記事一覧

幸手市も4月からシステム導入

2016.05.11

アイコン

証明書のコンビニ交付 1枚の発行額3万円超も!?

 読売新聞より

 ブログにリンクしている本日付の読売新聞にこんな記事が。
「住民票の写しなどをコンビニエンスストアで取得できる自動交付サービスを先行導入している埼玉県内5市町で、各種証明書1通当たりの発行経費が、最低1405円かかっていることが読売新聞の取材でわかった。
 住民が負担する発行手数料は各市町200円前後だが、利用にはマイナンバーカードが必要。自治体の負担軽減に向け、マイナンバーカードの普及と利用者増が課題になっている」というのですが。

 県内で2014年4月までに先行導入したのは、さいたま、春日部、戸田、北本の4市と小鹿野町で、取材した結果、最低はさいたま市の1405円で、最高は小鹿野町。人口や発行枚数が多いほど、割安になるとみられる、という。コンビニ交付による証明書の発行経費はほとんどの自治体の持ち出しになっている、との結論のようです。

 自治体の負担としては、自治体がコンビニ交付システムを導入するには、地方公共団体情報システム機構に負担金を支払わなければならず、負担金は自治体の規模で異なるという。
 ちなみに、
  人口100万人以上の政令市(さいたま市)1000万円/年
     15万人以上の大規模都市(春日部市)500万円/年
      15万人未満の小中規模都市(戸田市・北本市)
                       300万円/年
     町村(小鹿野町)          100万円/年

 さらに、コンビニ事業者への委託手数料(1通当たり123円)とシステムの保守点検などの維持費がかかる。今年4月15日現在では全国で207団体、対象人口は4410万人になるというのですが。

 県内では今年1月から久喜市、2月から志木市、そして、4月から幸手市が導入を決めています。そう、幸手市では、4月から公民館に地区市民センターを設置し、証明書関係も採れるようになったことも含めて、今までコミセンとウェルスにあった自動交付機を取り外して、コンビニ交付を導入しています。

 さて、1通あたりの発行経費が特出して高かった小鹿野町は補助金を受け、11年度からシステムを導入しているそうですが、14年4月~15年3月の1年間に、コンビニ交付された証明書は、住民票の写し49通、印鑑証明書65通の計114通。

 小鹿野町の状況について専門家は「便利だがこんなにかかるのか」と驚いているという事。「最終的には税金の負担になるし、機械化は本来、経費節減が前提のはず。便利さと費用のバランスについて立ち止まって考え直す必要がある」と話しているというのですが…。

次のブログで幸手市の場合を検証してみたいと思います。

幸手市関連Google News より

2016.04.26

アイコン

しばらく見ないうちに…

 自分のブログながら、ついうっかり見過ごしていたのが、グーグルニュースです。しばらく見ないうちに随分たくさんの情報がリンクされていました。松田の秘話も含め、いくつかまとめてみたいと思います。

観光・農業関連では、
3/27「関東おすすめ桜」TOP3…フォートラベル編集部が選ぶ
  1位 隅田公園 (東京都台東区・墨田区)
  2位 権現堂桜堤(埼玉県幸手市)
  3位 山高神代桜(山梨県北杜市)

 松田の裏話:この写真集が発行されたとき、私も家人が見つけて取り寄せてくれました。とても美しい写真です。先日、NHKの朝の番組でも権現堂が取り上げられましたが、これも本当にきれいな映像でしたね。ご覧になりましたか? 先日の私の報告会では、録画した方からDVDをお借りして皆さまに見ていただきました。やっぱり観光には「ストーリー」が必要だと感じさせる構成で流石プロ、という感動がありました。
 さて、話が反れましたが、この写真集が出た時に、政策調整課と秘書課と商工観光課に連絡しました。そうしたら、2つの課は知らないと。そして1つの課がこの写真集のニュースソース提供に関わっていたという事が判明。これから「シティーセールス」を展開するとしている中で上々の運びだと思いますが、市内部の連携の必要性も課題として感じました。もうバラバラにやっていてはいけないのです。
 裏話をすれば、この公園は現在、県営公園であり、来訪者が多い割に市内が潤わないのが課題です。観光名所が心の安らぎを与えるのと共に、やはり所在地の自治体としては水面下では商魂たくましい戦略を立てる。このたくましさを如何に発揮するか。幸手市の課題の1つがここにもあるように感じます。

4/1 幻の米グランナで初登場!白目米のインドカリー4/1提供開始
 松田の秘話:白目米の記事が並んでいますね。白目米は江戸時代から続く幸手の銘柄米で、かつては中村屋さんで幸手の白目米が使われていたことがありました。今回もてっきり幸手産かと思いきや、残念ながら、この白目米は石川県で栽培されたもののよう。白目米は作るのが難しく量も採れないという栽培の難しい品種のようです。幸手でも一部の農家さんが栽培し、別の販路で頑張っておられると聞いていますが、幸手市が幕府の天領として白目米を献上していた歴史を考えると、非農家の私が言うのもなんですが、ちょっと口惜しいニュースです。

