記事一覧

公共交通一考

2019.07.03

アイコン

病院バス運行

6月議会の一般質問始め、先の選挙戦でも地域公共交通の充実・改善を多くの議員が取り上げていました。結構過激な議論もありました。公共交通の利便性向上は幸手市にとって大きな課題です。私もこれまで幾度が公共交通に対して改善を求めてきましたが、小手先で改善できるものではなく、市の答弁にいう今の運行業務委託契約の満期時に再調整するしか致し方ないのではないかと、残念ながら思う次第です。

そんな中、先日、私が住む地域の区長会さんから発行された「2019区長会だより」に近隣H病院の巡回バスについて情報が提供されていました。病院の無料送迎バスです。ドアツードアとはいきませんが、1日に4便が地域を巡回しているようです。このほか、最近よく見かけるのが市内Mクリニックの名前のついたバスです。ずいぶん頻繁に見かけます。病院に通う方たちにとって、通院時の交通費の出費は生活を脅かすものとなっていますから、このような巡回バスは重宝されているものと推測します。

先日、ある方が、栗橋の病院に通うのに一旦自転車で幸手駅まで出て、電車で通っているとおっしゃっていました。タクシーだと片道2500円はかかる。とても行き帰り5000円は厳しいと。しかし、病気だから通院されている方が、駅まで10分以上かけて自転車を漕いで電車に乗っていくというのもなかなか厳しいものがあります。そして、S病院は数年後に加須市に移転することになっていますからさらに通院は大変です。
然りとて、幸手市の現状のデマンド交通の場合は市内限定運行ですから、今の地域限定の運行のままでは利便性が向上したとしても市外のH病院にもS病院にも行くことはできません。

上記の病院の巡回バス情報をもとに、ネットで調べていて、平成28年3月に国土交通省九州運輸局が発行した「地域公共交通に関する法律や制度」に関するこんな資料が見つかりました。
【スクールバス福祉バス患者送迎バスを無償で運行する場合における道路運送法上の許可の必要性について】
■許可届出は不要・・・以前はスクールバス、福祉バス、患者送迎バスを無償で運行する場合は国土交通省大臣への届け出が必要でしたが、平成14年の規制緩和により道路後運送法の届出を含めた手続きは必要なくなりました。
■協力金や寄付金の扱いには注意・・・運行と言わずに協力金や寄付金名目で車内でお金を受け取ることも有償とみなしますので、その場合は道路運送法第4条の許可が必要となります。
■安全の確保が最優先・・・使用する車両は自家用自動車でも構いませんが旅客運送にあたっては安全の確保が最優先であることから自動車の提供も含めて既存の旅客自動車運送事業者に運行委託することを考えましょう。

これを見ると、病院の巡回バスは無償なら道路交通法等の届け出なく運行ができるとなっています。国費等の補助の有無は不明(多分ない?)ですので、まさに経営判断が必要ですが、それぞれの病院で検討いただけると患者さんとしては本当に助かりますね。幸手市で公共交通と言えば、路線バス、タクシー、デマンド交通です。路線バスについては幸手駅西口が開設したことにより、現在、幸手駅⇄久喜駅間の路線バスの運行が協議中です。どれだけの利用者が見込めるのか。路線バス会社の判断が待たれています。今後、運転免許証自主返納を余儀なくされる方が増える中で、少しでも公共交通の利便性が向上することが必要ですが、どこまで代替できるのか。全てを公共が担うのは難しい中、少なくとも病院の巡回バスは通院の足として貴重ですね。

さて、病院の巡回バスは横に置いて、幸手市では来年の秋にデマンド交通の業務委託が満期となります。それまでに有効な交通体系をきちんと作り上げること。これが使命です。それに必要なことは、まず、「弱者」の選定です。一体、どのような方を弱者と認定するかによって求められるサービスは変わります。今のデマンド交通は取り敢えずの実証実験から始まり、これまで皆さまにご不便をおかけしながら運行してきましたが、次の切り替えでは同じ轍は踏めません。そのための調査をきちんとして臨むよう、私もこれからさらに勉強して提言をしていきたいと思います。

なんでも無料とはいかないかもしれません。さらに民間事業者さんの営業努力もお願いしていかなければならないのではないかと思います。今、幸手市にお住いの皆さまの多くが車を所有されていますが、この維持費も決して安いものではありません。車で移動できる自由は車の維持費と引き換えです。そんなことも考えながら、最良の方策を考えましょう。皆さまの中にこのような公共交通事情に詳しい方がいらっしゃいましたら是非、お知恵をお貸しください。

