記事一覧

コロナ関連情報 追加

2021.09.30

アイコン

10月1日から24日まで段階解除第一弾

昨日付の報告の追加です。公共施設の利用制限が緩和されます。

【「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言解除後の埼玉県における段階的緩和措置等に係る幸手市の対応」及び「市内公共施設の利用制限及び市主催事業への対応」について(報告)】より抜粋


1 実施期間 令和3年10月1日~令和3年10月24日
2 対応の主な内容
(1)公共施設の利用制限及び市主催事業への対応について
(これまでとの主な変更点)
 1 施設の利用時間及び事業の実施時間は
  午後9時まで。
 2 収容人数の条件の変更。
 ・【人数上限】
  「5,000人」又は収容定員の50%
   (かつ 10,000人以下)のどちらか大きい方
 ・【収容率】大声での歓声・声援がない:
   収容人数の「100%」
 →「人数上限」、「収容定員に収容率を乗じた
  人数」のいずれか小さい方とする。

♥段階的に少しずつ。HPにも掲載予定です。よろしくお願いいたします。

幸手市コロナ関連情報

2021.09.30

アイコン

ワクチン接種 2回目完了接種率53.2%

昨日、市からコロナ関連情報の提示がありました。概要をお知らせいたします。

【新型コロナウイルスワクチン接種等に関する情報】
1.感染者の療養状況(9/15日現在)
・陽性者数(累計)596人
・現在の患者数20人
 (入院中5人 宿泊療養1人 自宅療養14人)
・退院・療養終了576人
2.自宅療養者の支援(9/26日現在)
・自宅療養パック支給 8世帯(R3累計31世帯)
・パルスオキシメーター貸出 3世帯(R3累計5世帯)
3.ワクチン接種状況
◇9/26日現在2回接種済み
・65歳以上 14,991人 82.3%
・65歳以下 8,910人 33.4%
・計 23,901人 53.2%
※職域接種等は含まれていません。
※2回目の接種者➕予約者=74.3%
4.15歳以下の集団接種、追加接種(3回目)について
・15歳以下 10/14・24日に。
・追加接種 9/22付国から通知あり。
 今後、調整、体制確保。

【市の主催イベントの中止、延期について】
1.中止 健康福祉まつり、戦没者追悼式、市民まつり
2.延期 第30回さくらマラソン大会
※さくらマラソンは30回の記念大会への実行委員会の強い思いあり。大会冠を残すため、延期扱いとなりますが、来春の開催はありません。

【住民税確定申告の会場について】
1.令和4年 会場はウエルスのみ
※例年は2/16日から1ヶ月、ウエルス、市役所、コミセンを会場として日程を組んでいましたが、三密を避けるため、来年は広い会場が確保できるウエルスのみが申請会場となる予定です。

♥幸手市のコロナワクチン接種は皆さまのご協力で順調に推移しています。また、自宅療養者への療養パック給付、パルスオキシメーター貸出も市の独自事業として展開中。もしもの時は市担当にお声がけください。

♥♥緊急事態宣言は解除の方向ですが、まだまだ、段階を踏み、慎重な対応が必要とされています。皆さまにはご理解と、感染拡大防止にあと一歩のご協力をよろしくお願いいたします。

岸田新総裁誕生に期待

2021.09.30

アイコン

決選投票 大差で河野氏破る

昨日の自民党総裁選は、決選投票の結果、岸田文雄前政調会長が勝利。第27代総裁に選出されました。総裁任期は2024年9月末までの3年間。いろいろな手続きを経て、10月4日召集の臨時国会で第100代首相に指名され、その後、組閣に着手。新内閣を発足させることになるようです。

今回の一連の流れを“民意無視のコップの中の派閥争い“と揶揄する向きもありますが、今朝の日経新聞の分析が納得感あり。「自民党が選んだのは党内の安定だった。菅首相の総裁選不出馬で各社世論調査の自民党の政党支持率が上がった。多くの国会議員が抱いていた次期衆院選への不安は和らいだ。首相の交代以上の党内の“変化"を求めず、"結束"を重視したようにも映る。日本の有権者のわずか1%程度であるとは言え党員・党友の多数は河野太郎氏を支持した。そこからうかがえるのは河野氏の異端ぶりに期待する現状への危機意識と改革願望だ。決選投票を制して新総裁になった岸田文雄氏はその点を認識しなければならない」。

