記事一覧

マンションの空き家問題深刻化

2019.02.07

アイコン

管理不全のマンション 管理組合が機能せず

昨日の日経新聞夕刊から。
マンションの空き家問題が深刻な影響を及ぼしている、という記事です。私も未熟ながら、住宅問題、特に中古住宅の流通に関心を持ち、空き家バンクなどの運用を市に問いかけてきました。幸手市でも来年度には空き家バンクが開設されるものと思われます。3月議会の議案等に出てくるようならまた、ご報告いたします。

さて、 皆さまの中にはマンションにお住いの方もいらっしゃるでしょうし、戸建てにお住いの方もいらっしゃると思います。住むというのは「衣食住」の中でも取り分け大事な分野です。数年前から今後の日本では空き家の増加が問題となることが指摘されてきました。住まいとしてだけでなく、投資目的のマンション所有などもあり、なかなかマンションの住民が一挙に顔を合わせるという機会も少ないなかで、管理組合のないマンションで問題が顕在化してきたようです。

この記事によれば、東京都の2011年の調べによると、6.5%の物件が「管理組合がない」と回答。未回答の物件を追加で抽出したら、「ない」と答えた割合は15.9%に上ったということ。組合がないと何が問題か。危険な損壊が放置されたり、管理不全の隙を突いた侵入者による犯罪の温床になったりするリスクがあるというのですが、これから大相続時代を迎える日本では、多くの家屋が「負債」となるリスクが高まっています。他人と共有のマンションで、しかも管理組合もなく管理不全となると、結果的に空き家を放置せざるを得ない。
専門家は、所有者の死後に空き家になる可能性の高い部屋を自治体や管理組合へスムーズに寄付できるしくみづくりを提案しているというのですが、これはなかなか、中古物件を中古市場にきちんと流せる仕組みがないと負担が大きい。

空き家が増えたマンションは管理組合の理事を担う人手も、管理費や修繕積立金も減っていく。東京都や大都会で顕在化した問題はいずれ地方でも問題となる可能性も。東京都では、東京都が管理状況の届け出を義務化する条例案を3月議会に提出するなど、対策に乗り出すということ。他にも豊島区では2013年から、大阪府が2017年、横浜市が2018年から同様の条例を施行したり、必要に応じて管理不全のマンションに専門家を派遣したりする制度を導入しているようですが、なかなか小さな自治体ではそのような対策をバシバシ打っていくというのも難しいのが現状。

幸手市に同じ事例があるのかないのかは未調査ですが、しかし、この問題は待ったなしです。皆さまの中に、同様のご心配をお感じになる方がいらっしゃいましたら、幸手市でも毎月、法律相談や行政相談、心配ごと相談などが開催されていますので、まずはご相談を。市報「広報さって」の裏表紙の前のページに「各種相談」というコーナーがあり、開催日、問い合わせ先などが記載されています。

今回の件だけでなく、何かと不安や心配の尽きない昨今。心に芽生えた不安を不安のままにしないで。一人で抱える前に、是非、ご相談を。

背景、因果を知る

2019.02.06

アイコン

虐待を最後手段としてしまう背景に寄り添う

少し過激な題を付けましたが、今、世の中を揺るがす大問題に、私の学校相談員としての経験、自分の子育てを振り返りながら少し考えたいと思います。

さて、今日お伝えするのは子どもの虐待、DVについてです。野田市で起きた小学4年生女児の死亡事件。死亡の原因は父親からの暴力、虐待でした。さらにその引き金になったと考えられる学校の対応。私の僅かばかりの経験を通してこの事件を見たとき、学校の行為は言語道断と言わざるを得ません。あり得ないと。まず、学校には校長をトップとして、副校長、保健室、担任、学年主任、さらにカウンセラーなども含め、幾重にも張られた網があって、担任だけでは対応できない事案はケースによって様々な組み合わせで組織として対応される。更にその上に教育委員会がある。この仕組みは子どもたちにとってだけでなく、先生や学校にとっても本来"安全網"であり、全国共通の標準仕様ではないかと思います。この仕組みが機能していれば今回の事件は起きなかったかも知れない。

では今回、この仕組みの何が機能しなかったのか。虐待やネグレクトは相談業務の中でも特に慎重さを求められる事案ですし、研修も日常的に行われているはず。一体、何があったのか。関係者には反省以上の誠意で何をすべきだったのか、何がいけなかったのか、見直して欲しいと思います。

さて、学校の対応とは別に、この問題だけでなく、このような事案で気になるのが、DVを蔓延らせてしまう世の中や人の心理です。DVがなぜ世の中からなくならないのか。物事や気持ちの整理の最後の手段として暴力を使ってしまう。その背景に何があるのか。「暴力はいけない」「暴力根絶」と言うだけでは決して解決しない。

