記事一覧

2020年をめどにスマホで服薬指導

2018.12.25

アイコン

処方箋 自宅で入手可能 在宅医療後押し

今日の日経新聞から。新聞のまとめ読みがバレますね(笑)。今日のブログ第2弾です。

厚労省は患者が自宅にいながら処方箋を入手できる仕組みを作る方針を固めた。テレビ電話での診察は4月に解禁されるが、今は薬を受け取るには薬局に出向き、薬剤師の対面指導を受けねばならない。スマホなどオンラインでの服薬指導を全国で認める。将来は診察から薬の受け取りまで一貫して在宅でできるようにし、なるべく入院を減らして膨らむ医療費を削減する一助とする狙い。

とのこと。高血圧症や糖尿病といった慢性疾患を抱えた患者らがこうしたオンライン診療などに切り替わっていけば病院の混雑が緩和。外出が不自由な高齢者も在宅で投薬まで完結できれば、入院せず家で療養しやすくなり、更に電子処方箋などの一連の対処は今後増える在宅医療への備えにもなる。スマホ診療が広がれば高齢者や在宅患者だけでなく平日に病院に行きにくいビジネスパーソンや子育て中の母親が医師の診療を受けやすいという利点もあるということです。
ただ、日本薬剤師会は対面の服薬指導が「安全な薬物療法を確保する上で極めて重要」とし、オンライン指導には一定の制限が課せられる方向だということです。

ちなみに、薬は薬局が宅配する図式です。

現在、薬剤師法などで義務付けられている継続的な服薬指導が十分できていないという現状もあるらしく、厚労省の調剤薬局への調査では、薬を渡した後の服薬指導は8割が必要だと感じているものの、実施しているのは4割。患者宅への訪問などをする薬局も半数余りだというのですが皆さまの実感としていかがでしょう。
訪問等ができない主な理由は小規模な薬局が多いことによる人手不足だというのですが。

さて、幸手市の公共交通問題の改善を求めている私としては、この方式は通院患者の交通問題にも一助となるのではないかと思いますが、気になるのは、薬局が薬を宅配する仕組みが機能するのかどうかということです。薬局に余力がないのに調剤師が宅配していては薬局の人手不足に拍車がかかる。それを宅配便で配送するとなると、今度は宅配会社の人手不足と宅配料の患者負担問題が出てくる。診療から薬まで一貫した在宅医療は7月から愛知県、福岡市など国家戦略特区の一部で始まっているそうですが、その辺はそのような検証結果となっているのか。

さて、幸手市は利根医療圏に所属し、「とねっと」という医療機関での電子カルテ共有化事業が進められていますが、なかなか普及が難しいと聞いています。市民生活の利便性向上と合理化を含む財政問題は、これに限ったものではなく、幸手市でも消防2署所体制→1署所体制へ、という事例もあり、今後、いろいろな分野で顕著化してくるのではないかと推測します。

今後10年間で世の中は様変わりする。それを肝に銘じて。時宜を逸しない対策を進めていくことが益々重要になって行きそうです。

判断の割れるところ 結局誰が

2018.12.25

アイコン

米政府機関の一部閉鎖で国立公園の運営費用、州が肩代わり

24日の読売新聞7面より

米連邦政府の暫定予算が失効し政府機関の一部が閉鎖。米上院がメキシコ国境での壁建設費用を含む予算にNOを突きつけたということのようですが、そのあおりを受け、多くの国立公園で、公園のサービスができず公園の所在州が費用を肩代わりして閉鎖を回避していると。

凄いですね。予算執行が止まるとこんなことが起きてくる。このような場合、予算編成をした側に真or非があるのか、反対をした側に真or非があるのか。判断の難しいところです。このような事態が次に何を生むのかは誰にも分からない。そして、歴史の大きなうねりの中で、この判断の真価は100年後に、いや、次の米国大統領選挙で?評価が下される?
そんなことを考えさせる記事です。

翻って幸手市では、12月議会最終日の本会議に職員及び市長を含む三役の給与と議員報酬の増額改正条例と伴う補正予算が提出され、当日審議、当日採決となりました。その補正予算、よく見ると、各課の人件費のうち、扶養手当、地域手当、通勤手当、住居手当などが軒並み減額となり、期末手当や勤勉手当に充当?されているように見えます。
もらったばかりの議案ですから、じっくり検証する間もなかったのですが私はその点を質疑しました。答弁では、職員の異動に併せて手当支給予算には余裕を持たせてあるが、現在の職員状況から年度末までに少し余裕があり、その分を減額したということでありました。

