記事一覧

悪いニュースこそ先

2020.01.07

アイコン

増田寛也日本郵政新社長就任 「危機感を共有して事態の解決を図ろう」

かんぽ生命保険の不適切販売問題などが発覚した日本郵便は6日、増田寛也元総務相を社長に迎え、新体制を発足。その様子をメディアが取り上げていました。増田新社長が語る言葉の中に"なるほど"と思うフレーズがありましたので、私の備忘録方、お伝えします。

その言葉とは、「いいニュースは後でもいい。悪いニュースこそすぐに伝えてほしい」ー。というもの。「なんだ、当たり前じゃないか」そう思う方もいらっしゃるでしょう。でも、この当たり前が当たり前でないときに、やはり"事件"は起きるのです。これは個人でも家庭でも組織でも同じ。「問題対処のセオリー」ですね。世の中、悪いニュースを後回しにすることを要因とする不祥事や不適切な出来事は後を断ちません。悪いニュースは即刻共有する。これは失敗を失敗に終わらせない究極のセオリーです。
しかし、それにはまず、何が悪いことかを見極める目が大事。何が悪いニュースなのかが分からなかったり、闇雲に根拠のない杞憂を伝達するのでは周りを翻弄させるだけですから。

情報とは玉石混交。発信者のバイヤスが入ってしまうことはどうしても避けられません。このブログを始め、今、私は情報発信者という立場にあって、そんな落とし穴に落ちないよういつも自分を戒めています。その防御策の一つが複数の新聞を読むことです。経済新聞、一般紙、地方紙、時に専門紙など。本当はもっと専門紙を読みたいところですがそれには時間が足りません。今でも全紙を読むのがアップアップな時もあります。それでもとにかく新聞を読む。そして、各紙の論調の相違を確認する。今、新聞を取らないご家庭も多いようですが、一面トップニュースから経済、国際、文化、生活などの情報を満遍なく否応なしに目にできる媒体は貴重です。そして、テレビを観る。キーワードが見つかればネットでさらに検索する。そして何より大事なのは皆さまとの会話です。家に籠もって情報収集し、皆さまの声も聴かないでは本末転倒ですよね。

世の中のキャッチーな言葉や情報、雰囲気、キーワードやキーポイントを摘み出し咀嚼する作業は楽しいですが、実はまだまだアナログ派の私は、紙ベースの情報保存も多く、おかげで家中が書類だらけ。読みきれない新聞や資料の山は部屋のキャパを超えるまでに達して。これには閉口しています(笑)。

♥話はそれましたが、今日は日本郵便新社長の言葉を取り上げました。当たり前だけれど、何か起きた時ほど実行が困難な言葉です。昨日は役所の仕事始め。私も会派で挨拶に行きましたが、その中で、木村市長の新年あいさつで、「私が責任を持つから、持ち場持ち場で思う存分やってくれ」との主旨のお言葉があり、職員のヤル気が随分鼓舞されたようですよ。職員が言ってました。人の心に届く言葉って大事ですね。

♥♥私も、これまで以上に、出来る限り皆さまのご判断に資する「玉」な情報を発信することに心がけてまいります。まだまだ未熟者かつ、皆さまのご関心やご興味のあることばかりの発信ではないかも知れませんが、これからもご訪問をお待ちしています。また、ご知人にもご紹介(拡散)いただければ幸いです。皆さまの日々のご訪問に力をいただいています。いつもありがとうございます。