記事一覧

ビジョンなきオーバーラン

2018.09.22

アイコン

9月議会審議後の感想 綿密な計画を立てずに物事を進める体質&期限に対する認識の甘さ そして・・・ 

 9月議会の議案審議が昨日の建設経済常任委員会ですべて終了しました。昨日までの審議を通して、これまでモヤモヤと感じてきた幸手市の課題の輪郭がはっきり見えた議会であったというのが私の感想です。

 9月議会の審議を通してはっきりしたのは、幸手市の「綿密な計画を立てずに物事を進める体質」と「期限に対する認識の甘さ」です。

 例えば総務部門では、本来3か月で仕上げるべき事務にほぼ1年かかるという不手際がありました。「事務量が多かった」「規定に期限の定めはない」と逃げ?の答弁もありましたが、本来、綿密に事業スケジュールを組み、計画通りにいかなければ見直しをし、いかなる事情があっても期限通りに完了させるのがプロというもの。開き直りとも詭弁ともとれる発言自体、プロの仕事人としての認識の甘さを露呈するものでは。それが管理部門の仕事というのも残念の極み。

 さらに、建設経済部門で象徴的なのは古川橋架け替え工事です。古川橋は架け替えると橋げたが現橋に比べ1.5mも高くなり、取り付け道路の勾配を考えると周辺住宅への影響は絶大です。にもかかわらず、事業を始める際にそれを過小評価した結果、住民への生活機能補償(基本=宅地の嵩上げ)の交渉が遅れています。橋の供用をあと1年半後に控え、物件調査と補償費が補正予算に計上されていますが、これから交渉では遅すぎる。委員会でも指摘がなされました。
 それに対し、担当部長からは事業の手順に不手際があったとの”今さら”の陳謝あり。「住む」とは生活の基盤です。わが身を置き換えたらその丁寧さを欠く市の在り様の異例さが実感されます。市には是非事務執行の在り方を十分検証していただきたい。

 他にも、駅西口区画整理事業においては、前市政で区画整理事業の認可が下りた後、現市長となり、「駅舎優先」で駅舎・自由通路整備工事を進めてきた結果、下水道工事の進捗が区画整理に間に合わず、下水道整備地域にも関わらず、一部浄化槽を使用する地区が発生。今後、下水道整備が進めば一度築造した道路を再度掘削して管を埋めるという二重投資、無駄な作業と経費が生じることが想定されています。市民から選ばれた首長が公約を果たすのは当然ですが、しかし、無駄なくどう実現するかの手腕・手法は問われます。

 そして、厳しい財政状況の中、来春開催する橋上駅舎・自由通路開通式典に1300万円超の予算が。私も開通式自体は不要とは思いません。しかし、西口開設は幸手市の悲願であるとの力説の一方で、式典費用が当初予算ではなく、年度途中の9月議会補正予算で出るということ自体、計画性の無さをうかがわせるものと思わざるを得ない。さらに、庁内検討が進むほどに記念行事の構想も経費も膨らみ、階段アートやモニュメント設置まで加えると今回の補正額1300万円超という規模に。しかも本体の式典も大手イベント会社に外部委託、市民参加と言いながらオープンさを欠く検討が進められてきた。

 ある議員の調査では、さいたま市は岩槻駅の完成時、自由通路の開通式として約100万円で対応したということ。自治体が市民の税金をかけて行う行事は必要最小限。ある程度自制的に行われるのが当然。流石、さいたま市は心得ている。そう感じますがいかがでしょう。

 さて、今回の決算、補正予算は上記以外にも、小さな事務ミスなども含めさまざまなほころびが見え隠れ。その大元をたぐって行くと、そこには「ビジョンなきオーバーラン」とそのストッパー不在があるのではないかという推測に行きつきます。頑張っている職員には申し訳ないが、組織のどこかで”忖度”や”面従腹背”が跋扈して、結果として市の”組織風土”に問題がでている。

 いやなことばかり申し上げていますが、これは幸手市の現実の姿です。このようなことを”悪役”に徹してでもしっかりチェックすることこそ、私たち議会の役割と心得ます。

 最後に、私の一縷の望みは若い職員です。若い職員には「朱に交われば赤くなる」ではなく、「出藍の誉れ」と言われる職員として頑張ってほしい。

 いつも文句ばかり言ってるなあとお感じる方もあられると思いますが、私たち議会は、執行部が良い相撲を取る(仕事をする)ために、土俵の”荒れ”を清めるのも仕事の1つです。今、土俵の荒れが見過ごせない状況。そこに妥協は禁物です。そして今回、輪郭が明らかになった市の課題については、今後も清めるべき点を見定めていかねば。そんなことを感じた今議会でした。
 