そして、いよいよ衆院選です。今度は国民の出番です。今回の総裁選で4人の候補者が、自民党内に軍備やエネルギーからマイノリティ政策まで、様々な考え方があることを改めて浮き彫りにしました。岸田新総裁は「党一丸となり衆院選、参院選に臨もう」と。河野氏、高市氏、野田氏もノーサイドの構え。4日の組閣まで。国政に注目です。

♥ 国家運営とは凌ぎ合いと共闘&合意の賜物。私も違う候補を選択しましたが、気持ちはノーサイドです。外交も含め、国民の生命と財産と、そして、幸せを守る責任政党として、漂う閉塞感を払拭し、未来に夢を語れる日本に。小泉政権以来の新自由主義的政策の転換、所得再分配など、私は期待しています。

独り言 菅政権最後に想う

2021.09.29

アイコン

菅首相 お疲れさまでした

昨日は、菅首相退任前の最後の記者会見があり、首相の力強くも安堵に満ちた姿が報道されていました。

就任直後から退任まで、リリーフとしてのこの1年は、自民党への逆風、支持率低下、未知なるコロナウイルスとの戦い、綱渡りのTOKYO2020オリパラ開催などなど。豪雨災害もありました。国際的にも不安定化が増しています。尋常ではないことが数珠繋ぎに起きた1年。首相には難しい判断の連続であったこととお察しいたします。饒舌ではなくても、寡黙にコツコツ黙々と。ブレない一徹さを持ち味として仕事をされた菅首相。本当にお疲れさまでした。

菅総理の功績の中で最大の功績は最後の幕引きの潔さ。総裁選への不出馬決断だった。私はそう思っています。内外の圧力、支持率低下、多くの批判を交わしながら、最後の最後は自民党への注目を一身に集めて存在感を残しました。ちょっとあっぱれ感すらあり。

いろいろなお考えはあるかと思いますが、菅首相のリリーフは適任であった。私はそう判断しています。メディアが次期総裁選の下馬評で持ち切りの中、菅総理の作った舞台の上で今日、新総裁が決まります。国益、国民本位の新総裁が誕生するのを期待したいですね。国も組織もリーダー次第ですから。

♥さて、今日は幸手市議会最終日。昨年度の決算認定が主な議題です。荒れる問題はありません。国からのコロナ対応の臨時交付金もしっかり事業が予算化されています。菅政権の最後の仕事として、緊急事態宣言の段階的解除も決まりました。ウィズコロナに向けて、明日の日本に夢を持って、幸手市の未来に向け、私たちも一歩ずつ進んで参りましょう。

コロナ感染にひと段落の兆し

2021.09.27

アイコン

感染拡大防止 市内消費に引き続きご協力を

一時期の感染拡大にひとまず収束の兆しが感じられる昨今。幸手市でも報告される感染者数が少なくなっています。今後、どんな波が来るかは分かりませんが、緊急事態宣言は今のところ解除の方向です。長いトンネルの出口となって欲しいですね。しかし、防災無線の市長の呼びかけのように、今が正念場です。また、寒かったり暑かったり、風邪やインフルエンザなどの対策も必要な季節を迎えます。皆さまには今しばらく感染拡大防止と体調管理に万全を。

今夏、あるお酒屋さんからもし良ければ、とサービスで缶ビールをいただく機会がありました。賞味期限間近の商品でした。飲食店が営業自粛される中、仕入れた商品が在庫となりたいへんな思いをされたことが偲ばれ胸が苦しくなりました。そんなお店は他にもあったはず。

幸手市では6月の補正予算で商工会事業の「第2弾ハッピーエール券」に補助を決めました。9月末までにチケットが送付されます。今回は市民一人当たり1,000円のチケットです。皆さまには感染対策を十分行いながら、市内でのお買い物に引き続きご協力お願いいたします。

ページ移動