記事一覧

遮熱性舗装

2019.07.04

アイコン

国道17号を遮熱舗装 熊谷 ラグビーW杯へ暑さ対策

6月28日 埼玉新聞より

国交省関東地方整備局大宮国道事務所は7月上旬から、熊谷市の中心市街地を東西に走る国道17号の約900mの区間で、路面温度の上昇を抑える遮熱性舗装工事を実施するとの記事。

日本一暑いまちへのw杯に向けた暑さ対策として工事が実施されるということです。車道の遮熱性舗装は埼玉県では初めてということで、工事費用は未定とのこと。ですがすでに東京都は五輪に向けて遮熱性舗装を進めています。ネットには江東区の事例として約4kmを舗装した記事が。国や都補助でほとんどを賄うということですが、気になるお値段は、約4kmで約7.6億円を見込んでいるとのこと。1kmで約1.9億円ということになります。熊谷の場合も約1kmとして1.9億円弱が想定されます。従来工法とどれくらいの差なのか。やっぱりこういう工法はお値段も高い?

幸手市も夏は暑い。ちょっと幸手市で行っている道路舗装工事と比較してみます。平成29年度決算において、市道1ー2号線舗装工事 工事延長L=144m(980㎡)が実施され、工費は28,359,720円でした。江東区の道路面積はわかりませんが、単純に長さだけで比較した場合、

144m:1000m=x:190000千円 x=27,360千円 となります。あれれ、私の計算が間違ってないですよね。遮熱性舗装の方が従来工法比100万円程度安いということに⁉️ホンマですか。

計算あってますよね。遮熱性舗装が安いのか、幸手の普段の舗装が高いのか。100万円安いなら遮熱性舗装の方が断然いいですよね。以前、圏央道の側道が開通した時にこのブログでも書いたのですが、例えば市内では、栄団地近くを通る側道のアスファルトが黒くて夏場の気温上昇が気になっていたのですが、これなら幸手市も是非遮熱性舗装にしたい。

でも、本当に最新鋭の舗装が従来舗装より安いとはこれいかに。いろいろ条件などもあるのでしょうが、想定外の結果でした。今日は熊谷市の遮熱性舗装のお話だったのが、思わぬ宿題発生です。これについては今後研究してみます。