記事一覧

私のブログに

2019.10.16

アイコン

何か誤解があるようなので

先程、私のこの前のブログにご批判のブログがあるよとご連絡をいただきました。私もこのようにブログで自論を張る以上、いろいろな考え方の違いからご批判をいただくことは覚悟していますが、しかし、誤解があるようなので、敢えて少し補足いたします。

私がこのブログをあげたのは14日の午前8時10分でした。ブログにも書きましたが、私は災害本部の立ち上げから避難解除までの一部始終をつぶさに見たわけではありませんが、13日に実際に避難所に詰めた経験から非常に多くの問題を感じました。職員はその場で与えられた任務をこなし、中にはもっと危険な流域に家族を残して避難所に来ていた職員もいました。皆、できることを最大限にやろうとしたことは私も認めるところです。

しかし、防災とは、決め事をやったか、やらなかったか。想定通りにできたか、できなかったか。これしかないのです。まず、決め事がきちんと決められていたか。そして、それが実行できたかどうか。これしかないのです。人の命を左右するだけにそこに甘えは許されません。

私が現場で見たことは昨日のブログに書いた通りです。私が問題にしているのは、「災害時の安易な批判」ではなく、如何に事前準備が足りていなかったかという日常業務のあり方です。災害の最中に保身など考える人はいません。事後論として、「初めてのこと、やってみなければわからない」というところに逃げ込まないで考えていきましょうと言いたかったわけです。他を批判することでは前に進まない。私も全く同感です。

ご連絡を頂いた方には、いろいろご心配をお掛けしましたが、このような意見の違いは対立ではなく、いろいろな意見があって、議論は様々に収斂されていく過程であり大事なことです。私の文章に誤解を生むような表現があったとしたら申し訳ございません。批判ではなく、より良くなって行くための厳しさとお受け止めいただければ幸いです。

さて、これから本当に解決していかなければならない課題や問題は山積です。親しくとも何もかも全てが一致するということばかりではありません。その中での議論を暖かく見守って下さいますようよろしくお願いいたします。

♥受けた誤解は晴らしたい。ご心配を払拭したい。そのような思いゆえ、少々大人気なくもこのような投稿となりました。防災においては何をしても完璧ということはありません。そのことを前提として、私も今後の検証作業に関わっていきたいと思います。言葉足らずなことがありましたらご容赦下さい。

避難勧告発令で見えたもの

2019.10.14

アイコン

私たちの生命と財産は守られるか

大型の台風19号は日本列島に大きな爪痕を残して過ぎ去りました。幸手市でも、昨日午前2時30分避難勧告が発令され避難所が開設されました。台風15号の大きな被害を目の当たりにしてから1ヶ月。幸手市でも危機管理体制については入念にチェックされているものと、体制強化に期待をしていましたが、残念ながら、十分な準備ができていたとは思えない多くの問題を露呈する結果となりました。一昨日夕方の水害常習地の見廻りから後、避難勧告発令後は近隣の避難所に詰め、朝には水害常習地を再度見廻り、午後には地域の行事に参加して夕方帰宅ということで、ブログの更新が遅くなりましたが、今回の件で露呈した様々な問題点について改めて考えておきたいと思います。少し長くなりますが、避難されなかった方にも是非、追体験をしていただきたくご容赦お願いいたします。

❶まず、今回の台風18号の勢力について
今回の台風が相当な勢力で上陸することは数日前から報じられていました。ご自宅で暴風対策を万端整えたという方も多かったものと思います。一方、今回の台風でもう一つの問題とされていたのは降雨による河川の氾濫です。長時間、広範囲に雨が降ることで河川の水位が上昇し、多くの河川が氾濫する危険性が指摘されていました。河川の氾濫に個人でできることは避難しかありません。自宅での垂直避難では助からないほどの被害が生じる河川の氾濫はここ数年頻発しています。昨夜のテレビでも千曲川や阿武隈川などの被害が報じられていましたが、どこも1階は完全に水没。多くの人が孤立しました。早期避難が命を救った事例も紹介されていました。
幸手市の場合も利根川の水位が上昇し危険水位を上回った時点で避難勧告が発令されました。加須市の左岸流域(北川辺側)に問題が発生したとの情報もありましたが、幸いにも利根川は氾濫には及ず。しかし、仮に利根川が氾濫していたらどうなっていたか。私たちの財産はもちろん、生命に危機が迫ったことは容易に想定されます。

