記事一覧

ご紹介 認知症サポートガイド

2021.07.02

アイコン

幸手市からこんなガイドが発行されています

今日、久しぶりに地元かかりつけの歯医者さんに行って来ました。その歯医者さんに「幸手市認知症サポートガイド」という冊子が置かれていました。幸手市介護福祉課が作成し、令和2年10月に改訂された認知症の新しい情報が沢山掲載されているガイド冊子です。

物忘れ相談や認知症相談を受け付けている医療機関も紹介されていますので、「もしも」の時の予備情報として、皆さまに知っていただけたらとの思いでご案内することにしました。ちなみに、なお、幸手市では介護や認知症など生活の中で気になることのご相談は、東西地域包括支援センターで受け付けています。

認知症をはじめ生活の中の様々な問題は、ご家族やご本人が抱え込む前に、センターに是非ご相談を。
このガイドは市のHPの介護福祉課のページにも掲載されています。ご関心のある方はご覧ください。
ファイル 1553-1.jpeg

考察 12歳からの接種

2021.06.30

アイコン

接種対象年齢が12歳以上になった経緯

先号で日本小児科医会のメッセージを取り上げました。私のような高齢世代違って、これから長い未来を生きる子どもたちへのワクチン接種。私も小学生の孫を持つばあばとして、もう少し詳しく知りたいとネット情報を検索。厚労省のHPをはじめいろいろな情報が出て来ましたが、おおよその流れは以下の通りでした。

NHKの5月28日ネットニュース
要旨
ファイザー社の新型コロナウィルスのワクチンについて、厚労省は接種が可能な年齢を拡大することを決定。現在は16歳以上となっているが、12歳から15歳も追加されることになり、近く公的な予防接種=の対象になる見通し。ファイザー社は新たにアメリカで治験を行い、有効性と安全性を確保できたとして追加で厚労省にデータを提出していた。これを受け、厚労省が12歳から15歳も加えることを決め、28日専門家部会で報告した。

5月にこのような動きがあったのですね。見落としていました。今回の対象年齢拡大は、接種を希望する子どもの接種機会の確保も目的とされています。また、この年齢に関しては、臨時予防接種=公的な予防接種=の対象となることで、健康被害が生じた場合に予防接種法に基づく救済制度の対象となるようです。
有効性や安全性については、専門家部会(「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会」)の資料に海外での試験結果の概要も掲載されています。ご関心のある方は研究してみて下さい。

♥ 私は皆さまに受けろとか受けるななどと申し上げる立場にありませんが、コロナワクチンの接種はあくまで任意が基本です。打った打たないによって子どもたちの間で差別やいじめが絶対に起きないようご配慮を。そして何より、皆さまにはできるだけの情報と納得性をもってご判断をされますよう。

♥♥今後、接種の方法などが全国の自治体で検討されることに。どこまで子どもたちのプライバシーを守れるか。任意が担保されるか。難しい判断もあろうかと思いますが、幸手市の運用を注視して行きたいと思います。

ワクチン接種対象年齢12歳まで引き下げに

2021.06.30

アイコン

「小児への新型コロナウイルスワクチン接種について 日本小児科医会からのメッセージ」

2021.6.16 公益社団法人 日本小児科医会

以下は、ネットから検索した文章の一部です。前号で64歳以下の接種予約の日程をお知らせいたしましたが、年齢が12歳以上となっていることが気になっていました。小児の接種は保護者の皆さまの判断に委ねられることになるわけですが、本当に悩ましい選択です。日本小児科医会の総合的な判断がなされたということですが、集団接種という方法が取られた場合、任意接種という選択肢が半強制となることも危惧されます。私たちが知るべき資料と判断し、本文の一部を転記いたします。
【メッセージ】
この度新型コロナウイルスワクチンの一つであるファイザー社コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS−CoV−2)・商品名コミナテイ(以下本ワクチン)の添付文書の接種対象者が、今までの「16 歳以上の者」から「12 歳以上の者」へと改訂されたことを受け、今後小児への本ワクチン接種が進む状況を前に、日本小児科医会は「12 歳以上の小児への新型コロナウイルスワクチン接種についての考え方」を提案することといたしました。

御承知のように、小児の新型コロナウイルス感染症は従来株だけでなく変異株においても、感染者の多くは無症状ないし軽症であることが分かってきています。一方現在まで我が国では本ワクチンにおいては、この年齢層における効果や安全性ついてのデータは得られておらず、諸外国においても接種後短期間での効果と安全性は評価されているものの、接種後何年か経過した状況での効果や安全性については全対象年齢においても評価がされていないのが実情です。しかし本ウイルスは容易に変異を起こしやすいウイルスであることも事実で、変異を繰り返すことにより感染性が強くなる傾向にあり今後も感染拡大が続くであろうこと、さらに今後重篤化しやすくなることも懸念されています。
この状況下では何としてもパンデミックを抑え込むための切り札として、ワクチン接種が拡充され、地域における集団接種やかかりつけ医での個別接種、それに加え企業接種の形での集団接種などが行われ、短期間で可能な限り多くの希望者への接種が可能な対策が講じられてきています。このような流れは、当然小児の接種にも及んでくることになります。 しかしながら、本ワクチン接種後の痛みなどの局所的副反応、発熱・倦怠感などの全身的副反応においても、高齢者に比べ年齢の若い方により多く発現することも分かっています。 さらに私たちはワクチン成分や接種手技とは直接関連性が薄い、接種時の緊張などからくるこの年齢特有の接種直後に起こる反応や、まれではありますが接種後しばらくたってから起こる反応が生じる可能性があることも、子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)接種後の反応等から認識しております。
今後新型コロナウイルスワクチン接種対象年齢がさらに下げられることも予想され、小児への接種をより安全に実施すること、子どもたちを守ることは小児科医にとって極めて重要な責務であると考えています。