ご近所との付き合い

2018.05.15

アイコン

地域とは何モノ どう付き合うか

 新潟市の小学生女児が殺害され線路に遺棄されたという痛ましい事件。昨夜、事態は大きく進展し、近所に住む23歳の男性が逮捕されました。

 またも近隣住民による凶悪な事件が繰り返されました。登下校中の子どもが被害に遭う凶悪事件で狙われるのは、人目につきにくい通学路の死角です。これまでも奈良市、広島市、松戸市など、全国で事件は起きています。中でも、松戸市のケースや今回のように、近隣住民、さらにPTAなど”身内”から犯人が出るということに、地域はどう向き合えばよいのか。

 通学路の安全対策を巡っては、警察や学校、地域住民による見守りなど様々な活動が行われていますが、すべてを網羅的に警らするには限界があるのも事実です。私は松戸市の事件が起きた後、議会一般質問で「防犯カメラの設置」について質問をしました。埼玉県は人海作戦、いわば、スクールガードや地域防犯パトロールなど、地域ボランティア先進県と言われ、県の奨励もあり、幸手市でも多くの方にご協力をいただいています。先日も、ある会合で、小学生をお持ちの保護者の方が「ガードの方がいてくださるので本当に心強い」と話されていましたし、私も、毎朝夕、通学路で見守りをしてくださる皆さまには頭が下がる思いです。

 しかし、どこのまちも地域によって人口密度や通学距離に差があり、人の目がすべて行き届くとは言えない環境は存在します。要所に防犯カメラを設置することはできないかと問いました。防犯カメラを「監視」と結びつけるのではなく、「抑止」という観点で捉え直すことが必要ではないかと。
 何が何でも防犯カメラを設置せよというのではありません。これは、まさに市民の皆さまの賛意や要望、地域自治の範疇であり、私の持論、議員が先行する問題ではないし、カメラを設置する以前に、スクールバスほか、行政としていろいろな手段があるのかもしれない。
 いずれにせよ、市には未来を担う子どもたちが通学路で尊い命を落とすことが無いよう、住民の意識をよく聴取し、最善の対応を協議していく必要を訴えました。皆さまはいかがお考えでしょう。

 さて、通学路だけでなく、今、私たちは「協働」「見守り」という地域のつながりを元に様々な地域課題を解決するという方向に進んでいます。高齢者の介護や生活支援なども然りです。今回のようにご近所から犯罪がでるケースを目にするにつけ、残念ながら、現在のコミュニティは昔と同じではないことを肝に銘じなければならないことを痛感します。犯罪は外部からもたらされるだけでなく、どこにでも内在する。
 先日のブログで、幸手市のアンケート調査の結果で、地域と関わりを持ちたいと思わないと回答する方が意外と多いとお伝えしました。ご近所に自分の生活環境を知られたくないし、知りたくない。深入りしたくない。そう思う人がでてきてもおかしくないというのも悲しいながら現実です。

 自分の住んでいる地域を疑いたくない。当たり前の感情です。でも、味噌やしょう油を貸し借りしていたと言われる過去の記憶ではなく、現実を見て、適度な距離感を保ったご近所付き合いのあり方を再考・再構築することは重要です。

 今回の時計事件、これから事情聴取がされていきます。動機は何か。目的は何か。JKビジネス、児童ポルノなど、若い子どもたちの”性”がもて遊ばれる日本の現状に、大ナタを振るう覚悟が必要なのかも知れません。
 本当に難しい時代です。もし、何かお感じのことがありましたら、ぜひ、メールにてお知らせください。よろしくお願いいたします。

サロンコンサートのお知らせ

2014.02.02

アイコン

来たる2月15日 サロンコンサート開催

先日のブログ(1/22)にお知らせしていた大人のためのコミュニティコンサートのチラシを添付いたします。万障お繰り合わせのうえ是非ご参加ください。心よりお待ち申し上げます。(画面をクリックすると大きくなります)