市政関連では
4/19新聞で18歳選挙権の意識向上 幸手桜高校に市が毎月提供
 松田の秘話:これは今議会で予算化されました。私は総務常任委員会に所属していないので、予算書が配られた時点で直接担当の選挙管理委員会に内容を確認いたしましたが、いいことですね。私は選管に対して、「さらに機会を見つけて18歳で選挙人となることの意義を伝えてほしい」と伝えています。そして、この度、幸手市議会で計画している議会報告会。私も今、その実行委員として活動をしていますが、昨日の会議の中でこのことに触れ、高校にご承認いただけるなら、啓発も含め、開催のポスターの掲示などにご協力をお願いしてはどうかと提案しています。

産業団地関連です。いよいよですね。
3/29日本トランスシティ140億円投じ幸手市に物流センター建設
4月に着工し、2017年8月竣工の予定⇒4/1施行者を決め着工!!
4/3 ニトリ「お値段以上!!」維持に物流増強
 新設する物流拠点 2018年 幸手物流センター(同社で最大規模)
4/5 ヨコレイ 幸手市に物流センター着工
 4/5、起工式を行った。竣工は2017年6月を予定。

猿が徘徊!!

2015.11.22

アイコン

飼い猿逃亡、幸手市を逃亡中!?

 リンクのグーグルニュース(産経)より

 幸手市で20日夜、栃木県の男性が飼育する曲芸用の猿が車から逃走した。幸手警察署が捕獲作戦を展開したが、21日夜時点で逃げ続けている。同署によると、20日夜、北地区で「猿が徘徊している」との目撃情報があり、付近を捜索したが発見できず。21日夜にも通報があり、飼い主の男性が呼びかけたが再び逃走。

 「人に慣れているので凶暴性はないが、むやみに近づかないように」とのこと。昨日朝7時25分に防災無線も使って警戒が呼びかけられていましたね。もしも見かけたら、幸手警察にご一報を。

 

川島町長リコール 

2014.07.23

アイコン

住民グループ断念 新庁舎問題で署名集まらず

川島町の新庁舎建設計画の見直しを求めて高田康男町長のリコール請求を進めていた住民グループ「川島町の将来を考える会」の代表世話人は二十二日、期間中に集まった署名が、リコールの是非を問う住民投票に必要な有権者の三分の一に届かず、請求を断念したことを明らかにした。同日、町選挙管理委員会に報告した。

 代表は「できるだけ費用の安い庁舎という町民の願いを実現する唯一の方法がリコールだったが残念だ。豪華な庁舎はいらないが、町長リコールまではできないという町民が多かった」と話した。また、町議十二人が連名で戸別配布した「誰が署名したのか確認できます」などと記載したチラシの影響も大きかったとしているー。

 これは私のブログにリンクしているグーグル・ニュースの記事から抜粋しました。この中で私が注目したのは、12人の市議が撒いたチラシです。
 署名は主義主張です。署名することには責任が伴う事を言いたかったということかも知れませんが、幸手市でも香日向小学校を巡る数度の署名で、署名したことを市長から直接咎められ、以降の署名で市民の中におじけが発生したということがありました。小さな町で自由意志を発露するのは本当に勇気がいることです。

 確かに、署名簿の閲覧は合法で、間違いではありませんが、しかし、この文面はその余白に、それをネタに「不利益なことが生じますよ」との暗示が読み取れ、それを市議が連名で戸別配布したという件には、私は少々違和感を感じてしまった次第です。どんなものでしょうか。

 

クリスマス限定”たこやき”

2013.12.17

アイコン

口の中でチーズとろ~り 幸手「龍馬」でクリスマス限定たこ焼き

 グーグルニュースにこんな記事が載っていました。関西生まれの私にはたまらない情報です。記事もうまくまとめてあって、思わず食べたくなりますよね~。

埼玉新聞より
 幸手市東2丁目のたこ焼き「龍馬」が25日まで、クリスマス限定「チーズinデミグラスたこ焼き」を販売している。「もちもちしてる」「ワインにもあう」などと客から評判を集めている。

 「冬はデミグラスソースを使った料理が増える」と芦葉弘幸代表(29)。そこで食べると中からチーズがとろけ出す今回のたこ焼きを考案した。タコと一緒に生地の中に入っているチーズは粘りのあるモッツァレラチーズと香りのあるチェダーチーズの2種類。さらにパルメザンチーズをかけて香りをひき立てている。最後にブラックペッパーと生クリーム、刻んだパセリをかけて味を調え、上品な仕上がりにしている。

 芦葉代表は「皆さんで食べてもらって会話を弾ませてほしい」と話している。ほかにもソース、ダシ醤油、おろしポン酢、カレーなどのメニューもある。

ということですよ。是非、お試しあれ。

ページ移動