記事一覧

ついにPCが

2018.11.10

アイコン

前々から調子の悪かったPCがついにダウン!?

いつも愛用のPCがついに立ち上がらなくなってしまいました。

いろいろなデータやシステムをてんこ盛りに詰め込んで使っていたのですが。本当に弱っています。辛うじてこのブログはiPadで対応出来るようにしていたので、発信可能で助かりました。しかし、本体のPCが使えない不便さは絶大です。そして、多くのデータを喪う事態に顔面蒼白状態です。何かとご迷惑等おかけすることもあると思います。よろしくご高配願います。

市への要望「すべては皆さまの幸せのために」

2018.11.07

アイコン

来年度予算編成にあたり会派で要望提出予定

 9月議会で昨年度決算が終わり、今は来年度予算に向けた予算編成が行われている真っ最中です。会派先進は、毎年この時期に市に対して来年度に向けた「予算要望」を提出しています。今年も提出したいと思っています。

 さて、幸手市の一番の課題は何か。皆さんならなんとお答えにあるでしょう。私は「人口減少」と「高齢化対策」は絶対だと思います。「選ばれる自治体」という言葉は新しい人の流入に期待する言葉ですが、今、住んでいる方々が幸せに暮らせる対策無くして「選ばれ続ける自治体」であり得ない。そう思っています。

 先日、幸手市在住の方からメールをいただきました。
「今までは年寄り優遇の時代が続きましたが、これからの時代は年寄りにとりましては冬の時代に入ってしまうのではないでしょうか。金も不足、働く人も不足の時代に突入してしまったのですから、年寄りも考え方を変えなければなりません。・・・私の頭を過ぎるには年寄りはもっと謙虚にならなければ、ということです。・・・幸手の財政は苦しく市の借金は増えるばかりです。年寄りの高望みもそろそろ終焉の時代に入ってきました。また4年後から段階の世代が後期高齢層に参入してきますので高齢化はますます拍車がかかって参ります。高齢者は増え、若者は減って行くのですから、この面でも年寄りは得手勝手なことばかり言えなくなってきました。・・・」

 「高齢者は勝手は言えない」とのお言葉。今の日本の繁栄を築いて来られた皆さまにこのような思いをさせていることに胸が痛みました。多くの方にとって思いもよらない厳しい社会が到来していることを改めて真正面から再確認した思いです。では、その厳しさをどうすれば和らげることができるのか。

 幸手市も今後、近隣の先陣を切って後期高齢者の方が増えていきます。人口も大きく減少します。このような苦境こそ、住民の方にこのような思いをさせないために、行政や執行、議会が一丸となって、できる限りの最適解を求めて頑張るときなのです。

 私も老親を郷里に一人置いておりますが、これができるのも地域にそのような遠距離介護を可能とする仕組みがあるからこそで、もちろん、肉親としてできることはしていますが、そのような私の事情から感じることは、幸手市もしくは私が住む地域でも子どもたちが出ていくことを止めることはできませんが、せめて、「息子や娘に頼らなくても地域で暮らせる」期間を延ばすこと。そんな環境をできるだけ多くの方が享受していただけるしくみづくりが大切ではないかということです。

 ご高齢者の皆さまにも、できることはあります。まずはできるだけ外に出て多くの方と交流してください。「一人暮らしで人付き合いが少なく社会的に孤立した高齢者は、そうでない人に比べ、介護が必要な状態になったり死亡したりするリスクが1.7倍高い」との調査結果(筑波大などの研究チーム)もあるようです。

 来年度予算編成に向けた「要望」では上記のようなことを踏まえた提言等をまとめたいと思っています。

 先のブログにも書きましたが、ここ数日の様々なイベント等でお会いした方々からも、いろいろなご示唆やご意見もお聞きいたしました。議員が基本とすべきは「持論・自論」ではなく、多くの市民の皆さまの声を背景とした「時論」です。

 すべては皆さまの幸せのために。財政的にも厳しさは増していますが、こういう時こそ知恵と工夫で。これこそ私の使命と心得ます。

文化の秋 

2018.11.05

アイコン

深まる秋に

 食欲の秋、スポーツの秋、文化・芸術の秋…、秋はいろいろな楽しみがたくさんありますね。幸手市でもいろいろな行事が目白押しです。ここ数日の行事をいくつか振り返りながらご紹介いたします。

