記事一覧

報告会ご参集の御礼

2014.10.20

アイコン

「松田まさよ9月議会活動報告会」にご参加、誠に有難うございました

 秋の行事が目白押しの昨日。議会活動報告会を開催いたしましたところ、多くの方のご参集を賜り、本当に有難とうございました。

 何をご報告すべきか。先日来、徹夜状態で仕込んでおりましたが、結局、”台本”なく、大雑把な市政の状況をお伝えした後は、会場でご参加者からのご意見にお応えするという方式で進めさせていただきました。小さな会議室が満杯の状態でスタートし、とても白熱した双方向の議論ができたのではないかと自負している次第です。

 ご参加の皆さまの関心事は「財政の実態」「行政手法」「幸手駅西口開発の進め方」「治水」「香日向図書コーナー」などで、特に、財政や西口開発に関しては突っ込んだご質問が続出。たじろぎながらも、ご臨席いただいた県議や同僚市議にも質疑の渦中に入っていただいて、何とかご説明ができたものと思っております。

 昨日、感じたことは、多くの市民の皆さまに「”等身大の幸手市”を伝える」ことの大切さです。誇張しても、矮小化してもダメ。等身大のありのままをお伝えしてご判断をいただくということの大切さです。
 これは私の「広報活動」の大きな支柱でもあり、今後もできる限り、ありのままの幸手市をご報告できるよう努めて行きたいと思います。

 また、それとは別に、私の政治スタンスの明確化も必要です。「どんな旗印」であるのか。立って依るべき旗がなければ、「旗印のもとに集まる」こともできませんから。ブレずにしっかりとした旗を掲げられるようこれからも精進していきたいと思います。

 昨日はお忙しい中、枝久保県議、中村孝子議員のご臨席を賜りました。”ご臨席”を飛び越え、様々な質問に助け船を出していただき、私一人ではできない底の深いお話が聞けたものと思います。報告会でのご挨拶でも申し上げましたが、1年生議員で、お二人のようなセンパイを持つ私は、本当に恵まれています。胸を借りて学んだことは数知れません。

 地域の方には、今後もこのような機会を通して、”ありのままの幸手市”をお知らせしていけるよう、考えて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 ご参集の皆さま、本当に有難うございました。また、次回はより多くの皆さまにお集まりいただきますよう、ご案内を申し上げた折にはよろしくお願い申し上げます。