記事一覧

みんなで高める地域防災力

2019.07.27

アイコン

加須市議会 市民公開研修講座

昨日午後、上記研修会に参加するためパストラル加須に行って来ました。大気の不安定さもあってか、積乱雲が高く低く群れをなす典型的な夏空と青田を吹く風。加須の空は「広いなあ」とあたらめて感じた次第です。

さて、この市民公開講座は近隣市町議会にもお招きがあり、加須市民の方に混じって幸手市議会からも複数の議員が受講させていただきました。基本、自由参加です。昨年は議会改革をテーマに開催され、私は2回目の参加となります。いくつか皆さまと共有したいキーワードがありましたので、私なりのまとめですが備忘録も含め取り上げたいと思います。

【みんなで高める地域防災力】
講師 : 鍵屋 一
鶴見学園女子大学観光コミュニティー学部
(元 板橋区危機管理担当部長 ・ 板橋区議会事務局長)

❶被災者支援は100%を目指さない
・ 被災者支援は混乱がつきもの。スタートは30点から→最後は60点で終わればよし
・ただし、家具の下敷きにならない、水害では1階で亡くなる人が多いことへの対応、被災後のゴミ仮置き場や分別方法など事前に決めるべきことは決めておく。共助と公助の役割分担として、公助ができるのはリスクを科学的に把握する、避難所を指定する、避難勧告等を放送するところまで。安否確認、避難誘導、避難所等で支えあうのは共助の役割と心得て。
❷誰が逃げろと伝えたか? 誰が逃げるのを支援したか?
・内閣府調査では、双方とも一位は家族・同居者、二位は近所・友人、三位は福祉関係者⇒近所・友人と福祉関係者の支援力が強い。
・東日本大震災の死者の教訓 ⇒高齢者が約6割、障害者死亡率は2倍
⇒体力がない・地域とのつながりが弱い
❸なぜ、人は備えないのか? なぜ、行政・企業の災害対策の優先順位は低いのか?
・正常化の偏見「自分は大丈夫!」 ⇒自分にとって都合の悪い情報を無視したり過小評価してしまう人間の特性
❹高齢化が進むのに近所付き合いは減っている
❺町内会自治会活動への参加も低下
❻減り続ける自治体職員⇒公助にも限界…

結論
①これからの防災は?
・課題解決・損失を減らす防災から、「価値向上型」の防災へ
⇒日常から人間関係、近所関係を良好にし、排除される人がいない魅力ある地域を作る
⇒ 近助が強くなれば自助も公助も強くなる。⇒災害や危機にも強くなる

課題
①地域防災計画の策定
②要支援者情報の整備・活用⇒ケアプランに災害時対応を
・ケアプラン、障害者総合支援法の個別支援計画に災害対策を入れる
・災害関連死防ぐ対策を

さて、講師は秋田県男鹿市のご出身で、ナマハゲの伝統文化を例に、住んでいる地区の住民情報収集の大切さに言及。ナマハゲ👹というと、家々を廻って「悪い子イネガー」と子供たちを泣かせる怖い"鬼"を連想しますが、元は「怠け(なまけ)を剝ぐ(はぐ)」来訪神で、平時は五穀豊穣、家内安全を祈り、現在は、災害時に要支援者情報(ナマハゲ台帳)に基づいて避難を支援する災害ボランティアだそうです。
ナマハゲ(消防団員などが多い)は家々を廻って、「ここのばあは随分足腰が弱ったなあ」とか、「車椅子でどう避難させるか」など災害に対する弱者の存否を確認するほか、避難場所となる神社を日頃から使う、避難場所までの参道を整備する、確実な避難方法(同行避難)などに役立てるなど、地域防災力強化に非常に役立っていると。

また、安否確認においては、香日向地区で行っている「安否確認サイン(タオルなどを見えるところに表示する)」のように、安全な家を識別できることで逆に的確に救助の必要な家を確認することが奨励されました。このような実践で安否確認の初期段階はクリア。その次に求められているのが地域防災計画の策定と、要支援者情報の整備です。2013年6月の災害対策基本法改正で「避難行動要支援者名簿」作成が義務化されましたが、個人情報の扱い等、市区町村の独自の判断を尊重することとなっているなどまだ多くのハードルが残ります。少しずつ、初めから100%を目指すのではなく、少しずつ、みんなで考えていくことが必要ですね。

