記事一覧

GoToトラベル

2020.12.15

アイコン

コロナ再拡大の局面 政府は今月28日から来月11日まで全国一斉に一時停止を決定 

昨日の新型コロナウィルス感染症対策本部の会合で、事業継続の方針を転換。

毎日新聞朝刊によると、首相は首相官邸で記者団に、全国一斉の一時停止を決めた理由について「専門家の先生から見直すべきだと言う提案をいただいた。新規感染者が3000人を超える中にあって、年末年始は集中的に対策を講じられる時期だと思った」と説明。また、これに先立つ対策本部会合では「年末年始にかけてこれ以上の感染拡大を食い止め、医療機関等の負担を軽減し、落ち着いた年明けを迎えることができるよう最大限の対策を講じる」と述べ、「感染拡大をなんとしても乗り越え、国民の生命と暮らしを守るために自衛隊と緊密に連携しながら対策に全力で当たってほしい」と関係閣僚に指示。飲食については「基本的な感染対策を徹底しつつ、年末年始の帰省は慎重に検討していただき協力をお願いする」と国民向けに呼びかけています。

GoToトラベルはそもそも評価が分かれますが、この時期、この状況での見直しは、首相としてギリギリの選択であったと私は察します。

♥旅行とは別に、故郷に老親が待つご家族、また、子ども世代が幸手市に帰省できないご家庭などもあると思います。また、身近には医療機関へのお見舞いや介護施設の面会、葬儀などにも様々な影響が聞こえてきます。本当に悩ましい事態ですが、お正月時期の人出の分散にご協力いただき、日常生活では3密対策と消毒、マスク着用や静かな会食、部屋の換気にも気をつけながら、私たちもできる対策を励行して参りましょう。

宇宙ロマン はやぶさ2カプセル

2020.12.07

アイコン

惑星探査機「はやぶさ2」カプセル帰還

お帰り、「はやぶさ2分身カプセル」くん。昨日未明、「はやぶさ2」から切り離され大気圏に突入したはやぶさ2の分身カプセルは、オーストリア南部のウーメラ砂漠に着地、地球に帰還。その後、大砂漠に落ちた40cm四方の小箱は無事回収されました。良かったです。6年間の宇宙飛行を終えての小惑星(リュウグウ)の試料持ち帰り成功は先代「はやぶさ」(イトカワ)に続く快挙です。

JAXAのプロジェクトマネジャーは、「ウーメラの地に『玉手箱』を舞い下ろすことができた」と喜びを静かに語り、ギャラリーの小学生は目を輝かせ、大人の中には「我が子と思い見守ってきた」と涙ぐみながら祝福する人も。私も門外漢ながら心から感動しました。「はやぶさ」「リュウグウ」というネーミングにも改めてロマンを掻き立てられました。
㊗️帰還。本当にスゴイ‼️

JAXAでは2011年にプロジェクトチームが発足したというから足掛け9年。14年にH2ロケットで打ち上げられ6年間の飛行にも耐え全てのミッションを完遂したはやぶさ探査機本体は健在で、さらにこれから11年間に及ぶ任務に入るというのですから長大なプロジェクトです。
国際社会で宇宙開発が活発化する中、日本のこの成果が平和裡に活用されることを望んで止みません。

はやぶさの快挙を皆さまとお祝いです🥂🎉🎉おめでとうございます‼️

しばらくぶりの更新です

2020.12.05

アイコン

盛りだくさんな取組に忙殺されて

11月中旬から12月にかけて、様々な市の計画に意見書を提出したり、そのための勉強会を開催したり、12月に入っては一般質問の内容をまとめたり…。てんこ盛り状態の取組に忙殺され、ブログの更新がまたまた一週間もできずにおりました。ご訪問くださる皆様には本当に有難うございます。

一般質問の総括は後日として、今日は、幸手市のコロナ情報と12月1日から始まったパブリックコメント募集についてお知らせいたします。

❶新型コロナウイルス感染症とインフルエンザ両方の診療・検査ができる病院を12月1日からHP上で確認できるようになりました
これまで、地域でコロナ感染症についてどの医療機関が診療対応されているかを確認することができませんでしたが、12月1日から埼玉県のサイトで検索できるようになったとのお知らせです。
発熱などの症状がある場合に、埼玉県指定診療・検査医療機関の連絡先や受付時間等をこのサイトで確認し、事前に必ず予約の上受診してください。土曜日や日祭日などの診療状況を確認することも可能です。医師の判断で、必要に応じて新型コロナウィルス感染症やインフルエンザの検査などが行われます。
詳しくは市のHP「重要なお知らせ」12月3日付けの「新型コロナウイルス関連情報」をご確認ください。HP同じページの上部にある「新型コロナウイルスに関する情報」にも掲載されています。