子どもは誰でも純粋無垢な存在としてこの世に生まれ、人の手で育てられます。そして、いろいろな環境の中で、いろいろな分岐点を通過して大人になります。環境の中には両親、祖父母、兄弟などの家族や学校や幼稚園の先生、友だち、先輩、後輩などの直接な人間関係以外にも、周りの人間関係の余波を受けたり、さらに経済的なことも含まれます。そんな一切合切を環境として人格が形成されて大人になるのです。

いろいろ解きほぐしが必要ですが、暴力を振るった父親は威圧的な態度で人と接することや、暴力やDVを物事や気持ちを整理する最終手段とする思考回路をどこかで身につけてしまった。
私はそれが一番悲しいと思います。

さらに、もう一つ。就職氷河期、非正規労働など、一部の人に難儀を押し付けて成り立っている世の中のあり様にもメスを入れる必要があるし、逆に言えば、もっと多様な生き方がリスペクトされる世の中にしていかなければ行けないのかも知れないですね。「勝ち組」「負け組」などというイヤな言葉が市民権を得た時代がありましたね。勝ち組でなければ無価値なのでしょうか。ある段階で落ちこぼれると、自分の価値すら見失ってしまう社会。否、否。落ちこぼれるのではない。多様性や個性を否定されることで社会や人生への諦めを生み、自暴自棄や暴力を生む背景となっていないか。

暴力はいけないことです。虐待も言語道断。しかし、悲しい事件の背景にある因果を社会全体の問題として、寄り添って行かなければ悲劇は繰り返す。住みづらい時代になったと言われます。でも、子どもという世の中で一番弱い存在を守れる社会はきっとみんなが住みやすい。私はそう思っています。

ぽかぽか陽気どころか

2019.02.03

アイコン

呑気なことを言ってられない地球環境の変動

昨日、三寒四温のお話をしましたが、昨夜のテレビでアメリカを襲う寒気とオーストラリアを襲う熱波が同時発生しているというニュースが報道されていました。ご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。アメリカではマイナス50度、オーストラリアでは50度と、合わせると100度もの気温差が生じているという。併せてトランプ大統領の温暖化待望するようなツィートが物議を醸しているようです。

今、地球上で起きていることはみな、どこかで関連があって起きていることです。あこが悪い、ここが悪いと批評するのは簡単ですが、実は私たちの行動がすべて関連して地球環境を痛めている。いわば、みんな当事者なんですね。
大きなことは出来なくても、自分に出来ることを少しずつやって行くことが地球人として求められている。
一億人の一円を集めれば一億円ではありませんが、一人が少しずつ。一人一善で一億善。「ちりも積もれば山となる」。地球🌏を救うのは今、地球に存在する私たちしかいない。

改めて、寒い時は寒い、暑い時は暑い。当たり前の四季が巡って来ることがいかに有難いことかを感じる出来事です。

先の見通しを持つ

2019.02.02

アイコン

3月議会の準備 始めました

昨日の寒さとはうって変わり、今日はポカポカ陽気になるとの天気予報。昨年もこの話しをしたかと思いますが、日本では以前からこのような季節変化を「三寒四温」と表現してきましたが、最近は聞かなくなりましたね。NHKなども「春ちゃん」とかナントカとの呼び名でこの気候変化を表しているように思いますが、私は「三寒四温」という言葉が好きです。「三寒四温」「寒さ暑さも彼岸まで」のような言葉は先の見通しが感じられて、是非、使ってほしい言葉だと思います。この、先の見通しが立つというのは、季節だけでなく、人生、行政、仕事・・・など、物事の基本であり、先の見通しが立つからこそ、心構えができ、厳しいことにも耐えて立ち向かっていける。有効な対策が取れる。私はそう考えています。

さて、前置きが長くなりました。2月議会は予算審議のほか、新年度に向けて多数の事業計画が決定されたり、国の制度改正に伴う条例改正なども多く、議案が多くなることから2月下旬から会期が始まります。伴って一般質問の通告日も2月12日と早く、今、どんな問題を取り上げるべきなのか。必死で調査をしているところです。

まずは市民生活に今、どんな問題があるのか。問題の核心は何か。それをしっかり確認するところから。私たち議員は住民の皆さまの代表として、皆さまの想いを行政に反映させていくことが使命です。来年度、再来年度の財政は厳しいという前評判です。一体、どんな予算が出てくるのか。先の見通しを持って幸手市が新たな船出ができるようしっかり準備して頑張りたいと思います。

