記事一覧

あったかハートプロジェクト

2020.05.13

アイコン

コロナ関連情報 長引く学校休業、スムーズな再開に向け 幸手市教育委員会の新たな試みが計画されています

この新たな試みは、学校再開を前にハガキを媒体に先生と児童生徒が交流するアナログプロジェクトです。ネットやオンラインなどデジタルが普及する時代にあって、「なんでハガキ?」と思われる方もおられるかと思います。異例づくしの新学期。一見小さなプロジェクトですが、この時期の価値ある取り組みだと私は感じます。
以下、HPより

【あったかハートプロジェクト(小・中学生のみなさんへ)】
あったかハートプロジェクトについて
コロナウイルス感染症による臨時休業で、小・中学生の皆さんには辛い思いや寂しい思いをさせてしまっています。
また、担任の先生や学校の先生とも会えない中不安な思いもあることと思います。
そこで、「あったかハートプロジェクト」と題して、市内全ての児童生徒の皆さん一人ひとりに、担任の先生から往復はがきを送り、皆さんからも担任の先生に返信してもらう企画を考えました。
皆さんにも不安な気持ちがあるように、学校の先生方も同じように心配したり、早く会いたいなと思ったりしています。
ぜひ、このはがきに今の思いをのせて、学校の先生に伝えてほしいなと思います。

♥詳しくはHPにて。

さて、この計画。小学1年生から中学3年生まで、全ての学年が対象です。担任の先生には30通もの手紙を書くのは大変な作業だと思いますが児童や生徒の皆さんの顔を思い浮かべて。返信する児童や生徒の皆さんもこれまでの空白を埋め、新たに始まる学校生活を思い描きながら。さらに、保護者の皆さまにはデジタルに慣れた身として若干「面倒」かも知れませんが、学校や教育委員会の意図をお含みいただき、お子さまと先生の心のこもった交流ができるよう、声をかけ、返信を励ましていただきたいと思います。

♥♥因みに、幸手市のデジタル教育の環境整備について
世の中がデジタル社会を迎えて久しい中、学校教育のデジタル化はどれくらい進んでいるのか。現在、文科省は一人一台タブレットの普及なども含む「GIGAスクール」構想を加速度的に推進していく方針です。幸手市は教室のデジタル機器整備は完了していますが、文科省が求める個に応じた環境整備はまだこれからです。幸手市の子どもたちがこれからの社会を伍して生き抜くために欠かせない環境整備であり、多額の費用がかかります。しかし、子どもたちのためにも、そして、この環境整備無くして若い世代に選ばれる自治体となり得ない。その覚悟をもって厳しい財政をやりくりして速やかに進めなければならない。優先順位の高い事業であり、私も整備の加速化を後押ししていきたいと思っています。

学校の夏季休業日

2020.05.12

アイコン

地元小学校の配信より

本日、幸手市教育委員会より、臨時休業の延長に伴い、令和2年度の夏季休業期間を下記のとおり変更するとの指示がありましたので、お知らせします。
         記
 夏季休業期間 8月8日土曜日から19日水曜日までの12日間
 1学期終業式 8月7日金曜日
 2学期始業式 8月20日木曜日

♥上記の通信によると、短縮授業などもあるようですが、まずの関心ごとは、いつ再開となるかですね。待ちに待った学校再開。全国的にはそろそろ再開を模索する自治体もあり。子どもたちには生活規律を戻して、準備万端、再開を迎えて欲しいです。
♥♥また、今日は市のコロナ対策会議が開かれていると聞いています。今の時間はHPの新着は更新されていませんが、新たな動きがありましたらお知らせいたします。

6月議会は特別方式で

2020.05.11

アイコン

5月8日開催された議会運営委員会において 新型コロナウィルスの感染防止を考慮し、以下のことが確認されました

1. 6月定例会の一般質問については、「幸手市議会申し合わせ事項」にかかわらず、今回に限り、質問時間を30分以内とする。また、一般質問の項目は会派内での重複がないように調整するとともに、極力3項目以内となるよう努めるものとする。      以上     

本会議場は傍聴席も間隔を置いての座席となり、いつもよりご入場を制限することになるかと。また、答弁者の執行部についても質問に関係する部長のみが着座する方式となる予定です。密な状況を回避しつつ、できる限り通常機能を果たすべく開催される予定です。

コロナ災禍への緊急対応が最優先課題としながらも、中期・長期的に取り組まなければならない課題も山積です。目的は市民の皆さまの幸せの実現です。肝に銘じて取り組みたいと思います。まずはご報告まで。

退院または療養解除となった者の数

2020.05.10

アイコン

新型コロナウィルス感染症の現場の状況と厚労省の対応について(令和2年5月9日版)

新型コロナウイルス感染症が発生から6ヶ月以上。テレビなどでは毎日感染者数が報道され続けていますが、しばらくぶりに厚労省のHPをチェックしたところ、以下の情報が。退院若しくは療養解除となった方の数にご注目。

【厚労省HPより】
5月9日現在の状況及び厚労省の対応についてお知らせします。国内で今般の新型コロナウィルスに関連した感染症の感染者は1万5649例となりました。また、国内の死亡者は600名、国内での退院者は8127名となりました。

1.国内の状況について
❶国内事例
5月9日0時0分現在PCR検査陽性者1万5649例が確認されている。
・PCR検査陽性者国内事例1万5483例。
・5月8日24時時点までにPCR検査については計179,043人の検査を実施。
・上記患者のうち、入院治療等を要するもの6302名。
*退院または療養解除となった者8110名。
・死亡者600名
❷空港検疫に係る発生状況
・PCR検査陽性者151名。
・入院治療等を要するもの149名。
・退院または療養解除となった者2名
❸チャーター便帰国者に係る発生状況
・PCR検査陽性者15名(全員退院)。
・濃厚接触者全員の健康観察終了。

♥ 数字のみ転機いたしましたが、多くの方が退院または療養解除となり社会復帰しています。もちろん、気の緩みは厳禁。また、これまでどおり、マスク、手洗いなども励行していかなければなりません。
♥♥しかし、感染症対策は終息に向け、新たなステージに向かっている?今後、経済活動の再開に向け国からどのような判断が示されるかは分かりませんが、感染者数と入院、退院・療養解除の数は注視して行きたい数字です。皆さまにはまず、厚労省HPをご覧になって下さい。

新着 さってオンラインスクール

2020.05.08

アイコン

長引く休業に対応 オンライン授業配信始まる

コロナ災禍で学校の休業が長くなっています。以前にもお知らせしていましたように、幸手市立の各小中学校では、それぞれの学校毎に児童や生徒の皆さんに宿題を出すなど工夫をして取り組まれて来ましたが、今日、市のHPに「さってオンラインスクール」が初お目見え。これは教育委員会の先生方が自作自演の動画です。今回は小学6年生と中学1.2.3年生の国語の漢字がその内容となっています。

ご家庭には学校を通して通知がなされるそうです。また、ほかの教科や学年についても今後、さらに掲載されていくそうです。お子さまやお孫さんに是非、ご活用を。また、学校から離れて随分になる私たち中高年には頭の体操にもぴったり。これがなかなか面白い。児童・生徒の皆さんだけでなく、ご用とお急ぎのない方は一度HPにご訪問を。トップページのコロナ情報から検索できます。

⭐️さってオンラインスクールとは…
「市内の小中学生の皆さんの学習をサポートするために、「さってオンラインスクール」を開設しました。国語や算数の学習動画を作成し、アップロードしています。この動画では、教科書やノートを使って一緒に学習することができます。ぜひ、一緒に取り組んでみましょう。」

ページ移動