記事一覧

行政の分限懲戒処分

2019.09.27

アイコン

一般質問で求めていた広島事件 市行政の総括

市長の広島逮捕がお盆前に発生。速やかな市長退任を得たことで議会は通常予定通りの開催となり、22日には「市政に対する一般質問書」を慌ただしく提出。私は1項目目に平和記念式典派遣事業を取り上げました。質疑応答の中で、処分を含め行政も反省すべきは反省し、必要な処分をし、また、事業のあり方を見直して来年度の事業継承に繋げて欲しい旨要望し、職務代理者(副市長)から議会最終日までに分限懲戒委員会で処分を決定し報告するとの答弁があったことはすでにご案内の通りです。

昨日の議会開会前、その結果が公表されました。9月25日に委員会を開催。関係職員には厳しいことですが、処分が決まりました。処分執行は選挙後新市長の"初仕事"となるようです。この事件の終わり方として、象徴的ですね。私は、職員には良くなかったことは真摯に反省し、処分を受け止め、新たな気持ちで市民のための仕事に邁進して欲しいと思います。

【懲戒処分の内容】
❶前市長に同行していた職員
・秘書課長…減給 1/10 3ヶ月
・人権推進課職員…勧告

❷決済者
・人権推進課長…訓告(口頭注意)
・総務部長…訓告(口頭注意)

この処分を厳しいとするか甘いとするか。判断はいろいろかと思いますが、私は妥当と思います。末端の現場職員だけではなく、決裁者にも処分が決定されたことは評価するものです。

改めて。組織や個人を守るには厳しさが必要です。今回、私が処分を要求しましたが、これは本来なら市長に近い議員団が行うべきことです。それが支え手の現市政に対する愛情と使命です。必要なことも言えないから裸の王様を産む。

ダメな根を断ち切る。この厳しさのない組織は人も組織も守れない。最後は市民が犠牲です。ダメな根に気付かず、さらに甘い汁を吸わせれば根は必ず腐り、本体を腐食させるのです。やらねばならないことを適格者が的確に判断するまちは、行き先はいろいろあっても自浄作用が機能するまちと言っても過言ではないと思いますがいかがでしょう。

いつ、いかなる時も臆さず言うべきは言う。これは私のモットーです。いい人じゃいられない。当然敵も多いしいやがられもしますよ。でもそれも覚悟の上。そんな人は必要。いろいろ覚悟の言論活動です。

チラシ探索願います

2019.09.27

アイコン

市長選挙公示を明後日に控え

新聞の折り込みやポスティングなどで連日、過去に例を見ない頻度でいろいろな政治的チラシを目にすることが多くなっています。市民の皆さまにいかに広くお知らせが出来るか。公職選挙法では様々な規制を定めて、選挙の公平性とお金のかからない選挙が目指されていますが、これからますますチラシ合戦はヒートアップすることになるでしょう。

選挙の度に、多額の資金が必要となれば立候補できる人は限られます。私たち市議会レベルでもまちの大小によりますが、チラシ作成・配布は多大な労力と少なからぬ費用が発生します。これが市長選挙、県会議員選挙、国会議員選挙となればさらに大変です。

自分の主張を有権者の皆さまにいかにご理解いただけるか。候補者の最大の悩みであり生命線です。今は「ワンフレーズ」の時代ですから、いかに短い言葉で語れるか。そんな能力も問われます。私のような長文派はアウトですよね(笑笑笑)。出来るだけコンパクトにと、これでも努力しているのですが、いつも訪れて下さる皆さまには本当に感謝しています。上質な情報がご提供できるようこれからも頑張って参りますので今後ともよろしくお願いいたします。

っと、横道に外れてしまいました。

さて、これだけ多くのチラシやビラは誰がどんな思いで作成するのか。一番大事な本人の思いは公示後に出される選挙広報です。これをやります、あるをやりますという公約ですね。それ以外に確認団体や後援会が出すビラがあります。これは応援ビラです。さらに、議員が出す活動報告があります。政治活動のビラですね。

