記事一覧

複雑な単純ミス

2018.12.02

アイコン

土地開発公社の件 市が単純なミスと説明する複雑な事務処理

今年もいよいよ師走に突入。12月と聞くだけで何かと気忙しく感じますね。昨日はお天気も良く日中も暖かで、早々にご主人様が網戸掃除をされるお宅も。これまで当たり前として目にしてきた光景ですが、諸事情により、力仕事となる外仕事や大掃除をあきらめざるを得ないという方も増えている昨今、大掃除を家族で分担できるというのは実は有難いことなんだということを改めて感じた次第です。

さて、前回のブログで取り上げた土地開発公社が先行取得していた土地の買い戻しの件ですが、去る11月30日の議員全員協議会で市から、単純なミスと位置付けるにはあまりに複雑な説明を受け、取り敢えず、当日、同僚議員と、資料を見ながら受けた説明の咀嚼を試みましたが、これがなかなか噛み切れない。この問題は一般質問で2人が取り上げられることになっているので、その答弁をしっかり聞いてから、このブログでも内容に触れたいと思います。それにしても大きなミスです。少なくとも支払い過少の契約が、公社の幹事も理事も理事長も監査も議会の審議もスルーしたのですから。「足りなかったんだから足りない分を後で払えばいいでしょ」という単純なことでは済まない。私のブログは職員にも見てくれている人が複数いるようで、こんな指摘をする嫌な役回りは本来ご免ですが、しかし、このようなミスが潜んでいたこと自体が問題にされるべき問題というほかはなし。

しかも、情報公開請求がなければ問題は見過ごされていた。あれれ、このパターンは近い過去にもあったぞ。本来なら、信用して任せるべき事務処理を、表にしたり裏にしたり。透かしたり斜めにしたりして確認しなければならない。これではチェック機関はいくつあっても足りません。このようなことを「単純ミス」として処していては、根っこを残したままモグラ叩きをしているようなもの。徹底した原因究明で、"根腐れ"を断つことが必要。そう感じるのは私だけでしょうか。

取り敢えず、まだ全容が理解できない中で即断は避けますが、行政が運用するのは市民の皆さまからお預かりする税金です。組織としてのガバナンスが問われる由々しき事態が続いています。

議会日程に追加

2018.11.27

アイコン

市長召集の議員全員協議会 開催通知が送られてくる

先ほど、議会事務局から上記会議の召集通知が送られてきました。召集理由は「平成29年度公有地売買事業の契約金額について」市長から説明があるということ。11月30日の追加日程(本議会ではないのですが)として、本会議終了後に開催されます。

この件は、実は9月議会の平成29年度決算審議に端を発した問題で、9月議会で審議した昨年度決算において、市が土地開発公社から買い戻した土地の買い戻し金額が本来の買い戻し額に対して過少であったということが、ある議員が情報公開請求した資料から判明。
土地開発公社とは、市の第三セクターとして、市の事業で必要となる土地を先行買収することを目的に設立された団体です。仕組みとしては、市が事業をするときに、公社が先行取得した公社の保有地を買い戻すのですが、その額は購入額に利息や諸経費などの経費を加えた金額で買い戻します。ところが昨年度買い戻した土地の買い戻し額がどうも過少過ぎる。その額は約4000万円。普通では考えられない間違い。その事態について市長から説明があるということのようです。

一部議員の中には、「間違い」では済まない事態だとの声も。一体どのような経緯でこのようことが起きたのか。昨年9月の補助金不適正交付も含め、このよう不祥事が外部から発覚するというのは由々しき事態。外部のチェックがなければ、問題の存在を誰も気づかぬままになっていた可能性も。来たる30日の議員全員協議会は市民の皆さまには非公開の会ですが、ことの問題が分かればご報告いたします。私も勉強をして臨みたいと思います。

12月議会日程

2018.11.26

アイコン

平成30年第4回市議会定例会の日程(案)

おはようございます。3連休はいかがお過ごしでしたか。連休と言えども、日本中が一斉にお休みになるわけではないので、このような質問は愚問かも知れませんが、しかし、暦の上で、近年は3連休が本当に増えましたね。私も昨日は用事で東京に出かけましたが、人・人・人・・・。東京の吸引力を見せつけられる思いでした。

さて、平成30年もあとわずか。議会は11月30日から始まります。
12月議会の日程(案)が示されていますのでお知らせいたします。

【平成30年第4回幸手市議会定例会】日程案

11月30日 (金) 開会
12月 3日 (月) 一般質問
4日 (火) 一般質問
5日 (水) 一般質問
11日 (火) 議案に対する質疑
12日 (水) 総務常任委員会
13日 (木) 文教厚生常任委員会
14日 (金) 建設経済常任委員会
21日 (金) 採決・閉会
※各 開催時間は午前10時から
※本会議場での開催(30・3・4・5・11・21日)はインターネット中継あり

この他、先日の「市議会報告会」の反省や、次期「総合振興計画」審議のための特別委員会なども予定されています。私の一般質問は3日の午後になるかと思います。消防署所合理化や交通弱者対策などについて質問をしたいと思っています。

地方には地方の人・モノ・カネと、トキの流れがある。以前もお話ししたことがあると思います。幸手市は東京から1時間という、全国の自治体から見ればとても羨ましい地理的優位にありながら、その優位性を生かし切るに至っていない。これが私の実感です。しかし、幸手市は5万人の町として、顔の見える豊かな行政はできるはず。私はそう信じています。
皆様には市政に関心をお寄せいただきますよう。傍聴、インターネット中継の視聴などよろしくお願いいたします。

日本最大のブランドスーパーコピー通販専門店

2018.11.23

日本最大のブランドスーパーコピー通販専門店。ブランドコピー専門店、激安、送料無料。偽物のスーパーコピーバッグ、スーパーコピー腕時計、スーパーコピー財布など激安で買える!スーパーコピーN級品、本物と同様です、非常に人気があります。
スーパーコピー代引き,本当に届くブランドコピー安全店口コミ!高品質ブランドコピー屋にはルイヴィトンコピー品、グッチコピー品、シャネルコピー品、イヴサンローランコピー品、絶対届くコピーブランド口コミ通販サイト!信用第一、高品質、最低価格保証!
当店は日本最大級ブランドコピー品販売専門老舗,スーパーコピーバッグ、財布、靴、 時計、ベルト、スカーフ,コピーブランド商品通販,楽天ブランドコピー,人気 激安ブランド 販売店,高品質と安心をお届けいたします,安心と信頼ブランド激安屋!

