記事一覧

東京2020聖火リレー

2019.06.07

アイコン

埼玉県内を駆ける40市町決定

少々前ですが、6月1日、2020年東京五輪の聖火リレーのルートが公表されましたね。知人から「決まったよ」と情報はもらっていたのですが、一般質問の準備で新聞などがチェックできず、今頃、気の抜けたビール状態ながら、私の備忘録方、今日のブログに取り上げさせて頂きます。

さて、聖火リレーのルートですが、全47都道府県を巡り、埼玉に来るのは46番目。7月7日から9日の3日間で、県内40市町の名所などを駆け抜ける予定です。
県内のスタートは1964年の聖火台レプリカがある川口市。1日目はその後、県南地域を巡って所沢市の航空記念公園へ。2日目は、スタートが草加松原に飛んで県東部を走ったあと、秩父に飛び、その後県央の北本市を通ってまた県東の春日部に戻り、その後、杉戸、宮代、久喜、加須と行って熊谷まで。3日目は、川越からスタートし、県西部に行って、本庄、深谷、嵐山、東松山、滑川と細かく回って、鴻巣、北本で南下してさいたま市へ。

おや、県東部のわが幸手市は?
北本から春日部に行った後、杉戸、宮代、久喜と巡りますが、幸手は選考されず。
63市町村のうち、4自治体がエントリーしなかったので、通らなかった自治体が全て落選ではありませんが、近隣では松伏、幸手、白岡、蓮田がコース外に。幸手市はエントリーするも残念にも選考に漏れてしまったということです。

担当に聞くと、1日目の埼玉入りの場所の川口が想定外だったと悔しがっていました。前日が茨城なので隣接する幸手市にも目はあると考えていたと。んー、近隣の春日部、杉戸、宮代には来ているのですから。なんとかならなかったのでしょうか。
それにしてもです。先ほどのルートが新聞に載っていましたが、県内をあっち行ったりこっちに飛んだり、クロスしたりと、コース取りにはかなり自治体間のせめぎ合いがあったことが想像されます。政治力、アピール合戦…。いずれ劣らぬ熾烈な申請合戦が繰り広げられたのでしょう。

県の誘致基本方針
❶埼玉の魅力を発信できる。
❷安全に県民が聖火を見られる。

ランナーは1人200メートル程度を走るそうです。1日約80人の予定で、計約240人がこれから公募されるとのこと。大会組織委員会は、特別な事情があればルートは微調整ありとふくみを持たせ、知事は、今回、選考に漏れた自治体についても、何らかの形でイベントに参画できる仕組みを構築したいとしているようですが、世紀のイベントを前に、現在のところ、幸手市民としてはまことに残念な結果です。

前号校正

2019.06.07

アイコン

昨日のブログ書き直しました

前号は十分な校正をせずに投稿し、本日、改めて書き直しをいたしましたのでご報告いたします。趣旨は変わりませんが、複数の箇所で表現等校正し書き直しました。皆さまには、ご了解と再読をお願い致したくよろしくお願い申し上げます。
やっぱり、何事も急いてはいけませんね。