記事一覧

情報を共有して参りましょう-2-

2020.04.24

アイコン

市の動向

👂市の動きが見えないとの声に
毎日、防災無線が予防を呼びかける他、市民の皆さまに見えにくい市の動き。外出抑制が続く中、防災無線に市長の直声が加わったこと以外に市の動向が分からないという声を聞きました。私のブログにご訪問くださる方には、十分か否かは別として、時々の市の動きを少しはご承知いただけているのではないかと、希望的推測も含め思っていますが、改めて私の知る範囲ではありますが、整理して共有したいと思います。

🔑市の動き
4月10日から防災無線に市長の直声が加わりました。その賛否はともかく、その防災無線の広報内容が今日から変わったのはご承知でしょうか。

以前
「こちらは、防災幸手です。
幸手市長の木村純夫です。
新型コロナウイルスの感染が広がっています。
不要不急及び夜間の外出を控えるとともに、手洗いや咳エチケットなど、
感染拡大防止に努めてください。
大切な命を守るため、皆様のご協力をお願いします。
こちらは、防災幸手です」

今日から
「こちらは、防災幸手です。
幸手市長の木村純夫です。
新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。
引き続き、手洗いや消毒、咳エチケットなどの感染予防を徹底するとともに、
不要不急の外出を控えてください。
また、密閉・密集・密接を避けてください。
大切な命を守るため、市民の皆様の責任ある行動をお願いします。
こちらは、防災幸手です」

これで変わったというのかい?🤔と訝しく思われる方もあるかも知れませんが、ポイントは、3密の部分と責任ある行動の呼びかけです。協力ではないということです。先日のブログでもお知らせいたしましたが、いろいろ調べてみると、市内でも遊戯場の3密状態だけでなく、時間帯によって買い物が集中する時間があるようです。営業面とは別に感染の未然防止の観点から「何とかならないか」との声が私にも届いており、私も対策の検討をお願いしていたところでした。また、同様の懸念を示す議員が他にも複数あり。そのような声の総体に対して、さらに、来週から始まるGWに向けての外出抑制も含め、今日から放送内容が変わったのではないかというのが私の推測です。

小さな変化ですが、営業に対する配慮も必要です。戦争中のような配給制や整理券でもない限り、買い物の時間分散を呼びかけるのも難しい。こと左様に、規制の範囲で精一杯の努力をしても皆さまに何をしているかが見えにくいのが現状です。これは一つの例に過ぎず。

市では、昨日から職員の二交代勤務が始まり、A班に感染があってもB班が業務を引き継ぐ「業務継続計画」を実行に移しました。窓口には飛沫感染防止フィルムが張られ、緊張感と時々刻々の変化に対応しながら各種手続きや相談業務、日常業務が続けられています。

そして、これからは国民一人一律10万円支給の手続き業務が追加されます。どの程度の事務量となるのかは分かりませんが、月末の国会での補正予算成立見込みが高まっています。遅れることなく事務が進められるよう対応がなされているものと思われます。

また、そろそろ各自治体でいろいろな動きが報道される中、幸手市でも商工会とタッグを組んでのコロナに負けず頑張っているお店の応援キャンペーンなども企画中。そうなると、今後の財政出動の可能額についても見積もっておく必要があります。私も議員に与えられた機会を最大限使って提言をしていますが、このように、皆さまから見える施策の下に様々な準備や手続きが隠れています。

🔑市議会の動き 支援本部立ち上げ準備
幸手市議会はコロナ対策に関して、支援本部を立ち上げ対応して参ります。市議会では3月議会で災害時の市の対策本部と対をなす支援本部の設置要項を作成。仕組み自体が出来立てホヤホヤなのですが、これからその項目に準拠し、コロナ対策での役割を早急に明確にして臨んで行くことになっています。

♥ HPなどもあるものの、全てはお知らせし切れない。市の動きが見えないという現状。私の👂に聞こえた皆さまの声は出来るだけ"見える化"に務めて参ります。ご理解を賜りたいと思います。
♥♥今後も調査を怠らず。間違いのない事務が皆さまのために、タイムリーにスピード感を持って実行されるよう注視して参ります。

情報を共有して参りましょう-1-

2020.04.24

アイコン

消毒について

👂感染者が出た時の消毒は?

手洗い、消毒については皆さまもいろいろなところで目にし、励行されていると思います。が、今回、感染者が出た場合の消毒方法についてお問い合わせがありました。先日もお知らせしたとおり、感染症対策は都道府県の管轄です。予防〜発症〜治療・隔離〜治癒後まで全てです。県は国の政策に従って施策を進めます。
コロナ対策でも多くの通達や通知が必要な機関に飛び交っています。その中から、上記質問の答えのキーポイントと思われることについて共有したいと思います。

🔑厚労省老健局通達より
2.消毒・清掃等の実施
新型コロナウィルス感染が疑われる者の居室及び当該利用者が利用した共有スペースについては消毒・清掃を実施する。具体的には手袋を着用し、消毒用エタノールで清拭する。また、次亜塩素酸ナトリウム液(※1)で清拭後、乾燥させる。なお、次亜塩素酸を含む消毒薬の噴霧については吸引すると有害であり、効果が不確定であることから行わないこと。トイレのドアノブや取っ手などは消毒用エタノールで清拭する。
(※1)次亜塩素酸ナトリウム液の濃度については、「高齢者介護施設における感染対策マニアル改定版」(2019 3月)88ページを参照すること