最後に、地方議会の役割にもお話がありました。災害時の議会・議員の使命は、まずは住民の命を守る(余力があれな財産も)。それには、市区町村当局と協同し、国、都道府県、防災関係機関、国民に働きかける。応急対策期議会・議員は、行政と心を合わせ、同じ方向性で、地域での支援活動、情報収集と対策本部への提供(ただし、窓口は議長など一元化)し、災害対策本部情報等の住民への提供、情報発信に務める。「言ったもの勝ち」を防ぐのも大切な使命ということでした。行政職員、議会事務局長としての経歴からも説得力あり。

議員の行動指針(案)として、
❶自らが被災しないように準備する。災害直後は落ち着いて安全の確保を。人命第一。
❷地域での支援活動を!
❸情報の収集と地域への提供を
❹個別の要請を避け地域の情報は議会に集約
❺地域と議会執行機関との橋渡しを。

上記、肝に銘じたいと思います。さて、まとめです。
まず、「地区防災計画」は自治会などを単位とする「共助の計画」であり、「一緒に助かるための計画」です。住民の状況に応じて見直しを図るなど柔軟性を大切にしながら策定を目指していく。また、「災害時行動等要支援者名簿」の整備は幸手市でも大きな課題ですが、講師の「ケアプランで対応」はわが意を得たり。今は、危機管理防災課が所管となっていますが、遅々として進んでいないのが現状です。なぜか。危機管理防災課では登録者の刻々と変わる生活環境変化を把握管理できないからです。私もこの観点から、ケアプランでの管理を担当課に進言してきました。これについては今後、国レベルで何らかの法整備がなされる可能性もありますが、市民の安全をいち早く守れるしくみづくりをさらに進言していきたいと思います。

♥災害は忘れた頃にやってくる、と言われますが、大災害は「忘れない頃にやってくる」と。歴史的周期からみれば、首都直下型地震はいつ地震がきてもおかしくないレベルだと。オリンピックに沸く2020年か、2025年か?今後は、様々なしくみづくりとともに、私たちも正常化の偏見「自分は大丈夫」という気分を排し、近所で助け合える環境づくりと、訓練等への積極的な参加を通して、地域の安全をみんなで役割分担しながら守ってまいりましょう❗️

期日前投票率

2019.07.24

アイコン

参院選期日前投票

先日の参院選の期日前投票の結果について確認しました。

期間 7/5〜7/20 16日間
期日前投票者数 6920人
総投票者数 20776人

総投票者数に対する期日前投票者数の割合は33.6%
当日有権者数43875人に対する割合は15.8% という結果でした。
私も今回は期日前に投票しました。期日前投票制度がなかったら約7000人の方が全て投票しなかったかというとそんなことはないかも知れませんが、投票率の向上に少なからず貢献している制度と言えますね。

さて、ネット選挙が解禁されて6年経ちますが、投票率は改善されておらず。今後はネット投票なども検討材料として総務省でもマイナンバーを使った投票の実証実験を始めているようです。今はまだ諸課題あり導入には及んでいませんが、「AKB総選挙などネット投票の技術は確立されているが、本物の選挙はハードルが高い」と専門家。

ネット投票の信頼性を向上させるにはもう少し時間がかかりそうですが、いずれはきっと。そうなると有権者と候補者の関係も大きく変化する?
良い変化を期待したいですね。

幸手市の結果

2019.07.22

アイコン

幸手市の開票結果について

さて、前号に引き続いて幸手市の投票結果について。先にもお話ししたように、昨夜は開票立会人は午後8時30分にアスカルに集合。8時の投票締め切り後、各投票所から鍵のかかった投票箱が次々運び込まれ、9時から開票が始まりました。開票は市の職員が選挙区と比例区の二手のテーブルに分かれて同時並行で作業が行われます。私は比例区の立会人でした。

