記事一覧

発熱外来PCRセンター

2020.05.28

アイコン

医師会による発熱外来PCRセンターの設置について(お知らせ)

昨日、以下、市から情報提供がありました。

「5月26日に北葛北部医師会(幸手市及び杉戸町)と南埼玉郡市医師会(久喜市、蓮田市、白岡市及び宮代町)が共同で標記の機関を設置したことを確認しましたのでお知らせします。
市といたしましても、できる限り支援を行う所存でありますので、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためにも、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
なお、設置場所等の詳細については、混乱を来すことのないよう留意する必要があることから、一般への公表はしないとされておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。令和2年5月27日 -担当 健康増進課-」

このPCRセンターは、保健所ではなく、医師会設置の「発熱外来PCRセンター」で、埼玉県が設置を推進してきた県内20ヶ所のセンターの1つです。両医師会地域の病院や医院、診療所、クリニックなどを受診した患者さんに対して、医師が「必要」と判断した場合に検査が指示されます。基本的には患者さん自ら指定場所に出向くことになるようで、医師会の先生方による運営となります。場所はいずれ、指示された患者さんから漏れ伝わることになるかとは思いますが、今は上記以上の情報はありません。少なくとも、一般に、検査を受けたい方が受けられるものではなく、お医者さんが必要と判断された場合に限られるようですのでよろしくお願いします。

乞う市内消費

2020.05.27

アイコン

市内の頑張るお店応援よろしくお願いします

日本中が輝く百花繚乱の4月、5月を楽しむことなく時は過ぎ、関東甲信は6月8日ごろ梅雨入り🐸☔️との気象庁予報。今日は昼間、暑かったですね。緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだマスクははずせません。夏場のマスク😷は熱中症🥵の危険あり。体調管理に気をつけて無理のないようお過ごし下さい。

暑くなってくると毎日の食事の準備も大変です。暑くて食欲減退という日も、お料理したくない日もありますよね。幸手市では今後、商工会が中心となって市内飲食店のテイクアウトやデリバリーの応援キャンペーンが始まります。私も経済対策の一つとして市に応援事業の推進を求めて来ました。今はキャンペーンに参加するお店を募集中。

たまにはテイクアウトやデリバリーで気分転換して見ませんか?おウチご飯大好きという方も、あまり外食しないという方も多いかもしれませんが、是非ともこの機会に市内のお気に入りのお店🍜🍱🍛🥗🥟🍕🍝🍞🥪を見つけて是非、ご利用を。お蕎麦屋さんやパン屋さん、お豆腐屋さんも多いですよ。夜は冷奴で手間入らずというのもいいですね。少しお値段は高めですがうなぎ屋さんも複数店舗あり。

市内いろいろな飲食店も全国同様、コロナ外出自粛に大きな影響を受けています。市内景気も大打撃です。皆さまには飲食店のみならず、市内のお店のご利用、頑張るお店応援、よろしくお願いします。

緊急事態宣言解除後の市の対応

2020.05.26

アイコン

本日16時の防災無線

こちらは、防災幸手です。
幸手市長の木村純夫です。
全国に出されていました緊急事態宣言が
解除されました。
市民の皆様のご協力に、深く感謝いたします。
今後におきましても
密閉・密集・密接を避けるとともに、
手洗いやマスクの着用などを徹底し
感染防止に努めてください。
こちらは、防災幸手です。

やっと長いトンネルを抜けました。防災無線の通り、まだまだ、油断は大敵です。気をつけて日常を取り戻して参りましょう。先程、市から以下の連絡がありましたのでお知らせいたします。

【幸手市における新型コロナウイルス対策措置の解除について】
令和2年5月25日の国の緊急事態宣言の解除を受け、本日、幸手市コロナウイルス対策本部会議において、下記のとおり決定しましたのでご報告いたします。

1 市主催(共催含む)イベント等の中止及び延期措置の解除期間を令和2年5月31日(日)までとし、6月1日(月)より原則実施します。ただし、実施に際しては感染防止対策を必ず講ずるものとします。なお、イベント等の規模及び内容によっては感染リスクを考慮し、別途中止する場合もあります。

2 公共施設の休館措置等の解除
屋内公共施設の休館措置及び屋外公共施設の利用中止の措置の期間を令和2年5月31日(日)までとし、感染防止対策が整った施設から、順次、利用を再開します。 各施設の開館状況等については、市ホームページにてお知らせします。

3 公立幼稚園及び市立小・中学校の休業措置の解除
公立幼稚園および市立小・中学校については、6月1日(月)から再開します。
このことにより、学校を段階的に再開し、各校が、国や県の示した「学校の再開にむけたガイドライン」等を参考にし、感染予防対策を十分に講じたうえで、教育活動を進めます。
また、6月1日(月)からの一週間は、半日の短縮授業を行います。給食については、6月8日(月)から再開する予定です。
社会教育団体に向けた学校開放については、6月1日(月)以降も当面の間、中止します。再開の期日が決まりましたら、別途お知らせします。

4 幸手市新型コロナウイルス対策本部について
緊急事態宣言下での「新型コロナウイルス対策本部」は解散とする。ただし、今後も市の組織として「新型コロナウイルス対策会議」を設け、引き続き市としての対応は継続していくこととします。(対策会議の担当課は危機管理防災課)

