記事一覧

令和2年度幸手市一般会計予算 賛成討論全文

2020.03.22
議案第15号 令和2年度幸手市一般会計予算 賛成討論 2020.3.19

10番松田雅代です。私は、会派幸手市政クラブを代表して、令和2年度幸手市一般会計予算に賛成の立場から討論をいたします。

はじめに、新型コロナウイルス感染症の拡散に終息の兆しが見えない中、幸手市では木村市長を本部長に部長級職員で構成する対策本部により、様々な対応が講じられてきました。これまで、学校の休業やさくらまつり、さくらマラソンなどのイベントの自粛、公共施設の休館などの緊急対応を市民は理解し受け入れていますが、さらなる長期化が進めば市民にも様々な影響が出ることが懸念されます。市長はじめ執行部におかれましては、高齢者の感染予防、外出機会の減少による市民の心身健康面への影響、学校教育や子どもたち、地域経済への影響などに注視され、仮にも財政出動の局面において厳しい予算を理由として対策の遅れが生じることのないよう、今後も万全かつきめ細かな対応をよろしくお願いいたします。

改めまして、令和2年度幸手市一般会計予算について申し述べます。
令和2年度幸手市一般会計予算については、生産年齢人口の減少による市民税の減少、基金残高の減少、公債費の増加、社会保障関連経費の増加など厳しい状況が続き、減収する市税収入を地方交付税と基金で賄う状態が続いております。歳入では、市税は前年度比1.6%の減少。うち個人市民税は所得割では134人の減を見込み前年度比2.3%の減少、固定資産税は前年度比0.8%の減少を見込み、基金は新年度の繰入金4億5015万1000円を差し引くと、各基金の残高合計は5億3138万4000円と近年稀に見る低水準にまで減少しています。また、市債は発行額は前年度比減となる一方、公債費はわずかながら増加しています。

こうした中、幸手市一般会計予算は歳入歳出それぞれ158億円で、前年度と比較しますと3700万円、0.2%減で編成されています。木村市政として、 初めての予算編成に臨まれた木村市長及び執行部は、限られた財源の中、事業の総点検をし、事業の廃止・変更・縮小なども含め様々厳しい選択があったものと推察いたします。それではこれより歳出について、新年度の取り組みへの期待も含めて、評価点を申し述べます。

まず、「教育、子育て分野」についてです。
教育、子育て分野では、教育費において、権現堂川小学校、吉田小学校の校舎トイレ及び屋外トイレの洋式化を含めた大規模改修工事が予算化されました。また、教育支援員や日本語指導員の配置をはじめ、さってアフタースクールの実施や市内統一学力調査など市費対応の各種事業の継続、英語教育充実のためのALTの拡充、新たにすべての小中学校へのプログラミング教育ソフトの導入など、子どもたちの教育環境の整備に予算を配分されたことを大いに評価いたします。
特に、プログラミング教育には大いに期待しています。目指すのは「今までになかった価値を作り出す想像力」の涵養であり、木村市長のおっしゃる学力観に通じるものです。プログラミング的思考は未来を生きる子どもたちが社会で伍していくために身につけていくべき必須アイテムであり、あらゆる環境整備をして子どもたちの好奇心を刺激し、成果をあげられることを期待いたします。また、パラリンピック聖火リレーの実施、ホストタウンとしてベナン共和国との交流事業など社会教育の充実が図られていることも評価いたします。

次に、医療・介護・福祉分野についてです。
民生費は高齢者の増加や10月から実施された幼児教育・保育無償化を含め、予算の41.3%、65億円を上回る支出項目です。そして、高齢者福祉、障害者福祉、児童福祉の各分野において、新年度は各種計画の策定が進められます。令和元年度に引き続き第2次幸手市地域福祉計画の策定、障害のある方への支援として新たに第6次幸手市障害福祉計画及び第2期幸手市障害児童福祉計画の策定などで、人生百年時代に即した、また、時代の変化に則し、市民の誰もが生き生きと暮らせるよう市民ニーズを的確に捉えた計画の策定を期待いたします。
また、衛生費に関しては各種がん検診などの経費、健康マイレージ事業や母子検診、不妊検査・治療、不育症検査費助成などの事業が継続されているほか、新たに10月から実施されるロタウィルスワクチン定期接種に先駆け、独自に4月からロタウィルスワクチン接種費用の助成が実施されるなど、住民生活に直結するサービスのきめ細かな提供を評価いたします。