確かに通常、12月議会で人事院勧告による給与改定に伴う財政措置が予算化されますが、昨年度の財源は財政調整基金の取り崩しで、一昨年度は市民税の増額分を財源として充当されていました。そして、今年は手当予算に含まれる余裕分からとなっています。歳入の厳しさと財政調整基金の枯渇を考えれば、人件費の範疇で今年度の給与改定分をやりくりをすることは問題ではありませんが、しかし、私が心配するのは市の財政状況です。すなわち、今回の財政措置を「工夫」と見るか、ここまでやらなければならないほど幸手市の財政が「苦しい」と見るかです。幸手市の財政運営の中でこのことがどのような意味を持つのか、持たないのか。今は予断は許されませんが、100年先ではなく、幸手市の場合は、超近未来=来年度予算の編成で明らかになるものがあるかも知れません。

アメリカの上院の話しと幸手市の給与改定の財源ではことの大きさが違うように見えますが、実は本質は同じです。いずれにせよ、判断の良し悪しの最終責任は誰かが責任を負わなければならない。それは一体誰かということです。
皆さんは「ねずみの嫁入り」というお話しをご存知ですか? ねずみの嫁入りはこの世で一番強いのは誰かを探し当てるという物語りですが、ぐるぐる回って、結局一番強いのはねずみだったということになる。

これを責任に置き換えれば、執行の長である市長に聞けば「議会のご議決をいただいた」と議会に。議会に聞けばそれは予算編成権を持つ市長の責任でしょうと。そして最後は、民主主義では市長や議員を選んだ主権者に、となってくる。結局、代表を選んだ住民・主権者が責任を取ることになる。ゆえに選挙が大事なのです。
来年、幸手市は「選挙イヤー」です。

♥スト権のない国家公務員給与改定は、人事院が民間企業を調査し、民間と同程度の給与となるよう全国的に勧告がでて年末に調整されるものです。私たち会派先進は景気回復の兆しが見えない時期、議員と市三役(市長・副市長・教育長)を対象とする部分について反対をした経緯もありますが、全国統一の人事院勧告に抗うことは大変難しいことです。今回、会派先進はこの議案に賛成。議員の場合、報酬そのものの嵩は議論の対象かもしれませんが、こと、給与改定に関してはこの条例に賛成をすること、ご理解を賜りたいと存じます。血税を頂く身として今後も精進してまいります。

市民活動花盛り

2018.12.24

アイコン

Xmasシーズンの催し

日本では年末の締めという意味も含め、この時期はクリスマスをテーマとしたイベントがたくさん催されますね。歳時記ともなっているクリスマスのあり方については、宗教性や商業主義などの観点からいろいろなお考えはあると思いますが、これぞ日本の、日本人の寛容さ。逞しさ。何でも日本流にアレンジしてしまう和洋折衷の精神と祭り好きが日本の平和の根幹ではと私は微笑ましく感じています。

昨日は私も誘われて、Xmasを冠する幾つかの小規模な音楽イベントに参加してきました。観客の方は若干少な目でしたが、それぞれの演奏者は自分たちの活動の発表の場として、そして観客の私たちは日々の忙しさを忘れて、メンバーと心温まる楽しい時間を過ごして来ました。
改めての感想です。幸手には芸達者な方が沢山おられる。市民活動も花盛り。これぞ幸手の底力。知らなきゃそんそん。そして、何と言っても観客が少ないのが勿体ない、などなど。
皆さまも来年はいろいろなイベント情報をチェックして是非、ご参加を。新しい感動に出会えますよ、きっと。

あわや否決

2018.12.22

アイコン

議会最終日追加議案 決議案第2号「適正な行政事務執行を求める決議」

昨日は上記追加議案が二人の議員から提出されました。私が先の号の賛成討論でも取り上げたように近年、不適正な事務処理が続いており、今議会も昨年度の決算が終わった事務処理にミスが発覚して補正予算で対応した経緯はお知らせしている通りです。そこで議会として改めて再発防止と反省を促す主旨でこの決議案が提出され、辛うじて7対6で可決に。本来、このような決議は全会一致が相応しいのでしょうが。僅差で何とか可決されました。

【適正な行政事務執行を求める決議】
今議会、平成29年度の決算承認済の土地開発公社の市に対する西口区画整理事業用地の処分において、事務処理の誤りにより7100万円余の不足金が判明し、急遽そのための補正予算を議決するに至った。
更には、近年、同一事業者の開発申請書の市長名の誤りが2年2回にわたり、多くの関係者の決裁印を押印されながら発見されないままに許可されたこと、長年にわたり不適切な補助金事務執行が続けられてきたこと、例月出納検査の数値の誤り等と数々の事務執行上の問題が発生した。
また、いずれもこれらは情報公開条例による公開請求や市議会の指摘により明らかになったものであって、事務決裁段階や市の内部調査によるものではない。この事は市の行政事務は間違いはなく正しいものと信頼されている市民の期待に背き、一体何があるのだろうと疑念を生ずるものであり誠に遺憾であり残念なことである。
公務員としての自覚と職責、組織としての統治力の欠如に起因するものと思わざるを得ない。よって市民からの信頼確保のためにも、市民からの負託を受けた職員、市民全体の公務員としての責任に鑑み、憲法、法律、条例、規則、規定を遵守し、f市民の福利増進のためさらなる研修・研鑽に努められ適正な行政事務執行が図られるよう求めるものである。

