記事一覧

幸手駅エレベーター停止の検証結果

2019.11.15

アイコン

昨日の意見交換 Part2

昨日の議員全員協議会では、災害体制ともう一つ、幸手駅東口のエレベーターが停止した経緯と検証が報告されました。この件については以前、このブログでもお知らせし、検証結果が出たらご報告をするとお伝えしていた事案です。

エレベーターが止まった理由は、エレベーター下のピットに想定外の水が溜まり、電気系統が浸水したことが原因ということは目視を含め当初より歴然でしたが、そこに水が溜まった経緯と責任の所在が検証の焦点でした。昨日の説明では、担当課ではその後、施工関係者、エレベーター管理会社などと実証検分を行い、結果として、施工者の瑕疵が認められ、施工者の責任により新たな防水工事がなされることになったということでした。また、エレベーター管理会社の月決め報告書の提出が遅滞し、台風15号での小さな異変(2センチ水が溜まった)に気付けなかったということがあったそうで、これについても改善を要求したということでした。

誰に責任があるのか。これを明らかにするのが契約であり、協定書です。今回は実証検分の結果、施工者の瑕疵責任を証明することができ、施工者の責任と経費で追加工事が行われることになりました。当初は市費対応となる可能性も暗示されていただけに、現場職員の粘り強い検分と交渉が実ったものと想像します。お疲れ様でした。

この事例が示すように、協定書、契約書は責任の所在を明らかにするものです。その協定書を不備のまま放置する、軽く扱うことがどのような結果をもたらすか。何かなければ問われることもないのが契約です。そして、何かあった時に問われるのが契約なのです。高尚な理念でなくても我が身大事という最低限の気持ちでもいいのです。
昨日の執行部の話しでは通常の商契約とは違い、今回問題となった「災害時の協定」には法的効力はないということのようですが、然りとて、行政の仕事として結んだ協定です。結ぶからには形式的な儀式ではなく、初期の詰めと経年のメンテナンス(担当者や連絡先などの情報確認)は必須だと思いますが。

♥私如きが言うまでもなく、現実に契約社会のルールの中で仕事をされている皆さまには契約や協定を慎重に結ぶことは仕事のイロハとして当然のことであろうと思います。私も微力ながら8年間、不祥事や不適切な事務執行があるごとに訴えてきましたがなかなか土壌の変革にまでは及ばずでした。しかし、契約や協定は社会活動のキモと考えます。皆さまのご指導を仰ぎながら、これからも市民が納得する行政を、謝罪しなくてもいい組織のあり方を志向して行きたいと思います。

台風19号における市の対応等について協議

2019.11.14

アイコン

執行部と市による意見交換

先日の台風19号では市の防災体制の不備、準備不足が露呈。議会からも意見や課題を伝えていましたが、昨日は議員全員協議会が開催され、改めて執行部からの報告、説明と議員との質疑応答がありました。

執行部からは、市長、関係部課長が出席。市民生活部長からは台風19号の時系列による対応が、建設経済部長からは雨水の侵入で止まってしまった幸手駅自由通路エレベーターの停止から補修までの経緯の説明があり、その後、議員からの質問に市長、執行部から答弁がなされました。
感じたことを少しまとめてお伝えします。

まず、今回の台風は数日前から規模の大きさや命を守る対応がメディア等で伝えられていました。説明では、9日、11日に対策会議が招集され、対応を協議したとのこと。しかし、メディアや気象庁の度重なる警告にも関わらず、今回、対策会議では普段の大雨時と同様、「内水」を想定し、仮設ポンプなどの配備や交通規制のための人員待機を指示したということでした。
質疑応答の中で、担当部長からは個々の不手際についての説明と反省が述べられ、また、市長からも反省と、組織を挙げて改良、改善していくとの答弁がありました。そして、今、避難場所に派遣した職員らによる検証会議を行っているということでした。

それにしてもです。私も12日のブログで「不要不急の外出を控え、防災無線などの情報に耳を傾けてください。幸手市では昨日様々な確認をして即応体制をとっているようですが、仮に避難が必要になった場合も市の情報、指導に従い、危険のないよう気をつけて行動してください」と呼びかけました。が、その即応体制が内水対応だったというのはショッキングです。対応の不手際以前に、実はすでに最初の被害想定の段階でのボタンの掛け違いがあった。んー、台風15号後にも関わらずです。この点については十分な検証が必要ですね。ここは基本だと思います。

私の長倉小学校での避難場所経験、感想と、住民の皆さからお聞きした経験、感想はできるだけリアルタイムでこのブログでも連続して取り上げました。皆さまからは「何もなかったのは幸いだった。良い教訓としてほしい」というお声もお聞きします。災害対策は自助が基本とは言え、しかし、何かあれば公助の責任と、行政の不断の危機管理が問われます。市長には是非とも組織を挙げた改善を早急に取りまとめ、市民にも分かるように公表いただきたい。

