記事一覧

たったの3ヶ月の贅沢

2019.03.13

アイコン

建設経済常任委員会の審議より

昨日、一昨日は建設経済常任委員会の審議でした。積極的に質問をする議員ばかりでもないという中ですが、予算審議を中心に活発に審議されたのが農業振興、西口整備等でした。その中で⁇な一件をご報告したいと思います。

◉ 土木費 都市整備費 駅舎整備事業費委託料 のうち
東西自由通路階段アート撤去業務委託料 147千円

予算書が配布された時から会派の中村議員と「何だろうね」と言っていた項目です。階段アートとは、幸手駅東西自由通路の階段の蹴上がりに設置されるもので、一枚の絵をバラバラに分割して階段に貼り、下から見れば一枚の絵に見えるという仕組みです。3月16日の開通式に合わせて今、まさに設置途中のアートが、すでに撤去費用を見込んでいるというのはどういうことか。

階段アートの寿命がそんなに短いものであるという説明は聞いた記憶もなし。このアートの設置費用が計上されたのが昨年9月の補正予算です。階段アート設置業務委託料として1,264千円。私たち会派先進は「公費支出は必要最小限に。質素でも心に残る式典は可能」としてこのアートを含め予算の減額修正案を議会に提出し、議会では賛同者が少なく、この修正案は否決されたという曰くつきの事案です。
これについては、10月に新聞折込にて会派の報告書を配布させていただきましたので、ご記憶の方もおられるかと思います。

その階段アートをなんと、3ヶ月で撤去するのだという。

公費を投入して進める事業としてはずいぶん贅沢だと感じます。思わず「贅沢品ですね」と言ってしまいました。しかし、階段アートの寿命についての説明がされた記憶がないのです。担当者は「申し上げた。絵の募集時にも3ヶ月の掲示を謳っている」としていますが、議員の耳に残っていない説明とはどんな説明だったのか。少なくとも、今日の答弁を、私たち会派以外にも「意外」と感じた議員はいるのですから。

今、その説明がどのようなものであったのかを調査しています。議員が必要な説明を受けていないのか。私たちが聞き及ばなかったのか。ここはきちんと精査しておく必要がありと感じます。