会派「幸手市政クラブ」は今日の新聞折り込みにチラシを入れました。前市長の広島逮捕事件の総括を、選挙戦前に市民の皆さまにきちんとお伝えするのが私たちの使命と考え、昨日の議会閉会を待ってお知らせをお届けしました。広告に埋もれているかも知れません。どうか探索ねがいます。

さて、発行にあたり、私と武藤議員が大事にしたのは、まずは幸手市の現状を多くの皆さまに知っていただくことです。それに徹したつもりです。しかし、チラシでは私たち会派のスタンスの打ち出しが鮮明ではないと思われる方もおられるかも知れません。

改めて。私は元市議会会派先進の同僚である中村たか子氏が代表を務める「幸手の未来を考える会」の主張に賛同するものです。武藤議員も同じです。

相手云々ではありません。一緒に活動して来た同志として今の幸手市の現状を憂う気持ちは同じです。私は「幸手の未来を考える会」の主張に賛同しています。幸手市は埼玉県下では財政規模が一番小さな市です。人口も減り続けています。さて、今、幸手市の400億円の財政運営を誰に託すのか。これからの4年の舵取りに失敗は許されません。

私たちのまちを誰に託すのか

2019.09.23

アイコン

市長選公示が間近に迫ってきました

前市長の広島逮捕事件で早まった選挙戦。公示を前に開催されるという「公開討論会」の内容が明らかにされたようです。

公開討論会と言えば、国政選挙では党首討論会がネット中継されたり、夏の埼玉県知事選では候補者を集めてのテレビ討論会など、近年、私たちが目にする機会が多くなりましたね。

公開討論会はまず、主催者の中立が大原則。一方に濃い関係を持つ立場の人では主催者として適格性を欠くと考えるのが常套です。幸手市のように小さなまちでは人脈、血縁なども色濃く、何にも誰にも属さない中立的立場という人はそう多くはありません。"今回の"選挙で誰の応援者でもないからと言って、発言の機会、時間を同じ設定にしたからというだけで中立とは言えない。然りとて、そのようなことを言っていたら誰も主催者の適格者はいなくなる。今回の討論会の仕掛け人が一方の候補者に近しい活動家であることに疑問は感じますが、百歩譲って、この企画の出発時点でその仕掛け人に幾つか注文をつけました。

その一つが、必ず討論が行われることです。討論会は単なる政策発表の場ではありません。作文棒読みで済むような会は討論会ではなく、発表会です。一つ一つのテーマ毎に論戦を促すのが今の討論会の主流です。これには主催者の力量が問われます。必ず、討論を促すよう求めました。

そして今回企画される「幸手市長選挙候補者公開討論会」。その企画書を見る限り、残念ながら私が注文していた討論会にあらず。各テーマ毎に持ち時間の範囲で交互に発表するスタイル。これでは事前の作文は可能。主催者の努力には敬意を表しますが、討論会とは似て非なるもの。落胆です。

それでも市民には政策を聞く機会、候補者には政策を市民に発信出来る機会。と考えれば意味もあるのかも知れません。

皆さまが思う以上に市長の権限は絶大です。予算の編成、執行、人事、外部交渉。全て市長次第です。幸手市の運命は市長で決まります。幸手市は財政では埼玉県下のほかの市に比べて規模は小さいとは言え、年間400億円の予算を動かす一国のオーナーです。400億円はすべて皆さまの税金です。

前市長の8年間は無理な財政運営で借金は増え、基金は枯渇。お金は使ったが次世代にお金を生み出すタネ蒔きも不十分なまま辞職となりました。前市長と同じ流れにある候補者が言う「ピンチ」や「チャンス」って何でしょう。あのような事件で市長が不在になったのはピンチ?幸手市の名前が貶められたのはチャンス?揚げ足取りではなく、これまで市民本位の市政に提言を繰り返してきた立場として認識に?。まずは当たり前の常識が通用するまちに変わらなければ何も変わらない。厳しい言い方ですが、幸手市の発展はそれが土台です。

