記事一覧

新聞一気読み 雑感

2018.10.23

アイコン

世の中が大きく変化しています

 ここ数日、新聞に目を通す時間もなく過ごしておりました。今日は久しぶりのたまった新聞を一気読みしていますが、世の中の流動感がスゴイですね。

 その一つが、環境省がコンビニのレジ袋の有料化を義務化する方針というものです。小売店で配布されるレジ袋については、スーパーなどではすでに有料化されているところが多くなっていますが、今後はコンビニなども対象となります。
 義務付けの方法は、包装材などの削減を義務付ける容器包装リサイクル法の改正などを軸に検討されるそうで、環境省は2020年度以降の義務化を目指すとしています。

 フランスや北欧、中国などで有料化や使用禁止となるなど、日本でも対策が求められていました。環境省ではさらに、30年度までに使い捨てプラスティックの排出量を25%削減する目標も盛り込むとか。

 世界の海に拡散する「マイクロプラスティック」(海の中で粒子になったプラスティック)が深刻な環境問題を引き起こしていることは皆さまもご存知かと思います。海を漂うプラスティックは自然に返ることはなく、粒子のまま漂い続けるそうです。

 待ったなしの「地球環境保全」を理念に終わらせない。そんな動きと受け止めて。企業は他の”天然素材”等で代替品を作るかもしれませんが、基本的にリデュース(=使わない・発生抑制)の発想を中心としていく必要ありです。なにせ、日本で使用されるレジ袋は年間450億枚だということ。450億枚ですよ。本当にそれだけの袋が必要なのかどうか。
 私たち国民も目の前の利便性でなく、地球を俯瞰した「地球人」としての考え方や振る舞いが今まで以上に求められそうですね。多少の不便は覚悟です。

 

幸手の歴史や文化を学ぶ館がオープン

2018.10.23

アイコン

幸手郷土資料館 開設記念式典

 毎日バタバタ過ごし、やっと議会報告書の発送が完了。今日の新聞折り込みに先進のチラシが入っていましたが見つけていただけましたでしょうか。明日若しくは明後日には香日向地区以外のご支援者の皆さまには私の議会活動布告書が届くと思います。遅くなってしまいましたがご高読のほどお願いいたします。

 さて今日は、朝から幸手市の文化や歴史を保存・公開する拠点『幸手市郷土資料館』の開設記念式典でした。

ファイル 1117-1.jpg ファイル 1117-4.jpg

 少し雨のパラつくあいにくの天気となってしまいましたが、幸手市の教育・歴史・文化関係者が見守る中、まず、テープカットが。その後、建物の中に入って2階の講座室で記念式典があり、そのあと、担当職員の説明を受けながら1階の展示室を内覧し、隣りに隣接する民具資料室を見学しました。

ファイル 1117-3.jpg 

 幸手市では、歴史講座などを開講すると多くの市民の方が応募してくださるなど、今までも市の歴史や文化に市民の皆さまに関心を持っていただいてきましたが、今後も学習の機会を多く作って発信していきたいということです。

 この建物は香日向小学校に移転した看護学校の跡地・建物を利用しています。これまで郷土資料室は小学校や旧保健センターなどを転々としてきたので、やっと落ち着く場所ができてよかったのですが、ただ、ここは東公民館の隣ということで市街地から少し遠いのが玉にキズ。「自転車ではなかなか寄れないね」という参加者の声も聞こえてきますが、皆さまには機会があれば一度立ち寄ってみてください。

詳しく知ろう ふるさと納税

2018.10.16

アイコン

埼玉県が開発 返礼品は「埼玉体験」

 みなさまの中にはふるさと納税で寄附をしているという方もいらっしゃると思います。私は市税は幸手市に納める立場故、もっぱら研究対象として外観している状況ですが、10月12日の埼玉新聞に埼玉県のふるさと納税の新たな対策が載っていましたので、少し考えてみたいと思います。

 まず、始めに。”ふるさと納税”をおさらいいたしましょう。
1.ふるさと納税はそもそも何のためにつくられた制度なのか?
 多くの人が地方のふるさとで生まれ、その自治体から医療や教育等様々なサービスを受けて育ち、やがて進学や就職を機に生活の場を都会に移し、そこで納税を行っています。その結果、都会の自治体は税収を得ますが、自分が生まれ育った故郷の自治体には税収が入りません。
 そこで「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があってもよいのではないか」。そんな問題提起から、数多くの議論や検討を経て生まれてきたのがふるさと納税制度です。-総務省 ふるさと納税ポータルサイトよりー

2.ふるさと納税の仕組みとは?
 都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的には自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されますが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2000円を除いた金額が控除の対象となります。

3.いくらでも寄付できるの?
 いえいえ。ふるさと納税を行う方の給与収入と家族構成によって、納税額の上限が決まっています。上限を超えて寄附した場合は控除の対象にはなりません。

4.全額控除されるふるさと納税額(年間上限額)の目安とは?
 いろいろ細かな条件がありますが、分類としては「ふるさと納税を行う本人の給与収入」を縦軸に、家族構成(独身又は共働き・夫婦・共働き+子1人などなど)を横軸に限度が決まっています。
 一例として、例えば 給与収入と家族構成によって
 ①給与年収300万円の場合   28000円~7000円
 ②  〃 400万円の場合   31000円~3000円
 ③  〃 500万円の場合   61000円~28000円
 ④  〃 675万円の場合   102000円~62000円
 ⑤  〃 900万円の場合   151000円~119000円
 ⑥  〃1100万円の場合   213000円~172000円
 ⑦  〃1400万円の場合   355000円~277000円
 ⑧  〃1600万円の場合   424000円~396000円
           ー総務省 ふるさと納税ポータルサイトよりー

