記事一覧

幸手市の新年度の取り組み

2019.02.18

アイコン

小型タグで位置把握&庁舎建て替え市議会に提案

昨日の埼玉新聞より

昨日の埼玉新聞に幸手市の新年度新規事業について掲載がありました。1つは認知症の高齢者に小型タグを配布し徘徊などで行方不明となった時にGPS機能で位置情報を把握することができる「つながり安心ネットワーク」事業。2つには庁舎建て替え基金の創設です。

まず、1つ目。今、幸手市では行方不明になった高齢者の情報提供を行政無線で呼びかけていますが、今後、要望に応じて認知症の高齢者や知的障害者らに小型タグを無償で配布し、コンビニなどに受信端末設置の協力を求めていくとしているとか。

インターネットを検索すると、上尾市や行田市でも同じようなサービスが提供されています。上尾市のHPによれば、徘徊高齢者を在宅で介護している家族に徘徊高齢者探索端末機(多分、タグ?)を貸し出し。高齢者が徘徊行為により所在が不明になった時、居場所の確認ができるというシステムを導入。月額費用が自己負担です。

行田市の場合は、介護保険法に規定する要介護及び要支援に認定されているおおむね65歳以上の徘徊高齢者を介護する家族が利用対象とのこと。利用料金は基本料金(月額500円)、位置情報提供料金(1回につき200円)、定期的なバッテリー交換代金等の維持費は自己負担となっています。幸手市のサービスについてはこれから議会で説明があるものですが、新聞では小型タグを無償で配布するとしています。どのような運用となるのか。

認知症の高齢者などご家族で支えておられる皆さまには日々のご苦労があられるものとお察しいたします。知らないうちに家を出て、ずいぶん遠くまで行ってしまわれるケースもあると聞きます。思いもよらないところで発見されることもあるようです。
私の知人のご家族の名前が防災無線で流れたことも複数ありました。近所の知人のご家族の時は私も自転車で周辺を回りましたが、その時は数日後に他県で発見されたということでした。
防災無線で迷い人の放送があると、毎回「ちゃんと見つかって下さい」と祈る思いで発見の知らせを待ちます。幸い、これまで防災無線で探し人となった方は近日に発見情報がアナウンスされることがほとんどですが、見つかるまでのご家族のご心配は察するに余りあります。

認知症や障がいがあっても地域で生活するという在宅化が主流となる昨今ですが、この制度がご本人、ご家族の一助となるのか。よく審議したいと思います。

さて、もう1つは庁舎整備についてです。幸手市庁舎は老朽化が進み、外部機関に依頼した調査の結果、耐震補強ではなく建て替えが好ましいとする報告が出されました。この結果と、今年度で終わる駅舎建設を踏まえ、次は庁舎を、数年かけて基金に資金を積んで建て替えを図ろうという計画です。市議会でも先日の議員全員協議会で説明がありました。その時の説明では、総工費を約30億円と想定し、10年後の完成を目指し、建築費の半分は積みたい。そのために基金を設けるということでした。

今の庁舎は耐震面での危険性とともに、2、3Fに行くのにエレベーターもないというバリアフリーと無縁な建物であり、早期整備は必至です。しかし、議員として心配なのは、基金が積める財政状況かどうかの見極めです。基金は、単年度予算(1年度で収支を完結する)が原則の自治体予算において、世代を跨ぐ運用となる特例的な制度ですから、条例(基金条例)で使途を制限して運用します。目的以外に使えないのですから、基金は使途に拘束されます。他にも大型資金需要が目白押しの幸手市の財政。区画整理や都市計画道路などのほかにも、久喜市に協議を持ちかけている治水対策(大中落としへの雨水流入抑制のための調整池の整備)や、ゴミ処理の委託問題など、今後抜き差しならない財政需要が想定されます。

私は、市に、将来どのような資金需要があるのかを整理し、我々に提示することを求めています。重点プロジェクトと収支予測を提示いただきたいと。一般会計200億円という決して財政規模の大きいとは言えない幸手市において、市民の負担がどうなるのか。何がどう起ころうとしているのか。事業の優先順位を示して市民の理解を得るのは為政者の役割です。

新聞の掲載を例に。大小、やらねばならないことはやらねばなりません。しかし、それをどうやるかです。30億円もの事業は、「取り敢えず基金を積む」ではなく、「こう積む」という市の意思を示して進めていただきたい。

来年度予算審議を含む3月議会は2月21日が開会です。


現場確認

2019.02.15

アイコン

早速、産業団地の現場確認

前々回のブログでお知らせした産業団地の道路隆起事案。市の説明だけではイメージが結ばないので、朝から情報収集と現場確認に行ってきました。

場所は圏央道の東側、産業団地との間を少し並行して走る道です。今は仮整備が終わっていることから、特別目立つものは何もありませんでしたが、んー、どうすればあんな影響が出るのか、想像もつきません。
近くを通った人に尋ねると、築山のような盛り土があったそうです。今はなくなっているということですが、なるほど。私がイメージしていた盛り土とは随分違いました。市の説明では見えなかった現場の様子です。しかし、ならば一体、どれくらいの土がどのように盛られていたのか。いつものことながらどんどん深みにはまってしまいます。が、今日は所用のため、調査はここで打ち止めに。しかし、考えても想像に難し。これについては日を改めて確認したいと思います。

産業団地の造成は埼玉県の管轄ですので、市が当事者として関わることはないかも知れませんが、今、原因者がボーリング調査をしているということですから、今後の推移を見守りたいと思います。