基礎のないところに家は建たない。私たちのまちを、生活を誰に託すのか。幸手市の未来を決めることが出来るのは市民の皆さまです。今回、市長選が早まった原因となった市長を選んだのも私たちです。今回の広島市長逮捕事件は私たち幸手市民の教訓です。公開討論会に行かれる時はそのような目で両者のお話をお聴き下さい。

♥なお、入場には100円が必要です。会場費等に充当するとのことですが、明朗会計の公開をお願いしたい。

看過できない言葉

2019.09.21

アイコン

経年劣化

一昨日の建設経済常任委員会の決算審議。建設して2、3年しか経たない建物の修理費に対する答弁で「経年劣化」という言葉が使われ波紋を残しました。

建設して2、3年しか経たない建物で雨漏りが発生。今回、市は雨漏りの調査を施工業者以外の業者に発注。ボルトの経年劣化が原因だと言われ市費で修理した、ということ。「2年で経年劣化」…?。この言葉が発せられた時、委員会室がざわつきました。その後もさらに質疑応答がなされましたが、答弁は一貫して経年劣化と判断したと。「2年で経年劣化との判断は市民感覚とズレている」との厳しい指摘もありましたが、最後は部長から今後の反省材料とするとの反省めいた答弁があり決算は認定されました。委員長として質疑応答を調整しながら、今回のシュチュエーションでの経年劣化という言葉は私にもなんとも違和感の残る言葉の使い様です。

委員会審議の内容は本会議で委員長が報告書を調製して読み上げますが、私が委員長として責任を持って報告するために、調製の前にもう少し事実確認を試みたいと思っています。

財政のお話し

2019.09.15

アイコン

平成30年度一般会計決算状況 数字が示す幸手市の姿

昨日、ある会合で近隣他県のまちの首長さんとお話しする機会がありました。過去にも何度かお会いしたことのある首長さんでしたが、開口一番、「幸手市の実質公債費比率はどうなっているか」とお聞きになりました。私は「幸手市はそう高くはありません。埼玉県の方針もあるのか、埼玉県の市町村は総体的に低い状況にあります。しかし、仕事をしなければ借金も増えず返すお金も少ないということもあり、低ければ良いというものでもないと思っています」と答えました。
その首長さんは然もありなんというお顔で、わが町事情をお話になり、自分が首長になってからこの実質公債費比率を下げるのに苦労したことをお話し下さいました。ほんの数分のお話しでしたが、市の財政に責任を持つ首長さんが財政運営で大事にされていることを垣間見ることができる貴重な機会でした。

さて、公債費比率は財政健全化法の指標の一つとして平成17年度から導入されました。公債費は人件費や扶助費等と同じく義務的な経費(必ず返さなければならない経費)ですので財政構造の硬直化の要因となります。一般的には10%を超えないことが望ましいとされています。

幸手市の平成30年度実質公債費比率は3.7で前年度比0.1ポイント上昇しました。因みに、私がお会いした首長さんのまちの実質公債費比率は8.8(H29)です。3.7はかなり低い数値ですが楽観はできません。例えば、下水道普及率です。まだ下水道整備の途上にある幸手市はこれから下水道事業にお金がかかります。当然起債が増え、それは将来の人が返済することになります。首長さんのまちではすでに100%整備が完了し、今はその公債費を返済している途上とか。クロス検証することで数字の意味が炙り出されますね。

上記のように財政は複雑ですが、皆さまにわが町の財政をよりご理解いただけるよう、平成30年度決算数字の中から「公債費」をテーマに解説してみたいと思います。想定以上に長くなってしまいました。数字にご関心のない方は結論に飛んでいただいても大丈夫ですのでよろしくお願いいたします。

◇まず、幸手市の平成30年度一般会計決算規模は過去最高を更新。自主財源が増えたのではなく、国庫支出金の増大や支出に合わせて市債を発行したり基金を取り崩して予算を調製した結果です。幸手市では民生費などに関する国や県の負担や駅舎整備にかかる経費が財政規模を押し上げています。
歳入決算 19,434,785千円(H29 17,999,799千円)前年度比8.0%増
歳出決算 18,581,017千円(H29 16,761,125千円)前年度比10.9%増