次に、公共施設の整備・再編については、
一斉に更新時期を迎える施設やインフラの整備が求められるも、厳しい財政の制約をどう乗り越えていくか。幸手市の大きな課題です。特に、昨年12月議会の本会議中に地震の揺れを3度体感し、また、玄関先の軒の構造物が落下するなど庁舎の危険な状態を放置しておくことはできません。防災拠点となる庁舎の建て替えが待った無しの中、公共施設個別計画策定の継続扱い(=1年繰り越し)は、事情はどうあれ了解しがたいものであります。が、しかし、市民意見の集約なくことを進めることはできず、その不足を省みて立ち止まり、新年度に仕切り直しをするという考え方は一定の評価をするものです。新年度1年を有効に活用し、市民を巻き込んで将来に向けた検討が進められることを期待いたします。

次に、デマンド交通についてです。
まずは潜在利用者も含め、全世帯、全市民を対象に本年3月にアンケート調査が始まったことを評価しています。新年度はこの結果を十分検討し、地域の様々な意見を調整し、令和3年度にはより利便性の良い公共交通が整備されますことを期待いたします。また、運転免許自主返納者支援事業の拡充についても評価をいたします。

次に「災害・暮らしに強いまち」については、
危機管理において、災害用備蓄品の整備や自主防災組織への補助のほか、幸手市国民保護計画や幸手市地域防災計画の見直し、先般の台風19号を教訓とする各種マニュアル作り、災害時避難行動要支援者の避難計画づくりなど防災体制の再構築に向け着手されておりますが、マニュアル等については、できるだけ早い時期での完成をお願いしておきたいと思います。
また、地域経済の活性化施策では、私は「解決に向けて関係機関と協議し行政のできる最大のアシストを考えていく」という木村市長の方針に共感するものです。そして、商工観光については、中心市街地にぎわい創造事業費補助金においてすでに商工関係者から意欲的な事業提案が出されているとのこと、また、農業については多面的機能支援事業補助金の拡充で対象団体が増えるなど現場の頑張りを大いに評価するものです。
また、移住定住促進事業では、空き家バンクにおける仲介手数料の補助や、市費対応となって久しい3世代ファミリー定住促進事業補助を継続することで移住・定住の促進を図ることを評価するものです。3世代ファミリー定住促進事業補助金は、今、子ども世代が比較的多い今の時期にこそ有効な施策です。できる限り不要額の発生なく、PRも含め制度の運用に頑張っていただきたいと思います。

都市基盤整備については、
計画的な土地利用と都市計画の基本的な方針を定める「第2次幸手市都市計画マスタープラン」の策定費用が計上され、大いに期待しています。幸手市20年の計です。まずは現行マスタープランの検証をし、市民を巻き込んで十分な議論を深めていただくよう要望いたします。
また、土木費においては市道の整備や倉松川河川改修に伴う市道橋の架け替え工事の設計などが図られています。土木費は特別会計への繰り出し金も含め、予算に占める割合が9.2%となっています。前年度比2億円の減額計上となり、インフラ整備の必要量に対して金額的には十分とは言い難いところはありますが、予算制約のある中、やむなく取捨選択をされた担当者の努力は理解いたします。

以上、新年度事業について評価と期待の両面から述べました。厳しい財政制約の中にあって、費用対効果、補助金制度の終了などにより縮小・廃止となる項目もありますが、幸手駅西口土地区画整理事業や下水道事業への繰り出し、学校施設の整備、教育の充実、福祉、市民協働などバランスのとれた予算であると評価いたします。新年度は様々な分野で計画が策定され、その計画が事業の優先順位をはじめ、今後の幸手市の将来像を形作る大きな意味を持つ1年となります。
今後の市政運営については、市民の皆さまが幸手市の将来に希望を持っていただけるよう中長期的な視点に立ち、持続可能な市政運営ができるよう市長、職員一丸となり全力で取り組んでいただくことを要望し賛成討論といたします。

♥最後までお読みいただきありがとうございます。
♥♥読み返すと言葉足らずなところも多く恐縮ですが、少しでも市の動きを身近に感じていただけたら幸いと思い全文を掲載いたしました。
♥♥♥さて、新年度予算の執行の前に、3月末は人事異動の季節。恒例の人事異動の他に、新年度は今年度で退職する部長級職員3名に代わって新部長が3名抜擢されます。部長級が3人も一度に入れ替わるというのはかなりなインパクトです。さて、どんな木村人事が差配されるのか。これも大いに気になります。来週中には内示が出る予定です。

