記事一覧

蕨採り

2014.04.14

アイコン

筍と言えば蕨でしょ

 今回、帰省中に私の実家に父の実家から朝掘りの筍が届きました。筍のシーズン到来。父が元気な頃は自分で掘りに行っていたのですが、今はそれもならず。今年は私の従弟が届けてくれました。

 早速、庭先で筍を湯がきます。筍を湯がく糠と薪と筍の匂いは私にとって”春の匂い”です。そして、筍と言えば蕨。父の実家の竹藪近くに太い蕨が出る場所があって、幼いころから父といっしょに必ずこの時期、採りに行きました。父の実家周辺は私の原風景でもあるのです。
 翌朝、父を説き伏せ?酸素ボンベを積んで蕨採りに。狙っていた太い蕨は少し時期が早くて今まさに土から出たばかり。後1週間遅ければという悔しさはありましたが、それでもなんとか片手一握り分持ち帰り、大満足(笑)。

 蕨は炭酸と熱湯で浸けて処理します。自宅に帰ってから浸けました。もらってきた筍といっしょに煮物にしようと思います。楽しみです~。
ファイル 442-1.jpg ファイル 442-2.jpg

 この写真は私が留守中、家人が送別会でもらってきた花束です。実家から戻ると花瓶に活けてありました。家人も転勤で色々忙しい最中に快く帰省をさせてくれたこと、有難いです。父や母、そして義父母が多くの皆さまに支えられて生活できていること、家人が多くの皆さまにお心遣いをいただいていること等々。色々な連鎖に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございます。
ファイル 442-3.jpg ファイル 442-4.jpg

  

久しぶりの書き込みです

2014.04.14

アイコン

春、雑草との戦いが始まりました

 冬が過ぎ、いよいよ爛漫の春から初夏に向かう頃となりました。今年1月に肺炎で入院した父が3月に自宅に戻って一安心したのもつかの間。実家の庭木の選定や雑草取り、そして、家庭菜園の土づくり、種まきと、父がこれまで丹精込めてきた”外回り”の用事が忙しくなり、先週木曜日の夜から実家に戻っておりました。

 おかげさまで父はなんとか自分のことは自分でやってくれてはいますが、今年83歳になる母が父の世話、家事、炊事、そして外回りの用事を一人でこなしているのを放っておくわけにはいきません。腰が曲がり、腰痛を抱えながら黙々と頑張る母が少しでも助かるよう、また、父が今までやってきた「季節のお仕事」が滞りなく繰り返されるよう、十分なことはできなくても時を見て手伝いに帰っています。
 関東に来て30年。人生の半分以上離れて暮らしてきました。父や母と同様、奈良の義父母も2人で頑張ってくれています。転勤族の宿命とは言え、郷里を離れて暮らす親子が日本に多くいらっしゃることを考えると、高齢者問題は地域を超えた、日本の選んできた「生き方」の帰結と受け止めていかなければならないことを痛感します。今は、少しでも側にいられる時間を大切にしたいと思っています。

 さて、実家の庭の果樹たちと春の名残りの花たちです。花はハナニラとスイセンが咲いていました。昔は庭一面に球根類も植え替えていましたが、今は宿根草や花木が主流です。果樹は桃、李(すもも)、柿の他に夏みかんなどが植えられています。
ファイル 441-1.jpg ファイル 441-2.jpg
ファイル 441-3.jpg ファイル 441-4.jpg
ファイル 441-5.jpg

不在の間もご訪問ありがとうございました。また、いろいろなことを書き込んでまいりますので、引き続きご愛読のほどよろしくお願いいたします。