記事一覧

いよいよ12月議会開会

2019.11.29

アイコン

本日、市長所信表明 予定

おはようございます。すでにご案内の通り、本日は12月議会初日、開会日です。木村市長になって初めての議会であり、開会時には市長の所信表明が予定されています。開会は10時から。本会議場です。インターネット中継もあります。ご用とお急ぎのない方は是非、傍聴にお越しください。

どのような所信が語られるのか。私も楽しみにしていますが、皆さまにもご関心をお寄せ下さいますようよろしくお願いいたします。また、木村市長には是非とも、所信について市のHP「市長の部屋」に掲載していただきたいものです。

多くの皆さまと認識を共有すること。これこそ自治の一丁目一番地。本当に大切なことだと思います。厳しい財政状況だからこそ、知恵を出し合って「共感」「共汗」のまちづくりを進めていかなければなりません。

12月議会一般質問要旨

2019.11.25

アイコン

令和元年第4回市議会定例会 市政に対する一般質問通告

前号でお知らせしていました12月議会一般質問の要旨についてご報告いたします。受付番号3番ということで、登壇は12月2日の午後になるのではないかと予想しています。

【松田まさよ12月議会一般質問要旨】
1.市長公約について
2.台風19号対応の反省と課題について
3.令和元年度幸手市敬老会の開催状況について

1.については、私は先の選挙で新市長が公約とされたことの多くに賛同するものですが、改めて、新市長の考えを確認し、共有しておきたいと思っています。中でも、学力向上、職員の人財育成、交通問題(デマンドや移動手段の再考など)、消防西分署存続、西地区都市計画道路網(杉戸・幸手・栗橋線)整備、地域経済の活性化、介護施設整備について、その課題認識をお聞きするつもりです。

2.については、台風19号での市の災害想定に問題はなかったか。仮に、災害想定が内水から外水(洪水)に切り替わった場合に、本部体制は機能したのかを中心に、このブログでもお伝えしていた、避難場所での経験や市議会報告会公聴会でのご意見、そのほか、いろいろお聞きしている皆さまのご意見などを踏まえ質問をしたいと思っています。また、災害時の協定の実効性も確認したいと思っています。災害対応はルールの取り決めがあったか、否か。ルールに則ってやったかやっていないかしかありません。私たち住民の安全安心の基盤の再構築の一助となるよう頑張りたいと思います。

3.については、今年度の敬老会は、これまでの祝金の対象者全員への市内商品券配達方式から、イベント参加型にシフト。このイベント化には、「みんなで祝う」が事業目的とされていますが、公金を使ってどうすることが「みんなで祝う」ことになるのか。皆さまはどうお考えでしょうか。とにかく、今の幸手市は厳しい財政のもと、一粒で何度も美味しい、すなわち、一つの事業でどれだけの地域課題の解消ができるか。常に縮小ではなく、必要なことにいかに予算をつけるか。そんな考え方を形にして行くことが求められています。

結果として、対象者の半数以下の参加者しか集まらなかったとの経過に疑義を感じる市民の方も多く、かつ、地域経済への影響も少なくないことから、来年に向け、事業のあり方の点検を提言したいと思っています。

以上、簡単にではありますが、質問の要旨をお伝えしておきたいと思います。質問の組み立てはこれからです。

 ♥市長が代わって初めての議会です。公約や台風19号、災害対策関連については複数の議員が質問を出しています。皆さまにも是非、ご関心をお寄せ下さいますようよろしくお願いします。

12月議会日程

2019.11.24

アイコン

令和元年第4回定例会の日程(案)

秋の盛りだくさんな行事もひと段落。いよいよ来週29日から12月議会が始まります。日程(案)が決まりましたのでお知らせいたします。

【令和元年第4回幸手市議会定例会】会期日程(案)

11月29日(金) 開会
12月2〜4日(月・火・水) 一般質問
12月10日(火) 議案に対する質疑
12月11日(水) 総務常任委員会
12月12日(木) 文教厚生常任委員会
12月13日(金) 建設経済常任委員会
12月19日(木) 採決・閉会

