記事一覧

建設経済常任委員会の審議概要

2019.03.17

アイコン

建設経済常任委員会の審議について

3月11日、12日の建設経済常任委員会の審議についてまだ、ご報告ができていませんでした。主な内容について概要をお知らせします。建設経済常任委員会は商工業や農業、建設などの分野が担当です。

まず、農林水産業費については、特に農業振興費に質問が集中しました。今、全国的な傾向として農業は担い手不足と後継者問題、輸入食材の流入など困難な状況を余儀なくされています。明日の農業の担い手が不足しない方策は万全か。そんな危機感の証かと思います。農業は生業であり、自然が相手の繊細な仕事です。私も地産地消などの拡大について質疑をいたしました。

商工費では産業団地企業誘致奨励金として、2億9787万円が計上されています。これは操業から3年間は納めて下さった固定資産税分を奨励金として補助するものです。

その他、土木費では橋りょう費、河川費、公園管理費、区画整理事業費などは軒並み減額計上に。公園管理では新年度から公園の指定管理者と管理場所が変わり、小さな公園や緑道などは指定管理から外れました。その分、市の職員が草刈りに駆り出されることも想定して、刈払機安全衛生教育講習受講料が計上されています。区画整理事業費では、西口土地区画整理事業特別会計への繰り出し金が約3000万円、駅舎整備事業費が9億3362万円の減額となっています。駅舎・自由通路は3月17日供用となり、残す工事は仮駅舎・仮跨線橋の撤去のみです。道路維持費は1-2号線の舗装工事、自由通路の維持管理費が増額になっています。

さて、投資的経費と市債、基金の関係について。以前にも少し取り上げましたが、市の財政当局の見込みでは、今後、建設にかかる投資的経費は年間約11〜12億しかないのではないかとしているようです。資金不足にならないために強めの抑制がかかっているかも知れませんが、しかし、都市計画道路などの大型事業や先送りできない公共インフラの整備などのハード事業に制約がかかる可能性はないとは言えない。毎年増える民生費や交通不便対策、教育機材の充実など、ソフト事業の推進も待ったなしです。お金がない時こそ締めるべきバルブをキチンと見定めることが大切ですね。

これからも皆さまにご意見をいただきながら取り組んで参ります。よろしくお願いいたします。

閲覧記録100人突破

2019.03.17

アイコン

㊗️有難うございます ブログ閲覧122人‼️

お祝い続きです。いつもブログにご訪問くださり有難うございます。先ほど、昨日はご訪問者がついに100名を突破し、122人の方のご訪問をいただいたことを確認いたしました❗️なんとなんと。こんなに多くの方にご訪問いただくのは初めてのことです。本当に有難く心より感謝申し上げます。

私がブログを始めたのは「市民の皆さまに幸手市の等身大の姿をお知らせしたい」という気持ちからです。まちづくりの主役である市民の皆さまの判断に資する市の等身大の姿や情報を、議員になって見えたことを、見えた通りにお伝えしていきたいと考えています。時に長文で読むのがタイヘンとの声も聞こえてきそうですが、書いては消し、消しては書きして発信しています。100人超えにお力をいただきました。本当に有難うございます。

今後ともよろしくお願いいたします。