 

今日も引き続き

2018.09.19

アイコン

総務常任委員会は続く

 予算決算の審議をする3月議会、9月議会は各常任委員会ごとに2日間の質疑日を設けています。過去、総務常任委員会は一日で終わるのが通例でしたが、今議会は昨日で審議は終わらず今日も委員会が開催されます。

 「質疑」とは疑義を質すところにあるという意見もあり、滅多やたらに質疑時間が長ければいいのかというとそうではないかもしれませんが、しかし、委員会審議は市政というブラックボックスを可視化する機会でもあります。このような機会がないと、よほど市長始め執行部が前向きな説明責任を果たさない限り行政運営を可視化=透明化するのは難しい。

 今日は今年度の補正予算を審議します。総務常任委員会には政策課や財政課など市の頭脳部門と市の血流である市税等収入を扱う納税部門、庶務や管財など市の管理部門が集まっています。今年は財政と政策にシティープロモーションを加えた「総合政策部」(新設)と事務管理部門としての「総務部」の二頭立てで総務全般を司っています。総務部門は市政の中枢であり、この部門の在り方は市の施策を大きく左右する。

 昨日、私は上記思いから審議一番、まずは納税状況について総合政策部の分析を問いました。納税状況には市民生活の在り様が如実に表れます。納税状況を政策部門が正確に把握・分析することは市民サービス立案や施策実行の根幹作業です。厳しい家計や収入の中、市税を納めてくださる皆さま方に敬意を表するとともに、効果的、効率的、そして戦略的に使わせていただく。これは行政マン、そして、議会人が目指すまちづくりの原点と思うのですが、残念ながら、現在のところ、総合政策部として分析はしていないとの答弁でありました。
 敢えて二頭立てとなった政策部門の真価が問われることであり、聞かれるまでもなく行われていると思っていたので私としては残念さひとしおですが、これについてはいずれまたさまざまな機会に確認していきたいと思います。

 さて、今日はどのような審議となるか。行ってきます。

首都圏 所得減のドーナツ

2018.09.17

アイコン

”太平の眠り”から覚めよ 高齢化の進展を織り込んでどんなまちをめざすか

 昨日の日経新聞一面”限界都市”というコーナーに「首都圏 所得減のドーナツ 始発のまち久喜・青梅、5年で5万円」との題でお隣り久喜市が取り上げられていました。

 かつて栄えたベッドタウンの衰えが際立ってきた。市区町村別に2011~2016年の住民所得を調べると、首都圏の郊外でドーナツ状に減少が続き、働き手が集まり続ける都市部などとの違いが鮮明になっているというもの。

 総務省の「市町村税課税状況等の調」を元に、日経新聞が納税義務のある住民一人あたりの課税対象所得を集計。5年前と比べた結果、所得が減っている自治体がドーナツ状に浮かび、特に鉄道沿線の始発駅があるまちにその状況が顕著だというのです。

 その1つとして挙げられているのが久喜市です。久喜市は5年前と比べて5.4万円減っているという。東武伊勢崎線の久喜駅は東京メトロ半蔵門線と相互乗り入れをする始発駅で、都心まで1時間。市の人口は約15万4千人で、5年前とほぼ同じ。だが、高度経済成長期にマイホームを求めて移ってきた団塊世代が退職。15歳~64歳の生産年齢人口は約8千人減り、65歳以上は約9千人増えた。この住民構造の変化が所得減の大きな要因と。
 人口減少は茨城県取手市や埼玉県飯能市でもみられ、いずれも1960~80年代にかけて公営や民間の団地建設が相次ぎ、人口がふくらんだ「始発のまち」だと日経新聞。

 このまま自治体間の税収差が広がればどうなるか。「いずれ福祉や教育など行政サービスの違いが生まれる」と専門家。さてしかし、今更言うまでもなく、東京一極集中や高齢化は、多くの自治体では当然折り込んで尚、住みやすい町を如何に作って行けるかが問われています。
 サービスが維持できないと若い世代ほどまちを離れ、税収はさらに落ち込む。このような悪循環をどう断ち切るか。特に、都市部近郊のまちが迫られているのは「脱・ベットタウン」です。これこそ、自治体経営の最重要課題です。手を拱いているワケにはいかない。