それにしても、毎日、コツコツ情報集めを始めていますが、膨大な情報から必要な情報をサクサク検索するのは容易ではありません。特に行政情報です。集めて仕舞えば何のこともない情報が、市町村や県内でも圏域を持つ官公庁の、基礎的情報が統一感がなくまちまちの方法で発信され、故に、情報の検索、対比だけでかなりな体力を消耗します。私の情報収集技術が未熟ということもあるのでしょうが、少なくとも余程精通しないと情報の在処(ありか)に行き着くだけでも困難。これでは一般の皆様は情報へのアクセスを諦めてしまいますよね。

「分からない」から「関心がない」。実は行政へ関心が薄れることは住民自治の根幹を揺るがす大問題です。送り手には送り手の想いがあるのでしょうが、情報は量が多いだけではなく、サクサク検索できないと活かされない。これは情報の役割の一丁目一番地ですね。

私も毎回の議会の後にチラシを作り、議会報告会を開催していますが、 皆さまに等身大の幸手市の姿を知っていただくのが第一の目的です。このチラシはアナログで配布させていただいております。もし、ご関心をお持ちの方がおられましたらお知らせください。
poplar_mazda@yahoo.co.jpまで。よろしくお願いいたします。

♥さて、2月に入り、私もこれから徐々に一般質問の項目を絞って行かなければなりません。皆さまのご意見を伺う場として先日来、2月10日の「松田まさよ議会活動報告会」をご案内いたしておりますが、是非、ご来場いただき、皆さまのご意見をお聞かせいただけたらと存じます。よろしくお願い致します。

子どもたちの成長の証し

2019.01.31

アイコン

幸手市子ども会議開催@幸手市議会本会議場

今年もこの時期恒例の「幸手市子ども会議」が昨日、市議会本会議場で開催されました。議員にも開催通知をいただき、私も傍聴に。今回の「子ども会議」は新しい企画という"新味"も相まって、うな重なら並から上に、弁当なら梅から竹になるような感動と上質感を味わうものでした。
残念なことながら、幸手市で義務教育を終える子どもたちは減少傾向にありますが、皆さまの身近にいる子どもたちが立派に成長していることを是非、知っていただきたくリポートをお伝えいたします。

さて、これまでの子ども議会は市内全小学校から代表を2名ずつ召集し、それぞれが一般質問をするという形式で行われてきました。毎回、各小学生議員は立派な態度で議会に臨んでいますが、今回は小学生代表を各校1名に減数し、中学生代表を4名加えたこと、そして、中学生3名が一般質問をするとともに輪番で議長を務めるという新たな企画として運営されました。

これまでの各小学校2名体制と違い、顔見知りのいない環境で議席に座る小学生議員には今までにない緊張感があったものと思いますが、みな、堂々と自分の役割を果たし、さらに、一般質問終了後の意見交換でもしっかりと発言するなど頑張っていました。一方の中学生議員もさらに立派で、しっかりと議長職を務め、9年間の幸手市の義務教育の集大成となる素晴らしい態度です。
そして、今回、驚きの一場面となったのが、一般質問終了後の「動議」です。議会終了間近、中学生議員から発議があり、『幸手市「スマートフォン」わたしたちの行動宣言』が提案説明された後、全会一致で採択されました。賛成討論もあり、かなり本格的です。
スマートフォンの使い方については、全国的にも生徒会活動として啓発をしている例はありますが、市内各学校を横断してこのような採択がなされる例はあまりありません。議案の元となる宣言も3中学校の代表者が複数回集まって決めたものという教育長の説明でありました。なかなか高度な企画です。

傍聴席の引率の先生や保護者の皆さんを横目で見れば、皆さん本当に誇らしげな表情で食い入るように見つめておられる。帰り道、子どもたちはきっと、ありったけの賞賛をいただいたことでしょう(微笑)。民主主義を身につけた若者が育っています。我々大人もオチオチしていられません。

さて、前述のようにこれまで以上の上質感を感じる子ども会議でしたが、この会は「子ども会議」の域を越えましたね。ネーミングの見直しが必要と感じます。中学生を含むこの議会に「子ども」以上の敬意を表することはできないか。是非一考いただきたい。

そして、最後に。うな重は上の上に特上が、弁当なら竹の上に松があるように、来年のこの模擬議会が、さらに上質になることを期待したいし、期待できるという後味の残る「子ども会議」であったことをお伝えしたいと思います。このような企画、なかなか多くの方に直接見ていただくことは叶いませんが、市のHPにアップされるものと思われますので、皆さまには是非、子どもたちの雄姿をご覧いただき、エールを贈っていただきたいと思います。以上、報告でした。
関係者の皆さま、お疲れ様でした。

ページ移動