3月議会振り返り

2020.03.21

アイコン

議案審議・請願・決議 などなど

19日、3月議会が終わりました。昨日は多くの皆さまにブログにご訪問いただき有難うございました。最終日前はいろいろ慌ただしくブログの更新が滞り、最終日は皆さまにご関心をお寄せいただいている消防西分署事案など当日のうちにご報告をするべきところでしたが、いろいろ振り返りと論点整理をするため一息置かせていただきました。ご訪問下さる皆さまにはいつもお力をいただいております。有難うございます。

🌸🌸🌸さて、昨日は、いろいろなことで頭がいっぱいの私を気遣って、知人が「外に出よう」と気分転換に誘ってくれて、市内でのランチの後、権現堂堤に行っていました。桜保存会さんの詰所の後ろの「標準木」は5分咲きくらいでしたが、全体的には1分くらいの開花状況🌸🌸。これから春爛漫を迎える幸手市は、今年はさくらまつりの中止を決定。賑やかな出店もなし。寂しい限りです。昨日は彼岸の入り。観桜にはまだ少し早いかなという状況でしたが、メイン駐車場がほぼ満車というくらいのお客様でした。詰所にいたさくら保存会の方のお話では、今年は駐車場の整理員も従来通りの配置とならない模様。車でお出かけの方🚗🚙🚐には不案内となることも想定されますが、お気をつけてお越しください。
菜の花も9割方満開に。風が強く桜の枝も菜種の花も風に揺られていました。久しぶりのお日様🌞の下、心身ともにリフレッシュした昨日でした。

さて、前置きはこれくらいに。3月議会の振り返りをご報告いたします。
❶市長提出議案は賛成全員及び賛成多数で全て可決
木村市長の初めての予算編成。10月の台風19号、新年に入っての新型コロナなど、副市長不在の中、危機管理に対応しながら職員一丸となって組まれた予算です。市長が代わると予算も大きく変わると思われる方もあるかも知れません。木村色は出たかと問われる方もあると思います。しかし、皆さまの生活をお預かりする行政サービスが猫の目のように変わるということは皆さまの生活を不安定にします。行政には継続性が求められます。市長が代わったからと財政基盤も整えず急転回、急発進すると財政に大きな負担を与えることは今の幸手市の財政運営からも明らかです。
厳しい財政状況の中、細かく事業点検する中で、費用対効果、国や県の補助金が無くなったことでやむなく縮小・廃止となった事業もあります。しかし私は、上記のようなことから、一般会計予算について賛成討論をする中で「土地区画整理事業や下水道事業への繰り出し、教育環境の整備、教育の充実、福祉、市民協働などバランスの取れた予算」であると評価いたしました。
また、新年度はまちづくりの根幹となる様々な計画の策定も目白押し。その計画次第でこれからの幸手市の事業選択、将来像が決まる大事な1年です。そのようなことから、最後に市民の皆さまに将来に希望を持っていただけるよう市長、職員には一丸となって頑張ってほしいと要望しました。討論の内容につきましては後日全文を掲載いたします。

❷🚒🚑幸手消防西分署の存続を求める幸手市議会の決議を求める請願 賛成多数で採択
以前、速報でお知らせいたしましたが、文教厚生常任委員会を賛成多数で通過した請願が本会議に図られました。委員長報告の後、討論、採決と進みました。討論は反対ー賛成ー反対…と交互に行います。討論議員は以下の通り(敬称略)
賛成討論…坂本 海老沼 青木
反対討論…本田 枝久保 武藤
採決の結果は以下の通り(敬称略)
賛成…松田 坂本 大平 青木 小河原 木村 小林啓 海老沼 四本
反対…武藤 藤沼 枝久保 本田 小林英

❸🚒🚑幸手消防西分署の存続を求める決議 賛成多数で
可決
請願採択の後、私が提出者として決議案を提出。朗読を持って説明しました。その後採決に。結果は以下の通り(敬称略)
賛成…松田 坂本 大平 青木 小河原 木村 海老沼
反対…武藤 藤沼 枝久保 本田 小林英
退席…小林啓 四本