❷避難勧告とは
自治体の地域防災危機管理体制の一環に避難勧告があります。国は「住民の避難行動等を支援する防災情報の提供」として、住民がとるべき行動を5段階に分け、行動を促す情報と住民がとるべき行動の対応を明確化しています。災害対応は国の指針に則って進められます。大事な部分です。皆さんと情報を共有するため、少し長くなりますが概要を記します。
警戒レベル1…住民は心構えを高める←情報:警報級の可能性
警戒レベル2…住民は避難行動の確認 ←情報:注意報
警戒レベル3…高齢者等は避難・他の住民は準備←情報:避難準備・高齢者等避難開始
警戒レベル4…住民は避難←情報:避難勧告・避難指示(緊急)
警戒レベル5…住民は命を守る最善の行動←災害の発生情報(できる範囲で発表)

避難勧告等のガイドラインは、平成30年7月豪雨の反省から、住民等が情報の意味を直感的に理解できるよう防災情報を5段階の警戒レベルにより提供し、住民等の避難行動等を支援することを目的にいくつかの見直しがされました。警戒レベルを用いた防災情報の発信における主な変更点は
①災害発生の恐れの高まりに応じて居住者等がとるべき行動を5段階に分け、情報と行動の対応を明確化。
【警戒レベル3】高齢者等避難、【警戒レベル4】全員避難とし、避難のタイミングを明確化する。
・避難準備高齢者と避難開始は警戒レベル3として発令し、高齢者等の避難を促す。
・避難勧告は警戒レベル4として発令し、全員に避難を促す。
・避難指示(緊急)は必ず発令されるものではなく、災害が発生する恐れが極めて高い状況等で緊急的または重ねて避難を促す場合等に運用するものとし、避難勧告と同じ警戒レベル4として発令し全員避難を促す。
【警戒レベル5】災害発生情報とし、命を守る最善の行動を促す
・災害が実際に発生しているとの情報は、命を守る行動のために極めて有効であることから、災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で【警戒レベル5】災害発生情報として発令し、災害の発生を伝え、住民に命を守る最善の行動を求める。
②避難勧告等発令する際には、それに対応する警戒レベルを明確にして、対象者ごとに警戒レベルに対応したとるべき避難行動がわかるように伝達。
③様々な防災気象情報を警戒レベルとの関係が明確になるよう、 5段階の警戒レベル相当情報として区分し、住民の自発的な避難判断等を支援

❸さて、今回の幸手市における対応と照らして見てみます。
11日 レベル1・2 = 台風接近の恐れ、災害発生への備え、不要不急の外出を控える注意喚起が防災無線で流れました。その後、選挙管理委員会から期日前投票所の閉鎖等のお知らせがありました。
12日 北公民館を除く各公民館に避難所開設
13日 レベル4= 午前2時30分防災無線で避難勧告を発令
「こちらは、防災幸手です。利根川が氾濫する恐れがあるため、幸手市全域に避難勧告を発令しました。速やかに避難しましょう。こちらは防災幸手です」

改めて。11日はテレビや各種メディアが一日中台風情報を発信。
12日も暴風雨対策や交通機関の計画運休の情報が溢れました。幸手市では公民館に避難所が開設されていたようです。13日に長倉小の避難者から聞いて始めて知りました。レベル3の告知がどのようになされたのか。避難所開設の経緯、避難所の運営がどうなっていたのかなど気になるところです。後日確認したいと思います。実際には複数の方が利用されたようです。
そして13日は午前2時30分に防災無線で避難勧告が出されました。しかし、レベル4の情報がたったの1回切り。しかもどこに避難所が開設されるのかもわからない。地域の複数の方から「どこに行けばいいのか」と問い合わせもあり、災害対策本部に確認。西地区では西中と長倉小が避難所となるが、ハザードマップで指定されている旧香日向小は今回は避難所指定しないとのこと。これは大変と思い、一部区長さんに香日向小での対応をお願い。そうこうしていると会派の武藤議員から避難所に詰めると連絡が。そこで私も長倉小に自転車で向かいました。台風本体が通り過ぎ、雨は上がり、風も比較的弱まっていて移動には助かりました。

