記事一覧

ワクチン接種初日 スムーズな滑り出し

2021.05.07

アイコン

混乱もなくスムーズに220名の接種完了

昨日から、幸手市の新型コロナワクチン集団接種が始まりました。前号でお知らせしたように、市では医師会の先生方や関係者とともにシュミレーションを実施して接種に臨んでいます。今日、市に確認したところ、初日の昨日はほぼそのシュミレーション通りに予定されていた220名の接種が混乱なく終えられたとのこと。接種を終えられた方からも、想定以上に早く接種が終わったと評価するご感想をいただいているそうです。他の自治体で様々な混乱があったとの報道もあったのでひとまずホッとしました。

■改めてご注意を
今後、9日、13日、15日が1回目の接種日となります。前号のブログでも書きましたが、改めて確認いただきたいのは、予診票の記入の中でも、現在の治療(投薬)状況について「その病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けて良いと言われましたか」という質問にきちんと回答が書き込まれているかどうかです。接種を受けてよいかの記入がないと接種できないこともありますのでご注意ください。昨日は、主治医の先生の事前のご指導やご協力のおかげで予診票の記入漏れによる混乱はなかったとのこと。
担当者は今後もさらにスムーズな接種を目指すとのこと。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

♥連休中にはブログの更新ができず申し訳ございませんでした。そして今日は、昨年よりお借りしているレンゲ畑の看板を取り払ってきました。レンゲはそろそろ種が膨らんでいましたがまだまだキレイに咲いています。桜、菜の花など幸手市が一番輝く春が過ぎ、田んぼには愛しいような早苗が頭を並べて。季節はどんどん移ろっていきますが、先ほど緊急事態宣言の延長に関する菅首相の記者会見がありました。またまた観光や行楽の解禁が遠ざかります。がっかりです。一体、収束はいつになるのか。少し憂鬱な初夏です。

ワクチン接種 準備状況と注意点

2021.04.28

アイコン

いよいよ連休明けから 第一弾接種始まる 注意①キャンセルは2日前までに ②現在、治療投薬を受けている方は予診表に主治医との相談記録記入が必須です❗️

幸手市では5月6日からワクチン接種が始まります。市では去る4月20日、午後7時半から9時に市職員63名、医師会・薬剤師会の先生方44名、幸手消防署から4名の協力をいただき接種シュミレーションを実施。市議会にワクチン接種の準備状況等の報告がありましたので、概要と特に注意が必要な点についてお知らせいたします。

【集団接種会場に係るシミュレーションの結果について】
▪️シミュレーション結果
・40人(20人/1レーン×2レーン)にて実施
・受付から接種までの対応について確認
➡️この結果40人が、
①受付から予診表を確認まで=30分以内
②問診から接種まで=30分以内 でできることを確認
➡️2レーンで概ね1時間に80人の接種が可能
◆注意点
・予診表の記入→現在、何らかの病気にかかって治療投薬を受けている方については、その病気を見てもらっている医師に、今日の予防接種を受けて良いと言われたかどうかの記入が必須です。
ご相談をいただいていない場合、接種できないことがありますのでご注意ください。

▪️接種に関する今後の市の対応
先日の議員全員協議会で接種に関する説明を受けた後の質疑応答や第一弾の予約受付の反省、この度のシュミレーション結果等を合わせ、今後、以下の対応がなされます。皆さまにはご理解よろしくお願いいたします。
⑴ 65歳から74歳までの方の接種券の郵送については5月中旬から下旬を予定しているが、75歳以上の方の予約状況を踏まえて郵送する。
⑵接種の予約は接種日の2日前まで。このためキャンセルや変更は2日前までに連絡をいただくようご案内する。
⑶5月10日からの予約受付は5月30日の接種日までを受付し、概ね予約が埋まった段階で6月からの日程を段階的に受け付ける。対象となっている75歳以上で接種を希望する方についてはすべて予約を受け付ける。
⑷コールセンターの回線増設については5月10日からは8回線での対応を可能とする。今後10回線で臨めるよう調整を行う。
⑸ワクチンが無駄にならないよう当日キャンセルが生じた場合は①医療従事者②高齢者施設職員③会場運営職員の順に接種できるよう調整中。
⑹県より4月23日付で5月17日の週までに新たにワクチン11箱が分配されるとの通知あり。これまでの3箱と合わせて計14箱となる。

♥♥市では、5月号広報紙に、改めて接種に関するお知らせを折り込んで、皆さまに周知を図る予定です。内容は❶接種スケジュール❷送迎バス時刻表❸予診表記入時の注意事項及びインターネットでの予約手順、となっていますので、接種希望の皆さまには必ずご確認をお願い致します。