スーパーコピー時計N級品
ブランドバッグコピー
スーパーコピージュエリー
スーパーコピー財布N級品
マフラースーパーコピー
スーパーコピー服&小物
スーパーコピー靴

続・12月議会一般質問

2018.11.20

アイコン

一般質問通告の質問主旨について

先の号に引き続き、一般質問の主旨についてです。少し長いですがご了承を。

1.について
平成25年、「消防合理化」「消防力強化」を目的に近隣4市2町(久喜市 加須市 白岡市 幸手市 杉戸町 宮代町)で発足した『東部消防組合』。今年度は発足6年目を迎え、負担金の見直し、消防署所統廃合など具体的な合理化策の協議が進むことに。その第一弾として正副管理者会議(各市町の首長)の協議の俎上に上がったのが4施設を含む署所合理化案です。この4施設には幸手西分署が含まれます。
この案については現在はまだ管理者間の合意には至らず。しかし、今後も継続協議し「平成32年度中に成案をもって組合議会に提出する」ことは管理者間の合意事項となっています。渡辺市長は現在、管理者会議でこの合理化案に反対の立場を表明されたとか。また、先日のタウンミーティングの市民の方からの質問にもその立場に立った答弁をされています。合理化とはたいへん難しい問題です。管理者会議での成案作成までには紆余曲折が想定されます。私も、高齢化が進む今時期は合理化のタイミングではないのではないかとの立場です。
今、この問題に関われるのは、幸手市では組合の副管理者である渡辺市長だけ、ということで、「合理化」と「強化」という二律背反の問題に市長はどのように臨んで行かれるつもりなのか。庁内で市長を支える体制はとれているのか。今回はそのようなことを確認し、"最適解"に向け頑張っていただくよう、市長を励ましたいと思っています。

2.について
中学校部活動への「休養日」導入は、すでに新聞等でも報じられているように、様々な観点から中高生部活動のあり方改善を目指して国主導で推進され、来年度から本格的に導入されることになっているようです。そこで、幸手市の部活動の現状を確認し、子供たちにとって豊かな放課後をどのように担保していくのか。その準備状況も含め質問したいと思っています。

3.について
これまでも、また、ここ数日、複数の方からデマンド交通の不便さを訴える声を聞いています。デマンド交通の利便性向上については私もこれまで質問をしてきましたが、いつまでも「研究、研究」「検討・検討」「改善・改善」と言ってられない事態は進行しています。高齢化率の上昇に伴い、今後問題となってくるのが、運転免許証自主返納された方の市内外への移動手段の確保です。幸手市では今後、5年間の運転免許証自主返納者約1250人を指標としています。そんなことで、今回は少し、視点を変えて、デマンド交通に囚われず、もう少し広い観点から、交通弱者の定義、市内外への移動手段をどう確保していくのかを、関係各部門別に具体的に確認したいと思っています。

4.について
学校給食で一番に気をつけることは安全・安心な食材の調達です。現在、幸手市の学校給食は自校式となっていて、それぞれの学校別に担当の栄養士さんが献立を作り、各学校の調理室で調理員(委託)さんによって調理された出来立てのお料理が提供されています。そして、給食費の管理、食材調達は各学校に任されているのが現状です。
幸手市では、総合振興計画において、給食に地元農産物を活用することが、教育部門、農政部門から位置付けられていますが、果たしてどの程度の調達状況となっているのか。どんな目標を立てて取り組んでいるのか。先日の幸手市議会報告会でも農業の今後を憂えるご意見が多数出ていました。農政サイドの取り組みも確認し、一つでも具体的なことが前に進むよう頑張りたいと思っています。

5.について
最後は市への提案です。現在、埼玉県にある県営公園には名称に所在地名を冠する公園、冠しない公園がありますが、市の、また、観光地としての知名度アップにどちらが有用でしょうか。どんなに有名だと思っていても、意外と私たちが思うほど知名度は高くない。権現堂公園に幸手という地名がつくよう県に働きかけよう。それがこの項目の主旨です。
さらに、今はタイミングもいいのです。県営権現堂公園は今、2号公園を整備中で、この完成時期に合わせてより分かりやすい名称に変更する。これは今しかできない時宜を得た提案だと思いますがいかがでしょう。
さて、公園管理の担当は都市計画課。市の魅力アップならシティープロモーション課、定住まで広げた地域の活性化なら政策課が担当です。どの部署が取り上げてくれるのか。答えてくれるのか。楽しみに質問したいと思います。

以上、5項目。少し長くなりましたが、上記のような内容で質問したいと思っています。すべては幸手市の活性化のために。財政は厳しくとも楽しい地域、生きがいの感じられる地域、明るい笑顔の溢れる安全・安心で活力ある幸手市のために、できることはトコトンやる。そのような構えで精一杯質問したいと思います。傍聴やインターネット中継など、多くの方にご関心を持っていただければ幸いです。

ページ移動