❷第2期幸手市まち・ひと・しごと創生総合戦略(素案)のパブリックコメント募集
幸手市では幸手市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定し、人口減少の克服、活力あるまちづくりを推進する取り組みを実施しています。第1期総合戦略が令和2年度で終了となることから第2期総合戦略を策定中ですが、その素案について市民の皆様にご意見をいただくパブリックコメントが実施されます。ご関心のある方は募集要項等、市のHPの新着情報12月1日付け及び政策課のサイトをご覧ください。
私も議員に与えられていた意見提出期限の昨日、担当課に意見を提出してきました。来年度から5年間の地方創生、いや、わがまち創生の青写真です。このような計画は見慣れないとわかりにくいものですが、皆様には是非ともご関心をお持ちいただき、ご意見をご提出いただければ有り難いです。私が幸手市の素案の読み解きの前に参照したのは昨年12月に内閣府が出した同戦略に関する国の方針のまとめです。国が進める地方創生の意義がぎっしり書き込まれていますが、とても分かりやすくまとめられていますので合わせてご参考にご覧になって下さい。「まち・ひと・しごと創生総合戦略」でネット検索すると出てくると思います。よろしくお願い致します。

♥12月に入って慌ただしくなってきましたね。来年は親戚や友人とも気軽に会えない寂しいお正月となる可能性も。年末年始の行事等における感染防止対策についても市のHPでお知らせをしています。4日までにもたくさんの情報がアップされています。ご関心のこと、知りたいことなどはそれぞれはと思いますが、情報が一番早く伝えられるのはネットの強みですね。合わせて、❷のような計画への意見などを求める場合も、ネットの強みを生かして文字情報だけでなく動画説明が掲載されたりするとより分かりやすいですね。来週、そのようなことが可能か確認してみたいと思います。
♥♥住民自治には執行状況情報や説明は不可欠です。私のブログも皆様のわがまち理解を少しでも深めていただけることを意義として発信しています。これからもよろしくお願い致します。

市内感染者情報は市HPでご確認を

2020.11.26

アイコン

今後の本ブログでの掲載見合わせについて

これまでこのブログにて市内感染者情報をお知らせして参りましたが、市のHPにも掲載されていること等鑑み、今後はこのブログでお知らせしないことにいたしました。コロナ感染症については全国的に日々新たな感染拡大防止対策が発表されています。市の対策を含め、まずは市のHPをご確認下さい。よろしくご高配願います。

♥市HPトップページ→暮らし・市政→新着情報若しくは重要なお知らせ、または最上段の新型コロナウイルスに関する情報にて検索を。

新座市 財政緊急事態宣言発令

2020.11.25

アイコン

年度予算編成 41事業で3億円削減

本日の埼玉新聞より

新型コロナ禍の影響で市税の大幅減収が見込まれることから財政非常事態宣言を発令し、事業の見直しに着手している新座市は24日、障害者の福祉手当の減額や集会所の建設を見送るなど41の事業を見直し、2021年度の一般会計当初予算編成で対前年度比約3億1000万円を削減する方針を明らかにしたとの記事から。

新聞には見直される事業の一端が載っています。見直し事業の詳細は別途ご確認をいただくとして、全体としては、国の制度対象とならない市独自手当の減額や廃止、敬老祝い金や資源回収事業の登録団体への奨励金の見直し、スポーツ施設の休止などが挙げられています。
新座市の本年度の一般会計予算は約520億円です。国の財政諮問会議が示した資料を基に今年度の収入を試算したところ、市税の減収により対前年度比で約25億円の財源不足が生じることがわかったそうです。市長は「財政調整基金や市有地等の売却により住民サービスを先行してきたため、本年度の財調が3億円になっていた。そこにコロナが直撃した」と説明。「給食や学童保育、集会所等の根本的な事業は残すが、今後は人件費の削減や道路整備の見直しなども視野に検討する」としていますが、財政規模の大きな新座市の財政調整基金が3億円というのは驚きの数字です。財政非常事態宣言の危機感が伝わってきます。なお、新座市は地方交付税交付要件の財政力指数が0.9と高い自治体ですが、基金全体に将来の備えが非常に厳しい状況になっていることから平成30年に「新座市財政健全化方針」を策定し改善に取り組んでこられた経緯があります。

さて、幸手市も現在、予算編成の真っ最中です。ここ4年は財政調整基金の取り崩しで単年度の財源不足を補う財政運営が続いてきたことから、財政調整基金が減少傾向にあることはこのブログや会派のチラシ等でもお伝えし、議会では会派として警鐘を鳴らしてきたところです。

コロナ禍の影響とは、もちろん、財政的体力によって影響の大小はありますし危機度合いはそれぞれですが、今の世界的「有事」において新座市の状況はいずれの自治体にも起こり得ることです。
新座市では12月議会に対象事業に関する条例改正案などを提案するとしているようですが、私たちは今後の国の動向(各種措置等)を確認しながら市の予算編成を見守って参りましょう。

♥いろいろなお考えがあると思います。皆さまのお考えを是非お寄せください。これまでメールをいただきながら返信ができないままとなっている皆さまには申し訳ございません。このブログで不調となっていたメール機能が回復いたしましたので、今後はできる限り返信させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

ページ移動