記事一覧

「命の危険がある」

2018.07.24

アイコン

尋常でない猛暑「命の危険がある」 気象庁は一つの災害との認識

 あまりに暑い日が続いています。昨日午後5時の気象庁臨時記者会見では「命の危険がある暑さ。一つの災害」との認識が示されました。

 また、この気温の高い状態は8月上旬にかけて続くとの予報も。暑くなればなるほど、熱中症にかかるリスクは高まります。熱中症予防のために環境省が06年から、国際指標「熱さ指標」を算出。23日午後2時時点の「熱さ指標」では環境省が観測した全国840地点のうち、約3割の地点が最も警戒すべき「危険」レベルとなっている。関東から西日本にかけ広く危険が高まっていて、5段階中上から2番目の「厳重警戒」レベルまで含めると約6割に達しているということです。

 対策をとっても減らない熱中症。気温40.3度を観測した甲府市では市内各地の公民館や福祉センターなど24カ所を住民向けに開放し、住民の熱中症予防に努めていると日経新聞。
 千葉県浦安市でもクールシェアスポットとして23の公共施設に加え、大学のキャンパスやホテルなど8カ所からも協力を得て、施設の場所や詳細をパソコンやスマートフォン上の地図で紹介しているそうです。

 7月17日のブログで、私は幸手市のクールオアシス、クールスポットのお話しをいたしましたが、皆さまはご存知ですか。是非、必要と思われる方はご活用ください。また、尋常ならざるこの暑さは「命の危険がある」との認識に立って、クールオアシスの周知と協力・活用、そしてさらなる熱中症対策を講ずるよう、今日、改めて市に求めました。

 気分が悪くなったり、何か異変を感じたら、お身内だけでなく、ご近所や市役所等にもご相談なさってください。

 今の暑さは「命の危険がある」この認識を忘れずに。

緊急!!市内で「セアカゴケグモ」発見

2014.12.03

アイコン

12月2日(火)幸手市権現堂地内で、特定外来生物の「セアカゴケグモ」が発見されました


 本日、議会前に上記報告がなされました。詳しくは市のHPトップページにアクセスを。昨日のGoogle Newsにも載っていましたね。セアカゴケグモは毒グモですが、攻撃性はありません。見つけた場合は次の点に注意してください。

①素手で触らない。
②見つけた場合は市の環境課(0480.48.0331)か埼玉県東部環境事務所
 (0480.34.4011)にご連絡を。
③差し迫って駆除する場合は、市販の家庭用殺虫剤を散布、若しくは
 靴で踏みつぶしてください。
④一匹見つかれば、周囲にもいる可能性あり。屋外に置かれているものに
 付着して屋内に持ち込む危険性あり。要ご注意!!
⑤万が一咬まれた場合は、すみやかに医療機関へ。
⑥セアカゴケグモは、生きたまま運んだり、飼育することは禁止です。

 以上、簡単に要約しました。市のHPには更に詳しくリンクなども貼られていますので、ご確認を。

 なお、埼玉県内では、平成26年7月29日の川越市以降、6例が確認されているということ。本日の市の説明では、幸手市内では昨日13:00ごろ、1台の車から14匹、18個の卵のうが発見されたということでした。この車は大阪から春日部市内に搬入され、その後、幸手市に運び込まれたもの。海外から運び込まれる車とともに日本に上陸しているものと思われています。

 必ず、市のHPをご確認ください。 

新旧素材混在して流通 ごみ袋

2013.05.31

アイコン

改めて調べてみました 

 私たちがごみ出しに使っている黄色い袋。最近また「裂けやすい」という声をお聞きしましたので、改めて調べてみました。結果をお知らせいたします。

<幸手市のごみ袋の作成経緯>
平成18年 有料化開始(日本の事業者による国外制作)
平成24年 ごみ袋作成業者変更(日本の事業者による国内制作)
       「裂けやすい」との声が出る
      業者と検討し、「強化剤」注入する
       依然、裂けやすいとの声減らず
平成24年 素材変更契約を実施
平成24年 11月頃から新素材のものが流通し始める
平成25年 1月広報紙にてお知らせ
平成25年 2月 市民の皆さまの声により 透明な袋→着色を濃くする
現   在 新素材・旧素材混在で流通中

となっています。
 市民の皆さまの声に応えて、担当課でも見直し・改善を行っておりますが、今はまだ新旧混在しての流通となっており、今しばらくはご理解いただきたいということです。なお、新素材は「低密度ポリエチレン」で、焼却時に有害ガスの発生を抑制する素材となっています。

左からごみ袋の変遷。写真右端が新素材のものです(さっちゃんマーク付き)。
ファイル 241-1.jpg

 

ひばりが丘桜泉園Part3

2013.05.24

アイコン

し尿処理場見学 最終のご報告です


さて、これは、先にお知らせした「汚泥」の焼却施設の入り口です。
ファイル 236-1.jpg

この中で「汚泥」を燃やしています。温度は800度以上。しかし、この施設も老朽化が進み、今後はここでの焼却は行わず、市外の専門事業者に処理を委託することになるようです。
ファイル 236-2.jpg ファイル 236-3.jpg

ファイル 236-4.jpgさて、し尿処理場から出ると見えるのがこの煙突です。
これが問題の煙突で、以前、幸手市は自前の可燃物焼却施設を稼働させていましたが、ダイオキシンの排出規制が厳しくなって操業を停止。現在、幸手市の可燃ごみは杉戸町の焼却施設に搬入されています。この施設の解体は幸手市の課題であります。しかし、費用工面が難しく、国の補助金などの活用を探ってはいるものの、解体には至っていないというのが現状です。

ファイル 236-5.jpg

 さて、桜泉園にはし尿処理とともに、不燃ごみ、大型ごみ、資源ごみなどが持ち込まれるストックヤードがあります。大型ごみは破砕した後、可燃ごみや金属物に分けられます。プラごみなどのストック物もここでさらに分別・選別を行い、それぞれ専門の事業者に売却しています。

最後に、職員の話しより
 幸手市のごみは住民の皆さまのご協力で分別などもきちんとされていて有難いです。ごみは分別すれば資源になります。「資源化率」の向上とともに、何よりもごみを出さない「ごみ減量化」に向けて、より一層のご協力をよろしくお願いいたします、とのことでした。
 
職員のみなさん、お世話になりました。以上、ご報告でした。
 

ひばりが丘桜泉園Part2

2013.05.24

アイコン

し尿処理場見学の続きです

汚水はオゾンなどの薬品を使って金属気を取り除いたり臭いを脱臭します
ファイル 235-1.jpg 
上記にて取り出された水の処理です。幾重にも折れ曲がったパイプを通しながら微生物の作用によって水に空気を含ませます。
ファイル 235-2.jpgファイル 235-3.jpg 

まだ水の中に残る残渣を薬を使って浮上させ取り除きます。こうして浄化された水は放水される前にこの「お池」に。鯉がゆうゆうと泳いでいるということは、Goodということです。
ファイル 235-4.jpg ファイル 235-5.jpg

ページ移動