【請願 雑感 感想】
長い反対討論が述べられました。ある論者は、自作の組合組織図を資料として配布。組合構成各市町選出の組合議員が真ん中にデフォルメされた図ですが、現在ある組合の正式な組織図と全く非なるもの。ある団体の組織図を自分の論理で勝手に作ってしまう行為自体驚きです。誰でも入手できる正式図を使わずに自作して配布する意図とは。正式な組織図の存在をも認知されずなら何をか言わんやです。残念ながら、討論以前との印象でした。
また、総論として、委員会での討論同様、組合化の経緯、市議会権限外、実現性なし、請願に値せず、組合構成市が勝手をしたらどうなるかなどの内容の他、「紹介議員は選挙目当て」発言、請願市民有志への個人批判、水面下交渉の妨げと言わんばかりの過激で刺激的な発言が連発される場面も。これには驚き以上です。議会人の公式発言ですから。
一方、賛成討論では、7115名の民意は採択に値するものであること、組合のことは組合に任せろというのは国のことは国に任せろというのと同じ。相手が誰であれ言うべきことは言う。市議会は市民の声の代弁者。幸手市議会はこれまでも反対議員のいう"権限外"の決議をしてきた。決してルール違反ではない、などが簡潔明瞭に粛々述べられました。

♥結果として、請願、決議は多くの方の想いと賛成議員の協力を得て採択という結果に。紹介議員として7115名の想いを背負っての活動であり、ホッとしています。今回のことでいろいろなアドバイスやご指導を頂いた皆さまに御礼申し上げます。後は組合正副管理者会議の合意を見守りたいと思います。
♥♥本当に有難うございました&お疲れさまでした。

政府、オリンピック開催を堅持

2020.03.13

アイコン

🦠コロナ、5月上旬の終息を目指すワケと行政課題🚒🚑👩‍🚒の擬似性

新型コロナウィルス感染症については治療薬がないことなどの不安に加え、オリンピックの開催を危ぶむ声も出ています。

政府はWHOによる新型コロナウィルスの「パンデミック」表明後も夏の東京五輪・パラリンピック開催の方針を堅持するとし、大会組織委員会や東京都と連携し中止や延期の回避に全力を注ぐ構えだと新聞報道。IOCと東京都等が結んだ開催都市契約は「参加者の安全が深刻に脅かされると信じるに足る合理的な根拠がある場合にIOCが大会を中止する権利を持つ」と定められているようです。手続き上はIOCがまず中止理由を通知し、60日以内に是正を要求。満足するように是正されない場合はすぐに契約を解除できるとされているそうです。決定権はIOCにあり、合理的か否かはIOCが判断する。今、幸手市が直面する消防問題とも重なります。

五輪は7月24日に開催する予定で、政府は同契約の60日規定からの逆算も念頭に、5月までに感染を押さえ込む目標を立てているとみられています。これに対し、橋本聖子五輪相は「今までと変わりなく準備する。決定権はIOCにあるが、この状態なら開催は可能だ」と記者団に強調。小池百合子東京都知事は「中止の選択は無い」と語っています。

翻って、足元の行政課題である消防署所合理化案は、令和2年度中に正副管理者会議の成案を得ることが合意されていることから、逆算も念頭に、市民は今議会に幸手市議会にも市長と一枚岩で存続を求める決議をしてほしいとする請願を提出。市議会では願意妥当は一致なれど、手続き論として賛否が割れています。

署所合理化案の見直しは、オリンピックの契約と反転しますが、主張する側に合理的な根拠がある場合に認められると私は思っています。その合理的な根拠を幸手市がいかに示せるか。これは私が消防問題が浮上した平成30年以来、存続協議に向かう前現市長とそれを支える副市長はじめ執行部にずっと訴えて来たことであり、歴代2代の首長が何の根拠もなく廃止反対、存続を訴えているとは思えませんし、これまでもその点について繰り返し協議交渉中との答弁をいただいてきました。

さて、話を戻して。決定権のあるなしではなく、日本としての方向性を各リーダーがしっかりと示していること。日本国民としては大変心強く感じる次第です。

協議とは、ある枠組みの中での決め事を守る中で、まだ、決定されていないことには当事者として合理的根拠を以って発言していく。当事者の発言なくして、当事者の事情が計られることはありません。力強いリーダーたちです。

緊急事態宣言

2020.03.13

アイコン

新型インフルエンザ🦠特措法改正を巡る国会攻防とリーダーの判断

昨日、幸手市の新たなコロナ対策として公共施設の休館についてお知らせしました。現在、幸手市では新型コロナについては、市長を本部長に、各部長級をメンバーとする対策本部が逐次対応を協議しています。直近では11日の午後3時に対策会議が招集され、国の要請等について協議がなされています。11日は議会では建設経済常任委員会が開催されていましたが、出席していた建設経済部長、水道部長が会議出席のため中座。