◇収入と支出の差である決算収支では実質単年度収支は過去最高の赤字を示しました。家計で言うと収入より出費が多く貯金取り崩し、ローンで支払っている状況ですね。平成26年度以降、平成27年度除き毎年4〜6億円前後の赤字が発生しています。

◇次に地方債発行と積立金の取り崩しについて。収入で足りない支出は借金と基金の取り崩しで賄います。地方債は借りた後、3年後から返済が発生。積立金は目的を持って積んだ基金から目的に応じて支出しますが、ともに市民の世代間の公平な負担と負担の平準化が目的です。決算では基金は底つき状態で市債は140億円を超えています。

◇改めて、公債費(借金返済)の指標は3つです。
❶公債費比率…4.4%(前年度比0.6ポイント増)
❷公債費負担率…9.9%(前年度比0.4ポイント減)
❸実質公債費比率…3.7%(前年度比0.1ポイント増)

❶公債費比率とは地方債の元利償還金(繰り上げ償還を除く)に充当された一般財源の標準財政規模に対する割合です。❷公債費負担率とは、公債費に充当された一般財源の一般財源等総額に対する割合です。❸実質公債費比率とは、一般会計の地方債元利償還金(繰り上げ償還を除く)ほか、公営企業会計の地方債元利償還金に当てられた一般会計からの繰出金など公債費に準じる支出に充当された一般財源の標準財政規模に対する割合です。
幸手市では経年を見ると全体的に公債費の割合は低くなっていますがここ数年、❷公債費負担率は上がっています。前述の首長さんが気にしていた❸実質公債費比率については一般会計予算に占めるまちのオール負債の状況です。この数字が高くなると自治体には赤信号が灯るのです。夕張市はこの数字が高くなって「財政再建団体」に転落しました。当時、幸手市もその一歩手前の黄色信号が点滅。「財政健全化計画」を作り様々な事業が見直されました。皆さまのご記憶にも残っているのではないでしょうか。

事業をすれば負債は増えますが、しかし、数字ばかりを気にして、事業を立ち上げない、やらないというのでは市民の不利益でしかありません。要するにバランスです。幸手市では、ここ数年、一気に積み上げた基金を一気に取り崩しするなどバランスを欠く財政運営で財政の厳しさに拍車がかかっています。特に駅舎整備については、東西をつなぐことは必要だが「財政力に見合った駅舎を」との市民の訴えも虚しく、私も議会では少数派として、活性化のエンジンだとする議員や市長の考えを変えるに至らず。駅舎で活性化はネットなどを見ると、若者と思しき人たちが無理だ、無駄だとつぶやいているのに、です。

二元代表制の一方にある首長としてどんな指標を重視するかはいろいろだと思いますが、お預かりした税金をいかにバランスよく市民にサービスとして還元できるか。いろいろ考えればキリのない事。市長に使命感と責任感があれば、その苦悩は24時間、365日です。首長が24時間公人、一国の主人に惰眠を貪る時間なしと言われる所以ですね。

さて、長々と書いてきましたが結論です。
誰が首長であってもやらねばならないことはやらねばならない。それを大業に「やった、やった」と評価しない。反対に、難問を突破して本当に市民のため、まちの将来のために厳しい財政を責任を持って運営する。そのような事業は大いに評価をするべきです。
幸手市はこれから選挙が始まりますが、公約が出る前に、市民の皆さまには、幸手市の現状を観察し、幸手市に何が必要かを是非見定めていただきたいと思います。

選挙に吹く風、イメージなどに乗って大事なことを見落とすことの、市民、いや、私たちの不利益がいかに大きいかは今回の広島事件で経験したばかり。そのことを是非、多くの皆さまに共有いただければ有り難いです。

用語解説
形式収支…歳入総額から歳出総額引いた額
実質収支…形式収支から翌年度に繰り越すべき財源を差し引いた額
単年度収支…当該年度の実質収支から前年度の実質収支引いた額
実質単年度収支…単年度収支に黒字要素である積立金及び地方債の繰り上げ償還金を加え、これから赤字要素である積立金取り崩し額を差し引いた額

ページ移動