ファイル 399-1.jpg

認知症の学び講座

2014.01.19

アイコン

「認知症を学び地域で支えよう」講座に参加して

 昨日、幸手市コミュニティセンターにて、体協香日向支部主催、香日向前自治会協議会協力の上記講座が開催され、私も参加してきました。

 市では以前より「出前講座」という形で地域に出向いて「認知症サポーター」の養成に取り組んでいて、この講座は私も以前から受講したいと思っていたものでした。「認知症サポーター」とは”認知症への理解を深めた人”のことであり、この講座は、認知症や認知症の人を理解し、日常生活の中でのさりげない目配りや見守りをしてくださる方を増やすことが目的です。受講者には「オレンジリング」(オレンジの腕輪)が手渡されます。
 昨日は幸手市介護福祉課高齢福祉担当の職員(保健師)が説明をしてくれました。以下、講座の内容に私の感想も含め、お知らせいたします。

 まず、現状ですが、今、日本では65歳以上の10人に1人が認知症であると推測されています。

幸手市の高齢化の現状については、
①高齢化率は国の平均より高めの26.6%。団塊の世代が多い。
②75歳以上はまだ少ないが毎月0.1%ずつ増えている。
③平成25年9月現在で65歳以上が14,100人。その15%が認知症と仮定すると2,115人。軽度の方を13%と推計すると1,833人。これだけの方が現在、認知症であると推測されます。
という説明でした。

 私も、ここ10年が、幸手市の来たるべき高齢化に備えた仕組みづくりの正念場だと考えています。これから10年は国民健康保険の加入者が増え、医療費もかからない時期となるでしょう。しかし、10年度には間違いなく医療費は増大し、認知症対策も今の比ではなくなることも現実化してくることが予測されます。どんな施策が必要なのか。

 まずは予防です。認知症の予防では
おかしいな、と思ったら相談することとともに、症状の改善に「薬」が有効ということでした。薬を使う事への抵抗感や、相談することのためらいが、適正な時期に適正な予防や医療を受けないことにつながってしまうと症状を悪化させる可能性が高まるのです。加えて、「生活習慣病」への対策も認知症予防につながります。

 不調が現れるのは70代後半から。この講座は10人程度のグループで申し込めば受けられます。是非、今のうちに多くの方に受講いただき、「認知症」への理解を深めていただければと思います。

 開催にご尽力くださった体協、自治会の皆さま、有難うございました。

子育て応援まつり@ウェスル幸手

2013.12.01

アイコン

第8回子育て応援まつり友&愛 ウェスル幸手で開催

 今日は、子育て応援まつり実行委員会主催、幸手市・社協・幸手市子育てねっとわーく共催の「子育て応援まつり」に参加してきました。

ファイル 365-1.jpg

 このまつりは、幸手市社会福祉協議会に登録しているボランティア団体や子育て支援ねっとわーくに参加する団体が一同に会して、1年に一度開催されるイベントで、今年は第8回という回数を重ねての開催です。

 私も、今回初めて自分が活動している子育てサークルの仲間といっしょに参加。人形劇やマジック教室など、子ども向けイベントだけでなく、環境問題を啓蒙をする団体、昔遊びを教える団体、マッサージや料理教室など、本当にいろいろな団体が思い思いの活動で参加しています。そのバラエティに富んだ出し物のいくつかを写真でご紹介します。

左はキャンドルづくりを指導する団体 右は環境紙芝居に耳を傾ける親子。
ファイル 365-2.jpg ファイル 365-3.jpg

ファイル 365-4.jpg私はこの「かいたりはったりして遊ぼう」のコーナーで子どもたちと遊びました。雑誌やチラシなどの切り抜きを貼ったりして楽しむ「コラージュ」と呼ばれる現代絵画の技法の1つを使って作品を作ります。 通常の描画法によってではなく、ありとあらゆる性質とロジックのばらばらの素材(新聞の切り抜き、壁紙、書類、雑多な物体など)を組み合わせることで、造形作品をつくります。
「好きな絵を描く」「好きな切り抜きを貼る」など「好きにしていい」というのは子どもたちにとって以外とハードルの高い作業です。もちろん、さっさと取り組む子もいますし、慎重に慎重に自分と対話しながら作業する子もいます。子どもたちと関わるのは楽しいですね。終了時には自分なりの表現に満足げな子どもたちの笑顔が溢れました。

ファイル 365-5.jpg これはママたちの音楽グループによるコンサートの様子です。楽器を演奏するママの背中に負ぶわれた赤ちゃん。ママも赤ちゃんも頑張っていて、あまりにも頬笑ましくて、思わずシャッターを切りました。


 

ページ移動