 行政と住民が一体となって住民誘致の新しいモデルを創る必要がある。と日経新聞は結んでいます。これは幸手市でも同じこと。私も以前より「ベッドタウンの次のモデル」を探すことを提唱してきましたが、市はまだまだ”太平の眠り”の中にいるかのごとき。早く眠りから覚めてまずは意識を変えていかなければ。

 議会は明日から私が所属する総務常任委員会と建設経済常任委員会の審議が続きます。上記、危機感を持って、さまざまな課題はあっても、それを知恵と工夫で乗り越えていく。そんな地道な政策にエールを送りながら、家計と同じく上手なやりくりができているかをしっかり検証し、住民の方が安心して暮らせる市政運営をチェックしていきたいと思います。

 議員は、財政の「やりくり」を検証する=チェックするのが役割です。予算の効率的な運用とは市民の皆さまには見えにくい一見地味なテーマでありますが、市政運営の根幹と心得て頑張りたいと思います。なかなかブログ更新がままなりませんが、日々のご訪問に励まされております。
 本当にありがとうございます。

ドラマチック&時代の変化

2018.09.11

アイコン

涙の全米オープン 女子シングルス決勝 大坂選手、四大大会優勝おめでとう!!

 読者の皆さまの中にはテニスが大好きという方もいらっしゃると思いますが、8日に行われた上記決勝。試合もさることながら、最後の最後、表彰式でも波乱の展開となりましたね。テニスには門外漢ながら、私もこの試合を見て、大坂なおみ選手に魅了されました。
 
 試合は途中で何度か気持ちが切れかねない状況もありましたが、よく耐えてプレーに集中した大坂選手。ブーイング渦巻く表彰会場ではその言動で観客を魅了し、各種報道が賞賛。彼女は只者ではなかった。若い人が自分の実力を信じて、大舞台でもひるむことなく偉業を成し遂げるという構図は、これからもいろいろな場面で目にすることになるでしょう。

 改めて、もう、何かあっても何も表現もせず、ただ耐え忍ぶ、やり過ごすだけの時代ではない。言うべきこと、やるべきことをストレートに表現する若者がこれからの社会を変えていく。最近の官僚に関わる問題、スポーツ界の騒動なども含め、私はその予感を強く感じましたし、このような若者を私たち大人が許容し、認めていかなければ新しい時代はない。そう感じます。
 今、世代間の意思疎通が難しいということを耳にしますが、私たちがこれまで捉えてきた「今の若者像」、すなわち、若者=ひ弱いというイメージを改め、若者を信じて、未来を託していく。そんな謙虚さを大人が持つべき時代になっているのでは。私たち大人は自分の上手な引き際=”勇退”=フェードアウトの在り方を本気で考えていくべき時が来ていると。

 戦後、日本は子どもたちを一貫して「純粋培養」してきました。大人への反抗もある種”封印”してひたすら「良い子」を育ててきた。それは裏返すと、世の中に対して純粋な思いで意見を言うチカラを養ってきたということ。今回の大坂選手の”涙のメッセージ”も彼女の感性もあるでしょうが、「こう振る舞わなければならない」という既成概念に縛られない自然な表現でもあったのでは。

 これから社会は変わります。もう、「面従腹背」的時代は終わり、議論したり、自由に意見を言う、自由に振る舞える、そんな若者が引っ張って行く時代なのです。ただ、自由と言えども若者もいつまでも”イノセント”ではダメです。交渉事や戦略など、冷徹で厳しい現実にも対応できなければなりませんから。しかし、その本質のところとして、誠実さや純真さを失わず頑張ってほしい。私たちロートルは各方面で若者の活躍を応援していきましょう。これからの社会を変え、引っ張って行くのは若者のパワーです。
 薀蓄ばっかり言わずテニスを”純粋に楽しんでヨ”という声が聞こえてきそうですね。でも、そうおっしゃらないでください。議員となって、これまで以上に”世の中の変容”に敏感でありたいと思っているとつい…。
 「こんな終わり方ですみません…」
 

ただいま「メールはこちらへ!」不調につき

2018.09.08

アイコン

ご意見やご感想は下記にご投稿願います。


  
    poplar_mazda@yahoo.co.jp

 よろしくお願いいたします。

ページ移動