その後、幸手市では12日に協議内容をプレスリリース。私たち議会にもその内容が伝えられ、市のHPの掲載となりました。学校が突然休校になったり、イベント自粛などが市民、国民からは若干唐突に発令されているようにも見えますが、安倍首相は現状を「引き続き国内の急速な感染拡大を回避するために極めて重要な時期だ」とし、「専門家会議の判断が示される今後おおむね10日間程度はこれまでの取り組みを継続するよう協力をお願いする」と呼びかけています。政府は10日、新型コロナウィルス感染症対応の法整備のための新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案を閣議決定し国会に提出。そのような流れの中で行政組織の末端にある基礎自治体である幸手市でも対策が決定されています。

改めて法律が出される意味とは。法律とは多くの場合、私権の制限を意味します。今般改正された同法には、首相が期間や区域等を示し緊急事態を宣言できる規定があり、都道府県知事を通じて、不要不急の外出自粛の要請やイベント開催の制限の要請・指示ができるなど、行政機関が一時的に国民の私権を制限できる強い権限を持つものです。

これについて、国会報告のみで宣言できる点を野党側が問題視し、修正案を出していたが、与野党は10日、「緊急でやむを得ない場合を除いては国会に事前の報告をする」と付帯決議に明記する方向で大筋合意。政府与党側は、国会での事前承認の明記や法案修正には応じなかったと新聞が報じています。緊急事態の機動性が優先されたと解釈いたします。

このような国会での攻防があり、私たちのところにも国からの要請や指示が届いています。執行権とは絶大です。そして、その執行の責任は一重に、その政権のリーダーが担うのです。重い決断です。だからこそ、その決断には様々な観点からの考察がオフィシャルに行われることが基本です。もちろん、最後は政治決着ということもあります。そのリーダーを支えるのが与党であり、行政職員であり、専門家チームです。

先のブログでも書きましたが、危機管理におけるリーダーの決断と責任は重大です。幸手市は全国に約1700ある地方自治体の中の一つで、緊急事態など、国の法律や要請・指示に従う立場ですが、それでも基礎自治体のリーダーの決断には、全庁あげた十分な考察が必要です。リーダーが間違いのない判断ができる環境を整えるのが補助機関である職員集団です。その点で、幸手市は今、市長と補助機関を繋ぐ副市長がいない状態が続いているのが気がかりです。副市長選びは混線状態。大事な役割を果たす方ですので、様々な調整は必要ですが、基本、副市長は市長が選ぶ"相棒"です。良き相棒が早期に決まることを願うばかりです。

さて、話が外れましたが、今般の新型コロナウイルス感染症対策は、さらに国際機関であるWHO(世界保健機構)が11日、世界的な流行を意味する「パンデミック」の状態だと認定。国際的協調が示唆されています。ウィルスの脅威の評価やWHOと各国がすべきことには変わりはないが、各国に封じ込めの前提となる広範なウィルス検査や感染者の特定等の対策をさらに強化するするよう訴えています。

いろいろ窮屈なことが余儀なくされていますが、現在はまだ有効な治療薬がない中、特に高齢者の皆様や基礎疾患のある方に重症化の危険度が高いとの見解もあります。充分ご注意ください。

緊急 コロナ対策に伴う公共施設の休館

2020.03.12

アイコン

🦠新型コロナウイルス対策に伴う公共施設休館について 市HPより

新型コロナウィルスの対策として、令和2年3月9日付で国の新型コロナウィルス感染症対策専門家からクラスター(集団)の発生のリスクが高い場面と条件が示されました。幸手市としてもクラスターを発生させない対策をとることが重要であると判断し、令和2年3月12日に市内公共施設の対応方針を決定しました。

■クラスターの発生の場面と条件
1.密閉空間で換気が悪い
2.手の届く距離に多くの人がいる
3.近距離での会話や発生がある

感染拡大を防止する観点から下記の施設に置いて休館とさせていただきます。
■公共施設の対応方針
使用申請を要する屋内の施設を休館とする。休館とは施設の貸し出しをしないことを言い、通常の案内受付業務や各公民館での住民票の発行受付等一部のサービスを行います。

■休館の期間
令和2年3月14日から3月31日まで

■休館する施設
各公民館 アスカル幸手 B&G海洋センター 武道館 図書館・香日向分館 郷土資料館 コミセン 勤労福祉会館 老人福祉センター ウエルス幸手

となっています。
♥詳しくは市HPにてご確認ください。
♥♥各団体のリーダーの皆さまにはよろしくお願い致します。

ページ移動