①香日向「ゆうゆうの集い」
ファイル 1124-1.jpg 先日、10月28日に開催。「敬老会」若しくは「高齢者の集い」の香日向バージョンというべきイベントです。当日はいろいろな催し物でランチタイムを楽しみました。写真はさくら高校演劇部による「ちんどんパフォーマンス」の様子です。

②幸手市消防点検
ファイル 1124-2.jpg 毎年恒例の行事です。幸手市の消防(消防団8団・埼玉東部消防組合)関係者が一堂に会し、機会器具や服装等の点検を実施。今年は加須に配備されている消防隊水難レスキューより、「水陸両用車」がお披露目に。
ファイル 1124-3.jpg

③幸手市文化祭
ファイル 1124-4.jpg 昨日までアスカル幸手で作品展示や活動発表が繰り広げられていました。幸手市の文化祭は見応えたっぷり。数々の力作が展示され、会場をぐるりと回ると2時間はかかるくらいたくさんの作品が展示されます。また、活動発表は、夕方6時を過ぎても続くほどたくさんの団体の参加があります。私もいろいろ鑑賞させていただいているうちに夕方になってしまいました。秋の夕暮の一枚。以前にもお伝えしましたが、これから幸手市は夕日がきれいな季節を迎えますよ。あなたのお気に入りのスポットを是非、見つけてください。
ファイル 1124-5.jpg

④健康福祉まつり
 昨日、ウェルス幸手で開催されました。文化祭と同日開催で、駐車場確保などの困難もあるのですが、しかし、市内のボランティア団体などのご協力で、会場狭しと催し物があり、また、多くの住民の方にご参加いただき盛況でした。

 このほかにもたくさんの行事やイベントあり、今日お知らせしたのはほんの一部です。私も、来賓でお邪魔したり、サークルのメンバーとして参加したり。ここ数日、てんやわんやしていました。このような催しでは、普段なかなかお会いできなかったりする方と思わずお会いできることも楽しみの1つですね。

 さて、晩秋のイベントはまだまだ続く。18日は市民まつりです。また、香日向では同日午後3時から「第1回 香日向寄席」も開催されます。真打による落語2席が予定されています。さらに、23日には幸手市還暦式、12月には子育て応援まつりと盛りだくさん。11月17日の「幸手市議会報告会」もお忘れなく。

 深まる秋のひととき。いろいろな行事をチェックしてお楽しみください。

お知らせ 幸手市議会議会報告会

2018.10.30

アイコン

昨年に引き続き 議会報告会開催

 昨年、一昨年と開催してきた幸手市議会報告会。今年も下記の要領にて開催予定です。

 【第3回 議会報告会】

 日時:11月17日(日)午後2時~4時
 場所:幸手市役所第1会議室
 内容:議会報告(9月議会関係)、公聴会

 幸手市議会では、9月議会で審議した平成29年度決算を中心に「議会報告会」を行い、その後、参加者の皆さまから市政に対するご意見等を伺う「公聴会」も開催いたします。どなたでも参加できますので、ぜひ、お誘い合わせの上ご来場くださいますようお願い申し上げます。

ペア仲間に全責任

2018.10.30

アイコン

東京高裁判決 バドミントン負傷で1300万円賠償命令

 28日の読売新聞より

 バドミントンでダブルスを組んだ味方のラケットが目にあたって大けがをしたとして、東京都内の女性ペアがペアの女性に損害賠償を求めた訴訟で、東京高裁(八木一洋裁判長)は先月、ペアの女性の全責任を認めて約1300万円の支払いを命じる判決を言い渡した。スポーツ中の事故を巡ってチームメートに全ての責任があるとした市報判決が異例だ。という記事。

 専門家は「スポーツに対する意識の高まりから、プレーの安全性を重視し、加害者に厳しい司法判断が出る傾向になりつつある」と指摘。「スポーツの活動を委縮させないためにも、試合の主催者や競技者は損害保険などを活用し、リスクに備えるべきだ」と話しているというのですが。

 この賠償金がどのように支払われるのかは書いていません。スポーツ保険の賠償の範疇なのか。いずれにせよ、この事故は趣味の仲間ら4人でプレーしている最中の出来事ということで、仲間と楽しんでスポーツをしている方が多い昨今、他人事とは言えない問題と思われます。
 けがや事故は突然起きることがほとんどですから、「気を付けて」と言うこと自体まやかしのようでもありますが、しかし、気を付けたほうがいいのは明らかです。

 スポーツの秋本番。スポーツ愛好家の皆さまにはくれぐれもお気をつけて活動されますよう。

 

ページ移動