期日前投票場3カ所に@幸手市

2019.02.15

アイコン

市の報告より 期日前投票場が新設されます

今春の統一地方選挙から、幸手市の期日前投票場が増設されます。これまでの市役所、マルエツ上高野店に加え、今回から幸手駅東西自由通路が対象に。以下に詳細をお知らせいたします。

埼玉県議会議員一般選挙 投票日4月7日
期日前投票
○ 市役所第二庁舎
3月30日〜4月6日 午前8時30分〜午後8時
○ マルエツ幸手上高野店
4月4日〜4月6日 正午〜午後6時
○ 幸手駅東西自由通路
4月4日〜4月6日午後2時〜午後8時

幸手市議会議員一般選挙 投票日4月21日
期日前投票
○市役所第二庁舎
4月15日〜4月20日 午前8時30分〜午後8時
○マルエツ幸手上高野店
4月18日〜4月20日 正午〜午後6時
○幸手駅東西自由通路
4月18日〜4月20日午後2時〜午後8時

なお、幸手駅東西自由通路の期日前投票所は東武線改札口の前となります。駐車場はありませんので車でのご来場はご遠慮くださいということ。駅をお使いになる方に利便性が図られ、少しでも投票をしてくださる方が増えると本当に嬉しいです。

こんなことがあるんですね

2019.02.15

アイコン

市の報告より 産業団地で道路隆起発生⁉️

昨日の議員全員協議会は、市の報告事項、議案配布、市庁舎整備事業についての説明など盛りだくさんでした。その中からいくつかお知らせいたします。

まず、報告で驚いたのは表題の「大字平須賀地内における道路隆起等について」という報告です。問題の概要は、「幸手中央地区産業団地分譲区画における建設工事に伴い急激に大量の盛り土が行われたことにより、隣接する大字平須賀地内の道路・歩道・水路等に圧力が加わり隆起等が発生した」というもの。昨年12月23日に市民から通報があり、28日には隆起が大きくなっていたため、建設工事を行っていた事業者に連絡をとるも不通。1月4日に消火栓室のズレ及び歪みに伴う漏水回避のため、一時的に消火栓を撤去し、埋め戻した。事業者と連絡がとれたが、先方と原因の確定に至らなかった。
その後、各種調整があり、事業者が、今回の事案は自社盛り土によって発生したことを認め、復旧までに要する経費を原因者が負担することを確認。1月26日に仮復旧工事完了により道路規制は解除。

こんな事案です。今後の予定として、原因者によるボーリング及び地質解析調査の結果を踏まえ、影響範囲を確定したうえで遅くとも本年秋頃までに本復旧を終了するとなっています。

昨日は現地確認ができませんでしたが、配布された資料の写真は「なんで⁉︎」と思う有り様です。急激な盛り土というのがどのようなものかはわかりませんが、原因者が事案発生を自社の工事によるものと認めたというのですから、契約含め一件落着なのかも知れませんが、広い団地の造成において、同様の事案が発生しないことを願います。

それにしても、今回の原因者はハウスメーカーの大手です。全国展開されている中で、このようなことはあるのでしょうか。本件が幸手産業団地で起きた原因は、原因の責任問題とは別に、行政としてもきちんと整理しておく必要があるように思います。担当課にも確認したいと思います。

いよいよ3月議会

2019.02.14

アイコン

本日 議案配布@議員全員協議会

今日の午後開催される議員全員協議会で、3月議会の議案が配布されます。まず、一番気になるのは、来年度がどのような予算編成となっているのかです。何はともあれ、財源あっての施策、事業です。来年度、再来年度は財政が厳しいという前評判。どんなやり繰りがされているか。新しい視点がどう組み込まれているか・・・。
新しい視点ということでは、来年度は幸手市の最上位計画「総合振興計画」が切り替え初年度を迎えます。新しい計画の始動の年。総合振興計画は10年の基本構想を前期・後期に分け、その中で1年1年実施計画を立てて3年ローリング方式で見直しながら執行していくというスタイルですが、前例踏襲では解決しない難問が山積。市長以下、執行部の政策力に注目です。

そして、政策力と言えば、幸手市では今年度の組織改正で政策の専門部署として、これまでの総務部を分割して新たに「総合政策部」を創設。部長職を増やし、政策部門の先鋭化と拡充を図りました。その総合政策部が初めて臨む新年度予算。真価が問われる予算であり、大いに期待したいところです。

さて、予算を見る前に私が考える幸手市の課題を鷲づかみで選ぶとしたら
①財政収入確保と行政改革・・・増収施策と支出の見直しは両輪で
②少子化対策・・・出生率アップと多子世帯奨励
③若者対策・・・定住化=まず、若者が魅力を感じる「幸手市」を再定義
④力強い農業政策・・・農地を隅々まで活用するための方策実行
⑤将来を担う子ども対策・・・義務教育の充実と社会教育の中での育み
⑥老朽インフラと新規インフラのバランスある整備

思いつくままにいくつかあげましたが、まだまだ課題は山積しています。議員の使命として、特にチェックが必要なのは①です。
「お金がないから住民サービスの低下は致し方なし」「財政が厳しいんだから住民負担が増加しても致し方なし」。そんな行政は絶対許されません。歯を食いしばって住民サービスの維持向上に努めている予算かどうか。これを見定めたいと思っています。

今、 時代の大転換期にある危機感と危機管理への意識が問われています。そして、時代の波を和らげ、何が何でも住民の生活を守ることこそ、自治体に求められてられる最大の使命です。議案については今後、このブログで取り上げていきたいと思います。

♥♥♥『全ては幸手市民の笑顔のために』

ページ移動