記事一覧

九州南部大雨

2019.07.06

アイコン

鹿児島で土砂崩れ、避難所1617カ所8489人が避難

近年、豪雨災害が多発しています。特に九州や中国、近畿などが前線の経路となることが頻発しています。昨日5日の埼玉新聞が記録的大雨になった九州南部地域の状況を伝えています。

気象庁によると4日はトカラ列島の鹿児島県十島村で1時間に77ミリ、三重県鳥羽市で60.5ミリ、長野県飯田市で56.5ミリの非常に激しい雨を観測、最大瞬間風速は東京都の三宅島で26.7メートル、静岡県御殿場市で25.9メートルを観測したとしています。
総務省消防庁のまとめでは、住宅被害は石川、熊本、宮崎、鹿児島4県で全壊6棟を含む232棟に生じた。避難指示対象者は4日午前4時半時点の計1,104,237人、鹿児島宮崎両県が最多に。
避難所は同午前4時半時点で鹿児島など1府9県に1617カ所でき、8489人が身を寄せたと。気象庁によると前線の影響による6月28日の降り始めからの総雨量は宮崎県えびの市で1089.5ミリ、鹿児島県鹿屋市で901ミリ、熊本県湯前町で612ミリ、曽於市では3日だけで421ミリの雨が降り1977年以来の観測史上1位の値を更新していたということです。

もし、このような規模の大雨が幸手市を直撃したら私たちはどうしたらいいのか。幸手市の場合は山がないので土砂崩れが起きることはないものと思いますが、問題は海抜7メートル以下という地形で吐ききれない雨水の影響です。幸手市の避難所はどこもそんなに高い場所はなく、さらに雨が溜まり出した後での避難は相当に困難となることが想定されます。

地震、大雨など自然災害に100%備えるのは難しいことですが、しかし、心構えがあるのとないのでは大違いです。まずはハザードマップを確認して下さい。自分の逃げる場所はどこか。誰に声をかけるか。持ち物は。大災害は誰の身にも起きること。自分の身に置き換えて、そんなことをぜひ見直して行くことが大切です。

ちょっとステキな小さな館

2019.07.06

アイコン

友人に誘われて 大利根文化学習センター アスタホール

今日は知人に誘われて知人の活動するグループの小さなギター発表会に行ってきました。

会場は大利根文化学習センターアスタホール。初めて訪れた会館ですが、これが素敵なんです。和風の小さな会館で、中庭を取り囲むような平家建て。中に入ると木の香りと畳の香りがして。さらに発表会が行われたフローリングの小部屋は、2面が窓。外の樹木に風の揺らぎが感じられ、明るさと開放感があり、30人も入るといっぱいという小部屋ですが、お洒落で心地よく、味わい深い温かな温もりを醸し出していました。

幸手市にも欲しいなあと感じました。ギター演奏も良かったのですが、会館の雰囲気がマッチして、発表会をさらに魅力アップ。なかなか行く機会のないほかの町の会館ですが、素敵な公共施設をもっと探してみたくなりました。

♥本来ならここで写真を載せたいところなのですが、残念ながら私のPCがダウンして前のデータを失ってからその機能をまだ復活していなくてそれが叶わず。残念ながらお許しを。

政治のコミュニケーション一考

2019.07.06

アイコン

政治的マーケティング 政治広告

先日の新聞が政党がネット上で女性ファッション雑誌と組んだ広告企画について論じていました。私はネットの便利さは利用するものの、結構アナログ人間なので、家族間のLINEのほかSNS関係の情報ネットワークは使っていませんので、ネット上で何が起きているのかについて若干疎い傾向にありますが、この記事を元に少し考えてみたいと思います。

さて、新聞では、一政党の「政党広告」を取り上げ、政治的マーケティングの手法を論じています。現代の政治コミュニケーションで重要なのは「情報」より「情動」であり、「内容」より「つながっていること」が大事なのは日常のコミュニケーションと同じだと。「友達や家族との集まりはその行為に意味があり、話した内容は二の次です。選挙でも公約で判断せず、握手をした候補者に投票することがあるでしょう。広告にとってもつながることが大事で、メッセージ内容にさしたる意味はないはず」と大学教授。

今回の政党の行為も日頃接点のない女性に「つながり」を意識してもらおうと、身近な雑誌を使ったのではないかと分析。今日のようにマスメディアの影響力が大きくなるにつれ、政治家に取っても活動が「イベント」として報道されることが重要になり、今や政治自体が、SNSを含めたメディアの影響力を最大限に発揮することを目的に置いていると。

ふむふむ、確かにその傾向を強く感じますね。そして、「キャッチーな短文」。これが勝負です。しかし、確かにネットの威力は凄まじい一方、超アナログ現象として、政治や政治家が選ばれる基準が「握手」だったりもする。握手をした時に直感として信頼を感じることもあるでしょうから、一概に握手を否定するものではありませんが。

政治とは「政(まつりごと)ではありますが「祭り事」ではありません。私たちの大切な日常生活や権利を守る政治とは本来愚直なものだと思います。私もまだまだ力不足ではありますが、皆さまのお声を聞き、皆さまの思いを市政に届けるという本来の目的を見失うことなくこれからも愚直に精進してまいりたいと改めて思う次第です。また、それをご評価頂ければ本望です。

さて、明日は予てよりご案内の「松田まさよ意見交換会」を開催いたします。午後3時30分から幸手市コミュニティセンターにて。今回は改選後初めての集会として、議会の報告を少しと、地域の自然愛好家に幸手市の自然についてお話しをしていただく予定です。地方創生の第一歩は地域を知ることから。そして、皆さまとの意見交換では是非、皆さまのお声をお聞かせください。お忙しいこととは存じますが、万障お繰り合わせてご参集くださいますよう改めてお願い申し上げます。

♥私にとって唯一の"ネット情報ツール"であるこのブログももっと発信回数を増やさないといけませんね。皆さまにはいつもご訪問有難うございます。なお、明日の集会の設営にご協力頂ける方は3時にご集合願います。こちらもよろしくお願いいたします。