さて、改めて、今回の件で疑問に思うことは、
❶普段とは違う災害予測が警告される中、想定が通常の「内水対策」に止まったのは何故か。
❷職員の中に「これでは準備不足」との認識を発する職員はいなかったのか。
❸地震であれ風水害であれ、既にあって然るべき避難場所、避難所開設のマニュアルも用意されていなかった。
❹例えば、旧香日向小学校を避難場所として開設できなかった問題。内水想定ではカギの所在も事前確認もしていなかったという初歩的なミスの他に、看護学校と締結している「災害時の協定書」で定められた諸項目が詰められておらず、結果、学校への緊急連絡もできなかった。契約締結時に、締結事務に携わる職員の当然の責務が果たされず協定締結を形式的な儀式に終わらせていた。そして、それで良しとして来てしまった背景の、業務に対する考え方に問題はないか。

ということです。今回のことを教訓にするなら、組織を挙げて改善していくなら、深い検証が必須です。仕事は普段の積み重ね。甘い仕事には甘い結果しかなし。
さても検証とは、木を見て森を見る作業です。幸手市が締結している他にも複数ある災害時の協定は締結以降数年が経っているが、本当に実効性が継続的に担保されているか。即刻、検証をしていただきたい。私も今回の避難場所での体験(木)を見るに止まらず。これから市の検証会議の報告を見て、行政の言い分も確認しながら、さらに様々な問題を整理をしていきたいと思っています。

さて、昨日はまだ論点整理が進まない中、被害想定のボタンの掛け違いという大元の問題に深い追求はなく、当日の不手際に対する謝罪が繰り返されました。何をやっても100%とはいきませんが、部課長がこれ程謝罪をしなければならない要素は普段から減じるべきですね。これは部課長や職員の"保身"も含めてです。私のチェックポイントはそこです。謝らなくてもいい業務執行体質への脱皮あるのみ。

これまでも組織の強度を高めることを呈してきた私としては、本当に不思議なんです。「ちゃんとしないと何かあると責任が追求されちゃう」という最低限の気持ちすら湧かないという組織の土壌に何があるのか。今回のことでも、職員一人ひとりに適正で責任のある事務執行を求める組織、職場風土の変革を求めて行きたいと思います。
職員が責任ある仕事をすることで市民に信頼される行政の実現は可能です。それが市民のための行政の"王道"であり近道でもあるのです。そして、そのような仕事が職員をさら輝かせる。粒選りの職員集団。一つひとつ問題を取り除きながら実現して行きたい組織の理想形ですね。

♥蛇足ながら。🍚🍙艶々と粒選りの、粒の立ったご飯と、コメ粒の姿かたちが見えないベチャベチャご飯。どちらが美味しいと思いますか❓人も社会も同様と思います。

令和2年度予算要望

2019.11.12

アイコン

会派「幸手市政クラブ」 市長に来年度予算要望を提出

来年度予算の編成期の今、役所では各部課へのヒヤリングと査定に向けた調整が行われている時期です。私たち会派も昨日、市長に対し、来年度予算の要望を提出してきました。

来年度予算がとてもタイトであることは市の予算編成方針を見ても明らかだと、先日もこのブログでお伝えいたしました。それを底辺に何をどう組み立てるのか。どのように財源を捻出し、新市長が公約とした事業を進めるのか。何と言っても新年度は新市長初めての予算編成ですから大いに注目ですね。そのような状況にあって、昨日は、武藤議員とともに会派の考えを要望書にまとめ、市長に提出してきました。
要望書の内容は以下の通りです。

【令和2年度予算要望書】
当局におかれましては、市政進展のためご尽力を賜り心より感謝申し上げます。
さて、残念ながら、昨今、本市においてはさまざまの不祥事等を始め、市民の皆様に不安を抱かせ信頼を損なう事象が続発しております。令和2年度予算編成にあたりましては、これらを払拭し、信頼を回復すべき年となります。つきましては、財政状況の厳しい折ではありますが、市民の安心、安全な市民生活確保のため、下記の事項にご配慮いただきますよう要望申し上げます。

●危機管理、防災体制の確立及び消防体制の強化
●ライフラインの安全確保
●高齢社会に対するデマンド交通の見直しなど交通手段の確保
●生活道路の補修整備
●学習環境の整備
●財政基盤強化のため新たな県企業局による産業団地の誘致と、圏央道、4号バイパス(東埼玉道路)との接続となる惣新田幸手線バイパスの整備促進
●公共施設の整備管理計画の確立と早期着手
●一人ひとりの職員が公務員として、幸手市をどうすべきか、市民サービスをいかに行うか、市長のためだけでなく市民のために働くという自覚と責任の確立、また、そのための研修の充実
●法令、条例、規則等の遵守と業務執行

以上お願い申し上げます。

個別な事業に細かな要望をするというスタイルではありませんので、「これで要望?」と思われるかもしれませんが、市議会議員として皆さまに公約している事項が効果的に実行されることを第一とし、会派としての今後の市政チェックの基本的なスタンスを示したものとお受け取りいただければ幸いです。