 などなど。実際には収入2000万円までもっと細かな年収段階が設定されています。今、ふるさと納税を巡っては豪華返礼品の自粛が取り沙汰されていますが、この金額を見る限り、豪華な返礼品を手にするのは一部の方たちであることが推測されます。

 さて、そのようなことをおさらいとして、今般の埼玉県の例をみてみます。記事によると、ふるさと納税の返礼品として、県内複数市町村での体験メニューのセットを県と市町村が共同で開発、今月から提供するということ。県内各所で食や農、自然などが体験できる体験型返礼品で、複数の市町村にまたがる体験型の返礼品は全国で初という。埼玉県で今年3月に発足した地域振興検討会議で検討した結果のようです。

 開発した返礼品は
 ①寄附金額5万円以上の「秩父をまるごと楽しむ
  3施設体験チケット」コース(皆野町・小鹿野町・秩父市)
 ②同15000円以上の「瞑想ヨガと腸活プラン」+
  「さつまいも掘りと焼きいも」コース(行田市・深谷市)
 ③同10000円以上の「青山在来大豆の収穫体験と
   醤油仕込も見学」コース(小川町・川島町)

 上記の寄附上限額からみると、①は独身又は共働きで年収450万円の方、夫婦世帯で525万円以上の方が対象か。

 埼玉県の3つのコースを共同で開発する地域はもともと地方創生に熱心な地域です。ふるさと納税の返礼品としてラインナップされること自体の是非は、今後の寄附者の数が物語るのだとは思いますが、しかし、この返礼品の発想は「ふるさと納税」の本旨に合っているのか。検討委員会事務局の県地域政策課は「体験型返礼品はアイディア次第で人気商品がつくれると思っている。中身を磨いて、ストーリー性を重視していきたい」と今後も体験型返礼品の開発に取り組む方針とか。寄付行為の崇高さを損得化しないよう、あくまで趣旨は「自分を育んでくれた自治体への納税でのお返し」です。地域の創生に県がどこまで関与するのかなど含め、十分な検討をお願いしたい。
 ふるさと納税の返礼品開発合戦はこれからも続く。


スーパーコピーブランド:http://www.ninkitokei.com/
スーパーコピー激安,人気コピー通販確実に届くスーパーコピーブランド専門店!
今最も注目を集めている2019最新作時計です。

ロレックススーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-5.html
ウブロスーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-41.html
グッチ スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-77.html
ピアジェ スーパーコピー http://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-76.html
バレンシアガ スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-27.html
ロジェデュブイ スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-55.html
リシャールミル スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-50.html
ハリーウィンストン スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-53.html
ベルルッティ スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-79.html

流行の先端に立った高品質スーパーコピーブランド2018信用新品店

2018.10.10

弊社は流行の先端に立った高品質スーパーコピーブランド2018信用新品店,人気 激安ブランド 販売,ブランドバッグコピー、 ブランドコピー財布,スーパーコピー時計,楽天ブランドコピー,ブランド偽物,スーパーコピー代引き,ブランドバッグコピー。当店のスーパーコピールイヴィトン、シャネル、エルメス、グッチ、ボッテガ、クロエ、ミュウミュウ、 ジバンシー、プラダ、セリーヌ、ゴヤール、時計、バッグ、財布様々な商品には最も美しいデザインは、最も高級な材料,ブランドコピー品安心通販。

スーパーコピー時計N級品
スーパーコピーバッグ
スーパーコピー財布
スーパーコピーマフラー
スーパーコピー服&小物
スーパーコピージュエリー
スーパーコピー靴
スーパーコピーベルト

第5次総合振興計画(素案)

2018.10.10

アイコン

12日の意見提出日迫る

 先日、パブリック・コメントへのご意見提出を呼びかけました「第6次総合振興計画」(素案)の意見提出締切日が迫っております。私たち議員も意見書を提出できる機会が与えられており、ここ数日をかけて各担当課に聴取を実施しておりました。そんなことで、ブログの更新が滞っておりましたがご容赦を。

 そうこうしている中、ある市民の方から「総合振興計画に意見をと言っても、市民は案を見ることもない。まずは松田さんが問題点を示すべきだろう」とのご意見を戴きました。確かに、お忙しい市民の皆さまが何の説明もなく、自分で逐一内容を確認されて意見を述べられるというのは困難な作業であろうと私も思います。私もここ数日、”議員の特権”も含め、しつこく職員に聞きまくってなんとか理解できたという状況です。

 おっしゃるように、パブリック・コメントは行政の「市民参加」の手法として主流となっていますが、不完全な仕組みです。しかし、今、それに代わる仕組みはあるかというとないのも現実。市民の皆さまにはハードルの高い制度ではありますが、しかし、計画策定の最終段階として、是非、市民感覚、生活者の目で見て感じたことを伝えていただきたい。

 総合振興計画は市の最上位計画です。今後10年間の計画です。未来予測の難しい時代ですが、問題は少子高齢化や人口減少にかかる地域の諸課題のみならず、、国際化やAI技術の革新などに打ち勝つ将来像が示されているか。私もチェック機関の一員として、できる限り有効な意見が出せるよう頑張りたいと思っています。東京の時の流れ、地方の時の流れ、人々の暮らしや人情などそれぞれのまちにはそのまち特有のヒト・モノ・カネと”時”の流れがあります。それへの配慮無くして何も動かない。いろいろな細い糸をどう編みあげるか。まちづくりは一筋縄ではいきません。

 

ページ移動