県選出議員選挙は午後11時5分に確定。
当選人は、
古川俊治 6,295票 矢倉かつお 4,881票
くまがい裕人 3,264票 伊藤 岳 2,235票

比例代表選出議員選挙は午前2時5分に確定。
以下は総得票数と得票率、名簿登録者の得票数の抜粋です。(総得票率の多い順)
自由民主党 6878.256票 33.82% (名簿登録者の得票数 1412.256票)
公明党 3736.000票 18.37% (133.000票)
立憲民主党 3661.600票 18.00% (405.600票)
日本維新の会1469.000票 7.22% (144.000票)
国民民主党 920.000票 4.52% (272.000票)
れいわ新撰組 739.000票 3.63% (299.000票)
この後、NHKから国民を守る党、社会民主党、安楽死制度を考える会、幸福実現党、オリーブの木、労働の解放を目指す労働者党と続きます。詳しくは市選管HPでご確認下さい。
有効投票数20338票、無効投票438票、投票総数20776票。白票が400票ほどありました。投票に行かなかった方もさる事ながら、投票場にまで足を運びながら白票が投じられることも政治の重い課題です。

最後に、気になる投票所別投票率ベスト5は、
❶コミセン会場 66.70%
❷中央公民館会場 51.10%
❸幸手小会場 48.62%
❹北公民館会場 48.11%
❺八代小会場 47.11%
でした。市全体の投票率は47.33%。コミセン会場はいつもながらダントツです。期日前投票については情報がありませんが後日情報収集したいと思います。

さて、政治にどんな思いを託すかは皆さまそれぞれかと思いますが、今年は幸手市は選挙イヤー。この後も県知事選、市長選と続きます。私たちの生命と財産を守り、現在から将来を見越した安心生活を守るのが政治です。皆さまにはこれからも身近な政治に関心を持ち続けていただきますようよろしくお願いいたします。

参院選2019選開票結果

2019.07.22

アイコン

投票から一夜明けて

遅ようございます。今朝は午前2時まで開票立会人としてアスカルにいました。残務を終えて家に戻ったのが午前3時。少しボーっとした頭でこのブログをまとめていますが、もうこんな時間に。開票立会いの間は選挙速番などとは隔離されていましたので、手元の情報以外、よく分からない状態です。すでにテレビや新聞、市のHP、ネットからいろいろな情報をGETされている方もおられるでしょうから、新しくない情報となりましたらお許しを。

まず、この選挙の総括として、以下、ネット情報を要約したいと思います。

今回の改選数は公職選挙法改正により、選挙区で1、比例で2増え、選挙区の定数は245議席に。このうち、この度の選挙では選挙区215人、比例155人の計370人が立候補し、124議席(選挙区74議席、比例50議席)が争われました。
結果は、自民57(-9)、公14(+3)、立憲17(+8)、国民6(-2)、共産7(-1)、維新10(+3)、社民1、諸派3(+1)、無所属9(+5)。
自民は改選66議席に届かなかったものの選挙区38、比例代表19の計57議席を獲得。公明は7選挙区に擁立した候補者全員が当選し、比例と合わせ過去最多だった前回の14議席に並んだ。全国32の改選数1の「1人区」では立憲、国民、共産、社民の4野党が立候補者を一本化。結果は自民の22勝10敗で3年前の21勝をわずかに上回った。
立憲は選挙区9、比例8を確保。国民は選挙区3、比例3の計6議席に留まり明暗が分かれた。共産は選挙区3、比例4で改選議席を1減らした。一方、維新は初めて東京、神奈川で勝利するなど、選挙区で5議席を獲得。比例でも5議席を積み上げ、改選7を上回った。社民は比例で1議席を死守、得票数2%による政党要件も維持し、吉田元党首が国政復帰を果たした。一方、山本太郎氏が率いるれいわ新選組は比例で2議席を獲得。NHKから国民を守る党も1議席を得て、ともに政党要件を満たした。と、このような状況です。