以上決議する。
平成30年12月21日 幸手市議会

♥いろいろな考え方はあるのでしょうが、結果として反対をした複数の議員による質疑応答の後、反対討論もあり。私は「けじめ」は大事だと思っています。今回も一つのけじめとして決議に賛成。反対は6名。賛成したのは提出者の武藤議員、大山議員と、公明両小林議員、大平議員 会派先進の中村議員と松田の7名でした。現在、幸手市議会は14人。議長を除くと13人ですからあわやという。市幹部からも「当然」と受け止める声が聞かれる内容ながら、議会はなかなか一枚岩といかない。

賛成討論より

2018.12.22
2018.12月議会 議案第98号 賛成討論

昨日の議会最終日、全ての議案は賛成全員及び賛成多数で可決されました。私は会派先進を代表して賛成討論をいたしました。議案第98号。次期総合振興計画についてです。今後10年間、幸手市の市政運営の最上位となる計画です。内容は以下の通り。私の思い、会派先進の考える方向性など、最後までお読みいただければ幸いです。

【第6次総合振興計画基本構想及び前期基本計画 賛成討論】
6番松田まさよです。
私は会派先進を代表して議案第98号「第6次総合振興計画基本構想及び前期基本計画」に賛成の立場で討論をいたします。
わが国は、世界の中でも先行して高齢化が進み、また、国際社会は多様化、グローバル化など緊迫を強めております。そのような中、国では様々な改革が断行され、市民に1番身近な地方自治体である市区町村にも、自主性、自立性の高い行政運営と、より一層の政策執行責任が求められているのが現状であります。
今般の総合振興計画策定で行った市民意識調査を見ると、高い満足を得ているのが、「安全な水の供給」「健康づくりの支援」「消防・救急体制の充実」「廃棄物の排出抑制」「児童・生徒の安心・安全の確保」「地域安全活動の充実」「文化財の保護・活用」「社会教育の充実」です。これら施策については、本計画で目標とする10年後人口47000人、すなわち、現在の人口から約5000人減となることや人口構成の変化など、今後の環境変化に左右されず、引き続き満足度の高いサービスが提供されますよう要望いたします。
一方、市民満足度の低い項目として、「中心市街地の活性化」「公共交通機関の拡充」「幸手駅周辺の開発」があげられています。そして、市民ニーズの高い項目として、「総合治水対策の推進」「地域医療体制の充実」「財政健全化の推進」「災害対策の充実」「交通安全対策の推進」があげられています。これらの項目は住みよいまちづくり、住み続けたいまちづくり、すなわち、選ばれる自治体の必須項目として、縦割りではなく横の連携を密にして全庁が一丸となって改善・向上に取り組まれることを望みます。

そして特に、「財政健全化の推進」については、本計画の中で、平成30年度末基金残高の大幅減少や、起債の抑制、歳出削減などに言及されています。本市では、大型事業として、本年度で幸手駅橋上化、自由通路整備という二大重点プロジェクト事業が完了し、来年度から新たな事業を計画していくわけですが、会派先進は、行政の継続性の観点から区画整理事業や下水道、循環道路などのインフラ整備は出来る限り計画期間での完了を目指す事はもとより、東京から一時間という全国の自治体から見ればうらやましいほどの地理的優位性を十分に生かしきる政策の推進にさらなる努力と工夫を求めるものです。
そのためには、まずは、「起案なくして事業なし」。事業の優先順位をつけ、効果的な予算執行に鋭意尽力されますようお願い致します。

最後に、本計画第7章「市民の信頼に応える行財政運営を推進するまち」についてです。残念ながら、第5次総合振興計画後期基本計画の期間においては、不適正な事務執行が複数発生し、市の信頼を大きく損ねる結果となっており、誠に残念なことであったと思います。
市長はじめ職員各位には、市民の、そして、国民の血税を扱う事務のあり方を十分反省するとともに、二度と同じ過ちを繰り返さぬよう改めて強く要望いたします。

今後も様々な事業が目白押しであります。市民の皆様の声を真摯に受け止め、多様化する市民ニーズに的確・適切に対応し、限られた財源を有効活用して健全な財政運営を着実に実施されますよう。そして、本計画の将来像「みんなでつくる 幸せを手にするまち 幸手」の実現に向け、議論を重ねていかれますよう申し添え、賛成の討論といたします。

♥今の議会の会派力学からいうと様々な会派から私以外にも賛成討論がたくさん出るのかなあと思っていたのですが。他に賛成討論はなく、反対に反対討論が一人。特別委員会の採決ですでに反対を表明された議員から反対討論が出ることは想定内でしたが、この議案が市政10年の計として重要な位置付けにあることを考えると、賛成討論が私だけというのは想定外でした。

ページ移動