短中長期のものが混在していますが、それぞれ段階を踏んで進めていかなければならないものばかりです。先般の台風19号における防災体制の見直しや地域の交通手段の確保、学習環境の整備などは長期展望を持ちながらも短期に結果が求められるものです。また、幸手市庁舎を始め、公共施設は、床面積を30%削減する計画であり、住民の皆さまの理解なく進めることができない施策です。整備のあり方も含め、住民の皆さまに十分なご意見をいただきながら進めるには時間がかかりますが、できればコンサル丸投げではなく、このような住民と対話を要する案件は職員手づくりで計画を詰めて欲しい。そして、そのためにも、何より市政クラブの思いとして、下の2つの●は重要ポイントです。前書きにもありますように、ここ数年、幸手市では様々な不祥事が頻発しています。その度に私たちは、コンプライアンスや規律について提言を繰り返してきました。新市長には是非ともこの点にこそ大鉈を振るっていただくことを期待するものです。

♥職員の個々の資質というより、組織として人材育成と適材適所配置。さらに、私は組織改編なども有効に活用して筋肉質な業務体制を確立していただきたいと強く願うものです。

今日は市民まつり

2019.11.10

アイコン

秋晴れのもと

先のブログから随分日にちが経ってしまいました。皆さまにはいつもご訪問ありがとうございます。11月に入っていろいろ慌ただしくしており、更新が滞って申し訳ございませんでした。慌ただしさもさる事ながら、最近は特に来年度予算や税制改正、制度改正、今年度補正予算の編成時期ということもあるからか、新聞を読んでは社会の変化を強く感じ、お伝えしたいと思うこともたくさんあるのですが、しかし逆にいろいろあり過ぎて、皆さまに何をどうお知らせするか、なかなか整理がつかず書いたり消したり…。

さてもそのような毎日を過ごしておりますが、本日は毎年恒例の幸手市民まつりです。朝からとても清々しいお天気となりました。そして今、私は東公民館前の中川河川敷におります。今朝は7時から消防団の放水訓練があり見学に来ています。皆さまのお耳にも消防車のサイレンが聞こえますでしょうか。
この訓練は、毎年秋の火災予防週間を前に、幸手市内の8つの消防団が消防車とともに集結し、実際に水を放水する訓練を行うものです。消防団員や職員の中には市民まつりに関わる方もあり。訓練もまつりもと、これまた、恒例の忙しい一日です。

さて皆さまには、万象お繰り合わせの上、ぜひ、市民まつりにお出かけを。このようなおまつりでは普段は会わない方と出会ったりするのも楽しみですね。食って良し、買って良し、会って良し。私も今日はいろいろ忘れて一日楽しみたいと思います。もし、会場で見かけましたら是非お声がけ下さい。ではまた後ほど。

視察研修@高知に参加して来ました

2019.11.02

アイコン

市議会議長会研究フォーラムin高知

10月30日〜11月1日までの3日間、上記研修会に参加して来ました。初日は基調講演、パネルディスカッション。2日目は3つの議会の事例報告を通しての課題討議、午後からはコースに分かれての現地視察となっています。現地視察は自由参加です。研修の内容は後日まとめてご報告いたします。

秋晴れの3日間、高知に集まった約2000名の市議会議員さんと共に活動して来ました。議員研修については、「本当に役に立っているのか。公費で行くのはいかがか」というご批判も耳にする昨今です。これについては、容認〜容認しないという間口の広いご意見があることは承知していますし、私たち議員にも市民の皆さまの納得を頂くための慎重な議論、説明が必要だと考えるところです。

公費研修であり、参加議員には研修後の報告書提出が求められています。研修の内容につきましては、私も後日、議会に報告を提出し、さらに皆さまにもこのブログでご報告いたしますが、今日は取り敢えず、今回の研修で大いに見聞を広げさせて頂けたことをお伝えするとともに、以下にこの研修会のプログラムの概要をお伝えいたします。(この研修は毎年持ち回り開催となっています)

【全国市議会議長会研究フォーラム】
主催: 全国議長会
後援: 総務省
実施: 第14回全国市議会議長会研究フォーラム実行委員会
実施日: 10月30日〜11月1日
場所: 高知県
内容: 10月30日 基調講演「現代政治のマトリクス-リベラル保守という可能性」
中島岳志氏(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)
パネルディスカッション「議会活性化のための船中八策」
コーディネーター 坪井ゆづる(朝日新聞論説委員)
10月31日 課題討議
講演「議会活性化のための船中八策」高部正男氏(市町村職員中央研修所学長)
         パネルディスカッション
    課題討議「議会活性化のための船中八策」
事例報告 上越市 鎌倉市 周南市
   10月31日午後〜11月1日 現地視察(A〜Hコース)

♥さて、今日から幸手市ではアスカルで文化祭が開催されます。幸手市の文化の祭典です。市民の皆さまの日頃の御研さんの賜物、見応えたっぷりです。私も幸手市の皆さまのパワー、文化のシャワーを浴びて来ようと思っています。皆さまもお時間がありましたら是非‼️

ページ移動