と、ここまで書いてお昼のテレビをつけてみましたが、ワイドショーはトップニュースが吉本騒動で少しがっかり。

続いて埼玉県の状況です。公選法改正で改選数が1増の4となった埼玉選挙区は、自民党現職の古川俊治氏がトップで3選を果たし、自民から推薦を受けた公明党現職の矢倉克夫氏も再選を決め、自公で2議席を維持。野党は参院選初挑戦の立憲民主党新人の熊谷裕人氏と共産党新人の伊藤岳氏がそれぞれ初当選。投票率は前回より5.45ポイント低下し46.49%という状況です。

次に幸手市についてですが、少々長くなってきましたので、幸手市の結果は次号で。

参議院選挙

2019.07.20

アイコン

いよいよ明日は投票日

7月15日に私の地域活動であるボランティアサークルが主催するイベントがありバタバタしていました。また、その後もいろいろあってブログの更新が滞ってしまいましたが、今回は7月4日から始まった参議院選挙について少し取り上げたいと思います。

すでに期日前投票も始まっており、「もう投票したよ」という方も多いかも知れませんね。期日前投票は21日に用事で投票できない方が対象ですから、期日前に投票を済ませたかどうかは全く問題ではありませんが、その数字にピリピリしているのは候補者陣営です。先日、ある候補者の会合で「期日前投票の中間状況」についてという資料が配られましたのでそれについて。

今回の参議院選挙は、公示日7月4日、投票日7月21日。期日前投票は7月5日から20日まで。幸手市では、7月5日から市役所会場(午前8時30分〜午後8時)が、18日からマルエツ上高野店(正午〜午後6時)、幸手駅東西自由通路(午後2時〜午後8時)に投票所を開設しています。

さて、今回取り上げるのは7月15日発表の埼玉県の期日前投票者数です。といっても、全国でも期日前投票者数は前回平成28年の参議院選挙で15,978,516人ですから、総有権者数に占める期日前投票者数は、意外にも、そんなに多いということではなさそうです。
今回の中間時点である去る7日現在、期日前投票をしたのは全国では6,309,589人。埼玉県全体では296,569人となっており、これは平成28年の参院選の同時期と比較して低い傾向で、選挙対策本部のピリピリ感はここにあり。

因みに、埼玉県下の市で選挙人名簿及び在外選挙人名簿登録者数に占める期日前投票者数の割合が7日現在で一番多いのは久喜市です。7.39%。一番低いのは深谷市で2.10%でした。選挙人登録人が共に10万人を超える両市の割合を実数に置き換えると、久喜市では9千人を超える方が投票を済ませ、方や深谷市は2500人超です。結構大きな差ですね。
埼玉県で一番大きな市であるさいたま市はどうか。有権者数に対して割合では5.10%の方が投票を済ませていますが、その数55,393人。幸手市の総人口より多い方が期日前に投票。

幸手市はどうか。登録者数44,133人に対し、5.44%、2,401人が投票をすませています。続々投票に行ってそうなイメージからすると少ない感じですが「何だ、それくらいか」とおっしゃるなかれ。少なくとも21日投票だけでは行けなかったかも知れない方を含め2400人が投票されたのです。前回が2,639人でした。今回は投票所を3カ所に増やしたこともあり、もう少し伸びるのではないかと予測します。今日も3つの投票所が開きますから、お出かけの際は選挙人登録票の帯同をお忘れなく。明日、ご用があるという方は是非、今日中に投票を。

それにしても、参議院選挙は全県1区ですから候補者の活動がどうしても広く薄くなるのは否めません。新たに有権者となった若者だけではなく、名前は看板で見るしかなく、本人の姿を見ることも演説を聞く機会もないまま投票するというのもいかがかという気もしますが、然りとて棄権はしていただきたくないですね。選挙は民主主義の根幹です。探せば情報源もいろいろあり。投票本番は21日午後8時までです。 私はすでに投票を済ませました。当日は投票が締め切られた後、アスカルでの開票に立ち会うことになっています。
ついでながら。埼玉県市区の中で一番有権者数が少ないのは幸手市です。埼玉県で一番最後に市になった白岡市が44,343人。有権者数は少なくても投票率では上位を目指しましょう。
明日の投票日までに1人でも多くの方が投票してくださることを期待いたします。

ページ移動