記事一覧

議会活動報告作成中

2014.03.26

アイコン

19日に議会が閉会してからウンウンうなっています

 4月19日に議会報告会を予定しています。それまでに議会報告を皆さまにお配りできればと、報告書を作成しているのですが、なかなかまとまらなくて困っています。

 新年度の予算の特徴は、まず、第一にたいへんな増額予算だということです。これは、幸手市の、「国の補助事業を有効に活用する」という予算編成の方向性に則り、職員が頑張って国の補助事業を”とってきた”結果と言えるわけですが、市債発行も増えていて、新年度当初の市債残高は129億5000万円となっています。

 幸手市は前町田市政時代に財政健全化で大変な思いをしているので、職員もそこは心得てやってくれているはずですが、それにしても新年度予算は、なんとなくざくざく感というか、国も地方もお金がないのにざくざくお金が投入されている感があります。

 4月からの消費税増税対策や経済対策、安心・安全対策など国の政策としてやらねばならないことはあるわけでしょうが、でも、やっぱり無い袖を振っていることも間違いないですよね。なんだか思考がグルグル回りをしてしまいます…。

 とにかく、市民の税金の1円、100円、1万円に心を寄せて仕事をしていかないと。そして、本当にわが町が地力をつけるために本当に必要なことにしっかり着手しないといけません。

 先日、「週刊東洋経済」2月22日号を見せてくださいと言っていましたが、手に入れました。「人口減少の真実」~甘く見るな!本当の怖さ~という特集記事で「今後30年で女性人口が大幅に減る市区町村」になんと幸手市が全国でワースト37位にランク・アップされていました。
 先日、公示地価のブログでも書きましたが、なぜ、幸手市は東京圏という恵まれた環境にありながら、幾度もこのようなランキングに名前が挙がるのか。
すべてを鵜呑みにするのではなく、でも分析はするべきなのでしょう。
ちょっと脇道に反れました・・・、

 ああ、議会報告が、んー、やっぱりまとまりませぬ。

span>