今回の本会の提言は子どもたちとそのご家族、さらには友人、学校関係者など多くの方にとって、理想的なワクチン接種体制の構築・運用はどうあるべきか熟慮した上で発表に至ったものです。
医療関係者、教育関係者、行政関係者そして報道関係者の皆さまにおかれましては本提言を熟読いただき、新型コロナウイルスの脅威から子どもたちを心身ともに守ることを使命としている日本小児科医会の活動に十分なご理解とご協力をお願い申し上げます。

♥このようなメッセージの存在は知るに至っておりませんでしたが、本文にもあるように、子宮頸がんワクチンの副反応の例もあり、日本小児科医会の先生方には熟慮された結果と拝読します。私はどちらがどうとの判断を申し上げる立場ではありませんが、私たち高齢者とは違い、これから先を長く生きる子どもたちの任意という選択肢が失われない配慮は必要だと感じます。

♥♥この資料にはさらにこのような記載も。合わせてご一読を。
【集団接種のリスクと対策】
1.接種対象が、血管迷走神経反射やあるきっかけによる集団反応が起こりやすい年齢であること。
2.接種による心の負担が急性ないし慢性的反応を引き起こす「予防接種ストレス関連反応(以下 ISRR)」が起こりやすい年齢であること。
3.ISRR の予防を考慮した場合、接種前・接種時・接種後の各場面に渡り丁寧な対応が必要であること。
4.基本的に感染しても極めて軽症な年齢層における接種においては、有害事象の発生は極力抑えるべきであること。
5.個人の意思や健康上の理由等から接種に至らない小児が差別を受けないように配慮すること

12歳から64歳の方のワクチン接種予約について

2021.06.30

アイコン

広報さって7月号にて折り込み予定のチラシより

昨日、ワクチン対策担当から64歳以下のワクチン接種予約について広報7月号の折り込みにてお知らせをする旨の通知がありました。75歳以上の方の予約受付の混乱を反省して、年齢区分を設けて受け付ける予定です。市民の皆さまには現役の方も多く、勤務の関係等からいつから始まるのかとご心配の方もあるかと思いますので、取り敢えず、予約開始の日程をお知らせいたします。詳細は広報7月号のチラシをご確認ください。

予約開始の予定は、
基礎疾患のある方、高齢者施設の従事者は7月20日から、
60〜64歳の方は7月27日から、
50〜59歳の方は7月30日から、
40〜49歳の方は8月4日から、
25〜39歳の方は8月6日から、
16〜24歳の方は8月11日から
なお、12〜15歳の方は通常の接種会場とは別に会場を設けることを検討中とのこと。
もう少しお待ち下さいますようお願いいたします。

新型コロナワクチンのリスクと効果については、様々な情報が氾濫状態で判断が難しいところですが、あくまで接種は任意です。接種を希望する方の接種がスムーズに進むことは望まれるところですが、接種は個々の判断となります。接種の如何で差別をすることがあってはなりませんし、接種をしたからと感染対策を疎かにもできません。

接種が進み、人の動きが活発化しているようですが、皆さまにはご理解、ご協力賜りますようよろしくお願いいたします。

        

防災訓練2

2021.06.29

アイコン

実地訓練の様子より

午前中、職員の避難場所開設訓練を見学して来ました。先のブログにも書きましたように今日は、地震想定の訓練で、8時に職員の安否確認メール送受信訓練(全職員)があり、その後、市の災害対策本部が幸手小学校を避難場所に決定。それをうけ、避難場所運営班の職員が徒歩で移動して来たところから私たちの見学は始まりました。途中から市長と副市長が合流。簡易ベッドやテント型のパーティション、簡易トイレなどの備品の組み立てや資材の確認が行われました。議員の見学者は私を含めて4人でした。

今日は避難場所運営班の全員が集合していましたので職員数は多かったですが、実際に災害時に避難場所に派遣される職員は2名➕応援職員数名と決して多くはありません。大雨などが重なると冠水や排水ポンプの稼働などの別働班にも人員が割かれます。訓練最後、木村市長からも、市民と協力しての訓練の大切さが語られていました。

以下は今日の訓練の様子です。

8:38 徒歩組の職員続々到着 訓練開始
ファイル 1548-1.jpegファイル 1548-2.jpeg

市長、副市長合流 簡易ベッドの寝心地を確認する市長
ファイル 1548-3.jpegファイル 1548-4.jpeg

簡易トイレ 
ファイル 1548-5.jpeg

♥断水、電気不通、ケータイも繋がらないという悪環境での避難生活は、いくら職員の練度が増してもなかなか厳しいと感じました。ガスの供給もストップするという被害想定では家にいても何もできませんが、簡易ベッドやテント型のパーテーション、簡易トイレも一定程度整ってはいても、やっぱり不自由なことやプライバシー保持の難しさは否めません。命の危機を感じたら迷いなく避難をする一方、「いざ、その時」の選択肢を広げるためには、普段から「避難しなくても良い環境作り」を心がけることも欠かせません。ぜひ、ご家族と避難行動について話し合ってみてください。

ページ移動