緊急事態宣言発令

2021.04.25

アイコン

東京、大阪、京都、兵庫 今日から5月11日

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が4都府県に発令されます。酒類を出す飲食店や生活必需品の売り場を除く1千平方メートル超の大型商業施設が休業の対象という大型の措置です。首相は発令を決めた際の記者会見で「GWの機会を捉え、効果的な対策を短期間で集中して実施し、ウイルスの勢いを抑え込む」「全国の感染者数は増加が続き、重症者も急速に増えている。特に懸念されるのは変異ウィルスの動きだ」「手をこまねいていれば大都市の感染拡大が国全体に広がることが危惧される」と。特に各自治体でなかなか整わない医療体制に菅首相の危機感がひしひしと伝わってきました。

コロナの厄介さは病状が多様で患者を一律に捉えにくいところにあります。また、国民の中に対策の後手感や懐疑的な見方も広がっていますし、感染対策を徹底しているお店も一律休業措置に不満の声も聞かれます。この度の宣言は飲食店のみならず商業・レジャー施設、交通機関などにも要請が及びます。先に決まったまん延防止措置開始時に、すでに政府分科会の尾身会長からも、飲食店だけでない感染の場の多様化が指摘されており、飲食店が主軸の措置でどれだけの効果があげられるか。
それでも多くのお店が休業を決めています。今回の発令で要する国費は5千億円。発令を要請した知事の皆さんには是非とも効果をあげていただきたいです。

♥さて、コロナ感染に関してはいろいろな論説、主張があり、素人には分からないことだらけですが、しかし、やれることをやるしかありません。ただし、俗に言う自粛警察のような行為はやめて。感染リスクは誰もが同じです。
♥♥今年も初夏の輝きの中、寂しいGWとなりますが、私たちもそれぞれ出来る対策を講じながら過ごして参りましょう。また、期間中のお買い物やテイクアウトなどには、感染対策を講じて頑張る市内のお店や事業者のご利用と応援にご協力よろしくお願いいたします。皆んなで乗り切って参りましょう。

コロナまん延防止等重点措置への対応について

2021.04.20

アイコン

「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づくまん延防止等重点措置」等に伴う市の公共施設の利用制限及び主催事業への対応の変更について(報告)

全国で感染者数の増加が報道される中、本日、上記表題の通知が議員に送付されました。

【通知 概要】
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、埼玉県のさいたま市、川口市をまん延防止等重点措置の対象地域として決定されたところでございます。
埼玉県では、まん延防止等重点措置措置と合わせて措置区域外の各種制限等の対応を変更いたしました。幸手市では、現在の本市の10万人あたりの新規陽性者数(令和3年4月9日から4月15日)が県内上位(25人以上)となっていることなどを鑑みて、4月22日以降の市内公共施設の利用制限及び市主催事業への対応についてを別紙の通り決定いたしましたのでご報告申し上げます。

◆期間 令和3年4月22日(木)〜令和3年5月19日(水)
❶市主催事業に係る新型コロナウイルス感染防止対策
・原則中止または延期とする(指定管理者を含む)。
・開催しなければならない場合は、「市主催事業に係る新型コロナウィルス感染防止対策の基準」による感染防止対策を徹底する。

❷公共施設の利用
・施設利用時間を午後9時までとする。
・事前予約を受け付けている場合でも禁止行為に該当する場合は利用を中止する。
・期間中の禁止行為を伴う予約については受付けない。
・指定管理者に対しても同様の措置を講ずるよう徹底する。

※禁止行為
・飲食・飲酒(利用者の持ち込みによるものも含む)。
・宿泊施設・シャワー等の使用
・大声での発生など感染リスクの高まる行為(カラオケ・コーラス等)
・身体的な接触を伴う行為(競技団体等の定めるガイドラインに則った行為を除く)
・その他、見が定める措置を逸脱する等のの行為
※以下の対策を徹底
・マスク着用、手指消毒、検温など来場者の感染対策
・参加者名簿の作成、体調不良者の利用自粛
・諸備品の消毒、施設スタッフの体調管理の徹底
・3密を避けるための入場制限、利用者の導線やソーシャルディスタンスを確保する等の感染対策
・接触確認アプリ(COCOA、埼玉県LINEコロナお知らせシステム)の導入
・その他、業種ごとのガイドライン及び施設ごとの「彩の国『新しい生活様式』安全宣言」の遵守

♥幸手市の4月9日〜15日の人口10万人あたりの新規陽性者数(病院、高齢者施設除く)」25人以上は、幸手市以外はふじみ野市と志木市です。15人〜24人は越谷市、川口市、蕨市、戸田市、所沢市、入間市、滑川町、嵐山町、上川町でした。

♥♥集まりの機会や活動への制約が長期化し、息苦しさを感じる方もいらっしゃると思いますが、皆さまにおかれましては当面5月19日まで、引き続きできる感染対策の励行と公共施設等の利用制限等にご協力をよろしくお願いいたします。