この通達にあるように、これはコロナ感染に関する高齢者施設に向けた通知です。国は各分野で科学的根拠に基づいて国民生活の安全を守る基準を定め、規制や指導を行なっています。日本で高齢者の爆発的感染が見られないのは介護等施設で働く皆さんのご努力、指導・実行の徹底や衛生施策の効果だと私は思っています。その施設管理のための指導は今の医療・科学の最先端であり、コロナ対策、中でも今日取り上げた消毒に関しても私たちが信頼すべきキーポイントです。

また、私の聞き取りでは、上記消毒・清掃については、埼玉県でも県が該当者に対して責任を持って必要な指導を行なっていると聞いています。仮に、この消毒方法では心配だからと、それ以上の対策を求めても過剰な対応となることに。これは専門性を伴う責任論とご理解ください。ただし、これは当該者が指導に100%従った時に最大効果を発揮するものであることは注意点です。

♥私たちは慌てず、冷静を保ち、普段の小まめな手洗いと自分にできる予防に心がけましょう。

情報を共有して参りましょう

2020.04.24

アイコン

市民の皆さまの声から 〜何が起きているのか〜

先日、21日の皆さまからの疑問にお答えする形で、感染症対策は誰が主体かということについてお知らせしました。皆さまの知りたいことにヒットしていましたでしょうか。

私はこれまで、私の小さな目👁から見えた事実を皆さまにお伝えするためにこのブログで発信して参りました。ブログはタイムリーにいろいろなことを皆さまと共有できることが利点です。また、いつも長文になって恐縮ですが、字数制限がないのも良いところです。今後もさらに、私が調べられる範囲とはなりますが、国、県、市の出来る限り正確な動きや情報をこのブログでお伝えして行きたいと思います。人の関心は千差万別ですが、耳を👂ダンボにして。皆さまの声に出来る限りお答えして行きたいと思います。

コロナ関連情報についても、新聞報道、ネット情報に加え、できる限りの聞き取りも含め、普段以上に正確な情報に努めます。皆さまのご不安の全て解消出来るほどの情報はお伝えできないかも知れませんが、私も8年の議員経験で"行政のツボ"も少しはわかるようになりました。ブログにご訪問くださる方は私が発信する稚拙なキーワードをヒントに更なる検索が出来る皆さまであると信頼しています。小さな情報かも知れませんが、少しでも皆さまのご判断の素材としてお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。

幸手市役所職員の二交代制にご理解を

2020.04.23

アイコン

幸手市コロナ対策本部の決定

本日、幸手市新型コロナウイルス対策本部会議が行われ、以下の事項について決定・発表がされましたので、お知らせいたします。


〇新型コロナウイルスの感染拡大リスクに備えた
対応について【職員の二交代制の導入】

1 発表事項
新型コロナウイルスの感染拡大リスクに備えた対応について
【職員の二交代制の導入】
2 概 要
新型コロナウイルスの感染拡大リスク分散のため、週休日の振替、 休日の代休日の指定、在宅勤務制度等を活用し職員の二交代制を導入します。

1 実施期間 4月23日(木)から5月6日(水)まで
2 実施概要
・対象職場 全職場
・対象職員 全職員(再任用職員及び会計年度任用職員を含む。)

市民の皆様にはご不便をお掛けしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止、 市民サービス維持のため、ご理解とご協力をお願いします。

♥以上の通知が届きましたのでお知らせいたします。これからが拡散防止の踏ん張りどころですね。皆さまにはよろしくお願いいたします。

コロナ関連情報

2020.04.22

アイコン

3密の回避徹底を

コロナ感染の波が世界に広がり、各国ともに暗中模索の中、最新情報は着々発信されています。私たち市民、国民は何を知り、どう行動すべきなのか。私の小さな窓から見える情報には限界はありますが、とにかく、冷静に。今、どんな中に自分は置かれているのか。それを一緒に考えていきましょう。

さて、内閣官房のウェブサイトによると、20日の東京・新宿周辺の人の流れは7日の発令前と比べ54.8%減少。大阪・梅田周辺は55.9%、愛知・名古屋駅周辺は46.1%、福岡・天神周辺は40.0%のそれぞれ減少だったそうです。

安倍晋三首相は21日、政府が呼び掛けている最低でも7割、極力8割の人との接触削減について「まだ地域によっては不十分な所もある」と指摘。大型連休には「家族だけであっても地方への旅行は控え、遠出は控えてほしい」と改めて要請したとされています。

そして、これは幸手の市民の方からも指摘と疑問が私にも呈されていますが、知事らの休業要請に応じず、営業を続けているパチンコ店などへの対応も全国的に課題となっているようです。

これについては、菅義偉官房長官が21日午後の記者会見で、パチンコ店が休業要請に従っていないことを巡り、特措法で可能となっている指示や事業者名公表などの対応強化について「複数の知事から相談を受けている」ことを明らかにしています。

西村康稔経済再生担当相も、営業を続けるパチンコ店に人が集中することに関して、国と各知事が「同様の問題意識、危機意識」を持っていると強調。知事らと調整を進め、特措法に基づく強い措置を検討していく考えを示していると。

私も市民の方からも「何とかならないのか」とのお問い合わせをいただいています。営業禁止は国でも対策が難しいということもあるようですが、しかし、多くの方が密度の高い空間に長時間滞在することは一番避けなければならない危険な行為です。営業自粛とは別の観点として、幸手市でも人命保持、感染拡大防止の観点から外出抑制をより喚起する必要がありと私も考え、市にも対応の検討を求めています。

♥今は我慢のしどころです。ストレス発散を言い訳にできない。大切な家族を、人を感染に巻き込まないためにも、まずは外出抑制にご協力をお願いいたします。

ページ移動