さて、避難所に着くと職員が2名と先生が1名待機していました。受付簿はなく、避難者は3階に案内され、音楽室に多くの方が。さらに5年生の教室にも人が集まり、それぞれ自分の居場所を確保。しかし、上階に職員はおらず、私は先生とともに教室のテレビをつけ、エアコン、扇風機を稼働させ、授乳室を確保。そうこうしていると職員が増員され、備蓄倉庫の毛布と水が配布されました。さらに人が増えてきたので、雨漏りでびしょ濡れの廊下を職員、先生とモップで拭き取り、4年生の教室の拡大もお手伝い。約150〜200人ほどの人が集まられたかと思います。避難者には小さなお子さん連れも多く、狭い教室で大変かと思いましたが、泣いたりぐずったりすることなく、子どもたちも良い子で過ごしてくれ混乱はなく、避難者は老若男女それぞれにとても秩序が保たれていました。

❹課題・問題点
災害本部の立ち上げから避難解除までの全体が把握できていないので、私の実感としてではありますが、今回の避難勧告では様々な問題が浮き彫りになりました。
まず、1つが避難勧告の発令のあり方です。避難勧告は警戒レベル4で全員避難が原則ですが、1回切りでどれだけの喚起ができたか。さらに問題なのは実際には避難所に地域の全員を収容できるキャパはありません。学校が水害時の避難所となるのは3階以上であり、避難者に提供できる適切なスペースはそう多くはありません。安全な場所の確保と誘導は大きな課題です。
2つにはハザードマップに記載された避難所のうち数カ所が開設されなかったことです。例えば旧香日向小学校は対象となっているにも関わらず、どのような経緯かは分かりませんが今回は避難所の対象外でした。避難してきた住民から疑問の声が上がっています。看護学校さんとは災害協定を結んでいるはず。ぜひ、検証願いたいし、私もしっかり求めていきたいと思います。

さらに、避難所運営では避難所と災害対策本部とのホットラインもなく、さらに本部からの指示もないので情報がはいらない。よって、避難者への適切な情報提供もなく、避難者はおのおの自分のケータイかテレビから情報を得るだけ。自分たちの置かれている身近な状況を把握するには余りに情報が足りな過ぎました。
学校の先生がおられたので校内放送設備を利用して最低の情報は提供してもらいましたし、皆さんの秩序ある行動と避難が比較的短時間であったことで混乱はありませんでしたが、このような体制には大いに課題を残しました。
後で聞いた話では、備蓄の水の提供を本部に確認したところ、避難勧告は自主避難ということで水の提供はできないとされた避難所もあったとか。また、朝食用に備蓄食が提供されることになったのですが、各避難場所の備蓄倉庫のクラッカーや缶詰めパンではなく、職員が各避難所に乾パンを"配達"するというスタイル。なぜそのような判断となったのか分かりませんが、しかし、待てど暮らせど届かない。夜が明け、各自が入手する情報を頼りに帰宅者がで始めたのが午前6時過ぎ。その後も届かない乾パンを手にすることなく自宅に戻る方は多かった。
避難勧告が解除されたのは10時43分。防災無線が告げました。

大きな枠組みの問題から小さな問題まで。私たちの生命と財産を守るに余りに期待外れな現状を見て驚いています。今回は利根川氾濫は免れましたが、これが本当に起きていたらどうなっていたのか。避難所も満足に開設できず、さらに、告知も不十分。市民の安全を守る体制への信頼を大きく失墜したことに職員は即刻目覚めていただきたい。自分たちの存在意義はどこにあるのか。職員は何のためにいるのか。そして、これまでの準備は適切だったのか。

初めてのこと。やってみなければ分からない。そんな保身はやめましょう。何をやっても完璧はないかもしれません。しかし、市民の生命と財産を守る。このことにもっと職員魂を傾けていただきたい。市民に寄り添っていただきたい。今回の避難を経験して本当に心から、そう感じています。頑張って下さい。

♥最後までお付き合い有難うございました。課題の多い幸手市ですが、今後も市民の皆さまの安全がさらに守られるよう務めて参ります。よろしくお願いいたします。まさに市政一新です。

台風19号

2019.10.12

アイコン

まずは安全確保を

大型の台風19号が東海、関東圏に近づいています。不要不急の外出を控え、防災無線などの情報に耳を傾けて下さい。幸手市では昨日、様々な確認をして即応体制をとっているようですが、仮に避難が必要になった場合も市の情報、指導に従い、危険のないよう気をつけて行動して下さい。