コロナワクチン接種 報告

2021.04.17

アイコン

から議会にコロナワクチン接種の現況が報告されました

昨日は市長召集の議員全員協議会があり、5つの議題で報告がありました。そのうち、コロナ関連の2議題についてご報告いたします。

【コロナ関連】
❶新型コロナウィルスワクチン接種について
4月2日に第一弾の予約受付が始まったコロナワクチン接種。私たち議員にも複数の市民の皆さまからご意見やご要望が届いています。昨日は市からの現況報告の後、議員からの質疑が受け付けられました。私は、多くの方が電話で繋がるだけでも困難となった予約受付の反省と次期対策、希少なワクチンを一人分も無駄にしないシュミレーション、ドタキャン対策などを問いました。この他7人の議員が質問。それらへの答弁も含めて概要をお知らせいたします。

■はじめに
75歳以上の皆さまに接種券9,123通を郵送した中で始まった4月2日からの接種予約。当初より電話5回線とウェブ予約で全ての申し込みに対応できるのか、との危惧はありましたが、案の定の結果に、説明の冒頭、市からも多くの皆さまにご心配とご不便をおかけしたことについて反省とお詫びの言葉がありました。

■報告 受付結果
・電話での予約413件、ウェブでの予約462件。
・接種日4日間(各日220人定員)の予約は即完。
議員に説明されていた当初1箱のワクチン配分予定がその後、急遽増配され、私も予約受付人数を485人とお知らせしていましたが実際の受付は880人に倍増されました。質疑では、複数の議員から情報の遅滞なき伝達への要望と、ウェブ予約のシステム的課題、予約受付完了の市民に対するタイムリーな周知などの課題が指摘されました。

■今後の対応、対策について
市は、電話の架かりにくさ対策として、次回受付以降は、予約を受け付けるコールセンター回線を2回線増設し7回線で対応するとのこと。それでも電話の繋がりにくさが予見されることから議員からは、もっと増設できないのかとの指摘もありました。市からは現況の施設(ウエルス)の架線敷設能力、予約管理システムとの連携上の課題を含め、現状では2回線増設がMAX対応であるとの説明がされました。私も現況やむなしと受け止めるものですが、さりとて、市民の混乱はみえています。改善に限界があるとしたら他に何が可能か。複数の議員からも申し込める対象者をもう少し年齢を刻むなどして行えないかなどの提案があり。市は今後の検討としました。

また、スムーズな接種に欠かせない接種当日のシュミレーションについては、近日、医師会の先生方や市職員など関係者による集団接種シュミレーションが実施予定とされています。繊細な管理が必要な希少なワクチンに対して、時間と場所、人数を制約して行う今回の接種。対象者の予診と導線のスムーズさはもちろんのこと、集団行動に対する感染対策が必須です。今のところ、接種会場では接種者10〜12人ほどをグループとし、30分程度で予診環境を整え、準備ができたら医師がグループに出向いて問診と注射を行うことが想定されています。ワクチンの無駄を出さない対策も含め、まず、幸手市の接種初日となる5月6日、75歳以上220人の方が混乱なく接種ができるように準備をしなければなりせん。すでに接種が始まっている他自治体の事例や知見もあり、十分な検討を行うよう私を含め複数の議員から指摘がなされました。皆さまにおかれましては当日のキャンセルはできる限り避けるようご調整くださいますようお願いいたします。

♥この度の予約申し込みの混乱に関して、議員からは「危機管理として行政能力が問われる局面だ」との厳しい指摘もありました。また、タイムリーな情報提供を求める声も複数ありました。国のワクチン配分自体、国民の早期に接種したいとの気持ちに添い切れない中にあり、市の担当者も出来るだけ混乱のないようにと準備対応していますが、1億人が2回接種するという前代未聞の事業です。国の今後のワクチン配送予定にはまだまだ不確定要素もありますが、希望者全ての方が接種できることは間違いなく、市はこれについては今後、様々な媒体を使って市民の皆さまのご不安の解消と安心、ご理解をいただけるよう広報して行くとしています。

♥♥予約申し込みの困難さを複数の方からお聞きしている私も、今後も予約受付から接種までの一連のスムーズな対応、対策は引き続き求めてまいります。皆さまには、ワクチン供給体制のもどかしさの中でご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

❷所得が少ない(低所得)子育て世帯への給付金について
コロナ関連のもう1つの議題です。
新型コロナウィルス感染症による影響が長期化する中で、所得の少ない子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給する事業が実施さるます。
今回はひとり親世帯が対象です。支給対象者のうち、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている方は申請不要です。その他、新型コロナウィルス感染症の影響受けて家計が急変し収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方なども対象となりますので条件等お確かめ下さい。なお、支給額は児童一人当たり一律50,000円。全額国庫負担で賄われます。今回はひとり親世帯が対象ですが、ひとり親世帯以外の所得が少ない世帯への給付については現在国において制度設計がなされている段階ですので、正式な通知を受けた後に別途対応することとなっています。

♥対象と思われる方は担当課(こども支援課)にご確認下さい。

ページ移動