記事一覧

いよいよ大詰め

2019.08.17

アイコン

不信任は渡りに船?

今朝の朝刊、朝日新聞は埼玉版で、埼玉新聞は一面で昨日の議会運営委員会の様子を取り扱っています。両新聞とも市議会が市長不信任提出を決めたことを大きく伝えるほか、独自取材によると思われるミニ情報が端々に。その気になる部分をピックアップしてみます。

◆渡辺市長は処分保留で釈放後の記者会見で辞職を否定したが、市議会の宮杉勝男議長には辞める意思があると伝えているという。面談や電話で渡辺市長と接触してきた宮杉議長は「自らやめれば暴行を認めたことになるので辞表は出さないが、議会には従うということだった」と渡辺市長の意向を説明した。渡辺市長は朝日新聞の取材に「現時点ではノーコメント」とする一方「進退に関してはきちっとした形で私の考えを説明したい」と答えた。
◆不信任案可決の場合、議会の解散または市長が失職する。否決の場合でも宮杉議長は賛成多数で可決となる辞職勧告決議案が提出される見通しを明らかにした。

◆宮杉勝男議長は公務を続ける意向を示す渡辺市長の姿勢に対し、「そのままにしておくわけにはいかないと言う人がほとんど。議員全員で諮って不信任決議案を出したい」と述べた。
◆16日朝、市長と複数の議員が面会したが市長は自ら辞職する意思を示さなかったという。
◆臨時会が開かれて不信任案が可決された場合、市長は10日以内に辞職するか議会を解散する。不信任案が否決された場合は複数議員が法的拘束力のない辞職勧告決議案を提出する見通し。

後段の2つの◆に出てくる複数の議員とは多分重複していると思われます。朝、複数の議員が市長応接室に集まっていたことは承知していますが、私を含み13日から不信任決議を模索してきた有志議員に辞職勧告をする意思はありませんし、その席には呼ばれてもいません。しかし、ここでチェックは、不信任を否決した議員が辞職勧告をするという構図です。不信任を否決するということは信任を意味し、信任した者が辞職を勧告するのでは道理が通らないと思うのですが。
また、議長は否決の場合でも賛成多数で可決となる辞職勧告決議案が提出される見通しを示したとの報道ですが、一方で議員全員に諮って不信任案を出したいとする趣旨と整合するのか。

♥まだ何が起きるか予断は許されませんが、いずれにせよ、今回の問題はいよいよ大詰め。市長の私的問題でこれ以上の市政の停滞は許されません。そして、議会がこのような問題にケジメのつけられないままで幸手市創生、再生はできないことを心して臨まねばなりません。

市長に対し臨時会招集を請求

2019.08.16

アイコン

市長自ら辞表出さず 臨時会で不信任決議提出の方向決まる

本日10時から開かれた議会運営委員会で、議長から市長に「渡邊邦夫幸手市長に対する不信任決議について」を議題とする臨時会の招集を請求することが決まりました。

議会運営委員会は会派代表者(本田・小林英・武藤・大平・四本各議員)と公党一人会派の木村議員、オブザーバーの正副議長を構成員とし、今日は報道各社の取材記者と、13日から臨時会の招集を求め武藤、大平両議員と共に準備をしてきた有志4人(枝久保・海老沼・坂本各議員・松田)が傍聴。

さて、臨時会について、自治法の定めでは請求が行われた場合、市長は20日以内に臨時会を招集しなければなりません。市長が20日以内に招集しない場合は議長が招集できるとなっていますが、9月議会が迫る中、市長に対し、できる限り速やかな招集を申し入れるよう武藤・大平各代表から議長に念が押されました。

市長の辞任を求める市民の声が広がっている中、市長はお盆前と変わらず「任期を全うしたい」という考えで、議長との間でタイムリミットとされていた15日までの辞表提出には至らず、本日の手続きに。今後はこの不信任案に議会が一枚岩になれるかどうか。
傍聴の後、報道陣から「このシュチュエーションで不信任を否決できる議員はいるの?」と囁き合う声も漏れ聞こえてきましたが、全会一致で進めたい事案です。

市長の進退については、現在、いろいろな憶測が飛び交っていますが、"立つ鳥後を濁さず"。私は、市長自らが巻き起こした事件で幸手市のイメージを損ない、これ以上、幸手市長として市政の停滞、幸手の名前を貶めるような行為をなさることなく、9月議会、市民生活に支障が生じないよう早急かつ適切な時期に適切な判断が下されることを念じるばかりです。
♥本日の取材については、明日の新聞に掲載があるものと思われますのでご注目下さい。

