記事一覧

いよいよ年の瀬も押し迫り

2016.12.28

アイコン

今年もお世話になりました

 今年も余すところ後4日。皆さまにとって今年はどんな年であられましたか。

 今年は、リオ五輪を含め、英国のEU離脱、参議院選挙、東京都知事選、米大統領選挙など国内外で大きな出来事が起きました。幸手市議会では巻島議員がご逝去され、9月議会より14名での活動となりました。
 その他、国内政治では、政務活動費の不正使用を始め、さまざまな劣化現象、不祥事が噴出し、政治が信頼を失墜する事態に。幸手市では、4月に3月議会で議決したばかりの新年度予算に国費ショートが明らかとなり、8月には市の財政運営を危惧する1万人の署名運動が起きました。署名で示された民意は「反対のための反対」ではありません。駅舎建設を実行するとしても、市民負担を増大させるのではなく、一度立ち止まって財政力に合った見直しをしてほしいという至って当然な要望でありました。
 以前にも書きましたが、幸手市の財政規模と、現状の財政力、今後の人口減少などを考えると、幸手市の財政は決して楽観できる状態にはなく、現状の計画のまま支払いをすると、将来の財政運営に大きな影響を与える可能性が相当に高い。一過性で終わらない将来に関わる財政問題であるからこそ、1万人もの市民の方が署名をされたのです。しかし、市長及び執行部には届かず。 

 今後もますます社会や世相は慌ただしく動き、これから世界は、日本は、私たちの生活はどこに向かっていくのか。誰にも分からない混沌とした状況が深まることは確かでしょう。だからこそ、その変化に押し流されるのではなく、本当に”普遍”なものをしっかりと貫いて、次世代に繋いでいくことがますます重要性を増しているように感じます。

 さまざまなことが走馬灯の如く思い出されますが、今年1年、皆さまには本当にお世話になりました。議員活動6年目となって、皆さまのご指導のお蔭様をもちまして少しずつではありますが、視界が広がってきたように感じています。来年も、真っ直ぐに、粘り強く思考し、精いっぱい頑張って行きたいと思っておりますので、皆さまには変わらぬご支援、ご指導、ご意見をお寄せくださいますよう心よりお願い申し上げます。

さて、今日はご用納め。私は昨日、今年最後の会合が終わりました。ちょっと早いですが、今年度はこのブログを最後とし、来年はお正月明けから再開したいと存じます。皆さまには良い年をお迎えくださいますよう。来年もよよしくお願い申し上げます。