記事一覧

今更ながら

2021.08.27

アイコン

TOKYO2020パラリンピック ご健闘を祈る

今更ですが。コロナ下での開催にいろいろな意見がある中、パラリンピックが始まりました。開会式の選手の皆さんのたくさんの笑顔。4年に一度の大会。パラリンピックが選手の皆さんにとって本当に待ち望む大会であることが表れていましたね。

そして、日々、伝えられる熱戦。躍動感や感動が伝わってきます。キャッチコピーは

「We are 15% on the world's population」

皆さんの健闘をお祈りいたします。また、大会が無事終了できますことを祈念いたします。

ファイル 1587-1.jpeg ファイル 1587-2.jpeg ファイル 1587-3.jpeg ファイル 1587-4.jpeg ファイル 1587-5.jpeg

幸手市議会コロナ対策支援本部会議

2021.08.27

アイコン

に申し入れ

昨日は議員全員協議会があり、9月議会の議案が配布されました。また、議員全員協議会の後、「市議会新型コロナウイルス対策支援本部会議」が開催され、各議員から現状のコロナ感染に関して発言。議長が取りまとめ、市執行部(市長)へ申入れが行われました。

議員全員参加の下、開催された本会議は、執行部のいない状況で各議員が様々な意見を発言し、議長が取りまとめて執行部に申し入れるスタイルで実施。複数の議員から、市の情報提供や情報発信のさらなる充実についてや、感染症拡大防止策への要望や意見が。

私は、全国的にも埼玉県においても今、自宅療養者が増えている中、家庭内感染が増えているという現実に対し、障害者や要介護者の方が自宅療養となる場合、介護や養育が必要な方を家庭で隔離して介護や養育をするのは大変なことであり、家庭内感染が起こらないような対応が行われているのか注視し、県・保健所等と協力して取り組んでいただきたい旨、お願いしました。
限られた医療資源の中、最大限の努力はなされていますが、感染症対策に責任を持つ県や保健所の差配なく市が独自にできることには制限があります。必要なことは県に繋ぎながら、適切な対応をと意見しました。

♥情報を共有しながらみんなで乗り切って参りましょう。

9月一般質問

2021.08.27

アイコン

定例会は3項目を問います

去る23日は市政に対する一般質問の締め切り日でした。

今議会の私の質問は以下の3点です。教育は100年の計、環境も人口問題も「今」やっておかなければならないことはある。それを誰がいつどのように進めるのか。一歩でも進めるために、今の政策をいかにギア・アップするか。問題意識を共有し、追究したいと思っています。

1 .市の学校教育内容の充実について
2.市のカーボン・ニュートラル対策への取り組みについて
3.人口問題、移住・定住政策の推進について

1.については、これまでも学力向上や、6月議会でGIGAスクール構想など、学校教育については具体的に質問をして来ましたが、今回は、2018年から幼稚園の、2020年より小学校の、2021年から中学校の教育指導要領が改定されるにあたり、改めて、新指導要領改訂のポイント、市の教育の課題、今後の取り組みのポイントなどを確認し、認識を共有し、学校教育の質・量的変化に対応するマネジメントの強化について取り上げます。

2.については、国が舵を切る2050年二酸化炭素排出量ゼロに連動する市の取り組みのスケジュール感や方向性を確認し、問題意識を共有し、現在の環境行政のギア・アップについて質したいと思っています。

3.については、これも私のライフワークとして頻繁に取り上げて来ました。6月議会でも取り上げましたが、これも施策のギアをどうアップしていくのか。今、やっておかなければならないことを来年度の実施計画につなげたいと思っています。

♥なお、今定例会も議員の質問時間は30分となり、今定例会に限り一般傍聴は中止とすることになりました。インターネット中継は実施されます。

田んぼアート@行田市

2021.08.22

アイコン

見事なアートに感激

先日、テレビが紹介していた行田市の田んぼアートを見てきました。自宅から車で40分ほど。写真は古代蓮会館の展望台から見た景色です。着物の花柄や波のしぶきなど、細かな模様が表現されています。蓮は名残りの花が少し咲き残り、蓮の実とのコラボも良かったです。行田の🅱️級グルメ「ゼリーフライ」も😄

ファイル 1584-1.jpegファイル 1584-3.jpegファイル 1584-4.jpegファイル 1584-5.jpeg

♥田んぼアートは他の自治体でも取り組んでいるところはありますが、経費もかかるようで、先日も広島のある市が経費のかかる田んぼアートの廃止を決定したという動画を見たばかり。少し残念な気もしていましたが、行田のアートを見て、やはりお金はかかると感じました。しかし、行田市では300人以上のボランティアが植え込みをお手伝いしていると紹介していました。歴代では、陸王やラグビーワールドカップ、映画のぼうの城などがテーマの作品も。皆さんが支えておられての毎年開催。素晴らしいです。展望台は一人400円なり。今は観光などままなりません。三密を避けながらの短い滞在でしたが、少し気持ちがリフレッシュしました。

♥♥明日は9月議会の一般質問締切日です。社会が大きく動いています。将来を見据えた質問ができるよう、今日は最後の追い込み中です。皆さまの安心安全な生活➕快適性の維持を基本とし、今様の課題を問いたいと思います。提出しましたらお知らせいたします。

もうすぐ新米収穫の季節

2021.08.19

アイコン

がつけば日暮れ早く 秋がそこまで

日本列島各地に災害という爪痕を残した長雨があがり、ようやくまた暑い日差しが戻ってきました。久しぶりの晴れた日没。いつの間にか、日暮れが随分早くなったような。お盆を過ぎ、早、秋の気配が。

20日を過ぎると幸手市では、早いところではそろそろ稲刈りが始まります。実入りの時期の長雨で晴れ間が少なかったのが心配ですが、新米🌾、楽しみですね。極暑の水の管理や様々な作業を経て、生産者の皆さんが大切に育てられた幸手の新米。皆さまにも是非とも味わっていただきたいです。幸手のお米は美味しいですよ。ふるさと納税の返礼品としてたくさんの方に美味しいとご好評いただいています。

♥さて、幸手の新米がどこに売っているか。私はさくらファームで購入していますが、重たいお米を買いに行くのは一苦労、という方もあるかもしれませんね。願わくば、この季節、美味しい新米を引っ提げて、“新米キャラバン“が市内の住宅地や団地を巡る、というイベントはできないか。実は私は密かに期待しているんですが。
新米の季節になると、新米キャラバンが近所の公園に来る、って楽しいですよね。キャラバンには焼き芋や地元野菜、パン屋さんのパンの販売などもあればなお嬉し。どーでしょう?
まあ、勝手な夢は横に置くとしても、皆んなで幸手市の秋の味覚を楽しみましょう‼️

ページ移動