♥これによって、市議会の「新型コロナ感染症対策支援本部」も解散となります。

消防西分署問題

2020.05.26

アイコン

幸手消防西分署に関する市長報告

先日18日の議員全員協議会は、市長から西分署の存続協議の現状報告がありました。遅れ馳せながら皆さまにお知らせいたします。

【18日の市長報告】-趣旨要約-
❶これまでの経緯
東部消防組合は人口45万人の身体・生命、財産を守ることを目的にH24年近隣4市2町が調印、協定書で運営を計画。その後、H30.7.25、正副管理者会議で合理化案(4署所廃止を含む)の協議を開始。今日に至っている。
❷現在
H31年から合意を得たことから順次合理化案を予算に反映。西分署存続は私の公約。廃止は受け入れられない。市民の安心安全のために、市民の期待に応えなければならないと考えた。幸手市は組合の中で広域化のメリットの最大化を目指す。そのため、今年2月の正副管理者会議で「前に進む合理化協議」を求め、以下、3点を要望、確認した。
①幸手市の現状維持
②組合の合理化考慮した一歩前進した議論
③組合の全体像に照らし、根拠を把握した合理化案の協議推進

そして過日5月14日、正副管理者会議で「西救急ステーション化案」が提案され管理者からコメントを求められる。「幸手西分署存続の声は大きい。市民の声に耳を傾けつつ、適切に対応したい。議会へ報告し、考えをまとめたい」として案を持ち帰り。本日の報告に至る。

凡そこのような説明でした。私は請願の紹介議員として、理ある民意が市長を後押ししたと考えます。具体案の説明後、議員にも発言の機会あり。私は「市民請願の本意に鑑み、結果に100%満足ではない。が、廃止案の俎上にあった西分署について管理者間協議で改めて、署所存続自体を合意に導き、市民の最大の不安である救急体制の維持を実現させた木村市長の尽力を評価。私は7115名の民意が今回の結果を下支えしたと考える。加えて市長には、今後もさらに可能な限り市民のための交渉を継続いただくようお願いしたい」旨発言。議員間の温度差や意見の不一致さも見受けられましたが、今はまだいろいろな議論はあって当然です。

【その後の動き】
請願代表・後援者によると、市議会決議が組合に届けられた後もさらに署名活動を続け、去る5月20日、組合に対して、当初からの計画通り市内区長・在職者等63名の署名こをもって、市議会請願よりより広域化の視点を加えた要望を提出したとのこと。今日、住民にも自治会回覧でその報告がありました。コロナ緊急事態宣言等もあり、第二弾の署名取りまとめにはご苦労があったとの後日談も聞いています。地域の生活環境の維持向上に最後までご尽力されていること、本当にお疲れ様です。
報告に掲載された"組合議会傍聴記"を見ると、西分署の地盤沈下や訓練塔の利用不能などを問題とする、存続を否定するともとれるような質問もありその本意を察しかねるところですが、これには「全く支障ない」との組合答弁。安堵です。

【今後について】
今後の交渉を見て市長から然るべき時期に然るべき方法で住民の皆さまへの説明がなされることになるでしょう(コロナ三密回避等もあり方法はまだ未定です)。市議会議員としては、目標を持って頑張っている市長を支援するしか出来ませんが、市長には、唯一幸手市の交渉窓口として、組合全体を俯瞰し、幸手市民の安全安心確保に、今後もさらによりよい結果を得るべく最後まで粘り強く頑張っていただきたいと思います。

♥私たち幸手市民は東部消防組合の組合員です。組合は私たちの手の届かない行政ではありません。最後まで最善を尽くす。それあるのみです。
♥♥紹介議員として、請願代表からの住民報告に先んじてのお知らせを控えておりました。ご報告が遅くなりましたがご理解のほどお願いいたします。

明日、いよいよ解除か

2020.05.24

アイコン

緊急事態宣言 解除の見通し

政府は東京など首都圏の一都3県と北海道で継続している緊急事態宣言を解除する方針を固め、明日、諮問委員会に図るとしています。これにより4月7日から出されていた宣言は全面的に解除となる見通しです。政府の判断基準として、人口100,000人あたりの感染者数が直近1週間で0.5人程度以下などの条件はありますが、現在のところ数字の上では埼玉県はクリア。

最近は感染しても療養して退院する人の数も増えています。しかし、一方で、亡くなってから感染が判明するケースなどの報道もあり。油断は禁物です。宣言解除は日常を取り戻していくスタートに過ぎず。これからまだ長い闘いは続きます。これまで同様、感染防止を怠ることなく、急がす、少しずつ日常を取り戻して行きましょう。明日の判断を見守って参りましょう。

明日は6月議会の議案が配布されます。コロナ対策に関する補正予算をはじめ、恐らく、長らく空席となっていた副市長人事に関する議案も提出されるものと思われます。市は、台風19号、新型コロナ対策と立て続けの危機に、副市長不在のまま必死に対応しています。しかし、必要だから置くことが定められている役職がいつまでも空席で良いわけはありません。これまでのいろいろを考えると、私は早く決めなければならない6月議会の大事な議案だと思っています。

最後に改めて申し上げます。緊急事態宣言の解除があったとしても危険が去ったわけではありません。皆さまには、体調に不調を感じたら、お身内やかかりつけのお医者さま、公的機関などに必ずご連絡を。冷たい言い方ですが、仮に体調不調な方には即、接触するのではなく、対処の方法を公的機関やお医者さまなどの指示を仰いで下さい。連絡先などは見やすいところに置いて。早め早めの対処を心がけましょう。みんなで大切な命を守って行きましょう。

♥併せて。臨時特別給付金の申請書は届きましたか?書類の記入もれ、誤記入などないよう、よく確認してお出し下さい。基本、郵送。窓口では受け付けませんのでよろしくお願いいたします。

ページ移動