記事一覧

いざというときに

2021.02.17

アイコン

被災地避難所で家族テント設置

13日午後11時7分頃に発生した、福島県沖を震源とする地震では、福島県や宮城県で震度6強、私たち幸手市では震度4が観測されました。事後の報道では、東北新幹線では電柱が折れ、常磐自動車道では土砂崩れ、住宅の一部損壊、マンションのひび割れ、水道管破裂、一時停電、断水など、各地で様々な被害が確認されています。

東北沖での地震が発生すると常に心配が過ぎる(よぎる)のが原発です。住民の方たちの安全とともに、働く方たちの心労や如何ばかりや。国策として進められて来た原子力発電。特に福島原発は3.11以降廃炉の方向にありながら廃炉への道は遠く、日々、多くの方々によって“最後の日“まで、安全確保に力が尽くされています。その廃炉作業を担うのは“人“です。危険だから、もうイヤだと放り出すことのできない難しい処理です。この度の地震ではその後も福島原発での異常報道はなく、胸を撫で下ろす次第です。

さて、この度の地震による住民生活を含む自治体の動きとして、福島県相馬市では、コロナ対策を盛り込んで改定された避難所マニュアルによって避難所が開設され、家族単位で使用するテントが避難者からは評価の声が高かったと報道されています。

住宅の損壊や断水などの被害が発生、長引くと避難を余儀なくされることは想定しなければなりません。今回の地震では福島、宮城両県で計258人の方が一時、避難所に身を寄せられたそうです。しかし、コロナ対策で密回避を講ずるとどうしても避難所の収容人数は減るのは大災害時の課題です。さらに、それぞれのご家庭で環境も条件も様々な中、私たちはどうすればいいのか。
まずは、皆さまには今一度、お家の中の家具、いざと言うときの家族との連絡方法、避難の方法、持ち出し袋などの点検を。

以前、防災関係者から聞いた話です。仮にお家の中の家具倒れたりガラスが散乱した場合、一番に必要となるのは足の安全を守る履き物です。安全な避難に必要な「靴」などの履き物は枕元に。そして、慌てて避難する時に忘れがちなのが、眼鏡や入れ歯などの日常使っているモノだそうです。
また、消毒液やマスクなども個人でできるだけ用意しておく。合わせて、避難所が基本体育館などとなることから上履きなども忘れずに。

幸手市においては、台風19号の反省から避難所マニュアルを改定し、パーテーション、災害用段ボールベッド、授乳や着替えなどで使うプライベート用テント、衛生用品(消毒液やマスクなど)の準備も進めています。また、来年度はハザードマップの改定が予定されています。現在進められている国の避難見直しを待って、ハザードマップに水害やコロナ感染防止などの新たな対応を加えたものとするよう検討中です。皆さまには今一度、お手元の今あるハザードマップをご確認いただき、「自分なら“その時“どうするか」を改めてご家族と共に話し合ってみてください。
自治体で全てのコトやモノを準備するのは難しい中、私たち住民も「私はどうするか」を頭に置いておくことが迅速な対処に繋がります。その上で、ご近所をはじめ、お互いに声の掛け合えるコミュニティや地域作りも日頃から。

災害多発の環境下、公助、自衛、共助を含め、みんなで考えて参りましょう。