㊗️日本人研究者 ノーベル賞受賞

2019.10.10

アイコン

リチウムイオン電池開発

今年のノーベル化学賞は3名の研究者が受賞。うち、日本人では、リチウムイオン電池を開発した吉野彰さん(旭化成名誉フェロー)が受賞されました。企業に所属する化学者として、多額の開発投資を受けながらの商品化。いろいろな困難があったものと思います。私は化学に全く知識がないので、便利さの背景としてこのような研究が地道に根気強く研究されていることに敬意と賞賛を感じる次第です。本当におめでとうございました。

朝のテレビでは、吉野氏は小学生の頃、先生に子供向け化学雑誌を薦められ、「化学は面白い」と感じたと述懐されている場面が報道されていました。吉野氏は幸せ者です。小さな時に自分の将来につながる何かに出会えるということは貴重なことです。化学雑誌を薦められた先生もきっと、吉野氏の幼少期に、化学につながるキラリとした"芽"を見出されたのでしょう。これぞ教育に携わる人の醍醐味ですね。吉野氏は71歳。恩師がご存命なら「来たな」ときっと喜んでおられることでしょう。

さて、子どもたちの才能を見出す。算数も国語も、体育も、技術も、音楽も。全ては子どもたちの才能を開花させるためのツールです。全てに長けた人はそうはいない。いろいろなツールを使っての学びを通して、子どもたちは自分が何者か、何が得意か、好きなのかに気づきながら大きくなって行く。
私の体験ですが、私は小学2年生の時に初めて編んだブワブワのレース編みを先生に褒められたことが一生の宝として心に残っています。また、幼稚園時代、絵の上手な子がいました。本当に綺麗な色彩で絵を描いていましたが、その子は今はフラワーデザイナーです。卒園して50年以上経った同窓会で先生はそれを思い出話しにされて驚きました。当時から先生はその子のキラリと光るものを見出しておられたんですね。私は手芸で身を立ててはいませんが、それでも手芸は大好きです。

子どもたちに大人の夢を押し付けるのではなく、子どもたちが見せるキラリと光る瞬間を見逃さない。そんな大人に囲まれて育つ子どもは私はとても幸せだと思います。しかし、これが自分の子育ての時にはあまり見えていなかった。反省しきりの子育てだからこそ、今、私は自分の役割として、若いママたちに声を大にして伝えたい。そして、地域のオバちゃんとして、子どもたちの輝きを見逃さない。ソンナ大人二私ハナリタイ。

続報 懲戒処分 何が起きているのか

2019.10.09

アイコン

またもや 懲戒処分事案発覚

新市長の初仕事として、広島事件の後始末があるとお伝えしていましたが、今日、新たに職員の停職3カ月という懲戒処分の実態が明らかに。8月に分かったものですが、新市長就任後の昨日8日に処分が執行されました。
内容は、免許証更新をせず公用車を運転。さらに平成30年には偽造した免許証の写しを市に提出していたとのことですが、私たち議員も記者発表以上の情報はなく、市のHPの新着情報に記者発表の内容が記載されておりますのでご関心のある方はご覧になって下さい。

いずれも前市長時代に発生した事案です。

しかし、何でこんなに問題が続くのか。理解に苦しむところです。これらに対して新市長がどのようなメッセージを発信されるのか。職員も市民も固唾を呑んで見守っていますが、しかし、ここまで来ると首長云々ではなく、職員自らが考えるべき"公務員の矜持"の問題ではと思えてなりません。私はこれまでも事あるごとに行政の見直し、行政改革を訴えて来ました。自ら律する。誰に言われた、彼に言われたではない。綱紀粛正は職員自らの手で行うべきです。問題がこんなにあちこち吹き出すのは組織に問題があるからです。市長が気合を入れたり全てを監督して済む問題にあらず。管理職のマネージメント力が問われます。

しかし、市政一新を掲げる木村市長には間髪入れず、的確なメッセージを発信し、職員の意識改革の機会としていただきたい。そして、原因を特定し膿を出し切り、再発防止に努めていただくよう心からお願いします。正に、市政一新待ったなしです。

ページ移動