※すべての日程 10時から
※委員会は委員会室にて

委員会以外の一般質問などは本会議場で行われます。インターネット中継も行われます。本会議、委員会とも傍聴可能です。新市長になって初めての議会です。職員処分や台風19号の不手際などもあり、多難な船出となりましたが、新年度の予算編成が佳境に入るこの時期、一般質問も各議員盛りだくさんです。是非、ご関心をお寄せ下さいますようお願いいたします。

♥今日は一先ず日程をお知らせいたしました。;次の号で私の一般質問の内容を掲載する予定です。

市議会報告会ご参加御礼

2019.11.21

アイコン

先日の市議会報告会のご報告です

去る17日の市議会報告会のご報告が遅くなりました。当日は夕刻のお忙しい時間での開催でしたが、22名のご参加をいただきました。中には私のこのブログを見てご参加くださったという方もあり嬉しい限りです。ご来場下さった皆さまにはありがとうございました。お越しにならなかった皆さまには、市民5万人の中のたったの22名とおっしゃるなかれ。公聴会では4つのグループに分かれて意見交換を行いましたが、"十人十色"の倍を超える皆さまからは、今の幸手市民の縮図として同じ問題意識意での問題提起もあり、また、多様な視点でのご意見もいただきました。ご参加下さった皆さまにも逆に、市議会を身近に感じていただける機会となっていればありがたいです。

さて、報告会は各常任委員会委員長から12月議会の報告をいたしました。私も建設経済常任委員長として、次の公聴会に少しでも市政や議会のことに予備的知識を持っていただけるよう務めたつもりですがいかがだったでしょうか。そして、公聴会のグループディスカッション。

どのグループも関心が高かったのはやはり先般の台風19号の諸問題です。私のグループでも災害避難や防災教育などに活発な意見がありました。市の対応にいろいろな問題点が指摘されたほか、今後は、5万人が全て避難できるような避難場所のあり方として「広域避難」「垂直避難」を考えるべきという意見、防災教育として「自分の身は自分で守る」という意識づくりが重要などの意見が。また、災害で出動する現場職員の緊急時の退去の仕組み化なども災害対応に組入れるべきではとのご提言もありました。
このほか、まちづくりには歴史の理解が肝要、圏央道側道の久喜市への延伸、中心市街地の活性化などにも活発なご意見をいただきました。公共施設の老朽化と今後の管理に関しては、これから人口減少社会を迎え、上手な縮小は私たちの世代が責任をもって進めるべきとのご意見も。そのためには、自治体の会計にも減価償却の考え方を取り入れるべきだと。

まちづくりの主人公は市民の皆さまです。税金の使われ方にできるだけ多くの市民の思いや考えが反映されてこその住民自治です。幸手市議会はこれまでも議会改革を行ってきました。本会議のインターネット中継や、一般質問の一問一答などに取り組んできたことを評価して下さるご意見もあり心強く感じました。

私も、市民の皆さまが自分のこれまでの主張と同じ観点をお持ちであることを改めて確認したり、新しい視座をいただけたこともたくさんありました。私も、12月議会では、今回お聞きした皆さまの声を意識して活動していきたいと思っています。

♥以上、簡単なまとめで恐縮ですが報告とさせていただきます。この報告会は開かれた議会の一貫として、来年度以降も続けられる予定です。次回は是非、皆さまの日頃のご関心ごと、いろいろなご意見をお話しにお越し下さい。また、微力ながら、このブログでも引き続き情報をお伝えしてまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

改めまして 市議会主催議会報告会のご案内

2019.11.16
明日の幸手市議会 第4回議会報告会に万障お繰り合わせてご来場を

先日もお知らせを申し上げましたが、幸手市議会では、平成27年に議会基本条例を策定。その後、28年から毎年、市議会が主催する議会報告会を開催して来ました。今年も明日11月17日(日)、下記の内容にて4回目となる報告会を開催いたします。改めまして、是非ご来場のほどよろしくお願いいたします。

【第4回 議会報告会】
日時 : 令和元年11月17日(日) 午後4時〜6時
場所 : 幸手市役所第1会議室
内容 : 議会報告(9月議会関係) /公聴会

ページ移動