。
この公園は、秋田20万石佐竹氏の居城、久保田城の城跡で、慶長7年(1602年)常陸の国から国替となった初代秋田藩主佐竹義宣が翌8年に築城したもので、天守閣と石垣のない城だったそうです。
 今は秋田市が管理する市民の公園となっています。JR秋田駅の北、徒歩5分ほどの高台に位する広大な公園で、秋田市内が一望できるほか、大通りに面してはお堀が美しく管理されています。二の丸跡や久保田城御隅櫓(おすみやぐら)などの造詣も美しく、赤や黄色、橙の紅葉と松の緑が調和した清々しい公園でした。朝だったので人は少なかったですが、つかの間の晴れ間に恵まれ、早朝散策はとても爽快でした。
 私の写真の腕前で、あの艶やかさが皆さまにお伝えできますかどうか…。

ファイル 708-5.jpg

ファイル 708-1.jpg ファイル 708-2.jpg
ファイル 708-3.jpg ファイル 708-4.jpg


 

台風被害に考える

2015.09.14

アイコン

台風一過、幸手市の被害状況に考える

 台風18号の幸手市の新たな被害状況(11日、午前9時現在)についての市の再度報告より。

 前回の報告では、床下浸水は「多数」とされておりましたが、今回の報告では建物被害は、倒壊建物1棟、床上浸水17棟、床下浸水380棟とのことでありました。
 
 昨日、今日、私は被害地域の知人宅に被害状況の聞き取りに伺いました。「市の職員がよくしてくれた」との感想と、皆さん、ご自分が被害に遭われながらも「もっとひどいところもあったから…」と半分ため息をつきながら、半分は自分に言い聞かせるように被害を語ってくださいました。現場対応の職員が頑張っていたのは私も知っていたので、嬉しい気持ちになりましたが、職員が大雨のごとに出動しなくていいまちづくりを真剣に考えていかなければなりません。

 昨日から今日にかけ、いろいろな資料をネットで検索し、地図を睨みながら真剣に考えました。水害のメカニズムを解明し、県や国に任せるのではなく、幸手市自身が今まで以上に積極的に、他の機関、団体に働き掛けていかなければならない局面ではないかと。低地で高低差もなく、水害が起きやすいという幸手市の条件をいかに克服するか。「まちづくり」の大きな課題です。

 そして、実はです。今回の台風で、わが幸手市議会の議場横にある廊下で、突如、じゃじゃモレのひどい雨漏りが発生し、濡れた天井板が数分ではがれ落ちるという”事件”も起きました。てんやわんやでした。雨漏りだけでなく、耐震化という緊急性を問われる市庁舎の改修等計画について、現市政は未だに推進方針も示していません。庁舎問題は、熟議が必要な問題です。 
 市政の重点施策を、市民の生命と安全を守る政策に優先シフトすべきでは。しかし、香日向小学校跡地利用や駅舎整備のような拙速なことの進め方はNGです。そのためにも議会への早めの投げかけをいただきたいものです。

 やりたいこと、やらねばならないことが山積する中、まずはしっかりと生活インフラの整備に知恵と汗と財源を集中させること。これが先決ではないでしょうか。今回のような被害が改善されないまま、例えば駅舎が整備されても、「駅は立派になったが人はいなくなった」となりかねない危惧を禁じ得ません。リーダーの先見性、時代を読む力は重要です。

 台風18号は、「60年に1度」とも言われるようですが、これからの自然災害は更に威力を増すことは間違いないでしょう。今回の被害を教訓として考えるなら、総花的な市政運営を整理整頓し、「市民が安心して住める幸手市」を確立することが先決と考えますが、皆さまはいかがでしょうか。

八ツ場ダム見学

2013.10.24

アイコン

八ツ場ダム、平成31年の完成を目指して工事は着々と

 昨日は、枝久保県議が主宰する「八ツ場ダム見学ツアー」に参加。利根川の源流で今、着々と進められているダム建設の現場を見学してきました。

 八ツ場ダムは、昭和22年のカスリン台風のあまりの被害状況の大きさに、昭和24年に作られた「利根川改修改訂計画」を端に、同27年から調査が開始されたという、”超、ロング国家プロジェクト”です。その間、住民を2分する賛否闘争、生活再建案の調整などを経て、平成17年にやっと補償調印がなされ、工事に向け歩み出しました。しかし、その矢先の平成21年、民主党時代に「検証対象ダム」となり4年間がブランクに。そして、平成23年12月に「建設継続」となって、現在に至っています。
 この辺りは日本でも屈指の湯治場です。広大な区域の道路や鉄道の敷設替えは元より、住民の方、田畑、旅館などの移転がどれほど大変だったかは、幸手駅西口の区画整理事業の比でないことは確かです。どのような事業でも、最後は信頼性ある事業計画の元、現場がしっかりと説明をし、地元の方の要望に耳を傾け、地道な活動を積み重ねることで成就するのでしょう。ブレない政策の遂行が大事です。今は、平成31年の供用に向け工事が急がれています。

 八ツ場ダムは、洪水調整、用水補給、発電などを主要目的とし、首都圏の1都5県(東京・埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木)に恩恵を供する総事業費約4600億円という大プロジェクトです。手渡された資料によりますと、国費を含む負担割合は、埼玉県が29.82%と一番高くなっており、1都5県の中で埼玉県が一番恩恵を受けることが伺えます。

 このダムのスケール感を写真に納めるのは不可能ではありますが、現場の様子を少しご紹介します。昨日は枝久保県議のお計らいで、国交省の職員がバスに添乗して説明をしていただきました。 その後、一行はりんご園へ。ここでは中之条町の町長さんがお出迎えくださいました。上州のりんご「陽光」という品種、大きな実で甘くて美味しかったですよ。

ファイル 348-1.jpg ファイル 348-2.jpg
ファイル 348-3.jpg ファイル 348-4.jpg
ファイル 348-5.jpg

さて、私、所用のためしばらくブロクの更新ができないかと思います。ご訪問くださった皆様には申し訳ございませんがご了承くださいませ。再開いたしましたなら、また、一生懸命いろいろなことをお伝えしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ページ移動