市長進退

2019.08.16

アイコン

お盆前の会見以降、視界不良でしたが

市長の広島逮捕事件が幸手市の名前を全国的に貶めたことは紛れも無い事実です。お盆を挟み、この話題で肩身の狭い思いをした方も多いのではないでしょうか。また、今は市長が容疑者のまま公務を遂行している状況ですが、公務、特に対外折衝や交渉に支障はないのか。早急に何らかの決着をつけなければなりません。

さて、市長が「辞任はしない」としたお盆前の記者会見を最後に市長の進退に関する情報が途切れていましたが、いろいろな動きが昨日あたりから見えてきました。議会でもそれぞれの議員がそれぞれの思いで動いている段階を過ぎ、いよいよ本日、10時から臨時議会の招集請求を協議する議会運営委員会が開催されることになり、そこで何某かの方向性が決まるものと思われます。いや、9月議会を前に、何らかの方向性を決めなければならない時期に差し掛かっています。

公務で出かけた先での前代未聞の市長の逮捕劇。幸手市の名を、信頼、評判を一夜にして失墜させた市長の素行が厳しく問われています。私は議運のメンバーではありませんが9時に役所に行くことになっています。動きがありましたらお知らせいたします。

♥この事件の顛末について、秘書課に毎日200件ほどの電話でのお問い合わせがあるようで、特設窓口を設けて対応しているとのこと。昨日、市民の方からお知らせいただきました。ただ、特設電話窓口では、既に市のHPに掲載されている市長のプレスリリース用コメントに誘導されるそうですが返って火に油?あの稚拙な文章をそのまま載せる感覚、いわゆる苦情対応窓口での訓練されていなさそうな対応など、民間ではあり得ない事後処理に首を傾げざるを得ません。
しかしながら、連日、市民から事件に対する集中砲火を受ける職員に疲労が溜まっているとの情報も。私たちが守るべきは市長ではなく、市民であり職員です。

記者会見 市議会への報告

2019.08.10

アイコン

刑事責任は検察 市の顔としてのあり方は市民が判断するしかない

昨日は記者会見の後、市議会にも市長から直接の報告がありました。公人としての立場なのか私人としての立場なのかも不明な上に、事実関係もよく分からない。そのような市議会への報告を通して、私たちは何をどう判断すべきなのか。皆様に何をお伝えすべきか。昨日からこのブログを書いたり消したりしていますが、記者会見等の情報はメディアに任せて。総じて。今、私がお伝えできることは、刑事責任は検察、警察に委ねるしかなく、私たちは市の評判を全国的に失墜させた市長、市の顔としての市長の責任を問うしかないのではないかということです。

これは幸手市民が判断することであり、お盆が開けると議会でも何らかの動きは出てくると思います。反省など人の心理は外からは見えない。幸手市市長がその行状により全国に撒き散らした汚名を私たち市民が上塗りすることがないよう判断してまいりましょう。

会派代表者会議招集 市長釈放

2019.08.08

アイコン

広島の事件 議会の動きその後

昨日お知らせしたように、今日の午前、議長により会派代表者及び無所属議員が招集され「会派代表者会議」が開催されました。会議では、市の報告の後、各議員から質疑が行われたようです。私の会派は武藤議員が出席していましたので、後に資料と報告を受けましたが、資料は昨日の記者発表と同等の内容と思われ、すでに報道されているメディア情報以上の新味のある情報はなく、質疑も核心に迫る質問にはいたらなかったというような印象です。

今日、その資料を取りに夕方市役所に行きましたら、庁舎玄関前の駐車場で、どこかの取材クルーと思しき若い男性が2名、マイクを持って市民の方にインタビューをしているのを見かけました。見るとインタビューを受けていたのはお顔見知りの方。どのようなお答えをされていたのでしょう。

今後については、無用な詮索をすることは控え、捜査の推移を見守りながら市議会の対応を考えて行かなければならない局面です。議員の中には今日の代表者会議の招集を「必要ない」とする向きもあったと聞きました。罪の有る無しは今後の取り調べに委ねるとして、それとは別に素行は問わざるを得ない。二元代表制のチェック機関として間違いのない判断ができるよう、私もさらに情報収集に努めて参ります。

♥と書いているうちに、本日、午後5時51分、市長が釈放されたとの一報が。釈放されても任意の取り調べは続くようですが。ネットニュースにもすでに上がっているそうです。私も今から確認いたします。

ページ移動